Yearly Archives: 2010

文化遺産にすがる中医学の価値?

 ちょっと前のニュースになるが、中国の伝統的学問とされている中医鍼灸が人類無形文化遺産リストに登録されたというニュースが流れた。

 中国国内のニュースではこのことに関して、これで中医薬の世界的普及に拍車がかかると喜んでいる向きもあるようだが、私としては「はて?」と思う。

 文化遺産に指定されて、世界的普及??

 物凄い論理の飛躍に笑ってしまう。

 そもそもよく考えてみて欲しい。
 認定されたのは「遺産リスト」である。
 動物で言えば絶滅危惧種と指定されたのと同じようなものである。

 つまり、放っておけば滅んでしまうかも知れないから皆さんで後々まで大事に保護しましょうというのが、この世界遺産のリストの趣旨である。
そんなところに自ら申請するなんぞ、私たちは競争力がないから皆さんで守ってくださいとすがりついて頼み込んでいるように見える

 よく西洋医学と東洋医学、あるいは中医学などという対比の言い方をされ、西薬と中薬はどっちが良いかなどという話題も中国国内では良くされる。
 しかし、そもそも人の命や健康を考えるという意味において医学に西洋も東洋もあるはずもなく、それをことさら強調して差別して競争意識を働かしているの中医学のほうである。
 
 それに加えての今回の文化遺産申請である。

 中医学に関わる人たちは今回の認定を世界に認められたと喜んでいるらしいが、果たしてそれはどうなんであろうかと思ってしまう。

 私から言わせれば、世界的普及どころかもうすぐ滅びそうだと認められてしまったのが今回の認定であるような気がする。

 もしそれを喜んでいる人たちがいるのなら全くおめでたい頭としか言いようが無い。

 よく考えてみて欲しいが、現在西洋医学とされている分野を学んでいる人間が、自分の学んでいる医学を後世まで残したいから「人類無形文化遺産リスト」に申請するといったらどう思うであろうか?

 特に先進の研究分野にいる人間は、そんなカビの生えそうなレッテルを貼らないでくれと思うのではないだろうか?

 日々進歩している医学の分野においてそんな時間が止まったような評価は必要なく、寧ろ邪魔だと思うような気がしてならない。
そんな無意味な保護をされなくても医学の分野は成長を続ける、そう考えて日々研究開発に切磋琢磨しているに違いない。
 (もちろん研究開発費は必要だろうが、、)

 私自身は中医学といわれている分野の考え方についてそれ自体を蔑むモノではないが、世界遺産という大義名分にすがりつき、それを権威主義的に名誉を振り回す人々の勢力の姿には退廃的な印象を感じてしまう。

 まあ今回の遺産リスト申請には、韓国医学との東洋医学の宗主国争いの中に生まれた産物といった面もあるようだが、結局はそれ自体がナンセンスである。
 そんな過去の起源で争っているようでは結局未来の進歩は無く、それこそ保護されなかったら滅んでしまうだけである。

写真はイメージ

写真はイメージ

 もし現在の西洋医学の社会の中でそんな過去の起源をやっきになって争っていたら、きっと笑われてしまうであろう。
 そんな中医学などという言葉にアイデンティティを感じすがっている暇があったら、もっと人の命そのものに真剣に向き合って欲しいものである。

 中医学の看板や権威にすがるといったそんなアマチュア根性を、どうも今回の世界遺産申請には感じてしまう。
 そんなアマチュアな人々に果たして人の命が守れるのだろうかと現在の中医学関係者の姿勢にはどうも疑問を感じざるを得ない。

まだまだ上海③「当たらない中国の天気予報」

 ニュースや天気予報では昨日のクリスマスイブから今日にかけて雪の天気予報が出ていて、上海では「ホワイトクリスマス」の期待が高まっていたが、雪どころか雨も見えず全く空振りに終わった。

