Tag Archives: 価値

甲子園はおまけみたいなもの

 数か月前に見始めたアニメ「タッチのネット配信だが、結局なんだかんだで最終話(の1話前)まで見続けてしまった。
 大まかなストーリーは昔見たのでもちろん知っていたが、ここの詳細まで全部覚えていたわけではないので、結構楽しめた。

 で、そのクライマックスのシーンの直後に対戦チームの監督が言ったセリフが「甲子園はおまけみたいなもの」というセリフ。

 多少ネタバレになるが、これは誰しもが敬遠を考えるだろうシーンで敢えて勝負にいった経過に対して言ったセリフである。
 勝負を避けて、モヤモヤとしたものを抱えて勝ち上がるより、真っ向勝負でぶつかったことに対する清々しさの感動というか称賛の気持ちがそこにはあった。

 そこはマンガだからという人もいるかもしれないが、実は同様のシーンは実際のスポーツの真剣勝負の場でも存在している。

画像はイメージ

 4年前のラグビーのW杯日本代表対南アフリカ代表との闘いである。
 あの試合の最後のシーンで2点ビハインドだった日本代表は、残り5分でキックで同点を狙うことも出来たが、失敗のリスクを恐れずに逆転のトライを狙う選択に出た。 
 そしてその勝負への気迫で相手を圧倒し見事逆転勝利を挙げるのだが、あの勝負に対する姿勢は現地でも称賛され、4年たった今でも日本のラグビー界で語り草になっている。

 明後日に日本で始まるW杯への期待も4年前のあのシーンの感動に対する余韻が今でも残っている面が大きいという気がする。

 逆にモヤモヤ感を残してしまったのが昨年のサッカーのW杯のポーランド戦の最後の15分間の戦いである。
 勝ち上がることを優先して、目の前の真剣勝負を捨ててしまったシーンであった。
 結局、あの後のトーナメントの一回戦のベルギー戦で、逆転負けを喫したらしいのだが、私は既に観戦するモチベーションを失って観戦することを放棄したので見なかった。
 見る価値を感じなかったからである。
 むしろ後から逆転負けの敗戦のニュース聞いてどちらかというとざまーみろの気分であり、あれ以降サッカーの日本代表の試合は見なくなったし、報道で伝わる動向記事もほとんど読まないし気にしなくなった。
 真剣勝負の行われないスポーツなど見る価値がないからである。
 
 こういった流れの中で、今年になって岩手・大船渡高校の佐々木投手が、決勝戦を投げずにチームが敗れたということの是非が、ネット上でも結構話題になっていた。
  まあ細かくはチェックしてはいないが、将来のためとか大人の知恵で登板を回避させたらしいが、本人の本当の気持ちはどうだったのだろうかと心配になる。

 投げることに違和感があるような状態であったならば、もちろん無理をさせてはいけないが、もし投げることに支障がない状態であったなら、真剣勝負を避けるような大人の知恵は、高校生には邪魔だったような気もする。

 まああの時、投げたとて甲子園に行けたかどうかは分からないが、真剣勝負でぶつかった結果であれば誰もがモヤモヤ感を残さずに済んだし。「甲子園はおまけだった」ことに気づいたのではないだろうか。
 今の世の中、大人の知恵で勝ち上がることや将来への道を残すことを優先してしまう傾向にあるが、それを優先しすぎてしまうと実は勝ち上がること自体の価値を失わせ、真剣勝負で得られる価値を失わせてしまうことになるのではないかと危惧するのである。

ワインが豊かさの象徴?

 家でテレビを見ていると、上海や新しい商業モールなどの広報用の明るい未来を表現するPRビデオのような物が時々流れる。
そういった映像で必ずといっていいほど出て来るシーンが、若者たちがパーティのような場所でワイングラスで乾杯をするシーンである。

 まあこれらはイメージ映像なので、これはこれで批判するべきとこも無いのだが、残念ながらいつもワンパターンというか、どの映像も最終的にはワイングラスを傾けられるシーンにいられることが豊かなのだと表現されるところである。

 要するに外国の真似をすることが豊かであると言っているように私には映ってしまう。

 本来ならば、ここは中国で歴史深く独特の文化を築いてきたのだから、もっと中国的な豊かさの将来像のようなものがあって良いという気がするが、残念ながら今のところそういったモノは見た記憶が無い。

 この点、日本ならば欧米的な贅沢さの対極にあるような価値観として、金沢の小京都の風景や和倉温泉の旅館のような「和の贅沢」の価値観があり、そういったイメージ映像も存在するが、残念ながら中国にはそういったモノが見当たらない。

 歴史が4000年だの5000年だの積み重なっているいる国の割には、贅沢や豊かさを示す価値観が育っておらず、結局豊かさをイメージにしようとすると最終的にワインという外国文化のイメージに頼っている結果となっている。

