Tag Archives: マンチェスターユナイテッド

お金があっても儲からない

 一昨日深夜の試合でマンチェスターユナイテッドがまた負けた。
 日本の香川選手が移籍した前後に数百億円とも言われる資金をかけて選手をかき集めたが、未だにその成果が現われずにおり、今回の敗戦で20チーム中10位まで落ちている。
 次の試合結果次第では15位程度まで一気に落ちる可能性もあり、大金をかけたはずの自慢のチームが非常に危機的な状況になっている。
 まあこの理由ははっきりしており、一人一人が能力の高い選手を集めても、集団でやるサッカーと言うスポーツでは連係が必要で、連係が熟成するまでは時間がかかるという事であり、まだ熟成まで時間が足りていないのか、熟成に取り組んでいない状態であるということができる。

 つまり、サッカーの世界では単にお金をただかけただけでは勝てないということになる。

 実はこれは通常のビジネスでも同じであり、お金を持っている者がお金をかければお金が儲かるというものではないというのがビジネスの常識であり不思議なところでもある。
 つまり100円しか持ってない人が1000円の儲けを得ることは有りうるが、1000円を持っている人が2000円稼げるとは限らないのである。
 もちろん全く元手が無いと稼げるものも稼げ無いかもしれないが、元手の大小が儲けの大小を決めるものではないのである。

 要するに元手のお金をどう賢く使うかが重要なポイントとなってくる。

 例えば今回のサッカーの例で言えば、攻撃の選手ばかりお金を使ってかき集めたと言われるが、実は本来ウィークポイントと言われていたのは守備であり、そこに選手をほとんど補強せず攻撃ばかりに力点を置いたため、現在の低迷を招いているとも言われている。

 つまりお金の使い方が間違っていた可能性があるということになる。

 かのチームのようにお金が潤沢にあると、どうしてもお金に頼った判断になるわけで、すると合理的な判断が疎かになって無駄なお金を使いやすくなるという状況が生まれていると考えられる。
 
 寧ろこの点、お金がないチームの方が合理的な判断が出来、合理的なお金の使い方ができる可能性が高くなるという気がする。

 つまりお金が無ければ、お金がないところをどうやって埋めるかを必死に考えるわけであり、バランスやウィークポイントの分析を慎重に行って欠点を埋める方法を考えることになり、お金の使い方も賢くならざるを得ないのである。

 実はこれもビジネスと同じで、ビジネスはお金を稼ぐのが目的なのだから、お金を沢山かけるというのは矛盾した行為で、まずお金をかけないで何が出来るのかを考えるのがビジネスの基本で、そこで必要なものを購入したり投資したりするという段取りとなる。

 まあこんなことはビジネスの基本であり諸先輩方々には本当は釈迦に説法であるはずなのだが、かのサッカーチームオーナーなどお金に余裕のある方々は、ついついこういった原則を忘れて非合理な大金を突っ込むことをやっており、傍から見てダメダメな経営者だなぁと感じてしまうのである。
 

中国ではマンチェスターユナイテッドの試合放送が減っている?

 以前のブログで、中国のテレビ放送ではサッカーのプレミアリーグが人気で、上位の人気チームの放送が気軽に見られることは書いたが、最近やや異変が起きている。

 それは中国のプレミア人気の象徴のような存在だったマンチェスターユナイテッド(マンU)の試合の放送が減っているようなのだ。
 もう各種報道で知られているように、このチームにいた日本代表の香川真司選手は既に古巣の独ドルトムントに復帰し、そのほか従来の 主力であった選手が追い出されるようにこの夏に次々移籍して、その代わり高額でかき集められた有名選手がファンハール新監督の元で試合に出場するようになってきている。

 しかし、その高額の投資も今のところ効果は見えないようで、現在5試合を紹介した時点で1勝2敗2分けの12位に低迷しており、失敗と言われたモイーズ前監督の前シーズンを下まわる低迷ぶりとなっている。

 そんなチーム状況が反映しているのか、今日はウェストハムとのアウェイの試合があるはずなのだが、私の家で上海のテレビ局が放映する五星体育というスポーツチャンネルではマンUの試合を観戦できる放送は今のところ見当たらない。

 今夜放送予定に入っているプレミアリーグの試合は、リヴァプールVSエヴァートン、チェルシーVSアストンヴィラ、アーセナルVSトッテナムで、確かに3カードとも人気チームが絡んでいるものの、従来ならここにマンUのカードが入っていても良さそうだが、他のチャンネルや録画放送も含めて今のところマンUの今夜のカードを放送してくれるところは見当たらないのである。

 まあ現在韓国でアジア大会が開催中で、放送枠が相当そちらへ取られていることもあるが、それにしても全く取り上げないというのは、放送の優先順位が下がってきていることを意味する。

 もちろん今までもマンUの試合が100%放映されてきたわけではないと思うが、今週は全く放映されない状況をみると、どうも中国のファンもマンUの最近の低迷とドタバタ振りに距離を置き始めている状況があるのではないかと言う気がするのである。

プレミア観戦天国

 今の部屋に引っ越してから、サッカーのプレミアリーグをテレビで観るようになった。

 日本だとCSなどの有料チャンネルに入らないとヨーロッパサッカーの試合はほとんど見られず、無料で見られるのはたまにNHKのBSとかで放映されるものだけという印象だが、中国では結構コンスタントに毎週生中継と録画放映がある。

 特にイングランドのプレミアリーグは人気があるようで、上位の強豪チーム、例えばアーセナル、マンチェスターユナイテッド、リヴァプール、チェルシーなどが絡むカードは、100%とまでとはいかないまでも結構コンスタントに看ることが出来る。

 そのほかドイツのブンデスリーガやスペインのリーガエスパニョーラなども放映されるが、放映頻度で言えば断然プレミアが群を抜いている印象がある。

 そんな中国のテレビ観戦環境だが、昨年までは欧州サッカーにそれほど興味もなく、また以前の部屋にあったテレビも映りが悪かったので、有線テレビの料金を払わず放置してあったのである。

 しかし今の部屋に引っ越して来た時に、ほぼ強制的に有線テレビの料金を払わされたし、比較的綺麗な画面でテレビが見られるので暇な時間が有るとテレビを見るようになった。

 さらに、日本代表の香川選手が昨年からマンチェスターユナイテッドの一員になっていることは知っていたが、マンUというチームの価値もかつてはそれほど分かっていたわけではなく強い興味も持っていなかったが、色々調べていくうちに次第に凄いことであることを認識するようになり価値を感じるようになったのである。

 そして、今年就任したモイーズ新監督に香川選手がなかなか起用されないという話題が注目を集める中、日本代表の状況を心配する身として、香川選手が出場するかもしれないマンチェスターユナイテッドの試合にも注目するようになったのである。

 今シーズンのファイターズへの興味が失速していく中、ちょうど入れ替わりに興味が湧いてきたというのもあるかもしれない。

 そんな訳でプレミアリーグも見るようになってきたが、まあプレミアに関しては世間で言う「にわかファン」そのもので、目下各チームを勉強中であるが、香川選手以外にも知ってくると興味の湧いてくる選手も沢山出てきたので、日本では金をを払わなければ見られない試合がタダで観られるこのプレミア天国をもっと満喫しようと思っている。