Tag Archives: 冷房

異様に暑いトイレ

 先日、某地下鉄駅前のショッピングモールに食事に行ったときのことである。

 出来てまだ数年の比較的新しいショッピングモールであったためか、この夏の暑さの中でもそのレストランの中やショッピングモール全体は非常に冷房が利いていて、食事中も汗一つかくことなく快適に食事を済ますことができた。

 ところがである。 

 食事を終えてトイレに行きたくなったので、そのレストランと同じフロアにあったトイレに向かったのだが、トイレはレストランのあるエリアから防火扉を一つ開けて、奥へ入り込む場所にあった。

 まあ、ここまでならどこの百貨店のトイレにもある形態なので驚きもしないのだが、問題はその後だった。

 なんと、その防火扉より奥の空間が異常に暑かったのである。

 暑かったというか、正確に言うと冷房が全く効いていない状態になっていて涼しくなく、恐らく外気温と一緒か或いは屋内の電気設備などのため籠った空気が外気温以上の暑い空間を作っていたのかも知れないという状態だったのである。

 そして、その暑い空間はそのままトイレへと続いており、当然のことながらトイレも冷房が効いておらず、異様に暑いトイレ空間がそこにあった。

 選べるものならこちらはそんな暑い空間のトイレは利用したくはなかったが、食事直後の用足しということもあり、他の場所を探す余裕もなかったため、結局そのトイレを利用することになった。

 利用時間はほんの数分の僅かな時間ではあったが暑さのためにどんどん汗が出てきてしまい、そうでなくても食事直後のため体温は上がっており汗をかきやすい状態になっていて、そんな時にこの異様に暑い空間はダブルパンチで汗でどろどろになってしまったのである。

 そして用を済ますと、暑い空間から逃げ出すように元の冷房の効いている空間に戻ったのが、地獄から天国に舞い戻ったかのように快適だったのである。

 ビルの運営管理側がケチなのかどうかわからないが、こんな駅前のショッピングモールにも関わらず、フロアにはガンガン冷房を効かせているのに、トイレにはまったく冷房が効いていないというのは、何だかバランスが非常に悪すぎるという気がする。

 まあこのショッピングモールに限らず、上海の百貨店やショッピングモールの中には、売り場は非常に美しく内装がしてあるにも関わらず、トイレに入ると非常に貧弱だったり汚かったりする場合が少なくない。

 おおよそ日系の資本が入っていると言われる建物は大体そんな体験をすることは少ないのだが、完全中国資本で作られた百貨店などは、時々トイレが酷い状態だったりする。

 例えば荷物フックがなかったり、掃除が適当だったり、個室の扉の鍵が壊れてていても放置してあるなどなど、トイレを見れば大体その建物の管理者の姿勢というか意識レベルが見えてしまうから不思議である。

 やはり何度もこのブログで書いている通り、目先の見た目の利益にばかり目がいっているため、トイレ一つとっても客から目線で環境を作れないのが、今の段階のこの国のサービス業の意識だという気がする。

原文

暑さを避けて地下鉄で寝そべる人

 連日気温記録の更新が伝わる上海であるが、あまりにも暑い外気温のため、地下鉄駅構内で寝そべっている人を多く見かけるようになった。

地下鉄駅で涼む人

地下鉄駅で涼む人

 地下鉄構内はそれほどガンガン冷房が効いているわけではないが、それでもホームなどから漏れてくる冷気によって、地上より遥かに過ごしやすい状態となっている。

 そんな地下鉄のコンコースに繋がる通路上の脇に、ある者は座り込み、ある者は新聞紙を引いて完全に横になっている。

 どの駅でもいるわけではないが、私は今回ある駅で20人ぐらいの男性がこうやって寝そべっている姿を見かけた。

 日本だと浮浪者の人たちが地下道などに住み着いているようなケースを時々見かけるが、今回上海で見た人々は確かにそんなに身なりの立派な人たちではないが、作業着を着たりしていることから浮浪者という状況ではないようで、明らかに暑さから避難して休んでいるという雰囲気だった。

 ちょうど見かけた時間帯がお昼過ぎの一番熱い時間帯で、近所で屋外作業をしていた人たちが昼食後に、日陰と涼しさを求めてここで涼んでいたということのようだ。

 普段なら、なんてマナーの悪い人たちなんだと思いたくなるようなこの光景だが、屋外の暑さを考えたら致し方ないなと同情をする状況である。

 今の上海の異常な暑さを示す光景がこんなところにも見つけられる。

冷房病と熱中症の狭間に苦しむ

 ここ数日上海の最高気温は37℃に達し、非常に暑い日が続いている。

 世間では熱中症に注意するようあちこちで呼びかけが行われ、やれ水分を取れとか冷房を我慢するなとかの対応が示されている。

 気温が高いと自分の頭の回転も悪くなるし、パソコンでさえ動きが鈍くなるのでやはり冷房をかけないわけにはいかない。

 一方で室内に冷房にあたっていると、今度は冷房病の恐怖に襲われる。

 冷房によって冷えすぎて、肩や腕、腰などが痛いのだ。

 肩や腰が痛いとパソコン作業には非常に辛い状態になり、なるべくなら冷房をかけずに過ごしたいのだが、ここまで暑いとそうも言ってられず、エアコンをつけることになる。

 熱中症と冷房病、どっちも嫌なので逃げ出したいくらいなのだが、まあ逃げ出すわけにもいかず対策に苦慮している。

 いま一番有効なのかなと思っているのは室内にいる時は長袖長ズボンの恰好で、肌を露出しないようにすることである。
(もちろん外出時は半袖)

