Tag Archives: 国立競技場

やっぱりA案ありきだった?エンブレムコンペの序列

 ちょっと数日が経過してしまったが、先日2016年の東京オリンピックの公式エンブレムがようやく決定した。

エンブレム候補作品

エンブレム候補作品

 まあ、世間ではB案D案が人気で、単色のA案は人気がなかったが、何故か選ばれてしまったものとなっている。

 確かにデザインの専門家が指摘している通り、完成度が高いデザインはA案であり、よく練られたデザインにはなっている。

 それゆえに、デザイナーなどの玄人の方々はA案以外は駄目であるとした指摘もそれなりに理が通っている。
 しかし、そのデザインの優秀さを除外したとしても、今回のエンブレムのコンペがA案ありきであったのではないかという疑いが浮上している。

 その理由は、各デザインに序列を示す記号を用いてしまったということ。

 即ち、今回各作品にA・B・C・Dという序列記号がつけられてしまったわけで、これがコンペの結果にも影響をもたらしたのではないかと言われており、A案が最初から圧倒的に優位だったと言われている所以となっている。

 一般的にデザインコンペなどは作品に序列を生んでしまうような記号付けは避けられていると言われている。

 今回であれば本来はABCDではなく、組み市松案、風神案、朝顔案など、文字上で序列がつけにくい言葉で識別すべきだったのではないかということである。

 一般的に企業ロゴなどのデザイン提示や複数の企画提示案などでも、一番目が一押し案、二番目が次善案、三番目が変化球案などと言われ、一番目が最もプッシュしたい案であるのが定石となっている。

 また複数案の競合プレゼンを行う上でもトップバッターの案が圧倒的に優位といわれており、実際トップバッターの案に決定する確率が高いと言われている。

 それ故に、コンペなどはやはりトップに表示されるものが有利で、作品が「A案」と決められた時点でA案の作品が有利なのである。

 それでなくても今回デザイン性の高い候補作品が「A案」に設定されたのであり、「A案ありき」と言われてもしかたない状況だったことになる。

 このように、審査委員会が恣意的な選考を否定しても、序列のある記号をつけた時点で審査が公正ではなかった疑いがかかってしまう。
 振り返ってみると先日の新国立競技場のデザインコンペもやはりA案が選ばれたのであり、ここにも恣意的な序列決めの匂いがプンプンしてしまう。

 まあこの決定したエンブレムに関してはいうことはないが、序列記号での設定に推薦順位が見えるわけであり、やはりA案推しだったような気がしてならないのである。

 また今回国民から広く意見を募集したともあるが、寄せられた意見がどんな形で反映されているか具体性が全くないわけで、パフォーマンス的には何となく国民に開かれたような雰囲気が漂っているが、実質的には恣意的な選択だったとしても不思議ではないのが今回のコンペだったといえるのである。

 

新国立競技場案アンケートに見る現在の日本人の意識

 引き続き、新国立競技場に関する話となってしまうが、どちらの案が選ばれるかは別として、先日示されたA・B両案への日本国内での反応に現在の日本人の意識指向を見ることが出来る気がする。

新国立競技場案 左がA案 右がB案

 まあこの2案のデザインを大雑把に相対評価してしまえば、A案は環境調和を重視し、B案は先進性を重視したデザインと言ってしまうことができる。
これについて例えばYAHOOサイトの行ったアンケートでは約5割近くがA案を選択し、B案の4割弱を大きく上回っている。 

 

ヤフーのアンケート

ヤフーのアンケート

つまり、デザインの先進性より環境や調和を優先する意見が強いのが今の日本国民の意識ということになる。

 これが、例えば30年くらい前だったらどうであろうか?

