Monthly Archives: 7月 2010

上海の夏の夜に出歩くには覚悟が必要

 最近、7月になって中国の学生達が夏休みになったからか万博の入場者数も絶好調が続いているようで、それに比例して上海市内の繁華街の混雑が著しく激しくなっている。

上海の町中

上海の町中

特に外灘などの観光地に直結する南京東路や陸家嘴付近などは特にひどい。

 夜8時とか9時になると特に人が増えてくる。以前から観光スポットであったため人は多かったのだが、最近はそれに輪をかけて人が増えている。

 こんなに混んでいるとタクシーはつかまらないし、バスは乗り場には行列だし、地下鉄も2号線も車内・ホームが異常に混雑をしていて、朝のラッシュ並みの混み具合である
(といっても私は朝電車通勤してないのだが)。

 昨年までの記憶があまり定かでないのでこんなに混んでいたのかどうかあまり自信がないのだが、とにかく今年はひどい。

 時間を置いて夜遅い時間に帰宅すればいいのかもしれないが、湿度も気温も高い夜間はそれも苦痛だ。ファーストフード店などに飛び込めば涼しいがどうしても無駄な金を使うことになる。

 故に観光客ではない私は夜間時間帯は迂闊に観光スポットに近づかないことが懸命だが、昨日の夜はどうしても用事で外灘まで行かざるを得なかった。

 結局汗だくになりながら駅に辿り着き、混み混みの地下鉄に乗って帰宅した。

 お陰さまで私の自宅は観光スポットから若干離れているので、通常より人が多いかもとちょっと感じるぐらいで日常からそれほどかけ離れた状況にはなっていない。

 今後は出来ることなら夜に観光スポットに近づくことは避けたいものである。

住んでいる者にとっては万博はメリットよりデメリットの方が多すぎる気がする。

ショック!日本語がなまってきた?

どうやら日本にいる日本人から見ると、自分の日本語に中国人訛りが混じり始めているらしい。
 さっき日本からかかってきた電話で日本語が物凄く上手な中国人に間違えられるようになった。

 これはかなりショックである。

am500_sc071

 私から言わせると私が変わったのではなく、日本人の発音が変化しているのではないか、、、そう感じるのだが違うだろうか?

土用の丑の日 今日のランチ「うな重定食」キキス炭焼さん

今日は土用の丑の日、いわゆる日本で鰻を食べる日とされている日である。
この由来には諸所あるが、かの平賀源内が鰻屋に相談されて、丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏バテしないという伝承があることから、この日に売り出したらよかろうとアドバイスしたのが始まりといわれている。

まあそんな伝承はともかく、夏は何かと夏バテしやすいのでやはり鰻はいいかもしれない。
さて今回のお店は先々週くらいに食べたこのキキスさんの「うな重定食(35元)」である。

ただしこの値段は日替わりランチとして提供されている値段で通常はもっと高いと思われ、申し訳ないが調べるのを忘れてしまった。
このうな重定食は月曜の日替わりランチである。
日替わりランチのこの価格で鰻を食べられるのは、懐にもやさしくとってもありがたい。

うな丼定食

うな丼定食

さて注文して出てきたのが写真のうな重である。うな重といいながら、重箱ではなく丼ででてきてしまうところがまあ中国的愛嬌だが、まあこんな細かいことはよしとしよう。
で早速食べてみると、鰻の身にも程々の厚みがあり食べ応えがある。中国で出てくる鰻は恐らく台湾産なのではないかと思うがそう考えると日本の安い店で食べるのと大差ないことになるが、その割にはこの店の鰻は身が美味しく焼けている。錦糸卵もよくできている。欲を言えばもう少しタレが多めにかかってご飯に染みていてもよかったと思うがまあ、これは人それぞれだし、専門店ではないのでまあ仕方ない。

 毎日暑い日が続く上海だが、今日も仕事を頑張るために鰻を食べて精をつけてはいかがだろうか?

キキス炭焼さん
江蘇路458号 舜元弘基広場213室 
3250-5667
営業時間 ランチ11:00-14:00 夜17:00-24:00