Tag Archives: 中国語

春秋航空に茨城空港から初搭乗 その2(茨城空港内編)

前回のブログの終わりに、茨城空港の2階の食堂でそばを食べてからチェックインに向かったと書いたが、今回「その2」を書くにあたって、写真をチェックしてみると、どうも撮影時間から言えば、私は空港についてまず先にチェックインを済ましていたようである。
(数か月も経つと人間の記憶なんていい加減なものである><)

 で改めてチェックインの時の様子を記すと、茨城空港には春秋航空専用となっているカウンターが4つほどあるのだが、ロビーが非常に狭いため、くねくね折り返しの通路に行列を作って並らばさせられた。

 この「くねくね通路」は日本でもそれなりに見かけるが、中国ではかなり多くの施設の入り口に導入されており、行列のある所には「くねくね通路」ありといった感じで私にとっては中国名物といった印象になっている。

 今回の茨城空港でのくねくね行列も、日本の空港なのに春秋航空という中国キャリア故なのかなとちょっと面食らった光景に映ったのである。

 狭い空間に人が折り返し行列を重ねており、人がごちゃごちゃ溜まっている状態になっていて、日本語や中国語、さらには上海語が飛び交う随分と混沌とした雰囲気である。。

春秋航空のチェックインを待つ列

 またチェックインの窓口と荷物の委託荷物が別であり、実はチェックイン(搭乗券発行)後に、再び行列に並ぶ必要があり、チェックイン待ちの列と委託待ち荷物の列が交差し非常に錯綜した状況になっている。
 で、この委託手続き、預ける荷物だけ重量を計るのかと思いきや、まず委託荷物が計られ、さらに手荷物も載せて全体の重量オーバーが無いことを確認した上で計量パスとなる。

 徹底していると言えば徹底しているが、このタイミングで手荷物から中身を少し抜いて誰かに預けておけばスルーできそうだなぁという気もする。

今度は荷物を預けるための列

 さて、冒頭で訂正した通りこの後に食事をし、その際に航空機の到着を見かけたので搭乗手続きに向かうことになる。
 小さな空港なので安全検査も出国審査も通路は最小限しかなく、それでも人数が少ないのでほとんど詰まることなくスムーズに進む。

茨城空港荷物検査場の入り口

 直線距離で言えば30mも歩けばあっという間に搭乗待合室に到着するので、成田国際空港や上海浦東国際空港など大型空港に慣れた人間からするとちょっと拍子抜けするほど近い。

 待合室は学校の教室より小さいと思われるスペースで、目一杯にベンチが置かれているが、とても搭乗客全員分の数は足りず、立て待っている人も結構いる状況となっていた。

茨城空港の国際線搭乗待合室

茨城空港の国際線搭乗待合室

 この待合室の脇には「永山」という免税店があり、主に中国人たちがお土産に買って帰るためのスペースとなっており、訪日観光の記念になるお菓子から炊飯器などの家電まで、かなり多様なアイテムが所狭しと置かれている。
 やはり第一人気は北海道の石屋製菓の「白い恋人」のようで、他に比べ非常に大きなスペースを占めて置かれている。

茨城空港の免税店「永山」

茨城空港の免税店「永山」

 まあ「白い恋人」が一位を占めてしまうのは致し方ないものの、茨城県や茨城空港を応援する立場から言えばちょっと複雑な気分で、「もっと茨城産頑張れ」という気持ちになる。

 待合室の脇には、申し訳程度の電源設備があり、パソコンでもスマホでも充電できるようにはなっているが、これもまた最小限の設備だけ用意したという感じになっている。
 現時点では国際線の便数も多くないので需要も余り多くないのであろう。

気持ち程度の茨城空港の充電設備

 いよいよ搭乗時間が来て、歩いて航空機へ向かう。
 ご存知の通り茨城空港はボーディングブリッジを設置していないので、ターミナルから航空機まで30mほどを徒歩で移動する。
 天候の悪い日はちょっと辛いが、屋外を歩いて航空機へ向かうのはやはり心地よいものである。

茨城空港の搭乗通路

 中国ならこのタラップ搭乗は珍しくないのだが、そうはいってもバスで駐機場へ行くパターンは多いがターミナルから直接歩いて行くというのは小さな地方空港に行かないと体験できず、日本だとかなり貴重な体験ではないだろうか。
さあ、春秋航空初搭乗である。(続く)

