Tag Archives: 音楽

結婚式と葬式では同じ曲が使える

 先日、人に頼まれて最近亡くなったある方を偲ぶ会のBGMの準備を頼まれた。
 はて、昔日本にいた時に結婚式のBGMはさんざん利用してきたが、葬祭系のBGMは初めてであった。

 まあ葬祭といっても正式な葬式ではなく有志が集まる「お別れ会」であったため、どちらかというと会食中心で宗教色のない会である。

 故に一面おごそかにしながら、湿っぽくなり過ぎず和やかな雰囲気の音楽BGMが必要とされると判断し曲を集めることにした。

 でいろいろライブラリーをひっくり返して選曲していったのだが、実はウェディング用のBGM集CDが結構使えることが判明した。

am900_bi037

 もちろん、結婚行進曲など結婚そのものを表す曲は当然使えないのだが、それ以外の恋愛が歌詞に絡むバラード系の曲というのは、意外にも葬祭系の儀式にも使えることがわかったのである。

 例えば今回利用した曲の中にはMisiaさんの「Eveything」の歌詞無しピアノ演奏版ヴァージョンを含めたのだが、この曲は基本は愛を歌う歌ではあるが、決して甘い歌ではなくどちらかというと遠く離れてしまった相手を想う悲しい曲調であり、その曲調が実は同様にもう会えない故人を偲ぶシーンでも合うように思えたのである。

このほかにも「Let it be」とかいずれもウェディングBGMから何曲かピックアップしたが、いずれもしっくりくるという印象だった。

そのほか冬ソナ(古い!)の「My Memory」のヴァイオリンバージョンや「涙そうそう」の二胡バージョンなどを色々織り交ぜて1時間くらいのBGMを組んだのだが、いずれもウェディングで使ったことのある曲であった。
 (10年前でライブラリー更新が止まっているので新しい曲は入れられなかったが・・・)

 で、実際に本番で曲を流した場面にも立ち会ったのだが、参列者はどう思ったか分からないが私的には非常にマッチングしていい選曲が出来たのではないかという印象だったのである。

1093429116

 さて今回どうして結婚式と葬式の曲が共通で使えるのかをいろいろ考えてみたが、私の結論としてはいずれも人生の区切りを示す儀式だからではないかと考えた。
 葬式も結婚式も、本人や周りの人にとっては人生の一区切りのタイミングであり、これまで歩んできた時間を振り返り噛みしめる時間になる。

 そういったシーンにおいて、実は過去を振り返り人を想うと言う意味では、感情の状態は結婚式も葬式も似たような状態なのではないかという気がするのである。

 また感情の高ぶり方も似たようなものがあり、一方は幸せ、一方は悲しみの儀式ではあるが、人を想い感極まる部分があるという意味では同じであり、いずれも人間は涙を流す。

 音楽とは感情を表現するものというのが私の基本的な考え方であり、そういった意味では結婚式も葬式も感情状態としては実は非常に近く、BGMとして共通の曲が使えるということなのだろうかと思う。

 もちろん葬式の場合は事故死など亡くなり方によっては和やかとはいかず、ただただ突然の悲しみに暮れるだけの心理状態の場合もあり、同じようなBGM選曲が通用するのかは分からないのだが、少なくとも共通で使える音楽があるという意外なことを発見し、一つ良い経験になった今回の依頼であった。

アマチュアオケはつらいよ?上海ブラスの演奏会から

上海音楽院

上海音楽院

 昨年の暮れのことだが、上海ブラスの演奏会に声がかかったので聴いてきた。
 まあ無料だったのと、生の音楽に飢えていたのもあって、足を運んでみたのであったが、結構楽しい時間を過ごすことが出来た。

 演奏水準を言いだせば、所詮はアマチュアということになってしまうが、アマチュアの演奏家たちこそ音楽が好きでたまらない人間の集まりであり、その彼らが演奏する音楽はかなり音楽愛に溢れているという気がする。

  着ぐるみ的な格好をして演奏する姿などはプロでは絶対有り得ないと言っていい演奏姿あり、非常に楽しんでいることがよくわかる。

 プロが義務で演奏をやっているとは言わないが、仕事としてこなしている面が少なからずあるのに比べ、彼らは誰に強制されるのでもなく音楽を奏でるのが喜びとして取り組んでいるわけで、それが音となって表れてくるのである。
 音楽というのは、人が楽器を弾いて人が聴くものだから、観客と演奏家の間のコミュニケーションとして捉えれば技術の上手い下手は二の次であって、演奏家の気持ちが観客に伝わればいいのである。

