Category Archives: 茨城空港

茨城空港の年間旅客数が76万人を突破、開港前の当初目標を達成

茨城空港外観

茨城空港外観

開港以来、注目し続けている茨城空港の利用客数が昨年度H30年度計で76万人に達した。

内訳は国内線が594853人で前年比3.7%増、国際線が165,549で前年比54.9%増、合計760402人で前年比11.7%増となった。
(出典:茨城空港公式サイト旅客実績
開港前の1999年時点での開港後4年での利用予測80万7千人にはまだ差があるが、その後に下方修正された69万5千人の目標予測は3年遅れではあるものの完全に突破した。

これは昨年のソウル便などの再就航などが大きいと思われ、やはり定期便の就航による増客効果はかなり大きいようだ。
時期の遅れも東日本大震災の影響を考えれば、3年程度の遅れで挽回できたのは上出来であろう。

改めて開港1年前に書かれた報道記事を振り返って読むと、実際の年間利用数予測は、20万人程度と見込まれていたことから、現在の実績はその予想をはるかに上回り予想を覆したことになる。
ただまあ上記の予測では国際線の就航などは想定されておらず、その意味で言えば国内線だけではまだ目標に達していない。

逆にその意味としてやはり国際線LCC誘致に目標を転換した茨城空港の戦略が功を奏しているとも言え、国際線誘致の結果、春秋航空の上海浦東線の定着などを得て今期の目標達成となっている。

さて、今後の予測ではあるが、やはり現有路線の維持だけでは、今後の大幅な増加は難しいという印象であり、年度途中で始まったソウル線が年間定着すればあと2~3万人程度は上乗せが期待できるが、それがやっとというところ。

今後の伸びしろ枠の期待としては、国際線のソウル線や台北線が週2~3便なので、週内本数がもう少し増便されることや、最近はFDA(フジドリームエアラインズ)さんが、北海道や隠岐、広島、松山、花巻、小松と単発のチャーター便を設定してツアー客を誘引しており、これらのツアーの成否で利用客が伸びることも期待される。

さらに、これらのチャーター便路線のうち、松山や広島などは定期化への期待が持てる路線のような気もしている。

日本国内では新規航空路線というとビジネスユースを期待するため週7便のデイリーをつい求めてしまう傾向があるが、観光に比重を置いて考えれば、とりあえず週2~3便の非デイリーでも構わないという気がするのだがどうであろうか?
いずれにしても現年度では80万人の利用者達成をぜひ期待したく、今後も見守り続けたい茨城空港である。

YAHOOの路線検索で出にくい茨城空港

 今年の夏前に茨城空港が2017年度に68万人を達成したというニュースを目にし、あと少し上積みするには、どの路線の増便が可能なのかなと考えていた時のことである。

 YAHOOの路線検索機能を使って、茨城空港を起点とした所要時間のチェックをしようとしたが、どうも茨城空港経由のルートが表示されない。
 例えば水戸駅朝6時発で、神戸のJR三ノ宮駅に何時に着くかを検索したところ、東京駅から新幹線経由のルートが表示されてしまった。
 所要時間は5時間以上で、11時過ぎに到着する結果となっていた。

YAHOO路線の検索結果

 おかしいなと思い、今度はナビタイム(NAVITIME)という別の路線検索サイトを使用して、同一条件で検索をかけてみた。
 すると、今度はきちんと茨城空港から神戸空港を経由したルートが結果として出て来た。
 スカイマークを利用した空路で、三ノ宮駅までわずか3時間ちょっとで、午前9時過ぎには着けるようだ。

NAVITIMEの検索結果

 つまり圧倒的に茨城空港経由が速いにも関わらず、YAHOOの路線検索ではルートに選択されないようである。

 じゃあ茨城空港自体がYAHOOに登録されていないかというと、そんなことはなく茨城空港発で神戸へ行く設定で検索すると、きちんと空路での移動ルートが表示される。

 はて、これはどういうことだろうか?

 少なくとも速達ルートという意味で言えば、ナビタイムでの検索結果の方が正しく、YAHOOは間違っていることになる。

 何故、こういう結果になるのだろうか?