 こうすることによって室内は涼しくても腕や肩が冷気に直接触れないので、痛むような状態にはならないでいる。 

 一見エネルギーの無駄のように見えるこの行為だが、冷房病にも熱中症にもならず仕事を進めるにはこれが一番なのじゃないかという気がしている。

意味無い会社の冷房

 新オフィスに引っ越してからようやく、快適な業務に従事できる!と思っていたら、どうやらまたもや体感温度格差による被害に逢ってしまい結局は自分にとって快適な環境になっていない。

 女性のほうが冷房に弱く、男性の方が暑がりであることは去年のブログにも書いたと思うが、その図式が新オフィスにもそのまま持ち込まれてしまった。
 しかも女性陣は日の当たらないオフィス内部に配置され、私はというと外部環境の影響をモロに受けてしまう窓側に座している。

 そもそもこの配置自体が間違いではないかと思うが、女性陣の一人に目が悪い人がいて、窓際だと太陽光の影響で業務に支障があるというのでそのグループを窓際から離すために現在のような配置になった。

 そして私の出勤する時間は朝でも既に暑いので、会社までたかが10分ほど徒歩通勤とはいえ、暑くなり汗をかいてしまう。
 故に会社についた途端ひんやりした空気を求めて冷房を強くする。ところが後からやってくる女性陣は同じように汗をかいて出社してくるものの、冷房の冷気はどうやら苦手のようで、会社に着いて何分も経たないうちに空調を弱めたりすぐに切ったりされてしまう。

 こうなると私のほうはたまらない。まだ汗が完全に引いてないタイミングで空調を切られてしまうと汗が止まらない状態になる。
さらにお昼にかけて気温が上がるにつれて室温も上がり、私は窓際ということもあってどんどん暑さを感じ始めるのだが女性陣は一向に気にならない様子で私だけが汗をかきせっせと団扇を仰ぐ状態になる。

 もちろん外部が暑い日はさすがに女性陣も暑さを感じるようで冷房のさすがにスイッチは入れるのだが、私が納得するような温度までは下げてくれない。結局はまた団扇で扇ぐ。

 そんな暑い状態では結局頭も働かずボーっとしてくる。おまけにパソコンさえも暑さのおかげで動作が鈍ってくる。

 こうなると私にとって会社の今の冷房はは全く意味のない存在でしかない。もちろん全くかけないよりはマシかもしれないが、労働効率の向上にとても寄与しているとはとても言い難いのである。

 そもそも私は家で作業しているときは冷房を非常に強くし、おおよそ24~25度を保って作業している。このくらいの温度が汗もかかず、頭も非常に回転するので都合がいい。もちろんパソコンもフル稼働させても問題ない快適な温度である。

 故に自宅での作業は非常に能率がよい。そんな環境から会社に出勤しても暑いだけで効率よく仕事をこなせるわけがない。

 つまり夏場は私にとってオフィスに出勤することにあまり意味が無く、自宅で作業したいこと然りなのであるが、会社に所属する身分である故に毎朝出勤している。

 しかしながらあの暑いオフィスで仕事をしなければならないと考えると出勤自体が憂鬱でもある。

 なぜ神様は男女の体感温度を平等に作ってくれなかったのか、恨むこと然りである。

オリンピック中は中国の工場が止まる?

 友人から聞いた話だが、電力事情を理由に、オリンピックの期間中、どこかで一週間工場の操業を停止してくださいとの通達が一部出ているらしい
 ついでに従業員を休ませて国民にオリンピックに注目してもらうことの意味もあるらしい。

 言うまでも無く、オリンピックが開幕する8月8日以降は夏真っ盛りであり、冷房機器がフル回転し電力使用量がピークに達する時期である。
上海や北京などの大都市は、見かけ的には近代国家の様相を呈してきている中国だが、電力事情に関しては発展にあわせて綱渡り的に電力を供給して何とか間に合わせているような状況である。
つい先日、上海の電力使用量が限界ぎりぎりで停電直前だったような話もニュースに出ていた。

 これから8月に向かってさらに冷房の電力消費量は上がっていく一方なので、オリンピック時期の電力使用量がやはりピークであると考えて間違いないであろう。
 つまりオリンピック時期というのは中国最大の電力危機の時期でもある。
 
 当初8月後半に予定されていた開幕を、無理矢理8並びの8月8日に持ってきた事情もあり、そのお陰で電力ピークに重なってしまったのだが、それが原因で万が一、オリンピック最中に大停電などが起きたら目も当てられず、ましてや競技会場で停電など起きたらあっという間に世界にその状況が伝わってしまう。

 そうならないためにも中国政府は国家を挙げて停電の発生を防ごうとしているだろうし、その現れが工場の停止通達のような気がする。
 今のところ伝わってきているのはこの工場の話だけだが、これからの気候の状況によっては市民生活にも影響が出るような省電力の通達がさらに出るかもしれない。例えばテレビは消さずに冷房をとめてオリンピックを観戦しなさいと(笑)
 冷房のない上海の夏など考えられないが、ひょっとするとその覚悟は多少しておいたほうがいいのかもしれない。でもテレビと冷房のどちらかを選べと言われたら申し訳ないが、やはり選ぶのは冷房のような気がする。