Tag Archives: 俳優

中華圏では台湾と大陸の芸能人は区別されないようだ

 普段からあまり芸能界に特別な興味を持っていない私だが、さすがに滞在期間が8年を超えてくると、時々見かけるCMなどで、ごく一部のトップクラスの俳優や女優、モデルの名前と顔くらいは覚えるようになった。

 そこで気がついたのは、これらの中国の俳優やモデルの中に台湾や香港出身の人がかなり含まれていたとのこと。

 まあ同じ中国語圏であるということもあってか、その辺の区別と言うか垣根はあまりないようである。
 もちろん、出身が違うという事は戸籍が違うので、何もかも全く同じという事もないのかもしれないが、少なくとも画面を通して見る存在としては、そんな垣根が存在しないように映る。

 例えば中国の国民スターのジャッキーチェン(成龍)さんは香港であり、林志玲さんは台湾であるが、普通に大陸のCMなどに出ている。
 故テレサテンさんも台湾出身だが大陸でも国民的歌手である。

 改めて言う事ではないが政治上では、大陸と香港では一国二制度の言葉の通り制度が違い、大陸と台湾では政治的に別の勢力が統治して、ほぼ別の国家に近い状態になっている。

 しかしこのようにエンターティメントの世界では、同じ中華圏・中国語圏であり政治で敷かれた境界線はほとんど存在しないかのような動きを見せる。
 周囲の中国人たちに訊いても、やはりその出身の垣根を意識している人はほとんどおらず、あれは台湾人だからどうとかといった偏見などもない。

 これは、日本語=日本という単一言語が単一国家体制でしか使われない我々日本人にとっては、結構新鮮な感覚であり、言葉が通じれば国境はあまり関係ないのだという事を思い知らされる。
 昔から日本にも欧米系のタレントさんがテレビに出ていたり、最近では台湾・韓国の芸能人などもテレビに登場もしているが、あくまでも「日本語を話せる外国人芸能人」であり、イロモノの域を脱しきれない状態でどこかに垣根が残っている。

 やはり自分の住む領域と別の領域にいる人々が、何の違和感もなくテレビやドラマに映し出される姿は日本人にはちょっと見慣れず、中華圏のこの現状は違和感があるのである。 
 
 そういえば、ビートルズなんかも私はちゃんとした知識を得るまでは、英語=アメリカの印象が強く、ジョンレノンの事件なども有ったことからアメリカのアーティストだと勝手に思い込んでいたが、後にイギリスのアーティストであることを知り、言葉が通じればやはり国境はあまり関係ないのだということを知り驚いたという記憶がある。

 こういう面を見ていくと、日本と言う国は単一言語国家であるがゆえに、言葉の壁により外国からの情報に守られている面あるが、それ故に逆に孤立している面もあるという気がする。
 まあどちらが良いとも悪いとも言えず変えようもないのだが、日本に育った私としてはない物ねだりもあって中華圏のこの現状は羨ましくもある気がするのである。


高倉健死す

 中国でのニュースで高倉健さんが亡くなったということを知った。

 突然の訃報に非常に驚いている。

 八甲田山や南極物語、幸せの黄色いハンカチなど、彼の出演した映画の印象は非常に強く、語りはじめればキリがないほど心に強く残っているものがある。
 また映画以外のところから伝わってくる彼のエピソードも彼の人柄のイメージを損なわないどころか上回るほどの驚きの真面目な姿が伝わる。
 ところで、このニュースが中国でもあっという間に報道されたというのはいかに彼の存在が中国でも知れ渡っているかを示す一端だと思う。
 映画「君よ憤怒の河を渉れ」で有名になり、10年前の映画「単騎千里を走る」にも出演し、決して派手さはないものの彼の人柄は中国人たちにも広く深く知れ渡っている。

