Tag Archives: 観光

中国人の訪日客は2015年500万人をほぼ達成、前年の2倍!

 先ほどJNTO(日本政府観光局)の統計データを覗いたところ、2015年12月の数字はまだ出ていなかったが11月までの累計数字で464万6700人となっており、2015年年間で、中国からの訪日外国人客数がほぼ500万人を達成しそうな状況であることを発見した。
 11月時点その差35万人であるが、11月も月間36万人であることから言えば500万人はほぼ確実ではないのかと見られる。
 2014年の数字が240万人であるから、2倍にも増えてしまったことになる。
 人民元と日本円のレートで円安であるとか、とにかくいろいろ理由はあるだろうが、とにかくすごい数字である。

春秋航空A320

春秋航空A320

 500万人という数字を何か体感的に分かりやす説明する数字を考えたが、まず月並みだが東京ドーム100杯分であり、噂の新国立競技場のキャパ6万5千人で割っても77杯分となる。

 さらに日本の総人口比から言えば約3.9%にもあたり、25人に一人は中国人観光客ということになる。
 また今年成人式を迎えた人は121万人だというから、その4倍もいたことになる。
 さらに中国以外でも同じ中華圏で言えば、台湾が11月までに360万人、香港が130万人であることから、2015年の年間累計では中華圏から1000万人の訪日者がいたということになり、実に日本の人口の約8%となる。

 これを1日当たりに均せば、毎日2万7千人の中華圏の人が日本へやって来ていたことになるわけで、空港だけでなく日本国内が中国語だらけになっていたのも頷ける数字である。

 これだけ、訪日客がいると訪日ビザの発給もてんやわんやであると察せられ、2014年の上海の総領事館における年間発給数が80万件だったことを考えると、2015年は150万件以上は確実で、領事館の皆さまの事務作業もさぞ大変だったと察せられる。

 ちなみに2014年の数字では北京の日本大使館が50万件の発給数、広州の領事館が28万件の発給数であり、いずれも2015年は2倍前後になると推測すると北京が100万件、広州が50万件を達するということになる。

 まあ、普通はこれだけ事務作業が膨大化すると領事部の省力化のために、ノービザ許可でも良いのではないかという意見も出てくるのだろうが、そこは13億人の人口を抱える中国とういう国家相手の話であり、事務作業が幾ら大変でも一定の歯止めをかけつつ受け入れなければ、13億人の人口圧力の前では日本というの国土のキャパがパンクしてしまうだろう。

 無論ビザ制度の維持は国内安全維持のために、就労目的の低所得者の流入を防ぐという本来の意味が第一だと思うが、現段階においては物理的な歯止め措置の意味合いの方が強くなってきてしまっている気がする。

 数年前に掲げた観光立国の目標は確か平成28年までに1800万人の訪日観光客誘致であり、2015年はすでに前倒しで達成しそうな状況となっているが、中国からの訪問客急増がその原動力となっていることを考えると、果たして計画で描いた理想通りなのかちょっと心配になる。
 お祭りにも似た中国からの訪日客の急増っぷりは、今後どうなっていくのかちょっと予測がつかず、このまま伸びるのも、逆にブレーキがかかるのもちょっと怖いなと感じる今の状況である。

ようやく初めての台湾

 今日から初台湾旅行に行くことにした。
初香港が2000年で、初大陸が2006年だからおよそ6年周期でお初という状態になっていて中国圏としては12年遅れの初上陸となってしまった。。

 香港には12年前に踏み込んだのだが、それはちょっとした縁ときっかけがあって行ったのであって、何故その後に台湾に踏み込まなかったのかは縁ときっかけがなかったということになる。

 大陸に渡ったのも縁ときっかけがあった。

 振り返ってみると、私にとっての新規の地域訪問は結構定期的にやってきて集中する。

 85年にサンフランシスコとハワイ、92年に韓国とイギリス、2000年に香港とフランス・スペインと6~7年おきとなっている。

 この周期は星の関係か何か関係があるのだろうか?

 まあ台湾自分の中でぽっかりと抜け落ちていたエリアとも言え、ようやくそのピースが今日埋まる。

 とにかく今日から初台湾である。

上海の夏の夜に出歩くには覚悟が必要

 最近、7月になって中国の学生達が夏休みになったからか万博の入場者数も絶好調が続いているようで、それに比例して上海市内の繁華街の混雑が著しく激しくなっている。

上海の町中

上海の町中

特に外灘などの観光地に直結する南京東路や陸家嘴付近などは特にひどい。

 夜8時とか9時になると特に人が増えてくる。以前から観光スポットであったため人は多かったのだが、最近はそれに輪をかけて人が増えている。

 こんなに混んでいるとタクシーはつかまらないし、バスは乗り場には行列だし、地下鉄も2号線も車内・ホームが異常に混雑をしていて、朝のラッシュ並みの混み具合である
(といっても私は朝電車通勤してないのだが)。

 昨年までの記憶があまり定かでないのでこんなに混んでいたのかどうかあまり自信がないのだが、とにかく今年はひどい。

 時間を置いて夜遅い時間に帰宅すればいいのかもしれないが、湿度も気温も高い夜間はそれも苦痛だ。ファーストフード店などに飛び込めば涼しいがどうしても無駄な金を使うことになる。

