Tag Archives: CS

北海道日本ハムファイターズの日本一とラジオの野球実況技術の高さ

 一昨日、日本のプロ野球の日本シリーズで見事に北海道日本ハムファイターズが勝利を決めて日本一に輝いた。
 実に10年ぶりの日本一であり感慨ひとしおである。

 この一週間は日本シリーズのおかげで、いろんなことが手につかなくらい日本シリーズに集中していたので、ある意味やっと解放されたともいえる
 
 実はちょうど10年前の優勝の際に、私は上海にやってきており(正確にはまず蘇州に行った)あれ以来の日本一ということになる
 それ故にこの10年という長さはちょうど私が上海で過ごした時間と同じことになる。

 当時はたぶんテレビの実況中継も見てないし、インターネットの速報で優勝を知ったようなことだったと思うが、ファイターズの日本一を知って始まったばかりの上海生活の心を引き締めたような心境だったような気がする。

 で、あれから10年が経ち、相変わらず上海にいる私は未だ日本のテレビとは縁遠い生活を送っている。
 有料の海外テレビ視聴サービスも身近で提供されているのだが、コストが高いのと、日本のテレビを見始めると結局自分が怠惰になるだけなので遠ざけてきており、視聴サービスは一度も契約しないまま10年が過ごしている。

 どうしても見たいサッカーの試合などがあるときは、テレビ設置の日本料理屋などにいけば事足りたのである。

 その後VPNには加入したので、日本のパリーグテレビくらい入ってもいいかなと考えた時期もあったが、仕事や時差の関係上毎試合見られるわけでもないので、コストパフォーマンスを考えやはり見送った。
 で、結局残ったのが日本のラジオのインターネットサービスである「ラジコ」であり、このラジコを通じて日本のラジオの野球中継を聴くことにしたのである。
 
 でラジオの実況中継を聴いていて改めて感じたのは日本のラジオ実況の技術の高さである。
 ラジオなので当然音だけなのだが、会場の雰囲気から選手の動きまで手に取るようにわかるように実況され、選手の表情から天候、守備体形までが詳しく説明される。

 そしてその合間合間に解説者の解説まで織り込んで放送するのだから下手にテレビで見るよりわかりやすいのである。

 むしろテレビの実況のほうが映像に頼り切ってしまい、時には緊張感に欠ける実況が行われることもあり、盛り上がりに欠ける放送が行われる時がある。

 その点、ラジオ実況は一球一球耳が離せず、緊迫するので試合が動いたときの緊迫感や盛り上がりがひしひしと伝わってくる。

 まあ野球という競技自体が比較的定型的な動きの繰り返しなので、比較的説明が容易というのもあるかもしれない。
以前サッカーのラジオ中継を聴いていたこともがあったが、まるで場面が想像できずもどかしさばかりが募ったのを覚えている。
その点、ラジオ実況を聴いている範囲ではもどかしさを感じないほどに、状況が理解できるのである。

 こういったラジオ実況の技術のおかげで、今回の日本ハムのペナントレースやCS、日本シリーズにいたるまでライブはすべてラジオで聴いていた。

 まあ、どうしても映像で見たくなったシーンなどはYAHOOやYOUTUBEに上がってきたもので確認しており不足はない状況になっていて、ライブで映像を見たいという欲求はそれほど高まらずに済んでいる。

 ただまあ、映像で見たい欲求はそれほど高くはないが、スタジアムで一緒に応援したかったという気持ちはちょっと残り、日本一はうれしいがちょっと今後どうするべきかを悩んでいる。

 とにかく北海道日本ハムファイターズ日本一おめでとう。
 


クライマックスシリーズは儲かる

 日本ではプロ野球のペナントレースが終了し、いよいよポストシーズンに入る時期になった。
 今日の時点ではセリーグの3位がまだ決定していないが①ヤクルト②巨人となり、パは①SB②日ハム③ロッテとなっている。

 巷ではこのクライマックスシリーズ(CS)に関して、シーズンゲームが3位でも日本一になる可能性があるのはおかしいと言う意見もあるが、そこはプロ野球がスポーツである前に、興行であることがCSを成立させている要因であると言うことが出来る。

 つまり、優勝や日本一を決めるルールが完全に公平であることよりも、盛り上がって注目を浴び、収入を増やすことが大事とされているのがプロ野球の世界なのであり、各球団がより多くの収入を得られるチャンスを確保することがこのCSを実施している第一の目的なのである。

 そのCS実施の第1のメリットとして、シーズン順位が3位までに入ればCSに進出できる可能性、つまり日本一に繋がる可能性を残すことによって、シーズン終盤までほぼ全試合が注目を浴びるカードとなることが挙げられる。
 つまり各リーグの6球団のうち3球団がポストシーズンに進めるとなれば、3位争いをする4位の球団が絡む試合までが注目のカードとなり、自然と選手のモチベーションは上がり、さらには観客動員や放映権料の獲得が望める状態になるのである。

 これは、かつてシーズン終盤に下位に沈んでいた球団が単なる消化試合の連続となり、観客動員や放映権が見込めなくなっていたことに比較すれば、収入の面で非常に大きなメリットとなる。