 確かに気温は下がり非常に冷え込んだが、ただ寒い天気と雪景色ではエライ違いで、少なくともクリスマスというこのタイミングに於いてその差は大きい。

上海は普通の晴れた冬の一日

上海は普通の晴れた冬の一日

 全く何の根拠を持って雪などという予報を出したのだろうか?
 どうも今回は気象予報官の期待値が含まれた予報だったような気がしてならない。

 そもそも一般人向けの天気予報なんぞ、もし外れたとしても彼らはほとんど責任を問われないので、演出でちょっとした手心を加えてもいいだろうと思っていたのかも知れない。

 或いはクリスマス商戦の活性化を目論む流通業界から袖の下があって、ちょっとこういう予報を出してくれないかという働きかけがあったとしても不思議ではない。

 日本人から見たらそんな馬鹿なと思うかも知れないが、ここは中国であり、広州アジア大会のプロデューサーが自分の娘を出演させるくらいだから、何があってもおかしくないのがこの国である。

 まあそんな冗談はともかく、中国に比べると日本の天気予報精度は非常に高いと感じざるを得ない。

 中国の都市でさえ国内の天気予報より、日本のYAHOOを見たほうがよほど正確だ。

 例を挙げると昨年夏の皆既日食の時、中国の予報で重慶は雲が多いと予想していたが、日本の予報は晴れと予報していた。
 実際にその日は見事晴れて日食が見えたという。
 それくらい日本の予報技術は高く、逆に中国の予報は当たらない。

 何が違うのか正確なところはわからないが、少なくとも日本の気象観測体制は驚くべき物があり、物凄い予算をかけて気象観測をやっていることは知られている。

 気象衛星に始まり、全国に散らばる気象台や観測所、1300箇所もある無人気象観測システムのアメダス、さらには海洋気象ブイやラジオゾンデなどあらゆる方向から観測が行われており、その膨大なデータの積み重ねがあの精度の高い気象予測をしている。さらには気象専門会社などもあり、桜の開花予想なども含めてかなり正確な予想を出している。

 もちろんその体制を以ってでさえ予報は時々外れるので、いかに気象予測が難しいということではあるが、中国の予報精度と比べればやはり差は大きいと感じる。

 中国の気象監視体制については現状を知らないので迂闊なことは言えないが、この広い国土で日本のアメダスのような密度で観測を行っているとは到底思い難いし、中国人の一般的な性格を考えても気象予報のような緻密なデータ分析と経験値の積み重ねが必要となる作業に向いている人が多いとは思えず、そんな面からも中国人の気象予報官による予報が、あまり精度が高くなさそうだというのは肌で実感する。

 まあその予報を受け止める市民もやはり中国人なので、天気予報などアバウトにしか捉えておらず、緻密な予報精度など求めていないのかも知れない。

 また報道の方法にも問題がある。先日の雪は「60年ぶりの大雪」という報道がされていたが、2年前に沿岸部から内陸部にかけて降った大雪の記憶が鮮明な自分にとっては「何が60年ぶりなものか」と思ったが、よくよく記事を見ると12月に降った雪として60年ぶりの大雪だったようである。

 事実として間違ってはいないのかも知れないが、やはり報道としてはちょっと大げさで、私の印象とはやはり一致しない。

 このような表現をオーバーにしたがる中国人の性格と、その他中国のあらゆる面でのアバウトさが重なって、昨日の「ホワイトクリスマス予報」が出たのかも知れない。

 まあロマンチックな気分に浸りたい気分は分からなくはないが、やはり天気予報は正確なのが一番だと思っている。 

黄水晶を買ってみた。

同僚が金運の効果があるというので黄水晶を買ってみた。
直径6cmのもので28元(約400円)である。

水晶の玉

水晶の玉(脇は大きさ比較のライター)

 まあこういった縁起物については自分は考え方の整理が決まっていて、この水晶そのものに特別なパワーがあると信じて買ったわけではない。

 もちろんそういった効果があることに越したことはないが、もしそんな力が実際にあるとするならば、そういった神秘的な力は諸刃の刃で有る可能性があり、プラスの作用があればどこかにマイナスの作用も生じるはずなので、どちらかというとあまり強烈な力に支配されることは好ましくない、私はそう考えている。

 ならば、どうして今回のような水晶を買ったか?

