Tag Archives: パリーグ

ようやく気分を持ち直す

 野球やサッカーなど贔屓のチームを持っている方は、どなたでも同様の傾向はあると思うが、私もやはり贔屓の北海道日本ハムファイターズの成績によって気分が左右される。
 いや、正確に言えばファイターズの成績によって気分が左右されるというより、気分が落ち込んでいるような状態の時にチームが勝てないといったほうが正しいかもしれない。

ファイターズスタジアム

ファイターズスタジアム

 前向きに応援できているときは、チームの調子も良いし、どうも気持ちが乗らないときや興味が逸れている時は何故かファイターズの調子も悪い。

 つまりファイターズの試合の結果に左右されていると言うより、バイオリズムが一致してしまっており、私の心の好不調の波がファイターズの状態とシンクロしてしまっているようなのである。

 よって、先々月末にスタートしたチームの急降下に合わせて私の気分というか心理状態は暑さも手伝って非常に重苦しい低空飛行を続けていた。
 ちなみに8月の成績は5勝20敗1分けで、7月末に首位に0.5ゲーム差まで肉薄していた位置から9連敗と8連敗があり一気に最下位まで急降下した。

 この間、自分の気分もかなり低空飛行であった。

 しかしようやく一昨日の金曜からバファローズ相手に3タテを果たし、ようやく下げ止まった印象で、最下位からも脱出した。
 この下げ止まった状況でようやく冷静に立ち位置を確認できるような状況になった。

 まあ数字の上では、ファイターズの自力優勝は無くなってはいたが、優勝自体の可能性はまだ完全には消滅していないようであり、CSまで含めて考えれば、まだまだ諦める段階ではないような状況であることを確かめることが出来るようになった。

 自分自身についても然りで、この週末は少し落ち着いた気分で周囲を見渡せるようになった気がする。 
 決して現時点で浮上出来ている訳ではなく、頭がすっきりした状態ではないのだが、気持ちの落ち込みからは持ち直した状況であり、週明けからはもう少し上を目指せるような気持ちになっている。

 余談だが、今年加入した抑えのエースの秋吉投手は実は私の地元の中央学院大学出身らしく、結構親しみを持って応援しているのだが、上記の連敗期間には彼が打たれて負けてしまったなどは特にこちらの落ち込みも大きかった。

 ひょっとすると、彼が私のバイオリズムがチームと同期してしまった要因なのかもしれないとも感じている。

楽天がオリックスより先に日本一になった意味

 東北楽天ゴールデンイーグルスが、日本シリーズで巨人を破って日本一に輝いた。

 私の贔屓チームは日本ハムだが、東北にもゆかりのある人間として取りあえず今回は祝福したい。

 まあ今回は田中マー君あっての優勝であり、チームの貯金のほとんどを彼が稼ぎだし、最後の優勝を決める瞬間も前夜に続いて登板するなど、常識ではありえない起用でまさに田中様様だった感があり、往年の稲尾投手をほうふつさせる働きである。

 売却譲渡などで生まれた他の球団と違い、ほぼゼロからスタートした球団創設9年目の楽天が今回日本一になったのは、現場の地道な積み重ねと田中選手の成長という好運が重なっての出来事だと思うが、2004年のオフに近鉄と合併して誕生した新生オリックスがその後未だに優勝を果たせず、思ったような成績が残せていない情況と比較すると、なかなか思うところがある。

 オリックスは88年オフに阪急からの球団譲渡で誕生して以来、合併する前のイチロー選手在籍時に95年と96年にリーグ優勝しているが、その後はずっと下降線をたどり、イチロー選手のメージャー移籍と仰木監督の退任後は3年連続最下位が続き、2004年になんと近鉄球団との合併を発表した。

 合併により球団の合理化と関西ファンの獲得、強い選手だけをプロテクトして良いとこ取りをしようとしたこの試みであり、当時は大騒ぎになり社会から大反発も受けた。

 しかし合併を強行されて両球団は統合され、その騒ぎのさなかに新規参入として誕生したのが今の楽天で、ライブドアとの参入争いに勝っての新球団誕生だったが、選手はオリックスへの入団を拒否した岩隈選手を除いて、オリックス側が優先プロテクトした以外から選ばれたいわゆる余り物選手で新球団を設立した形であったのである。

 このように有力選手のいない楽天は発足当初は当然2年連続で最下位であったが、3年目に4位になるなど徐々に上位を狙えるようになり、過去8年間で最下位3回、5位2回、4位2回、2位1回と結果を残し、そしてとうとう今年は優勝して日本一にまでになり、過去9年間の平均順位は4.3位となった。

 これに対して、オリックスは合併後の2005年以降、2008年に2位になったのが最高で、そのほかは最下位3回、5位3回、4位2回で平均4.6位と楽天をも下まわり、優勝に縁が遠い位置をうろついている。

 まあ勝負事の世界なので一つの理屈で結果を簡単に評することはできないが、お金をかけて実績のある監督を呼んだりしていろいろ試行錯誤して上昇に取り組んできた楽天球団が9年目にして日本一を勝ち取り、片や合併という手法で強化したはずのオリックス球団が、毎年一貫しないような方針で監督をとっかえひっかえし、挙句の果てに紙切れ一枚で監督をクビにしてしまうなどチグハグな運営で結局いまだ優勝に全然手の届かない状態となっている。

 つまりオリックスのような安易な合併で結果を求めたのではなく、じっくりした取り組みを行なった楽天が結局早く結果を出したというのが今回の楽天の優勝であり、オリックスの現在であるということになる。