 休憩中にも、正式なプログラムではない小品の曲を数人ずつのアンサンブルがかわりばんこで演奏する姿も、音楽が好きでしょうがない彼らの象徴的な姿だったという気がする。

賀緑汀音楽ホール

賀緑汀音楽ホール

 そういう点で言えば、アマチュアの演奏会はある意味プロの演奏会より楽しいし、気楽に音楽に向き合える。

 ただ少し感想を言えば、アマチュアの方々の演奏会は非常に苦労して作り上げられているなぁという印象だった。

 まず、今回の演奏会では参加者の楽器構成がどうもバランス良くないという印象で、標準的吹奏楽団の構成に比べ、ピッコロやクラリネットなどの木管が少なく、その割には金管はしっかり揃っていたという印象であった。

 まあ、上海(外国)という特殊な地域の事情上、東京のように気軽にエキストラ奏者を頼めるわけではないので、どうしてもいる人間で、やれることをやろうということになるのであろう。

 しかし、こうなると苦労するのは楽譜を用意するアレンジ担当の人間と指揮者である。

 プロの楽団なら曲目によって指揮者が奏者を外したり加えたりできるのだが、こういったアマチュア楽団相手の状況では、目の前のいる楽器構成で何とかバランスを取り、音を形にしなければならない。

 例えば本来の楽譜上の音の割り振りそのままでは、バランスが悪くなったり構成する音が足りなくなってしまう可能性があるため、楽譜で指定された楽器以外の近い音域の楽器にそのメロディを割り振るなんてことも必要になるのかも知れないのである。

 また、演奏者たちの技術水準もやはりピンキリなわけで、プロ水準の人から素人同然の人もいるだろうに思われる楽団では、音を揃えて形にするのもまた一苦労な話かと思われる。
 つまりこういったアマチュアの楽団の指揮者に抜擢された方は、ある意味プロの指揮者とは違った別の才能を要求される訳であり、プロ以上に大変なんではないかと察する。

上海ブラスのチラシ

上海ブラスのチラシ

 しかし、そういった苦労を乗り越えてでもどうしても、音を奏でたい、人に聴いてもらいたいと思い、演奏を続けるのが彼らアマチュアの演奏家たちであり、上記のような大変な状況の中を察すれば、彼らの今回演奏した音楽は随分よくまとまっていたという気がする。

 今回音楽を楽しむとはどういうことなのかを改めて教えてもらった演奏会となり、招待してくれた団員の方にとっても感謝をしている。

1964東京オリンピックから生まれた「花~すべての人の心に花を~」

 先日、2020の東京オリンピックのエンブレムについて、招致ロゴが良いというブログを書き、SMAPの「世界に一つだけの花」が似合うようなことを書いたが、もっと以前に同じような感覚でオリンピックの存在を捉えている人の存在を知った。

 それは沖縄の歌手喜納昌吉さんであり、彼のバンド「喜納昌吉&チャンプルーズ」で発表した大ヒット曲「花~すべての人の心に花を~」は、実は1964年の東京オリンピックの影響を受けていたというのである。

 ウィキペディアによると、喜納さんは1964年の東京オリンピックの閉会式の中継で、選手たちが各国入り乱れ肩を組むなど、国境や人種といった人類の垣根を越えた「平和の祭典」の姿が映しだされた時に、涙がこみ上げる感動を覚え、その時聞いた実況のアナウンサーの、「泣いています・・・笑っています」という言葉が非常に印象に残り、後にかの歌に反映されたということらしい。

 つまり歌に歌われるあの花は、世界各国から集まった選手たちの平和を象徴する意味が投影されており、私がSMAPの歌に感ずる前のはるか以前に、彼はやはりオリンピックは平和の花・人が集まったような状況であると感じていたということになる。