 偏に自分の心理的効果のためである。
 こういったものを買うことによって、もう少しお金に関心を持とうという心がけのための象徴のような存在として買ってみたのである。
 いつも目にする場所に置き、気持ちの中にお金に縁があるようにと心がけることによって本当にお金に縁が生まれるのである。

 実は、神社のお守りが何故効果があるのかということを、以前からよく考えていた。

 つまり、安全祈願、合格祈願、大願成就など色んな名目のお守りがあるが、別にそれらは神様の神秘的な効果が現れて願いが叶う訳ではないと私は考えている。

 お守りは単なる自分の気持ちの象徴であり、実際は自分の心がけそのものが願いを叶える、そう考えている。

 安全を祈る気持ちでお守りを持てば、常に日ごろから安全に注意をするようになりお守りがそれを思い出させてくれる。

 大願を祈って毎日お守りを懐に入れ精進すれば、大きな願いも叶うのである。

 もちろん願いが大きければ大きいほど、成就に必要な覚悟や苦労も大きくなり心が負けそうになる場合も必ずあるはずだが、そこにお守りがあれば自分の初心を思い出すことが出来て、困難を突破できる可能性を持つ。お守りにはそんな効果があると考える。

 よく値段の高いお守りは効果が高く、安いお守りは効果がないと考える人がいるがそれは大きな間違いである。

 毎月数万円のアルバイト料しか稼げない高校生が願いを込めて買う1万円のお守りと、数百億の財産を持つ人が気軽に買う100万円のお守りはどちらが効果があるといえるであろうか?
 言い換えればどちらの思いのほうが強いであろうかということになる。

 この場合、収入の大部分を使ってまで願いを叶えたい思う高校生の気持ちのほうが強いとはいえないだろうか?

 つまりお守りは値段ではなく、願いを叶えたいという気持ちに対してどれだけ自分の持っているもの、つまり時間であったりお金であったりするものを注ぎ込む覚悟をするかという決意表明の象徴であるので、表面上の単純な金額の大小ではその効果を計れないのである。

 もちろんお守りを買っただけでは効果はあるはずも無く、願いをかけた分だけの努力をしなければ大願だけではなく小願も叶うはずもないことは言うまでもない。

 また大願という程でなくても、安全祈願の面でも日々の心がけを大事にすることが結果的に自分の身を守ることになる。

 そのいい例が工事会社の安全祈願で、日本の工事会社は毎朝の安全祈願を欠かさず行っているが、たまに榊の水を替えるのを忘れたり、どこかの段取りに手を抜いたときに限って実際に事故が起きてしまうそうだ。
 もちろんそれは神様の神秘的な力のいたずらでもなんでもなく、安全に対する人間の僅かな気の緩みが社内のどこかに生まれている影響で事故が起きてしまうのである。

 つまりそういった日常の安全に対する僅かな心の緩みを生み出さず、緊張感を保つために彼らは毎朝の安全祈願を行っている

 逆に言うとそのくらい毎日神棚に向かって自分の心を戒めなければ緩んでしまうのが人間の心だとも言え、一見無意味とも思える形式的なことを厳格に繰り返すことにこそ実は意味が存在したりする。

 さてさて話を黄水晶に戻すが、こういった心理的願掛けとも言うべき意味で今回はこの黄水晶を買ってみた。

 決して高い金額の買い物をしたわけではないので重大な覚悟というほどの決意は無いが、それでも一種の願掛け的な意味合いを込めて買ったのは事実である。

 実際、この黄水晶を購入後から日々よい影響を願うようになったのは確かで、できることならそのままいい結果が生まれることを祈りたい。
 さてさて来年はいい年になりますように。

日本人が教わらない朝鮮戦争

 今回の朝鮮半島情勢を受けて、どうしてこの二つの政府はかつて分裂したのか、気になったのでウィキペディアの朝鮮戦争の項目を読んでみた。
 すると、読んでいて気持ち悪くなるくらい虐殺と殺戮が繰り返された戦争だということがわかった。