 これはあくまで個人の推測だが、東海道新幹線の運行頻度が高いため、信頼性という意味で優先度が高い設定がされているのではないかという気もする。

 新幹線が1日何本走っているのかは知らないが、茨城空港と神戸空港との航空便はたった2往復であり、それが影響している可能性は否定できない。

 それが証拠というか、今度は水戸駅から札幌駅で設定して検索したところ、乗り換え時間の設定の差で、若干違いがあったが、ほぼ同じ結果が得られたのである。

 ただ、この区間に確かに新幹線は確かに走っていないという差はあるが、確証が持てるほどの差ではないという気もする。

 結局疑問は解決せずだが、当面はナビタイムを優先して使おうと思ったこの検索結果の差である。

茨城空港からソウル行き直行便が復活へ

 東日本大震災以降途絶えていた、茨城空港からソウル(仁川)への直行便が復活すると報道されている。

韓国のLCC(ローコストキャリア=格安航空会社)のイースター航空が運行し、7月31日から毎週火・木・土の週3便の運航とのこと。
 使用機材はB737-800でオールエコノミーの183~189席と発表されている。

 茨城空港からソウル便といえば、2010年の開校当初にアシアナ航空が運行していたが、東日本大震災の翌日の2011年3月12日から運休し、それっきりになってしまっていた。
 運休後しばらくは復活を祈ってか茨城空港のホームページにも路線図が載っていたが、復活の見込みがなくなったのか、数年後には消されていた。
 アシアナ航空は2013年7月にサンフランシスコ国際空港の着陸失敗事故など数件の事故を続いて起こしており、社内状況が安定しない時期というのもあったかもしれない。
 とにかく、茨城空港では7年間ソウルへの定期便は途絶えていたが、今回ようやく復活することになった。

ソウル便就航を伝える茨城空港サイト


 
 しかも、イースター航空というLCCであり、LCC向けの仕様を整えている茨城空港にとっては面目躍如といったところである。
実は今年春から、チャーター便という形で就航しており、恐らくテスト的に需要をみていたのだと思うが、どうやらGOが出て、正式な定期便としての運航になったのである。
 運行ダイヤはソウル発14:00→茨城着16:10、茨城発17:10→19:40という午後運航となっており、どちらかというと観光よりビジネスユースに便利な時間帯ということになろうか。
 
 このほか現在、茨城空港ではタイガーエア台湾による台北へのプログラムチャーター便も月・木の週2便が10月までの予定で運行されており、春秋航空の上海便と合わせて3路線もの国際線を抱える状態になった。

 国の掲げる外国人観光客増加の一翼にを担う格好である。

 さらに、この夏は北海道の辺境観光地向けへの直行チャーター便をFDA(フジドリームエアラインズ)が企画されており、利尻・女満別・中標津などの普段は行きにくい地域への運航が行われるようだ。

 ところでこれらの運航で期待されるのが、空港利用者の年間80万人突破である。

 80万人というのは茨城空港が開港に際して使われた需要予測であり、当時はだいぶ盛られた数字という噂はあったが、一応目標とされた数字である。(ちなみに開港5年後に100万人とされた)

 で、2017年度はようやく年間68万人まで迫ってきていて、今年度の伸び具合によっては80万人に達する可能性があるのである。
 例えば今回のソウル便が80%程度の搭乗率で推移すれば年度末まで3万人程度の上積みとなり70万人を超える可能性がある。

 ただ、ここから80万人まではまだ距離があり、ぜひあと1路線のデイリー運航が望まれるところ。
 狙い目としては現在1往復しか飛んでない福岡便だが、福岡側が混んでいるので採算性で優位にないと就航するには難しいだろうか?

 とにかくあと1路線増えると80万人の目が近づいてくる。

 

 

春秋航空が早朝に浦東空港行き無料バスを運行している

 先日の一時帰国の際には使わなかったのであるが、日本へ一時帰国を考える際にいつも選択肢の中に入っているのが春秋航空である。
 理由は当然運賃が安いというのが最大の要因だが、ネックとなるのが実は日本行きのどの便もほとんどが朝8時台の出発となっていて非常に早い時間帯だということ。

 空港の空いている時間に出発して機体を目いっぱい活用するLCCならではの出発時刻なのであるが、これが利用の選択を迷わさせられる。
 例えば茨城便は今日現在8時25分発に設定されているため、この航空便に搭乗するにはどんなに遅くとも7時には上海浦東空港に着いている必要があり、理想を言えば6時には余裕を持って着きたい。