 もちろん沖縄返還前の話であり、本土復帰を望んでいただろう喜納さんたち沖縄の人たちにとっては取り分け印象的なシーンだったに違いない。 

そして今回の2020年の東京オリンピック招致に際して、使われた招致ロゴが花を題材にしたものだったことを考えると、かの招致ロゴが何の関連性も脈絡もない単なる偶然でしかなかったとしても、1964年のオリンピックからの必然の流れが実はそこにあるのではないかと感じてしまう。

 実際この「花~すべての人の心に花を~」は世界60か国以上で非常に多くのアーティストにカバーされていることを見れば世界の心を捉えた歌になっていることがわかる。

 つまり喜納昌吉さんが1964年の東京オリンピックの時に感じた国境を超えたという感銘がそのまま歌の歌詞に載せられ世界に伝わっているのではないかという印象である。

 そしてSMAPの「世界に一つだけの花」もまた花をテーマにした曲でもまた花がテーマとなっている。
 まあ今の時点ではこの曲はオリンピックと直接結びついているわけではないが、先日某音楽番組が先日発表した「世界に誇るニッポンの歌」では、「世界に一つだけの花」が1位に選ばれており、多くの国民が国際的に普遍性の高い歌と印象を持っており、オリンピックのテーマと親しい面があるのは確かなようである。

DSC09958

 こうやって考えていくと、2020年に東京で行われるオリンピックは、件の花ロゴのエンブレムへの使用の可否は別としても、平和の祭典であることを含めて『花』というのは大事なテーマなのではないかという気がしてくる
 そういえば、滝廉太郎作曲の隅田川の美しい風景を描いた曲も題名は『花』であり、江戸・東京にとって『花』は枕詞のように切っても切り離せないテーマなのかもしれない。

 喜納昌吉さんの「花~すべての人の心に花を~」は現在では沖縄の民謡のようにしか扱われていないが、実は東京にとっても大事な曲であったわけであり、2020年の2回めの東京オリンピックを控えた現在、改めてその歌の意味を皆で考えてみても良いのではないかと言う気がするのである。

坂本九さんの残した音楽

 先日の太極拳とジャズの音楽のブログを書いた後に、「SINGSINGSING」の曲を何回かネット上のソースで聴いていたのだが、その冒頭のドラムのアタックを聴いているうちに、「あれこの曲に似たリズム感の曲がなんかあったなぁ」とある曲の断片が頭の隅をかすめた。
 
 果て何の曲だろうと思いながら、頭の中の記憶を引っ張り出し始め、あれこれ模索しているうちに、ようやく思い出したのは、実はフォークダンスの「ジェンカ」だった。

 そう、あのムカデのような隊列を組んで踊るあのジェンカである。

 ただ、この「ジェンカ」は日本人の間でかなり有名である割にはインターネット上での情報が非常に少なく、フィンランドの踊りだということしかほとんど情報がなかった。

 わずかに故坂本九さんの歌った『レットキス(LETKISS)』としての情報があるが、それとて曲が有名である割には、ネット上の情報などは心もとないほどしかなかったのである。

 私はもっと深い情報に出会えると期待していたのだが、その期待は裏切られてしまった。

 私の記憶だと、あの曲の冒頭には、「ズンチャズンチャ・・・・」とドラムで始まるバージョンの音源があり、私の学生の頃はそれを使っていたような記憶がある。

  しかし、ネット上で探す限りどうもそれらは見当たらない。

  結局仕方なく今回は耳に残っていたその音源探しは諦め、ネット上で拾いやすかった坂本九さんのレットキスを聴き、併せて坂本九さんの経歴などを改めてウィキペディアでひっくり返して読んでみることにしたのである。

 で、そこで気が付いたのが坂本九さんの現在にも身の回りに残る曲の多さである。

 「見上げてごらん夜の星を」「幸せなら手をたたこう」「明日があるさ」「上を向いて歩こう」など、彼の歌った曲は他の歌手によるリバイバルなど色んなルートを経て、現在の私の周りにも沢山残っているのである。

 正直言って、坂本九さんは私の年代の歌手ではなく、彼が亡くなった時に私はまだ中学生だったので、坂本九さんの名前と顔こそ知っていたが、私にとって特別凄い歌手という印象はなかったのだが、リアルタイムでほとんど聴いていないのにこれだけ歌を知っている歌手はほかにいなかった。