 第2にCSを実施することは上位球団は収入面で大きなボーナスステージのチャンスを手にすることを意味する。

 すなわち、単純に1位チームが日本シリーズに行けるだけだった過去の制度では、NPBが日本シリーズを主催していたため、NPBからの分配金が一部球団にもたらされるほかは名誉的な戦いでしかなかったのがかつてのポストシーズンだった。

 しかし、現在行われているCSでは、シーズン上位チームに試合の主催権が与えられるので、試合をすることがそのまま球団にとっておいしい収入となるのである。
 すなわち
 1位チームは最大6試合の主催試合(セカンドステージ)の収入
 2位チームは最大3試合の主催試合(ファーストステージ)の収入
が得られる構造となる。

 しかもこれらの試合は当然のことながら、注目度が高いのでほぼ満員確実で入場者収入も多く放映権も見込めるので、主催試合の数だけそのまま大きな収入となるのである。
 逆にファーストステージとセカンドステージの試合数が違うというのは、こういった順位ごとの賞金の格差付けの意味合いから、試合数に差を設けているのであると推測されるのである。

 ただこうやってみていくと、実は3位でCSに進出するチームにとっては短期決戦で日本シリーズに勝ち上がれる権利はあっても、興行的には旨みがないことになる。
 故に3位でCSに進出したチームは勝ち上がって日本シリーズに出場しなければ、分配金は得られないのであり、CS中はひたすら名誉のみの勝負に徹しなければならないことになる。

 まあこういった興行的な面がある故に、1位チームが日本シリーズに出場できない可能性があったとしても現在はCSが取り入れられている理由なのだろう。

 CSは日本シリーズと同じポストシーズンゲームでありながら、その興行的性質は全く異なっているのであり、実は勝負より儲けが優先した制度なのである。

 シーズン1位になっても3位のチームに短期決戦で負けてしまう可能性があることは、各球団のファン心理としては納得しずらい面もあるかもしれないが、球団に利益があればいい選手もまた増えるというところで納得すべきなのかも知れないのである。

4番とエースと新監督

 北海道日本ハムがパリーグ優勝に引き続き、CSファイナルステージを勝ち抜いて日本シリーズへ勝ち進んだ。
 このファイターズを贔屓する私としてはこの上なく、嬉しい。
 
 関東出身の私が何故、北海道のチームのファンか?

 答えは簡単で、日本ハムは昔東京ドームを本拠地にしていた東京のチームだったからである。
 関東出身の私は多聞に漏れず、YG軍の試合中継ばかりテレビで見ていたのでその頃はYG軍が好きだった。
 だが高校生の時に東京ドームが出来てああいいったホール系の場所が好きだった自分はチケットが滅多に手に入らないYG軍の試合より、幾らでもタダ券が手に入った日本ハムの試合を良く見に行くようになり、そのうちこのチームが好きになった。

 あの頃は売り出し中の西崎投手が新人らしからぬ派手な活躍をし、近鉄の阿波野投手と新人王を争っていた、そんな時代であった。
 あのころから数えて20年以上日本ハムのファンで、まあこの間そこまで熱心にチームの状況はチェックしていたわけではないが、北海道に移転してからも新庄だのダルビッシュだの各時期のヒーローは応援してきた。
 そんなうち2軍も私の地元近くに移転してきたのでますます身近になった。

 そして去年大黒柱のダルビッシュ投手がメジャーへ抜け、今年から栗山監督を迎えることになったのだが、今年は過去数年なかったほどに野球シーズンを上海から気にするようになった。

 何故、今年はこんなにファイターズが気になったのか分からないが、とにかく全試合に近い勢いでほぼ毎日情報をチェックしていた。

 そんな中で一番気になったのが4番を任された中田翔選手である。

 栗山監督がシーズン当初打率が2割に満たない状態だった彼をずっと我慢し続それをずっと見守っていた。

 中田は高校時代に怪物と言われるほど凄い選手だったが、プロに入ってからは伸び悩む状況で、その彼を、どこに出しても恥ずかしくない4番に育てるという信念のもと監督は使い続けていた。

 すると、打率こそそれほど上がらなかったが、徐々に勝負強さが目をだしここぞという場面で打ってくれる打者に徐々に成長しシーズン後半ではすっかり4番の貫録が出て、優勝を左右する大事な試合で痺れる仕事をしてくれるようになった。

 そうやっていつの間にかワクワクする選手となった。

そしてもう一人、過去3年0勝だった吉川光夫投手が今年は大化けをして獅子奮迅の活躍で14勝を挙げた。

 彼の突然の活躍も栗山監督が去年声をかけた言葉がきっかけだったようだ。

こうやってみると、いかに野球がメンタルで左右されるスポーツかが分かり、さらに人は信用することによって、変わったり成長したりすることができるのだと言う事を知ることが出来る。

 栗山監督の技術や采配などの能力は未だによくわからないが、彼が選手を信じることによって4番とエースを育てたのは事実である。

 とにかく、今夜は嬉しい、おめでとう。

日本シリーズも引き続き頑張ってほしい。