 人の人生は何れ終わりが来るとはいえ、この訃報を聞いて非常に大きなものを失ってしまったという悲しみを、彼を知る日中両国民が感じているかもしれないという気がする。

 故人の御冥福をお祈りします。

映画「南極物語」を見た
映画「八甲田山」を見た

映画「八甲田山」を見た

 以前から見たいと思っていたのに、なかなか機会を見つけられずにいたのだが、先日DVD店でこの映画を見つけたので買って見ることにした。

 1977年に公開だから、もう既に32年前の映画である。

 何故興味を持っていたかというと、子供の頃にこの映画をパロっていたテレビ番組が多数あったのが頭に残っていたのと、最近中国に来てから日本と中国の近代史の情報を時々インターネットで調べるようになって、日清日露戦争時代前後の情報として、この八甲田山遭難事件にも興味を持ち、映画も見てみたいなと考えていた。

 もっともこの映画は、実際に起きた事件をベースにはしているものの、後に創作された新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」を原作として映画は作られている。

この小説はドキュメンタリー的なノンフィクション小説として扱われることもあるようだが、作者の手でかなり脚色が加えられているのでフィクション作品として見たほうが良い。

 小説や映画は青森隊と弘前隊で競ったような書かれ方をしているが、実際にはたまたま日時が重なっただけで関連なく二つの行軍が行われたとのことだ。

 さて、この映画、実にキャストが非常に豪華であることが驚きだ。主役に高倉健 北大路欣也 三國連太郎 加山雄三 そしてそのほかにも前田吟 緒方拳 小林圭樹 下條アトム 東野英心 島田正吾 大滝秀治 丹波哲郎 藤岡琢也 花沢徳衛 森田健作などなど、目がくらくらするくらい名の通った俳優達が大勢参加している。映画作成から30年も経っているので今ではかなりの俳優が亡くなってしまったが今のネームバリューでこれらの俳優を集めたらギャラだけでいったい幾らかかるのだろうと思われるほど豪華である。

 音楽も芥川也寸志とこれまたとんでもない人選である。

 もちろん女優も名前だけは負けておらず栗原小巻、加賀まり子、管井きん、秋吉久美子が出演している。
ただしこの映画は基本的に男性だらけの映画であり、およそ唯一秋吉久美子が紅一点案内人としてストーリーに花を添えているに過ぎなく、それ以外は基本的に男だけの戦いである。ラブロマンスの要素は一切ない。

 まあいまどきこういう映画も珍しい。

 さて具体的なストーリーは書くと長くなるので省略するが、この映画を見ると日本の硬直した縦社会が、いかに組織に悪影響を与えてしまう可能性があるかがよく分かる。

 きちんと細かい配慮や準備して挑んだ高倉健の弘前隊が難しい行軍を成功させ、同じように準備しようとしながら見識のない上司の横槍を受け入れざるを得なかった来た北大路欣也の青森隊が悲惨な末路をたどるといった対照的な描かれ方をされている。 

 雪の怖さを考え隊長以下少数精鋭で臨んだ弘前隊に対し、青森隊は上司の横槍でまず編成の段階から思うに任せられず力任せの中隊を背負わされ、故に満足な教育が行き届かないまま行軍実施を迎え、さらには行軍に随行してきた上司の不見識な命令(案内人を断るなど)で指揮系統が混乱し、結局は隊の士気さえ下がり戦う力をなくす結果となってしまったのである。210人参加して生存者11名。生存者がいただけ奇跡のような話である。

 これは明治時代の話であるが、今の日本社会にも通じるところもあるように思える。間違っているとは思ってても上司の判断を受け入れざる得ない場合があり、結局初めから先行きが分かっていながら、みすみす失敗を招いてしまうことは良くある話だ。

 まあ、駄目なものは駄目といえることが本当は理想なのかもしれないが、なかなかそうはいかない日本人の社会である。
 この映画を見てそんなことを考えてみたが、現在明治維新のような勢いで変化を続けるこの国にもあてはまることがあるように思えるのは私だけであろうかと考えてしまった。