Category Archives: 落語

笑点の新メンバーに三平さんが選ばれた理由

先週の日曜日になってしまうが、日本テレビの番組「笑点」の大喜利コーナーの新メンバーに林家三平さんが選ばれた事に、ネット上では色んな反応が出ている。

またその前の週では、桂歌丸さん降板後の新司会者は誰になるのかというのも、話題になっており、内部昇格案や外部招聘など色んな人の名前が取り沙汰されていたが、結局は内部昇格で春風亭昇太さんが選ばれる結果となった。

この新司会者と新メンバーの人選について、巷からは色んな意見があると思うが、現笑点メンバーの構成を考えると、必然に近い人選であったことがわかる。

実は、現在の笑点メンバーの経歴を過去にたどっていくと、全てのメンバーがある一人の噺家に深いゆかりを持つことがわかる。

その噺家とは先代の林家正蔵(八代目)、つまり林家彦六師匠(1895年5月16日 – 1982年1月29日 本名は岡本 義)である。
(以後、本人の各時代の名跡に依らず彦六で統一)

林家彦六

林家彦六 
引用元

ウイキペディアの情報をもとに、笑点メンバーがどのように彦六師匠とゆかりがあるかを一人一人示すと次の通りとなる 。
(敬称略)

林家木久扇
彦六師匠の直弟子。入門時は三代目桂三木助門下だが死後に彦六門下へ。
三遊亭好楽
彦六師匠の直弟子。彦六師匠の死後、圓楽一門に移籍した。
三遊亭小遊三
表面上の繋がりはないが、前座時代に三遊亭好楽の自宅に居候しており、その師匠である彦六ともゆかりがあると推測される。
六代目三遊亭圓楽
圓楽の名は、実は彦六師匠が真打ち昇格時につけていた名跡で、五代目を経て現六代目として受け継いでおり、名跡の直系としての関係。彦六は三代目の圓楽。
春風亭昇太
入門と同時期に彦六師匠は亡くなったが昇太の師匠の春風亭柳昇と彦六師匠は仲が良かった
落語協会分裂騒動で、三遊亭圓生から破門された三遊亭好生を彦六が客分格弟子とした後に柳昇から春風亭の亭号が許可された経緯があり、彦六師匠からすると恩がある関係の弟子ということになる。
林家たい平
初代林家三平の孫弟子であり(師匠は林家こん平)初代三平の父は七代目林家正蔵。彦六師匠は正蔵の名跡を八代目として借り受けた関係で、初代三平一門(師匠こん平含む)とも親交深い関係で、たい平自身も七代目正蔵の直系の弟子という位置づけとなる。
二代目林家三平
初代林家三平の息子であり(師匠は林家こん平)、七代目林家正蔵の孫。彦六に正蔵の名跡を八代目として貸していた海老名家の家系で初代三平と彦六師匠の関係から子供時代に親交。

(リタイヤメンバー)
桂歌丸
歌丸の師匠の古今亭今輔が彦六師匠と非常に仲が良かった。
林家こん平
初代林家三平の直弟子であり初代三平の父は七代目林家正蔵。初代亡きあとは一門を預かっており、現九代目正蔵の兄弟子、二代目三平の師匠でもある。こん平自身が落語協会分裂騒動のきっかけとなった面があり、圓生に反目する彦六側の存在だった。
五代目三遊亭圓楽(故人)
圓楽の名は、実は彦六師匠が二つ目から真打ちに昇格する時代につけた名跡で、彦六が可愛がっていた五代目(当時は全生)にせがまれて名前を譲った関係。彦六は三代目の圓楽。

このように、笑点の現メンバーは、故林家彦六師匠(林家正蔵)に非常に縁深い系譜の中にいるメンバーであり、同族メンバーに近いような非常に狭い人間関係で運営されていることが分かる。
或いはここに隠されているアンチテーゼとして、圓楽の師匠、三遊亭圓生の芸への厳しい考え方への反発があったメンバーの系譜だとも言え、その象徴として圓生と犬猿の仲だった彦六師匠という存在が浮かびあがっているとも言える。

