Tag Archives: 指揮者

中国人はテクニシャンが好き?

 上海でずっとコンサートを聴き続けていると、中国の聴衆に喜ばれる音楽家のタイプが自然と分かってくる。

 特にソリストに聴衆の好みの差が強く見える。

 どういったタイプが中国の聴衆に好かれるのかというとずばり「テクニシャン」タイプの演奏家ということになる。

 つまり、中国の聴衆には奥深い味わいのある演奏より、どうも超絶技巧的な速弾きを行うような演奏がウケているようである。

 中国人ソリストたちの演奏を見ていても、まさに体育会系的演奏スタイルと言うか、力いっぱい自転車をこぐかのように力を入れて熱演する。
 まあそれはそれで音楽演奏スタイルの一つの要素なのだが、音楽の魅力というのはそんな形式的なところだけはなく、もっと深い内面的なところにあるはずである。

 しかし中国の演奏家たちはどうもテクニックを磨けばいい演奏になるのだと信奉しているようなフシがみえる。

 実際、彼らの音楽には「歌い」があまり感じられず、内面から飛び出してくる音のゆれというか心の動きが感じとれないのである。
 確かにテクニックとしてはうまいのだろうが、あれでは芸術ではなく単なる楽器芸であり、極端な言い方をすれば大道芸の延長でしかなく人の心を震わすようなものにはならない。

 また聴衆にも問題がある。

 演奏家がそういったテクニック偏重の演奏をするものだから、「歌う」演奏というものに慣れず、聴衆も心で音色を聴くという姿勢で音楽に接していない。

 つまり初めから音楽によっての心が震えるような体験を期待しておらず、ステイタス的な満足感や、超絶的な技巧や単に心地よいだけの音、激しいだけの音楽を観に来ている聴衆が大勢いるような印象である。

 それ故なのか、演奏後の拍手もどこか形式的であり、楽章間に拍手が起こったり、指揮者が指揮棒を下ろしていないのに総休止の部分で音が途切れた途端に拍手が起きてしまう。

 まあ楽章間の拍手については、事前知識や慣れの問題でもあり、時に楽章そのものがすごい演奏だったり、交響曲のフィナーレを思わすような終わり方だったりする場合があるので、拍手をしたくなる気持ちもわからないではないので。あまり目くじら立てて非難するものでもない。
 しかし、曲が終わっての興奮鎮まる前の早すぎる拍手や、むやみにやたらに猿の遠吠えごとくホーホーと無意味な歓声を上げ盛り上げようとする聴衆にはやはり辟易する。

 特にこちらがそれほど良い演奏じゃなかったと感じたような時でも、中国人ソリストが超絶技巧を見せたときはホーホーと言葉になってない歓声で盛り上げだけ演出する。

 これを聴くとああ、彼らは音を聴いていても音楽は聴こえていなかったんだなとがっかりするのである。

 どうやら上海は音楽鑑賞文化がまだ成熟しておらず成長過渡期のようで、今のところまだじっくり音楽を聴いて感動したいというより、ステイタスで聴きに行くといった人が多いようで、テクニシャンの芸を観に行く鑑賞スタイルのようである。

アマチュアオケはつらいよ?上海ブラスの演奏会から

上海音楽院

上海音楽院

 昨年の暮れのことだが、上海ブラスの演奏会に声がかかったので聴いてきた。
 まあ無料だったのと、生の音楽に飢えていたのもあって、足を運んでみたのであったが、結構楽しい時間を過ごすことが出来た。

 演奏水準を言いだせば、所詮はアマチュアということになってしまうが、アマチュアの演奏家たちこそ音楽が好きでたまらない人間の集まりであり、その彼らが演奏する音楽はかなり音楽愛に溢れているという気がする。

  着ぐるみ的な格好をして演奏する姿などはプロでは絶対有り得ないと言っていい演奏姿あり、非常に楽しんでいることがよくわかる。

 プロが義務で演奏をやっているとは言わないが、仕事としてこなしている面が少なからずあるのに比べ、彼らは誰に強制されるのでもなく音楽を奏でるのが喜びとして取り組んでいるわけで、それが音となって表れてくるのである。
 音楽というのは、人が楽器を弾いて人が聴くものだから、観客と演奏家の間のコミュニケーションとして捉えれば技術の上手い下手は二の次であって、演奏家の気持ちが観客に伝わればいいのである。