 各時代の王朝が栄光衰退を繰り返した歴史の中で、破壊と構築が繰り返されていたとされてしまったこの大陸の時間の結果、最終的に豊かさの象徴と表示されるイメージが外国から輸入されたワイン文化になってしまっていることはかなり寂しい現実の様な気がする。

原掲載

中国人の世界遺産に対する勘違い

 まあこれは中国に限ったことではなく、日本でもその傾向があるのだが、世界の中でも特に中国では「世界遺産認定」を観光地価値のための単なるランク付けと認識している人がかなり多いという気がする。

 しかし、ユネスコによる世界遺産認定と言うのは、本来は建物などを人類の普遍価値の遺産として後世に残していきましょうという、その「遺産価値の保護」にこそ趣旨があるのだが、現在各地で申請が行われている動機を見ると、どう見ても観光開発のための世界的お墨付きが欲しくて申請している地域がほとんどのような気がする。

dsc04964

 もちろん、世界遺産=観光地となるのが世の中の常なので、観光地としてお墨付きがつくのは必ずしも悪い事ではないのだが、中国の場合は特に経済的モノサシが最優先で世界遺産を求めているような印象である。

 このような中国人達にこの勘違いを起こさせている理由の一つが、中国の国家の定める旅遊景区認定いわゆるリゾートランク制度であると思われる。

 これは観光スポットごとにAAAAA級(5A級)などのランクを与えて評価する制度で、まあこの基準はどちらかと言うと最初から観光地の経済的価値の正当評価をランク付けするために作られた制度の様であり、そのランクを利用して観光PRをしたり経済的PRを行なうものとしては間違った制度ではない。

 さらにホテルの星級ランク同様に価値の無い物を価値があるかのように勝手に喧伝することを防ぐ目的もあるようで、つまり観光地の価値評価プラス施設整備程度などの評価点を勘案してランク付けを行ない評価するものであるから、観光地の評価のための制度としてはおよそ目的に適った制度となっており、つまりどちらかと言えば観光開発を奨励するような制度となっている。

 故にこういった制度のある中国において、ご当地の中国人たちが「世界遺産認定」という制度に対して、この旅遊景区認定と同様に観光開発のための国際的プレミアムバリューを与えてくれるものと考えてしまうのは無理もないことではある。

 しかし、それはやはり彼らの大いなる勘違いである。

 世界遺産認定制度はあくまでもその保護を目的としているものであるから、観光化を否定している訳ではないが特に奨励をしているわけでもなく、保護すべき対象として認定しているだけである。

 保護すべきとされているからには、本来過剰な観光開発などは避けるべきなのだが、中国では世界遺産のお墨付きをいいことに観光開発をガンガン行っていると聞き、世界遺産認定を受けた時の雰囲気をすっかり失くし世界遺産としての価値を失ってしまったような場所さえあるという。

 こうなってしまうと本末転倒で、遺産としての価値も失ってしまうように感じられる。

 まあこういった場合はユネスコの方で遠慮なく認定取り消しなど厳しい措置を取ってもいいというような気がしており、実際ドイツなどでは渓谷に橋が出来たため取消しされた例もあるという。

 これらの点、日本でも世界遺産を観光客誘致のきっかけとしたいとの動機で申請する動きも確かにあるのだが、日本の世界遺産候補地の場合は、既に日本の国立公園・国定公園に指定されている場合がほとんどで、日本の国立公園・国定公園の法律は中国の旅遊景区認定と違って、自然保護を目的とした厳しい法律になっており、地熱発電所のような公共的施設の類でさえ開発が容易ではない状況になっている。

 故に、そういった場所が仮に世界遺産に認定されても、観光乱開発が突如として起こることはまずあり得ない状況になっており、観光誘致が目的だとしてもそれほど憂慮することではないという気がしている。

 しかし中国は世界遺産の数だけはやたら多いが、どうも日本のように国の下で保護が行われている印象がなく、開発だけが優先している印象が強い。

 つまり世界遺産の保護というは、各国家の責任に依るところが大きいとも言え、そのあたりの中国の自然保護の法律制度がどうなっているか知らないが、本気で世界遺産の観光価値を高め観光収入を得たいと思っているのなら、観光開発より原状保護を強める方がはるかに大事で経済的価値を生むものだという気がしている。


日本人は経費を削る話ばかりをする。

最近日本からやってきた日本人と会話していると、一様に感ずる感想がある。

日本の国内全体の雰囲気がそういう雰囲気なのかもしれないが、あのコストはもっと削れるとか、ここを取り換えればもっと安上がりになるとか、どうも現状からいかにスリムにし利益を浮かせるかという発想ばかりでモノを考えている印象がある。