中国人と日本人の拍手習慣の違い

以前「中国人は拍手が上手じゃない?」というブログを書いたが、最近中国人の拍手の習慣について新しい発見をした。

 それはあるイベントで司会のような役割を頼まれたときのことである。

 中国語が主体のイベントだったので中国人の担当者がまず中国語の台本原稿を書いて、それに対して私が日本語訳をするという形で、準備を行なったのである。
 で、相手の原稿が上がってきて、いざ翻訳をしようして台本を読んでいったときに、拍手の促し方がちょっと違うように感じたのである。
 このイベントはある講演者に語ってもらう内容で、中国語の台本では本人を招き入れる時にまず拍手を促し、さらに講演者を紹介した後に話し始める直前にもう一度拍手を促す内容になっていた。

 実はこの二度目の拍手を促す設定に違和感を感じたのである。

 まあ欧米の慣習は知らないが、実は日本では講演者が話をする直前に拍手を促す習慣はあまりないのである。
 もちろん、遠くから招いたゲストを会場に招き入れる場合は歓迎の意味で拍手を促すことは普通なのだが、スピーチや歌など何かを演じるような場合はその直前は「お願いします」「どうぞ」といった具合でタイミングを与えるだけで、敢えて拍手を会場に要求しないのである。

 もちろんそのまま拍手が起きず静かに始まってしまう場合もあるが、大体は司会者と参加者の決まり事というか、あうんの呼吸で自然発生的に拍手が起きる。
 つまりこのタイミングで、司会者が会場に拍手を促すのは「野暮」なのであり、極端に解釈するとあなたは自然に拍手が起きない人だと言うのと同じで講演者を馬鹿にする失礼な行為と映る面もあり、余計なお節介なのである。

 ところが、中国では社会主義的集団行動の名残りなのか、この自然発生的拍手が上手ではなく、他人から促されたりタイミングを示されないと拍手が出来ないようなのである。

 恐らくはかつて勝手に感動したり表現したりしてはいけない時代があったということであり、拍手は儀礼として決まったタイミングでやらなければならず、中身に感動するとかしないとかに関係なく形式的な儀礼表現として拍手が存在していたのだと思われる。

 つまり階級やゲストという形式的に対して拍手を送る「儀礼」なのだと思われる。
 こういった名残り故か、今回のような中国人の作る進行台本的なものを見ると、やたら拍手を促すタイミングが記され、彼らにとっていかに拍手が形式な儀礼習慣になっているかがよくわかる。

 それ故に前回書いたように、拍手がコミュニケーションの手段として成立ししておらず、中国で行われるイベントが野暮ったく感じる原因となっているようである。

日本から中国に輸出された故事成語「天王山の戦い」

 日本語には、古くから中国より漢字などの多くの文化が輸入されてきており、同時に数多くの中国の故事を基にした故事成語(故事成句)なども一緒に流れて込んできている。
 これらは決して歴史の遺物ではなく、現代でも一つの重みをもった言葉として我々の生活の中でも日常よく使われる言葉として残っている。

 その代表的なものとして四面楚歌呉越同舟、或いは臥薪嘗胆などの言葉が挙げられるのではないかと思われ、これらは今でも使われているのは周知のとおりだろう。

 ところが、こういった中国生まれの故事成語に混じって、日本生まれの故事成語が中国に逆輸入されているケースがあることをつい先ほど知った。

 その逆輸入された言葉とは実は「天王山の戦い」という言葉である。

 まあこの言葉は日本人なら誰でも知っているように、戦いの上で勝敗の分かれ目となるポイントを指す言葉であり、戦国時代の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)と明智光秀が争った際に、京都府と大阪府の境目にある山崎の天王山を先に取った秀吉が勝ったことに由来する日本発の故事成語である。

 この日本人なら誰でも知っている故事成語であるが、実は中国でも日常的に使われる言葉となっていたようなのである。

 それを見つけたのが、実は先ほどまで見ていたサッカーのドイツブンデスリーガのネット放送であり、バイエルン対ドルトムントの試合のサブタイトルに、「天王山の戦い」と記されていたのである。

1299318508

 へぇー、これって日本の故事成語じゃんと思いつつも、ひょっとして中国にも同じような名前の場所で同じような戦いがあったのではないかと思い、百度(バイドゥ)で調べてみた。
 しかし、出ていたのはやはり日本の故事を基にした言葉だという説明で中国に類似した言葉があったわけではないようだった。

 1446073689

 これは非常に驚くべきことである。

 まず、日本で生まれた故事成語が中国で使われていることが一つの驚きであり、さらにこういった「天王山の戦い」的な同様の意味を持つ言葉が中国の故事成語の中に無かった(残らなかった)ということがとっても驚きなのである。

 言っては悪いが、中国の4000年の歴史なんてほとんどが戦乱の歴史であるからして「天王山」的な存在は過去にもありそうに思える。

 しかし、日本発の故事成語、しかも16世紀末という遥かに遅い時代の言葉が輸入されてまで今まで残っているということは、中国の古代史には天王山に類するものがなかったということになるのではないだろうか?