 休憩中にも、正式なプログラムではない小品の曲を数人ずつのアンサンブルがかわりばんこで演奏する姿も、音楽が好きでしょうがない彼らの象徴的な姿だったという気がする。

賀緑汀音楽ホール

賀緑汀音楽ホール

 そういう点で言えば、アマチュアの演奏会はある意味プロの演奏会より楽しいし、気楽に音楽に向き合える。

 ただ少し感想を言えば、アマチュアの方々の演奏会は非常に苦労して作り上げられているなぁという印象だった。

 まず、今回の演奏会では参加者の楽器構成がどうもバランス良くないという印象で、標準的吹奏楽団の構成に比べ、ピッコロやクラリネットなどの木管が少なく、その割には金管はしっかり揃っていたという印象であった。

 まあ、上海(外国)という特殊な地域の事情上、東京のように気軽にエキストラ奏者を頼めるわけではないので、どうしてもいる人間で、やれることをやろうということになるのであろう。

 しかし、こうなると苦労するのは楽譜を用意するアレンジ担当の人間と指揮者である。

 プロの楽団なら曲目によって指揮者が奏者を外したり加えたりできるのだが、こういったアマチュア楽団相手の状況では、目の前のいる楽器構成で何とかバランスを取り、音を形にしなければならない。

 例えば本来の楽譜上の音の割り振りそのままでは、バランスが悪くなったり構成する音が足りなくなってしまう可能性があるため、楽譜で指定された楽器以外の近い音域の楽器にそのメロディを割り振るなんてことも必要になるのかも知れないのである。

 また、演奏者たちの技術水準もやはりピンキリなわけで、プロ水準の人から素人同然の人もいるだろうに思われる楽団では、音を揃えて形にするのもまた一苦労な話かと思われる。
 つまりこういったアマチュアの楽団の指揮者に抜擢された方は、ある意味プロの指揮者とは違った別の才能を要求される訳であり、プロ以上に大変なんではないかと察する。

上海ブラスのチラシ

上海ブラスのチラシ

 しかし、そういった苦労を乗り越えてでもどうしても、音を奏でたい、人に聴いてもらいたいと思い、演奏を続けるのが彼らアマチュアの演奏家たちであり、上記のような大変な状況の中を察すれば、彼らの今回演奏した音楽は随分よくまとまっていたという気がする。

 今回音楽を楽しむとはどういうことなのかを改めて教えてもらった演奏会となり、招待してくれた団員の方にとっても感謝をしている。

ハリルホジッチさんと準メルクルさん。

 サッカーの日本代表の監督の後任人事が決まりそうな報道になってきた。
 ハリルホジッチさんというユーゴスラビア出身の方で、前回のW杯ブラジル大会で前評判の低かったアルジェリア代表をベスト16に導き、優勝したドイツを苦しめたチームの監督だった方である。
 正直言って私はそんなに詳しい経歴までは存じ上げなかったが、W杯の戦いは良い印象で、資料を見る限り次期監督としても遜色ないようである。
 そして、何よりも元日本代表監督のオシム監督と同郷で深い交友がある方らしく、それ故に日本とも全く無縁というわけではなく、就任に期待が持てる感じとなっている。
 そのオシムさんと言えば、私は非常に洞察が鋭く思慮深い方だという印象で、私の中では、亡くなった指揮者のチェリビダッケ氏とも共通するものを持っている存在となっている。
 何が共通する方と言えば、どちらも哲学的とも言える方で、発する言葉一つ一つに含蓄があり引き込まれる印象なのである。
 そしてそのチェリビダッケ氏に師事したのが現在日本のN響などで活躍する準メルクルさんという指揮者であり、私は生での演奏は数えるほどしか接した記憶が無いが、師匠のチェリビダッケ氏同様に中身の詰まった演奏ながらクレバーにクリアに音楽を聴かせてくれるので、現代の非常にお気にいりの指揮者の1人となっている。
 この準メルクル氏は日本とドイツのハーフで、師匠のチェリビダッケ氏はどっぷりとした体格であるが彼はやせ形の指揮者であり、実はその対比関係が、私の中で今回のオシム氏とやせ形のハリルホジッチ氏との関係にも投影される印象となっている。

 まあ正確に言えばハリルホジッチ氏はオシム氏の弟子ではないのかも知れないが、哲学的な思慮深い先輩を持った後輩世代として、準メルクル氏同様に日本に長く活躍の場が生まれることを深く期待したいという気がするのである。