つまり、コレとアレを足せばもっと魅力的になるとか、もっと収益が見込めるとかといったそういうプラスの面の発想でモノを考えられなくなってしまったようだ。

経費を削っていかにコストを安く抑えるという発想はそれはそれで大事だが、それはベースになる魅力があって初めて言える話である。

別にアップル社を持ち上げたいわけではないが、あの会社の成功は経費を削って利益を生み出したわけではなく、既存の技術を独特の発想で組み合わせて魅力を生みだし、利益を生んできた会社である。

それは以前のSONYにも言えた話である。

もちろん魅力を生み出す裏で、アップル社が独特の販売戦略で経費を削ってきた面も各地で伝えられている通りだが、それは魅力を磨いたからこそ生きた経費節減なので、魅力がなければ単なるジリ貧の経費節減になっていたはずである。

新しい魅力が生み出すための努力、それを忘れたら単なるジリ貧である。

DSC06214

私は故ジョブス氏のやり方や考え方の一つ一つは決して好きになれないが、新しい魅力、新しい価値を創造して前へ進もうとしていた姿勢だけは評価している。

日本のビジネスマンがアップル社から学ぶべきはiPhoneの使い方ではなく、新しい魅力を創造してビジネスを開拓していこうとするその姿勢であろう。

彼らが作った価値にまんまと魅了され、その商品を手に入れただけで悦に浸り、自ら価値を築くことを忘れてしまった愚か者がいかに日本にも中国にも多いことか?

私も日本人だが日本がなぜ停滞しているかわかったような気がする。

文化遺産にすがる中医学の価値?

 ちょっと前のニュースになるが、中国の伝統的学問とされている中医鍼灸が人類無形文化遺産リストに登録されたというニュースが流れた。

 中国国内のニュースではこのことに関して、これで中医薬の世界的普及に拍車がかかると喜んでいる向きもあるようだが、私としては「はて?」と思う。

 文化遺産に指定されて、世界的普及??

 物凄い論理の飛躍に笑ってしまう。

 そもそもよく考えてみて欲しい。
 認定されたのは「遺産リスト」である。
 動物で言えば絶滅危惧種と指定されたのと同じようなものである。

 つまり、放っておけば滅んでしまうかも知れないから皆さんで後々まで大事に保護しましょうというのが、この世界遺産のリストの趣旨である。
そんなところに自ら申請するなんぞ、私たちは競争力がないから皆さんで守ってくださいとすがりついて頼み込んでいるように見える

 よく西洋医学と東洋医学、あるいは中医学などという対比の言い方をされ、西薬と中薬はどっちが良いかなどという話題も中国国内では良くされる。
 しかし、そもそも人の命や健康を考えるという意味において医学に西洋も東洋もあるはずもなく、それをことさら強調して差別して競争意識を働かしているの中医学のほうである。
 
 それに加えての今回の文化遺産申請である。

 中医学に関わる人たちは今回の認定を世界に認められたと喜んでいるらしいが、果たしてそれはどうなんであろうかと思ってしまう。

 私から言わせれば、世界的普及どころかもうすぐ滅びそうだと認められてしまったのが今回の認定であるような気がする。

 もしそれを喜んでいる人たちがいるのなら全くおめでたい頭としか言いようが無い。

 よく考えてみて欲しいが、現在西洋医学とされている分野を学んでいる人間が、自分の学んでいる医学を後世まで残したいから「人類無形文化遺産リスト」に申請するといったらどう思うであろうか?

 特に先進の研究分野にいる人間は、そんなカビの生えそうなレッテルを貼らないでくれと思うのではないだろうか?

 日々進歩している医学の分野においてそんな時間が止まったような評価は必要なく、寧ろ邪魔だと思うような気がしてならない。
そんな無意味な保護をされなくても医学の分野は成長を続ける、そう考えて日々研究開発に切磋琢磨しているに違いない。
 (もちろん研究開発費は必要だろうが、、)

 私自身は中医学といわれている分野の考え方についてそれ自体を蔑むモノではないが、世界遺産という大義名分にすがりつき、それを権威主義的に名誉を振り回す人々の勢力の姿には退廃的な印象を感じてしまう。

 まあ今回の遺産リスト申請には、韓国医学との東洋医学の宗主国争いの中に生まれた産物といった面もあるようだが、結局はそれ自体がナンセンスである。
 そんな過去の起源で争っているようでは結局未来の進歩は無く、それこそ保護されなかったら滅んでしまうだけである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 もし現在の西洋医学の社会の中でそんな過去の起源をやっきになって争っていたら、きっと笑われてしまうであろう。
 そんな中医学などという言葉にアイデンティティを感じすがっている暇があったら、もっと人の命そのものに真剣に向き合って欲しいものである。

 中医学の看板や権威にすがるといったそんなアマチュア根性を、どうも今回の世界遺産申請には感じてしまう。
 そんなアマチュアな人々に果たして人の命が守れるのだろうかと現在の中医学関係者の姿勢にはどうも疑問を感じざるを得ない。