 故に観光客ではない私は夜間時間帯は迂闊に観光スポットに近づかないことが懸命だが、昨日の夜はどうしても用事で外灘まで行かざるを得なかった。

 結局汗だくになりながら駅に辿り着き、混み混みの地下鉄に乗って帰宅した。

 お陰さまで私の自宅は観光スポットから若干離れているので、通常より人が多いかもとちょっと感じるぐらいで日常からそれほどかけ離れた状況にはなっていない。

 今後は出来ることなら夜に観光スポットに近づくことは避けたいものである。

住んでいる者にとっては万博はメリットよりデメリットの方が多すぎる気がする。

もうすぐ観光シーズンだがあの足音が

 10月・11月は上海蟹の季節ということもあって、上海を訪れる観光客が最も多い季節らしい。
旅行会社の人によると一年のうちこの時期が最もかき入れ時であるとの事だ。
確かに真夏の暑さも和らいだ後の10月11月は一年で最も過ごし易い時期でもある。そういえば私が最初に旅行で訪れたのも4年前の10月のことである。

 旅行料金の上でも航空運賃が10月から冬シーズン体系に切り替わり、夏が高く冬が安いというのが概ねのパターンであるから、10月はその安いほうの最初の月であるため、日中線は割安感もあって結構観光客で賑わう。
 また今年は10月よりサーチャージが復活するという情報はあるが往復3000円程度のことなので、ツアー代金から比べたら10%以下でありこのこと自体は観光に大きな打撃を及ぼすことはないと思われる。

 しかしである。

 皆様もご存知のように春に大騒ぎしたあの新型インフルエンザがまた騒ぎ出している。旅行会社の人にとってこれが心配の種だという。

 5月のときも観光シーズンを打撃して売り上げが伸びなかったといっていた。

 今回の流行は前回のように日本国内での大パニックは起きていないが、実質的な蔓延の速度がものすごく速いように聞く。この流行が改めてパニックになって旅行業に大打撃を与えないとも限らない。今のままだとパニックにならなくても旅行業に打撃を与えるのは必至のような気がする。

 変な話だが、日本からの観光客が少ないと、旅行会社のみならず上海の日本人サービス業全体に少なからず打撃を与えることになる。日本人にも中国人にも日本マネーにぶら下がっている人が大勢いるのだ。

新型インフルエンザは病気としての蔓延も怖いが、こういった経済への打撃のほうが実は病気そのものより深刻のような気がする。
大きな影響が出ないように祈りたい。

 

東方明珠塔はカリン塔のパクリ?

今日、たまたま浦東のレストランで食事をしたので、その帰りにふと目の前の東方明珠塔を見上げたところ、どうも何かに似てるなぁと感じた。

東方明珠塔

東方明珠塔

高い支柱の先に球体の物体がのっており、そこから伸びた支柱の上にさらに球体が乗っている形。
天候が悪かった今晩は、その更に上の塔が見えず、球体の底が最上部のように見える。巨大な建物ということもあり、球体の部分は下から見上げると完全な球体ではなく、若干球体を押しつぶした饅頭型のような形に見える。さらにその球体の周囲に帯を巻いたように展望客用にガラス窓があってそこだけ色が違う。

東方明珠塔の上部は霧の中

東方明珠塔の上部は霧の中

 うーん、この見上げた角度とあの巨大な球体、、、なんであろう?

あ、カリン塔だ

そう、あのドラゴンボールに出てくるカリン塔のことである。
森の真ん中に天高く伸びる塔が聳え立ち、その上に猫の姿をしたカリン様の住む宮殿があり、さらにその遥か真上に神様の宮殿があるというあのカリン塔である。

この東方明珠塔も大地から天に向かって塔が伸び、その上にカリン様の宮殿のような球体の展望台がある。その上の柱の先にも神様の宮殿のような球体が見える。

 柱こそ3本あり、根元には斜めの支柱が存在してオリジナルとは違うが、球形の物体が柱によって重なる構図はまさにカリン塔を凝縮したような建物である。

 ま、まさかこの東方明珠塔のデザインはカリン塔をパクった?パクリ商品天国の中国だけに、冗談とも思えないような自分の推測にちょっとドキッとした。

 いま世界で一番勢いのある上海の風景を象徴するこの塔でさえ実はデザインはパクリなのか?世界に唯一無二の上海のシンボルとして、その独創的なデザインに今まで感心してきた自分だけに、どこかがっかりした発見である。

 ちなみにこの塔がオープンしたのが1994年10月1日で、ドラゴンボールが日本で登場したのがその約9年ほど前なので、東方明珠塔がデザインされる前にカリン塔は既に世の中に出ている。故にオリジナルが逆ということはまず有り得ず、東方明珠塔のデザイナーがドラゴンボールのカリン塔を事前に見ていたという可能性は十分有り得る。そこでデザインをパクッた可能性も否定し切れない。パクリというと失礼に当たるかもしれないが少なくとも大いに参考にした可能性は高そうだ。

 もっとも、ドラゴンボールそのものが元々中国的雰囲気を持った漫画であったため、カリン塔のオリジナルが更に中国のどこかにあるということもまた十分に考えられる。
そういった眼でこの建物を眺めると非常に興味深い。