いずれにしてもこのような状況から言えば、巷で言われていた大喜利司会へのタモリさんや上方からの招聘抜擢などは考えられず、さらに言えば五代目の柳家小さん門下系統の落語家も、落語協会分裂騒動以後は縁が遠く考えにくい状況だったのである。

こういった笑点の置かれている状況の中、七代目正蔵の直系親族であり、元メンバー林家こん平の直弟子でもある二代目林家三平さんがチョイスされるのは必然だったと言える。

そして今後、笑点メンバーの高齢化に伴う交代があったとしても、この枠を大きく崩すとは考えられず、彦六師匠の系譜の範囲で次の人選も行われる可能性が高く、そこを見渡せばおよそ候補の見通しが立つのだと私は感じている。

50年もの放送を続け、世間の人気番組となった笑点であるが、メンバーについては番組の人気ほどには公共性はないのである。

ということで長々とした説明で「どうもすみません」。


アーカイブ時代の噺家の大名跡襲名は出世か?

 日本の古典芸能の中には、芸の世界での出世を表す一つの象徴として名跡を襲名する芸能がいくつかあるが、映像や音楽の記録技術が進歩する現代社会の中においては、この名跡襲名制度が不便になりつつあるような気がする。

 名跡襲名を行う有名な芸能と言えば主に歌舞伎と落語があるのではないかと思うが、このうち歌舞伎については、役者個人だけで舞台が完結するわけではなく、生の舞台のライブ公演が主で、まずは公演の演目が大事なものとなるため、役者の名前はその次となる。
そしてそれをアーカイブ(記録保存)化して残すDVDなど記録媒体は、現時点では補助的な役割でしかなく、やはり生の舞台が鑑賞の主力なので、例えば「市川團十郎」などと役者の名跡を名指しするときは大体当代だけを考えればよいという気がする。

 ところが、これが落語になるとどうも事情が違う。

 まず落語は個人芸であるため、演目よりも演者に価値が置かれ、演目は二の次となる面があり、噺家の名前そのものが看板となる。
 しかも、噺自体が歌舞伎に比べ短く、映像を必ずしも必要としないため、音声媒体だけでもよく、相対的にアーカイブ化されやすいという特徴がある。
 この結果、歌舞伎に比べ過去の名人・巨匠の名演が、噺家の名前を看板として沢山残され、現代でも誰でもが気軽に触れられる環境が生まれてしまっている。
 例えば、30年以上前に亡くなった古今亭志ん生さんや三遊亭円生さんの噺などは今でもYOUTUBE上に音源や映像を見つけることが出来る。
 しかしよく考えてみると、この「志ん生」という名跡は五代目、「円生」は六代目であり、本来は先代との区別に苦労することもありそうだが、インターネットも記録技術もほとんど無かった時代には、先代が死んだあとは人々の記憶とともに忘れ去られてしまうので、先代没後に間もなく名跡を襲名しても問題はなかったという気がする。

 ところがである。

 近年記録技術が発達し、映像や音声媒体にたくさんの記録が残ってしまった噺家が亡くなったあとの襲名はちょっと厄介である。
 その記録がいつまでも再生可能な状態で残るからである。

 しかもそういった噺家たちはテレビなど媒体電波に乗って、名前と顔がやたらと宣伝されてしまっているため、人々の心に強く印象が残ってしまっている。

 その一つの代表格が、例えば「三遊亭圓楽」という名跡であり、「林家三平」という名跡なのではないかと思う。
 例えば三遊亭圓楽という名跡は、2009年に先代の五代目が亡くなった直後に1年程度で六代目が襲名したものだが、六代目があまりにも長くテレビに出演して印象が強いため、現在でも圓楽=五代目の印象がぬぐえない。
 またそれを継いだ六代目も長く「三遊亭楽太郎」を名乗ってテレビやマスコミに出てしまっていたために、現時点では「圓楽」としては認識されにくく、六代目とわざわざ断らなければ区別できないのが現実だと思う。
 同様に林家三平という名跡も先代が初代だがテレビで強烈な印象をばらまいたため、2009年に襲名した現二代目が三平と名乗っても、息子でもあるためか、先代の印象を拭ってはみられないという状況が起きている。