 30年前、つまり1985年であれば恐らくA・B両案からの選択なら間違いなく、B案を望む声が多かったのではないかと想像する。
 或いは今回のような計画の見直しなどは発生せず、当時もザハ案があればそのままの計画で建設が進んでいたように思えるのである。
 1985年と言えば、つくば科学万博の開かれた年であり、近未来を意識した先進型デザインのパビリオンが沢山並び、さらにこの年から経済バブルに向かって急激に成長する先進思考がまさにピークの時期であった。
 街を見ればスポーツカーやカラフルなマイカーが沢山走っていたのを思い出すわけで、そんな時代にザハ案はぴったりだっただろう。

 あれから30年(きみまろの漫談じゃない)、街はシルバー塗装の軽乗用車だらけになり、大型車やスポーツカーは一部のちょいワル親父が乗りまわすだけになった。
 少子高齢化により、街から子供が消え、介護サービスが社会の課題となっている。

 こんな時代に選考されかかったザハ案は、先進的なデザインは一旦称讃されかかったものの結局コスト高を言われ否定されるという結果になっている。

 さらに再提出されたA・B案の相対比較についても、やはりより調和を重視したA案が好まれている結果となっており、ザハ案よりは比較的「和」の要素が入っていると思われるB案でさえ、更に和が見えるA案には人気の面で及ばない状況となっている。

 これが例えば今の上海であれば、ザハ案・A案・B案を並べればザハ案を選ぶのは間違いなさそうだし、恐らくA案を選ぶことは絶対にないと思われる。

 まあ私自身も最近の中国の先進デザイン嗜好への反発もあって、今回のA案の自然調和のスタイルは結構気に入っており、コンペの有利不利は別にしても、現代社会であのデザインを日本が国立施設として採用できたなら世界に誇れる素晴らしい選択だと感じている。

 A案は今回懸念された空調をつけないという条件も逆に日本の伝統の知恵を生かす結果となっており、スタジアムを囲む緑の存在や木の構造物が建物の熱の上昇を抑え、季節風を取り入れる形で内部の暑さを和らげるという工夫がなされるなど、随所に自然を生かす智慧が発揮されている。
 数年前にサッカーのW杯招致でカタールが用意するという全空調スタジアムが話題になったが、この新国立競技場案は空調を捨て自然を生かす意味でカタールの施設の真逆の発想なのである。

 一部で指摘される植生部分の維持費の懸念についても、確かにスタジアム単体で考えれば割高に見えるのだが、周辺の神宮の森の緑地整備費・維持費と一体として考えれば、スタジアムに直接付属しているかどうかだけの差である。

 寧ろ空調費を抑えたためのコストダウンの結果のコストなのではないかと考えられ、つまりその意味で言えば植生の部分におけるコスト差はA・B案ともほとんどないのである。

 まあ最先端の電気を駆使したハイテク技術というのも、もちろん日本の誇れる技術の一部だとは思うが、日本には古くから生きる庶民の生活の知恵というものも存在する。

 日本人が震災後の節電時期を経る中で、改めて思い出した伝統的な避暑対策の知恵が実はA案には見て取れるのであり、デザインとしても調和を望む成熟した国民意識が多くA案を選んでいる結果となっているのではないかという気がする。

 こう考えると震災前と後では新国立競技場に対する要求理念が全く違っていた可能性があり、もしアンケートの結果の通りにA案が選ばれるなら、震災後だからこそ選択された結果だったのかも知れないのである。
 今回最終的にどちらの案が選ばれるかは分からないが、Aのようなものを望んでいる人が多いというのが今の震災を経た日本人の意識なのではないだろうか。

新国立競技場はA案になると予想する。

 今年の夏の新国立競技場の建設費問題を受けて、新たな2案が提出され、昨日その2つの案の技術計画書が明らかになった。

新国立競技場案 左がA案 右がB案

 まあぱっと見の外観は、2案とも以前のザハ案に比べると地味でシンプルな外観は似ていて、それほど差がない。
 示された総工費もほとんど同じで、それほど差があるようには思えないものである。

 確かにデザイン的な差はあり、A案はスタジアムの周りを緑が取り囲むようなデザイン、B案は非常に大きな木の柱がスタンドを支え、ある人に言わせるとスタンドが白磁的な印象で斬新なイメージがあるとのこと。