18世紀のオーケストラの響き

 リコーダー奏者であり指揮者でもあるフランス=ブリュヘン氏が今年の夏に亡くなっていたのを先ほど知った。
 もうだいぶ高齢なのは知っていたので、どうしていたのかなと思っていたところにこの訃報の発見である。
 フランス=ブリュッヘン氏と言えば、やはり手兵の18世紀オーケストラで、私は彼の演奏会を来日公演で数回聞いたが、どれも良かったのを記憶している。
 18世紀の楽器で演奏する18世紀オーケストラは、かつて響いていた音を現代に再現してくれたオケであり、バッハなどのバロック調の音楽と現代オーケストラの機能的な響きの中間にあるような独特の響きを持っている。

 生の演奏会も悪くなかったが、彼の演奏で最も魅力的で凄いなと思ったのがCDで聴いたベートーベンの交響曲第1番である。
 第1番はその番号の通りベートーベン初期の最初の交響曲で、1800年という18世紀最後の年に完成した曲となっていて、若い時の曲らしく瑞々しさにあふれ、とても気持ちの良い曲である。
 18世紀オーケストラは、その18世紀最後の曲を当時の楽器で演奏するわけで、聞いているこちらはあたかもタイムスリップして18世紀に紛れ込んでしまったのではないかと思わせるくらい、不思議な感覚に引き込んでくれる。
 しかも録音に使用されたと思われるオランダユトレヒトのホールはビンビンと響いてその反響音がとても心地よく、まさに18世紀から19世紀という近代が始まったばかりの未来への希望を感じさせるイメージを伝えてくれている。
 
 9曲もあるベートーベンの交響曲の中ではこの曲は比較的規模が小さいという事で、相対的な人気度は「運命」や「第九」「田園」「英雄」などに比べあまり高くないが、私はほかの曲にはない愛着を持ってこの曲を聴いていて、実は一番のお気に入りである。
 それもこれも、恐らくこのブリュッヘン指揮18世紀オーケストラの演奏CDのお蔭であり、あの時代の躍動感を窺い知るに足る演奏だという気がするのであり、心に元気が欲しくなった時はいつもこの曲を聴くようにしている。

☆下記で買えます。

中国人は音楽を聴かないで教養として理解?

 昨晩、自宅に帰った際にあまりにもやはりインターネットの接続が悪いので、何となくテレビをつけたところ、ベルリンフィルのコンサートを放映していた。
 グスターボ・ドゥダメルというベネズエラ出身の指揮者の指揮で、ベートーベン作曲の交響曲第5番、つまり「運命」の演奏が流れていた。

 まあこれらの演奏に全く興味が無かったわけではないが、しょせんテレビ放送を通しての音では音が悪すぎて感動もへったくれもないので、あまり集中できず流すように見ていた。
 以前から中国のこの手の放送には指揮者のプロフィールや曲目の概説などが、字幕スーパーで紹介されており、私はこれらがウザったく音楽に集中できないので、中国の音楽放送は好きではなかったのである。

 ところがである。

 昨日の放送はこれまでのものに更に輪をかけてウザったいものとなっていた。
 昨日の放送では、曲目の簡単な概要どころか、曲の楽譜が進むにつれて、やれここが提示部だ、ここが展開部だ、ここが反復部だといちいち曲が進む度に画面表示を加えて曲目の解説をしてきたのである。
 これには私もさすがにあんぐりとなってしまった。

 まるで、学校で音楽の授業を受けているかのような解説なのである。

 まあ音楽学校などの学校の教材としてこれらの解説が加わるなら理解できるが、少なくともこれでは音楽を音楽として楽しめない。
 この放送を見る限り、中国ではクラシック音楽を単なる教養としてしか捉えておらず、音楽を音楽として聴いていないのではないかという気がしたのである。

 しかも演奏が終われば、余韻など楽しむ間もなくあっという間に放送が終了する。

 音楽を音楽として受け止めるなら、こういった扱いは有り得ないはずで、単なる「西洋の教養」としてしかクラシック音楽を受け止めていない現実があるようである。
 音楽の知識は決して無駄だとは言わないが、音楽はまず音を聴いて心に受け止めるべきであり、その後から「教養」を探しに行っても遅くないのである。

 最近では、中国各地にお金をかけた音楽専用ホールも沢山出来てきたが、単なる教養サロンのような場所としてしかとらえてない人々に立派な音楽を聞かせるのは非常に勿体ないわけで、その場にいても音楽をロクに聴いていないような人達に幾らいいホールを作ってあげても無駄だという気がする。

 どうも昨日の放送に、中国の今の経済発展が未だイメージ先行の上っ面の物でしかない現実を見た気がするのである。