画像はイメージ

画像はイメージ

 恥ずかしながら私はこの年になるまで朝鮮戦争がどれだけ激しいものであったかを知らずに生きてきた。

 日本の教育の中で学んだ朝鮮戦争というのは、第二次世界大戦の日本の敗戦によって統治下から解き放たれた朝鮮半島が政情が安定せず戦争が起きたということだけであった。

 しかもその戦争の特需が日本の戦後復興の下支えになったという、経済面での認識のほうが強かった。

 つまり日本の教育の中ではその程度しか教わってこなかった。

 日本の歴史の中では、太平洋戦争の終戦によってその後は現在まで平和が続いていたという色付けをされているが、海峡一つ隔てた海の向こうでは実は太平洋戦争に匹敵するほどの犠牲者を生んだ戦争が起きており、しかもその犠牲者の大部分が軍人ではなく民間人であったとされいかに残忍な戦争であったかが分かる。

 あの決して広くない半島の中で150万~300万とも言われる人が戦争の中で殺されたとされる。

 あまり良い比較ではないが、韓国が日本に併合された時代に抗日運動で犠牲になった人も数万人いるとされるが、朝鮮戦争の犠牲者は明らかにその比ではない。

 どうも国対国の戦争より、方向性を失った国家内の動乱のほうが被害が大きいようだ。

 根拠がないので詳しくは書かないが、某国も外敵と戦争してた時代より、国内内戦等々で犠牲になった人数の方が多いらしいといった資料を時々目にする。

 そう考えていくと、国内の不安定を招くくらいなら、外敵を作り国内をまとめたほうが犠牲者は少ないということになる。

 まあ某国の国内教育にはいろいろ批判が多いが、変に国内分裂され混乱が起きるより、敢えて自ら憎まれ役を担い続けたほうが実はお互いの国の平和にとって最良の方法なのではないか、そんなことも感じたりする。

 話がそれたが、朝鮮戦争というのは、実は戦争末期のあのタイミングで原子爆弾が日本に落とされていなければ、日本が朝鮮半島のように内戦がおきていたかも知れないとは良く言われることである。
 あの原子爆弾の影響で、ロシアの南進が日本本土に及ぶことを防げたというのである。もちろん原子爆弾の投下を是とするものではないが、一歩間違えば日本も辿るかもしれなかった歴史が結果的に隣国で起きてしまっていたことは確かである。

 そう思うと、朝鮮戦争を教科書通りに隣国の出来事とか朝鮮特需などという言葉で片付けず、自らの身にも起きるかもしれなかった人間の歴史の流れの一つの部分として、日本人はこの出来事をもう少し知っておくべきだと感じる。

マフラーの暖かさ

ここ数日あまりにも寒くなったので、とうとうマフラーをして外出するようになった。

 首の周りがとても暖かい。

 ところでマフラーというのはとても不思議なものである。
今ここで私は「暖かい」と書いたが、実はその暖かさというのは自分の首の体温に由来するものである。
自分の首を自分の首の体温で温めて、自分自身が暖かいと感じる。

よく考えてみると変な話である。

さらにこの暖かさは、温めている部位が首ということで顔や頭に近いお陰か、単に温度的に暖かいというよりも精神的に誰かに優しくしてもらっているようなそんな暖かさである。

 自分の体温で温めて自分で暖かさを感じ、かつ誰も他人が温めているわけではないのに、他人に暖かさを与えてもらっているような錯覚をする。

 そんな効果がマフラーにはある。

 そんな自分自身に自分自身が満足させられているような、何だかナルシスト的なマフラーの暖かさの構図である。

 まあ、だから冬のプレゼントにマフラーが流行るのだろうか?相手のそばにいなくても相手は本人の体温に暖められて勝手に満足してくれるし、それがプレゼントの贈り元の心の温かさだと勝手に感じて錯覚してくれる。

実に便利な代物であるなぁと、そんな想像をしながら今日もマフラーにくるまれて外出する。