 しかし最初に書いた通りスタジアムのデザインと言う意味ではほとんど五十歩百歩であり、好みの差は多少出るとしても決定的にどちらがどうというものではないという気がする。
 つまり、デザインの写真だけを見た時点では私はこの両案どちらでも良いなという気がしていた。
 
 しかしである。
 
 JSCのホームページに掲載された技術提案書を見て考えが変わった。

 A案の方が遥かに有利だなと感じたのである。

 もちろん、B案の方に悪い点が見つかったということではないが、A案のほうが遥かに練られた提案書のように映ったからである。
 A案の提案書では徹底的なシミュレーションが様々な観点から行われており、それを細かく明らかにし、随所に工夫の数々を施してあることがはっきりPRされていた。

 例えば夏場に行われるオリンピックを考慮して、風を取り入れた場合の気温のシミュレーションや、非常時の観客の避難ルートや時間、はては日照シミュレーションによる芝の育成までありとあらゆる面で想定が行われており、維持コストの低減を含め実に細かく数多くの提案が行われている。

A案の提案書

A案の提案書

 これに対してB案はデザイン的には斬新で分がありそうなものの、細かい技術説明の部分が概念的で具体性に欠ける説明なのである。
 恐らく本来両方の業者とも技術的にはほとんど差がないと思われるが、比較してしまうとB案の提案書は明らかに準備不足の計画に映るのである。

 これでは、やはり信頼度の面でA案になるのは目に見えていると思われる。

 実は巷の噂によるとA案は隈研吾さんデザインで大成建設と組んだもの、B案は伊東豊雄さんデザインで竹中工務店+JVと組んだもののようだが、旧ザハ案でスタンドを受注していたはずの大成建設が人員も資材も確保できている点で準備は万端らしく、それ故の今回の提案書の差でもあるようだ。

 まあ今回のコンペが出来レースとまでは言わないが、あくまで国民を納得させるために競争入札という建前を守って2案が提示されたに過ぎないようで、最終的にはA案が受注されるのはほぼ間違いないだろうというのが私の見立てである。

ドーム球場が5個作れる新国立競技場は必要か?

 デザイン決定直後から非難されてきた新国立競技場の建設問題が、ここへ来てさらにもめている。

 私も数年前から「東京オリンピックに関するブログ」は何度も書いてきており、この新国立競技場に関しては「国立競技場は沈めてしまえばいいのではないか」などとずっと危惧を持っていた。

 しかし、あれから1年半も経っているのにかかわらず懸念はそのままのまま解消されず、結局莫大な建設費が見込まれる状態で建設に突き進むとする旨が文部科学省から示された。
 一時はデザイン見直しで建設費は1625億円まで圧縮されたが、今回その後の試算で再び900億円上乗せされたとのことで、結局2520億円で建設されることになったと報道されている。

 この2520億円という金額は一般人にはあまりにも巨額すぎて何とも想像がつきにくいが、前回のロンドンが843億円、北京が511億円、アテネが367億円と過去の競技場と比べても桁違いに高く、今回の増額分だけでロンドンの競技場が建設出来てしまうような金額である。

 また日本国内の主要スタジアムの建設費は日産スタジアムが600億円、味の素スタジアムが300億円、埼玉スタジアム360億円、札幌ドーム420億円、東京ドーム350億円、京セラドーム500億円、ヤフオクドーム760億円、ナゴヤドーム405億円とありこれらと比べても異常に高い。

 この高額の元凶となっているのが、デザインの要となっている2本の巨大アーチで、このアーチだけで1000億円が必要だと言われている。
 2本で1000億ということは、つまり1本500億円であのアーチ1本分だけでドーム球場が作れる金額であり、今回の予算で5大ドーム全部作れてしまう金額ということになる。