 このように名跡の先代の功績が大きすぎる場合は、アーカイブ化された記録やメディアでの露出が多すぎるために、名跡を継いだ人間がなかなか自分のイメージに染められないという状況が発生してしまう。
 逆に、若い時からテレビやマスコミに多く出てしまった噺家も自分の名前が売れすぎてしまったために、大名跡をついでも昔の名前で呼ばれ続けることもあり、上記の楽太郎さんや先日亡くなった橘家圓蔵(月の家圓鏡)さん、上方の桂文枝(桂三枝)さんなどが良い例かと思う。
 文枝さんの顔を見ても三枝の名しか思い出せず、文枝の名は思い出せないのである。

 それに故に現代のテレビやアーカイブの時代では、昔なら当たり前と思われた大名跡の襲名が、必ずしも喜ばしい出世とは言えず、実利的にはマイナス面もある可能性があるのである。

 例えば数年前からもめている「円生」の名跡継承問題もそれぞれ名乗りを上げている者のはいるものの、いずれも60を超えているベテランで、現在の名跡の印象が染みついていて、今から襲名したところで新しい「円生」のイメージは作れないと思われる。
また何より先代のイメージを強く持っている人がまだ大勢いる上に映像や録音が残っていてそれを塗り替えるのは容易ではないという気がする。
 逆に「志ん生」の息子「志ん朝」が親の名を継がなかったのもある英断といわれており、今もなおファンがアーカイブ映像・録音を楽しんでいる現実があるため、迂闊な継承襲名は望まれていないと思われ、現在ではどちらも止め名(誰も継がない名跡、野球の永久欠番的なもの)的な状態となってしまっている。
 
 このように現代のような保存メディアが発達した時代では、古くから伝わる伝統芸能の世界にさえ影響を与えている面があり、大名跡の襲名が必ずしも栄誉ある出世とは言えず、襲名の価値をよく考えなければならない時代になってしまっている。

大みそかの自分

 何だか新年を迎える覚悟も雰囲気もないままに大みそかを迎えてしまった気がする。

 春節を正月とする中国では、12月31日と言えども単なる月末の一つでしかなく、元旦こそ形式上は新年などと謳う面もあるが、やはり12月の年末が年末とは言えない雰囲気なのである。

 日本で大みそかと言えば江戸時代などは「掛け」を支払う期限であり「掛取り(借金取り)」が方々走りまわっていたと聞き、そんな姿を描く古典落語の噺も多数ある。
 逆に正月を題材にした噺が数えるほどしかないのに比べると、非常に対照的な状況である。

 例えば大みそかを舞台にした噺の中で傑作とよばれる噺の中に「芝浜」という話がある。

 これは掛取りを題材にした噺ではないが、ある夫婦が大みそかを幸せに迎える場面が描かれており、演者によって描かれ方はかなり異なるが「芝浜のような嫁が欲しい」というほど内助の功が光る話になっていて、大みそかに何度でも聞きたい噺である。

 或いは「睨み返し」「掛取り」など幾つか有名な話はやはり掛取りとの返す人との攻防を描いており、いかにこの日が一年の中で重要な日だったことがわかる。

 この点現代に立ち返ってみれば、日本人にとっては大みそかに掛取りに追いまわされることこそなくなったと思うが、慌ただしい一年を収束させる1日であることは変わりなく、バタバタ何とか紅白に間に合わせようとして行動するのが現代の日本人の典型大みそかスタイルであろうか?

 しかし我が身を振り返ってみると、この日も上海にいることもあって、年末として世間的に追い立てられることもなく、経済的に大変な状態であっても借金取りが来るわけでもないので、気分的には言うなれば旧暦で示す11月10日の状態の感じなのである。

 今日カレンダー上でとうとう大みそかになってしまって、これではいけないと内心焦っている面もあるのだが、周囲の雰囲気もあって、年末としてのペースアップも新年への切替えも難しい気分になっているのが、大みそかに中国にいる日本人の私である。