 懸命に探せば中国の故事に似たような言葉があるかもしれないが、この「天王山の戦い」という言葉が、しっかり中国に逆輸入され中国人が普通に使う言葉になってしまっているということは確かのようである。

 今回日本人の私としては非常に驚く状況を発見してしてしまったようである。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

きちんと羽柴秀吉と明智光秀の経過がかかれている。

中国の発票(領収書)の発行機はかなりアナログ

 中国で飲食店などで食事をした際には、当局発行の公式領収書(発票=ファーピャアオ)を要求することがあるが、あの発票を発行する機械は、結構アナログな仕組みのように見える。
 データこそ、自動集計され税務署へデータで処理されるようになっているが、例えば、印刷される紙は複写式のロールカーボン用紙であり、ややアナログな印象を持つ。
 お店控え分とお客用の領収書が同時に印刷され、内容に差が無いようになっている点は評価できるが、今時は複写式でなくても同じものは打ち出せるはずである。

 で、その領収書の発行の際に、個人用と会社用があるのだが、個人用はともかく会社用については、宛名として中国語の会社名を全部打たなくてはならない。
 1字違っただけでも税務署に経費として認定してもらえないようなので打ち込みを行う方は結構神経を使うし、受け取った方も念入りにチェックする。
 フルキーボードで打つ機器もあれば、いわゆる携帯打ちで文字を呼び出して会社名を打っている機器もある。
 で、私の会社でも同様のことをよくやってもらうのだが、社名に中国人にとって見間違い易い字があるようで、時々それを指摘して直させたりもしている。
 こんな時によく思うのは、会社名を登録したバーコードやカードのようなものを予め準備し、スキャンしてもらえばそのまま会社名が印字されるような仕組みは導入できないのだろうかということ。
 つまり、お客は自分の会社の名前が登録されているカードを常に持ち歩くだけでよく、領収書を要求するときにカードをお店に渡せばいいのである。
 こうすることによってタイプミスはなくなるし、時間短縮にも繋がる。

 税務署にとってもこういった仕組みを導入しても、何か不正の温床になるようなことは考えにくいと思われるし、コスト的にもそこまで膨大になるとは思えず、むしろ積極的に領収書をもらう人が増えれば税収の増加にもつながるのではないかという気がする。

 また例えそのカードを紛失して他人が使用したとしてもほとんど意味がないわけで、やはり不正にはつながらないだろう。

 そう考えると、あの領収証発行機はまだまだ進歩の余地があるということになる。
 

指導教官になった気分

台北

 ここ数か月知り合いの台湾人に対してスカイプを通してみっちり日本語の指導をしている(させられている?)日々が続いている。

 しかも、単純な日本語のレッスンというより、大学のゼミのような感じで、日本語の経済に関する本などの読解を行なって、その意味を解説するような授業?を行なっている。
 つまり単純な日本語文法を教えているのではなく、遥かに高度な文章の読解を訓練していることになる。
 もちろん相手は外国人なので、わからない日本語の単語が出てきたり、時には背景まで踏み込んで解説しなければならないことも出てくる。
 時には中国語を交えて解説しているが、ほとんどは日本語だけで説明している

 それ故に普通の日本語授業では習わないような専門用語も多く、こちらも知らなかったり、あいまいにしか把握していない言葉に対する質問も時々出てくるわけで、そんなときは慌ててネットで調べて回答したりしている。 
 どうもこうなると大学の指導教官にでもなったような気分である。
 まあ私は大学の教官でもないし、学士しか取得していないが、普段から文章を書く量は多いので、文章が上手かどうかはともかく文章構成や校正・編集に関しては一般の方よりは数はこなしているので、今回のように外国人相手の指導であれば不足はなく教えられている気がする。

 こういった努力が功を奏してか、相手の方もめきめきと腕を上げている。

 「てにをは」などを見れば、まだまだ全然足りないし、間違いだらけだが必死で文章を読み解き、自ら組み立てようとする相手の姿勢には頭が下がり、こちらも必死に応えたくなる。

 最近ようやく、一つ一つの単独の文はそこそこの形になって来たので、今後は個々の文をどう並べればスムーズな文章になり、さらには全体として論文のように頭からお尻まで繋がった文章を作ることが出来るかというエッセンスを教えていかなければならないという作業に入ってくる。

 日本人相手でも難しいこういった指導だが、文章はセンスで書く面もあるが実は理屈で割り切れる面も非常に多いというのが私の考え方であり、理屈をきちんと伝えられれば、そこそこの文章は書けるようになると考えている。

 この理屈を整理するという作業が、実は私自身にとっても訓練となっているので、今後も可能な限りこの授業は続けたいという気がしている。