 つまりいかに従来の相場とは比較にならないほど高額な予算であるのが今回の新国立競技場建設計画なのである。 

 いくらオリンピック・パラリンピックが世界的に名誉あるイベントだとしても、使われるのは両イベントで1か月程度の期間だけであり、ドーム球場5つ分もの費用をかける必要は無いように思われる。

 さらに建設後の維持費も莫大で、到底黒字にはならないとされ、毎年10億円近くの赤字が垂れ流しになるとも言われている。

 もし2520億円の税金が使われるとなれば、国民一人当たり2000円以上の支出となるわけで、国全体が財政赤字に苦しみ昨年の消費税アップであれだけ騒いだ中で、この不必要とも思える支出はあまりにも莫大である。

 しかも聞くところによれば、この元の1625億円の建設費用でさえ実は財源の目途が全く立ってないとされ、TOTO(スポーツくじ)の売り上げの5%を当てると言われてるが、それだけでは年間50億円程度の財源にしかならず、これで全部賄うとなると50年ローンとなり、とても競技場建設費に足るものではないということのようだ。

 一部報道では財務省でさえ既にこれ以上の支出を出し渋っているとされており、いったいどこからお金を持ってきて、常識外れに高額な新国立競技場を建てようとしているのか、非常に不思議な状況なのである。

 どうも文部科学省大臣が敢えてお金のかかるようなデザインを選び、必死になってなるべく多くの予算の引き出しを狙っている、そんな風に映る。
 しかもオリンピックという大看板を盾にして、旧国立競技場の解体や新競技場の建設契約締結先行など、あと戻り出来ない既成事実化を進めて、お金を出さざる得ないような状況を作ろうとしている、そんな風に映るのである。
 
 どうして、これだけおかしい事実が噴出しているのに大臣の暴走を止めることが出来ないのか?日本の行政の全くおかしな点である。
 

この季節にやる東京オリンピック

 昨年の9月に決定した2020年の東京オリンピックだが、ちょうど実際に開催される季節が近づいてきた。

 開会式の予定は7月24日だから、6年後の4日後となる。

 自分は今日も上海に居るので東京の状況は体感できないが、今日の天気予報データを見ると、オリンピックが行われる国立競技場付近は最高気温29度、最低気温22度、最高湿度100%という「うへー」という溜息が出そうな梅雨の気候だ。

 週間予報で肝心の24日の予報を見れば、曇り時々晴れの予報で、最高気温33度、最低気温26度となっていて、梅雨明けして真夏がやって来そうな状況となっている。

 未来1週間の平均を見ても、それほど差が無いので、恐らくよほどの冷夏でない限り6年後のオリンピックもこんな気候の中で開幕して競技が行われることになり、酷暑の中で競技が行われることになるのは想像に難くない。

  以前にも書いたが1964年の東京オリンピックは10月10日開会式という秋の日程で行われたが、昨年決まった2020年の東京オリンピックはこの7月から8月にかけた夏の季節で行われ、前回とは全く違った状況の中で行われる。

 昨年9月に決定した時は想像が働かなかったかもしれないが、実際のこの季節になれば6年後のオリンピックが一体どういった気候の中行われるのかは誰でも容易に想像できるのではないかと思う。

 まあオリンピック開催そのものに反対はしないにしても、この暑さの中でまともに競技が行なえるのかどうか非常に心配になる。

 もう25年くらい前になるが、NTV系列で行われた高校生クイズの関東大会が真夏の
西武球場(当時は屋根が無かった)で行われ、暑さのためバタバタと熱中症で倒れる高校生が大勢出たというニュースがあったが、私はまさに現場におりあの時期のスタジアムの暑さを体験していて、とてもまともな状況では無かったのを覚えている。

 また夏の甲子園でさえ、最近ではあの暑さの中で試合を行わせるのはどうなんだろうかという声もあるほどの世の中になってきた。

 果たして、6年後のオリンピックもやはりこの暑さの開催されるのだろか?

 それなりの対策は考えられるのかもしれないが、この暑さの中で外を歩くだけで嫌になるような暑さなのに、6年後を想像すると非常に心配になる。