 しかし朝の弱い自分にとってはなかなか厳しい時間帯であり、しかも市内からの交通機関も限られてくる。

 地下鉄やリニアの始発に乗ってもかなりギリギリであり、静安寺発のリムジンバスが5時であるものの結構混んでいるため乗り切れない場合もあるため不安がある。

 そうするとタクシーの選択になるが、200元程度かかってしまうのでわざわざLCCを選択するメリットが薄まってしまう。
 
 そんな悩みが早朝の春秋航空利用にはあるのだが、その悩みを解決する対応を春秋航空自身が始めたようである。

春秋航空の無料バス通知

引用元

なんと、人民広場から上海浦東空港まで無料の送迎バスを運行しているようなのである。

 朝5時に上海博物館の脇から出発し、上海浦東国際空港の第2ターミナルまで無料で送ってくれるとのこと。

 早朝便のチケットを予約している前提で、事前予約が必要なようだが、これは非常にありがたいサービスである。

 例え自宅からこの乗り場までタクシーに乗るとしても大幅に節約ができる上に、恐らく余裕を持って搭乗手続きが可能になるはずである。
 まあ早起きが必要なことは変わらないにしても事前予約が可能で席が確保されているなら安心感が違う。

 この無料送迎バスの情報、春秋航空の日本語ページにも掲載があり(ただアクセス情報がちょっと古い)、日本人でも利用できるようである。
 (中国語説明と期間がずれているのは何故だろう?)

 この情報を見つけ、次回(いつになるか分からないが)、日本に一時帰国する際はこの無料バスを是非検討しようと思っている。

日本で使えなかった中国工商銀行の銀聯ICキャッシュカード

 先日、日本に一時帰国した際にちょっと困ったことが起きた。

中国で使っている工商銀行のキャッシュカードが日本で使えなかったのである。

茨城空港に下り立った際に、空港内のセブン銀行のATMで日本円を引き出そうとしたのだが、このカードは使えませんとエラーになった。
あれ、おかしいなとおもいつつもう一度試したが結果は一緒だった。

やっぱりそうなのか?

今年の春に工商銀行のカードが破損したので交換したのだが、その際、従来の磁気帯型のキャッシュカードからICチップの埋め込まれたカードに交換となったのだが、どうやらこれがまずかったらしい。

中国工商銀行のICキャッシュカード

中国工商銀行のICキャッシュカードの裏

実は中国のICキャッシュカードは日本で使えないという噂は耳にしていた。
ただ、セブン銀行がICカード対応になったというニュースも目にしたので安心してそのままの状態で日本へ戻ったのだが、やはり使えずこういう事態に遭遇してしまったのである。

もしや対応可のATMと非対応のATMがあるのかなとその場での引き出しは諦め、まずは自宅に向かうことにした。
幸いながら自宅に戻れるだけの日本円は手元にあったので、そのまま真っすぐ自宅に戻ったが、現金が無ければ危うく立ち往生する状況であった。

で、自宅のそばのセブンイレブン内のセブン銀行ATMで再度引き出しに挑戦するものの結果は一緒だった。

困った事態である。

仕方なく、残高のほとんど残ってない日本円の銀行口座から当面必要な現金を引き出した。

日本円での収入がほとんどない自分にとっては、日本円にはなるべく手をつけたくないのであって、人民元から引き出せないのはちょっと痛手である。

で、翌日免許の更新を終えて、中国の知り合いから頼まれていた品物を買い出しに行った。

ATMは無理でもショッピングなら可能かもしれないと考えやはり銀聯カードで支払おうとしたが、やはり磁気帯がないカードは使えないとのことだった。

どうしようと悩んだところ、財布の中には中国交通銀行のキャッシュカードも入ってることを思い出した。

交通銀行のカードは下記写真のように、ICチップと磁気カードの両方がついているため、恐らく従来通り現金の引き出しやショッピングが可能だろうと推測した。

交通銀行のIC付キャッシュカード

交通銀行のIC付キャッシュカードの裏

ただ、その銀行口座は私のWECHATアカウントと紐付いていないため、普段は口座にお金を残しておらず休眠状態であり、カードが使えても残高がない状態だったのである。

そこで仕方なく、中国の同僚に協力を頼むことにした。

まず、WECHTATで中国にいる同僚に連絡を取り、WECHATの口座に残っている残高から同僚にお金を支払い、さらにその同僚に私のその交通銀行の口座に振り込んでもらったのである。

 この作業におよそ30分かかったが、無事その交通銀行の口座にお金が届き、交通銀行の銀聯カードを使い無事買い物は完了した。

 まぁ手間はかかったが、「WECHAT PAY(微信支付)」様様であり、中国の電子決済システムの力に助けられた出来事となった。

 それにしてもこれだけ海外旅行者が増えているのに汎用性のない中国工商銀行のICカードには困ったものである。
 皆様もお気をつけあれ。