Tag Archives: 茨城空港

春秋航空の荷物重量規定が変更になり、エコノミーの無料枠が無くなった

 中国のLCCである春秋航空の荷物規定が変更になったようだ。

 春秋航空はもちろん上海―茨城便など中国在住者にとっては、貴重な一時帰国の足となっている格安航空会社である。

飛び立つ春秋航空機

飛び立つ春秋航空機

 今回どのように規定が変更になったのかというと、これまでエコノミークラスの場合、機内持ち込みが5㎏以内で、機内持込+委託荷物が総合計15㎏以内というのが従来の規定だった。
 これに対して新しい規定では機内持ち込みが7㎏以内となり、委託荷物の無料枠がなくなり、委託荷物は全て有料になってしまった。

 またビジネスクラスにあたるスプリングクラスは機内持ち込みが7㎏以内となり、機内+委託荷物は従来の25㎏以内から30㎏以内に拡大となった。
 ただし移行期間として当面はエコノミーでも10㎏以下の委託荷物を受け付けてくれるようだ。

 まあ、ぱっと見でスプリングクラスの金を多く払ったお客優遇が進んだように見えるが、荷物の分だけエコノミー側が安くなるのであれば、パソコンなど身の回り品以外の荷物が無い場合は、安くなる場合もあり、今後の運賃体系が気になるところである。
 これにより、私が前回「LCCは往復で買わないほうがいい」書いたように空のスーツケースの預け入れなどは無料ではなくなったので、費用最優先の場合はその都度見比べが必要な状況になった。

 ちなみにチェックインカウンターでの荷物追加のための費用は、上海―茨城の場合は距離が約1800㎞なので、5㎏あたり日本円なら1475円、人民元なら90元の料金となるが、ネットなどで枠を事前購入するとおよそ半額となる。
 費用を気にする方はに事前予約をして安く枠を買うか、スプリングクラスで予め込々の料金を選択するかは人によって判断が分かれるであろう。

 LCC利用者にとっては小さくないこの荷物規定変更のお知らせである。

春秋航空のお知らせ

どうやら茨城空港から中国国際航空が撤退したらしい。

 以前のブログで、中国国際航空(CA)が杭州―茨城線の路線を就航させ、驚きであるようなことを書いたが、どうやらあっという間に運航停止となってしまったらしいことを発見した。

茨城空港の公式サイトを見ると5/26から運航停止ということが正式に発表されている。

CA-IBARAKi

 永遠に廃止となったのか、一時的に休止なのかは分からないが、とりあえず客足が無くなったということで運航停止となったのだろう。

 まあ考えてみれば3月に就航して5月下旬に運航停止というのは、花見観光客や5月連休のお客をあてこんだ季節便的な意味合いが強いと察せられ、今回その役割をとりあえず終えたということにほかならない。

 今後、夏休みなどの多客期に復活するのかどうかは不明だが、6月は日本が梅雨に入り観光シーズンではない淡期になるため、少なくとも6月いっぱいの復活は無さそうである。

 そもそもこの中国国際航空は茨城空港に似合わない航空会社である上に、週末土日の2便というダイヤは使い勝手が悪く、繁忙期の臨時便以上の役割は担えないのだと察する。

 このようにキャパはあっても自衛隊の制約が大きく共産圏の航空会社を受け入れがたい空港というのは何とも皮肉である。

その代わりといっては何だが、7月に韓国のジンエアーによる済州島へのチャーター便ツアーと、ベトナム航空によるベトナム・ダナンへのチャーター便ツアーがそれぞれ一回ずつ実施されるらしい。

上海浦東空港のベトナム航空機

上海浦東空港のベトナム航空機

 恐らく今後の定期便就航に向けたお試し誘致の意味合いもあるだろうと察せられ、盛況なツアーとなることを期待するばかりである。

まあ爆買いなどの訪日中国人ツアーも一時のピークを過ぎたとも言われるが、まだまだ茨城空港には多くの商機があると思われ、外国の航空会社受け入れだけでなく、日系の航空会社と組んで世界の空と結んでほしいものである。

茨城空港になんとCAが就航、台北からのLCC乗入れも決定

前々からニュースになっていたことではあるが、杭州から茨城空港への中国国際航空(CA)便の乗り入れが実現した。
(茨城空港公式サイト

とはいえ週末だけの週2便である。

これは以前から書いているように、茨城空港が航空自衛隊の百里基地と同居している都合上、平日の共産圏からの航空機乗り入れが制限されているためで、この杭州便以外にも深圳便がやはり南方航空によって週末だけの週2便の変則運航となっている。

まあそれはそれとして、中国国際航空(以下CA)という航空会社が茨城空港に乗入れるということがちょっとビックリなのである。

中国でCAと言えば、純然たるナショナルフラッグキャリアで国航と呼ばれるほどに国家色の強いキャリアであって、当然のことながら政府要人の御用達キャリアとなっている。

中国国際航空B737-800

中国国際航空B737-800

 中国国内の運用状況を見ても主要幹線にしか飛ばないし、天候が悪化すれば競合キャリアに先駆けて真っ先に運休して安全第一で運行し、ほかの航空会社とは一線を画した格式があるような航空会社である。

つまりそんな中央政府御用達航空会社が、茨城空港のようなLCC仕様の小さな地方空港、しかも自衛隊基地と同居している空港に乗り入れることになったのだからとっても驚きなのである。

むろん、そこは一応民間機である建前上、民間交流ということで政治的な意図を以て敢えてCAが乗入れてきたと考えられなくもないのだが、やはりちょっと不似合というのが私の印象なのである。

これに対して先週新たに茨城空港への乗入れが発表された台湾のVairはLCCであり、まあ茨城空港に相応しい(?)受け入れ相手とも言える。
こちらは同じ中華圏のキャリアでありながら、共産圏ではないため毎週火・木・土・日の週4便が認められるようである。
Vairの乗入れは3月15日からとのことで、今後この乗り入れが始まると茨城空港の日曜日は中華圏便の到着ラッシュとなる。
11:10(台北)、12:20(上海浦東)、14:50(深圳)、17:00(杭州)、18:30(上海)と5本立て続けて到着することになり、しかも国内線(4本)を上回ってしまう。

逆に水曜は、恐らく百里基地側の都合により国際線の乗入れが全く行われていないので、国内線のみの運行となり、日曜との全く違う極端な状況となっている。
もっともこのような運航体制の方が空港売店などの人員体制も配置しやすく、中国語担当の店員は水曜日に休ませればよいこととなる。

昨年1970万人を超えた訪日観光客だが、まだまだ増加させるための布石が茨城空港において今年も打たれているようである。