 楽天が実際いい会社かどうかは良く知らないが、まあ彼らなりにきちんと事業に取り組んで社会に浸透している点は評価されるし、そういった一つの現れが保有球団の優勝だったという気がするのである。

 こういった状況はプロ野球球団の対比は一つの社会の縮図であるような気もしており、この球団の合併問題に限らず、偶然にも今年噴出した最近のみずほ銀行の事件や阪急・阪神ホールディングス関連のホテルのメニュー偽装疑惑なども、合併によって生まれた会社の歪から生まれたと言えるような問題であるような気がしている。

 つまり経営の苦しさから安易に合併という手法に救済を求めたはいいものの、合併や合併後の運営が実際に働いている人間の意識を忘れた経営の結果だったのでないのかという気がするのである。

 9年目の楽天の優勝、そこから見える社会の構図はなかなか考えさせられるものがある気がする。

ようやく連敗脱出

 贔屓のファイターズがようやく連敗を9で止めた。

 とはいえ失策5という褒めるような内容ではなく、最後は相手の暴投で勝ち越しという最悪の内容で、勝ったという喜びには程遠い結果ではあったが、とにかく勝ち星がついて連敗は9でストップした。

 この連敗の間、かのチームと私の間にはプロ野球チームとファンという関係しかないにも関わらず、実は何故か私個人の事についてもチームと同期するように色んなことがうまく前に進まず、精神的にも重苦しい日々が続いていた。

 それ以前もチームが勝っている日は調子がよく、負けた日はうまくいかないというように、チームの調子と自分の調子が不思議なくらい連動していたのである。

 そしてようやく今日、実は私個人の問題にも少し解決の兆しが見えてきたかなという時にこの連敗ストップである。

 チームに入れ込み過ぎていると運命も連動してしまうのかどうか知らないが、とりあえず今日は何とか良い結果が見えたのでちょっと一安心というころ。

 是非、このまま早くファイターズもろともと一緒に浮上したいものである。


4番とエースと新監督

 北海道日本ハムがパリーグ優勝に引き続き、CSファイナルステージを勝ち抜いて日本シリーズへ勝ち進んだ。
 このファイターズを贔屓する私としてはこの上なく、嬉しい。
 
 関東出身の私が何故、北海道のチームのファンか?

 答えは簡単で、日本ハムは昔東京ドームを本拠地にしていた東京のチームだったからである。
 関東出身の私は多聞に漏れず、YG軍の試合中継ばかりテレビで見ていたのでその頃はYG軍が好きだった。
 だが高校生の時に東京ドームが出来てああいいったホール系の場所が好きだった自分はチケットが滅多に手に入らないYG軍の試合より、幾らでもタダ券が手に入った日本ハムの試合を良く見に行くようになり、そのうちこのチームが好きになった。

 あの頃は売り出し中の西崎投手が新人らしからぬ派手な活躍をし、近鉄の阿波野投手と新人王を争っていた、そんな時代であった。
 あのころから数えて20年以上日本ハムのファンで、まあこの間そこまで熱心にチームの状況はチェックしていたわけではないが、北海道に移転してからも新庄だのダルビッシュだの各時期のヒーローは応援してきた。
 そんなうち2軍も私の地元近くに移転してきたのでますます身近になった。

 そして去年大黒柱のダルビッシュ投手がメジャーへ抜け、今年から栗山監督を迎えることになったのだが、今年は過去数年なかったほどに野球シーズンを上海から気にするようになった。

 何故、今年はこんなにファイターズが気になったのか分からないが、とにかく全試合に近い勢いでほぼ毎日情報をチェックしていた。

 そんな中で一番気になったのが4番を任された中田翔選手である。

 栗山監督がシーズン当初打率が2割に満たない状態だった彼をずっと我慢し続それをずっと見守っていた。

 中田は高校時代に怪物と言われるほど凄い選手だったが、プロに入ってからは伸び悩む状況で、その彼を、どこに出しても恥ずかしくない4番に育てるという信念のもと監督は使い続けていた。

 すると、打率こそそれほど上がらなかったが、徐々に勝負強さが目をだしここぞという場面で打ってくれる打者に徐々に成長しシーズン後半ではすっかり4番の貫録が出て、優勝を左右する大事な試合で痺れる仕事をしてくれるようになった。

 そうやっていつの間にかワクワクする選手となった。

そしてもう一人、過去3年0勝だった吉川光夫投手が今年は大化けをして獅子奮迅の活躍で14勝を挙げた。

 彼の突然の活躍も栗山監督が去年声をかけた言葉がきっかけだったようだ。

こうやってみると、いかに野球がメンタルで左右されるスポーツかが分かり、さらに人は信用することによって、変わったり成長したりすることができるのだと言う事を知ることが出来る。

 栗山監督の技術や采配などの能力は未だによくわからないが、彼が選手を信じることによって4番とエースを育てたのは事実である。

 とにかく、今夜は嬉しい、おめでとう。

日本シリーズも引き続き頑張ってほしい。


 

負けに不思議の負けなし

応援していた日本ハムがCSシリーズで負けた。

 まあ昔からの贔屓なので悔しいが肝心なところでエラーや暴投が出ては勝てるわけはないのである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ところで仕事の方でもある契約が一つ終わることになった。

 はっきりした正確な理由はわからないが、本来イザという時のための契約であったはずなのに、担当者が怠慢な作業をただ繰り返していただけだったのようで、肝心のイザという時に役立たず、意味がなかったようだ。

 それが全ての原因かどうかわからないが、あの仕事ぶりでは仕方なく、終わるべくして終わったような気がする。

 負けに不思議の負けなしである。