 しかも坂本九さんがかの日航ジャンボ機事故で亡くなって30年経った今でも、レットキスのジェンカを含め、上記の曲は単なる古臭い懐メロではなく、気軽に口ずさめる曲として身近な存在として残っているのである。

 確かに「上を向いて歩こう」は「SUKIYAKI」として米ビルボードチャートの週間トップになったという大ヒット曲であり、実はアジア圏では後にも先にも彼しか成し遂げていない大偉業なのであるが、そういった一発ヒットがあっても過去の曲になってしまった歌は幾らでもあり、かの曲のようにいつまでも歌われ続ける歌というのは非常に少ないのである。

 ほかにそんな歌手がいないものかと、色々考えてみたが、いそうでいない存在であり、昭和の歌姫の代表格と言える美空ひばりさんでさえ「川の流れのように」という代表曲はあるものの、やはりかの曲は彼女の曲であり、坂本さんの曲ほど普遍化している印象は少ない。

 こうやって考えると改めて感じる坂本九さんの日本の音楽界における偉大な足跡なのである。

 もちろん、こういう偉大な歌手の陰には、やはり優秀な作詞家と作曲家・編曲家の存在があり、それが永六輔さんと中村八大さんなのであるが、坂本九さんを語るうえで彼らの存在を忘れてはならないだろう。

 この六・八・九の組み合わせが、今にも残る歌を生み出したのである。

 そしてこのように活躍してきた坂本九さんの経歴を眺めているうちに、もう一つのことに気が付いた。

 彼が日航機事故で亡くなったのは43歳で、実は今の私と同年代なのである。
 というか先日彼の亡くなった歳を私は一つ追い越してしまった。

 つまり、私が今まで生きてきた時間と同じ時間で、彼はあれだけのものを生み出した時間を生きてきたのである。

 改めて坂本九という存在は凄いなと感じたと同時に、同年代になった人間として自分は全然いけていないことに気付き悔しさも感じた。

 残念だが坂本九さんは偉大すぎて追い付けない存在であるのであるが、その彼の歌が今の私をもまた慰めてもくれている存在となっている。

 「明日あるさ」と。

 「右!右!左!左!前に跳び、後ろ跳び、前へピョンピョンピョン・・・」

  彼の曲を聴いて今日も頑張りたい。
  

 

上海の太極拳とビッグバンドジャズはよく似合う

 今朝上海市内の某所でコーヒーを飲みながら朝食を摂っていたとき、窓の外で太極拳で体を動かしている老人を中心とした市民の姿を見かけた。

朝太極拳に興じる人たち

 こちらはそれを室内から眺めていたのだが、ちょうどその時、店内では朝にもかかわらずビッグバンドのジャズが流れてきた。

 詳しい曲名はわからなかったが「SING,SING,SING」のような激しいドラムのリズム感のあるビッグバンドの演奏による曲だった。

 その激しい曲を聴きながら、外でゆったりと太極拳で体を動かす人達の姿を見ているとまるで映画のワンシーンを見ているようで凄く気持ちがよかったのである。

 その時「ああやっぱり上海はジャズが似合う街なんだな」と妙に納得してしまった。

 太極拳のゆったりした動作とジャズの激しいリズムは一見(一聴?)不釣り合いにも見えるが、しかし太極拳で体を動かす人たちのいたって真剣な顔と、そのゆったりとした動作の中で非常に集中して体を動かす姿は、見るものに非常に熱いものを伝えて来るという意味では重なるのである。

 それゆえにリズムが違うように見えるものであっても音楽がマッチするのだという気がする。
 まあこれは音楽の表現するものが単なるリズムやメロディではなく、人の心の感情を示すものであるといういい見本かもしれない。
 つまり心の熱さが音楽を示すバロメーターであり、リズムは二の次だということになる。

 そういった意味では、上海が本場ニューオリンズを離れて、アジアのジャズのメッカになっている理由も分からないのでもないのである。

 ジャズのガチャガチャ(と言っては失礼かもしれないが)としたリズムも、上海の人々の言葉や生活のゴチャゴチャ感とマッチするし、見栄っ張りでおしゃれ好き、でもすぐヒートアップして怒り出す気の短さのようなものも、ジャズと非常に合うんじゃないかと思う。

 上海が何故ジャズの似合う街であるか、今日改めてわかったような気がする。