Tag Archives:

雨水を過ぎると雪が積もらない

今月の18日に暦の上では二十四節季で言う「雨水」を迎えたというのを先ほどカレンダーを見ていて気が付いた。

 雨水というのは雪が雨に代わり氷が溶けはじめる時期だそうで、太陽の高度を基準に決められているそうだが、地上の状態が大体そのようになるようだ。

 そういえば今週の初めに上海で降った雪も18日の夜中に降り出して、19日に積もるかなと思いきや、シャーベット状にはなったが結局積もらなかった。

 まあ車の上の雪を払わずそのまま走っている車は沢山見かけたが、地面の上や葉の上に積もりかけた雪は全て溶けてしまった。

 たった10日ほど前の春節前に降った雪は数日ではあったが積もって残っていたのにである。

 まさに雨水を過ぎたら雪は雨になり、氷は水になる言葉そのままだった。

 太陽の高度から地上の熱が大体そのようになるのかも知れないが、こんなに典型的に季節が変わりゆくさまを見事に言い当てるなんて、昔の人は凄いなぁとしか言いようがない。

 とはいえ、これはちょうど上海近辺の気候に当てはまっているということなら他の北や南の地域には当てはまるまい。

 ただ上海に現在居る身としては今回二十四節季が上海の気候にここまで当てはまったなら、今後二十四節季の流れを気にした方がいいということになる。

 次は啓蟄で3月5日らしく、この日は虫が冬眠から覚めて這い出て来る日らしいから虫に警戒しないといけないということかもしれない。

 でもどうやって?(笑)

朝から北の国から

 今朝はまた上海に雪が降った。

しんしんと降る雪が窓の外に見える。

窓の下の車の屋根と常緑樹の葉には少しばかり積もっているが、地面はそれほど白くなってはいない。

 まあ冬景色であることには変わりなく、寒々しくもあり、ちょっと寂しさを感じる風景だ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 こんな時には「北の国から」のアルバムを聞くと、すっと心が落ち着く。
 
 この曲を聞くと冷たい空気も寒そうな窓の外も、一瞬にして受け入れてしまう心の状態が生まれる。
 音楽一つで不思議なものだが、これがとてもしっくりくる。
 寒々しく静かな街の情景がとても心地よく感じられる。

 今朝はコーヒーがとてもよく香る気がする。

皆さんもぜひどうぞ!

上海の春節は雪か?

 あと一週間に迫った春節だが、出かける予定も大してないのに週間天気予報をみたところ、今日3日現在の予報ではなんと春節は雪の予報となっていた。

 まあ中国の天気予報の精度から言って、一週間後の天気がそうそうアテになるとも思わないのだが、改めて日本のYAHOOの天気予報を見てみるとやはり8日から9日にかけて雪マークが出ている。

 その先はまだ予報が出てないが、どうやら多少の時間的な前後はあるとしても、一週間後くらいに雪がやってくる状況は正しいらしい。

 「雪ですか・・・」

 もし、積もるような雪が降った場合に春節のあの賑やかな花火はどうなるんだろう?とそんなたわいもないことがまず気になった。

 上海に住んで6年を超え、あの花火の音を聞かかないと歳を越した気がしないようになった私にとって、静かな春節などありえない。

 どうしてくれるんだと言いたいが、こればっかりは天気の事なので文句を言うわけにもいかない。

 そういえば5年前の春節も、直前に大雪となって広州から列車に乗って何とかギリギリ上海に辿りついたのを思い出した。

 あの時の春節も大雪の直後の上海にいたがあの時はどうだったのか?たった5年前なのに思い出せない。

 まあ、今回雪が降るなら降るで仕方ない。

でも、

「新年は去年のように病気をせず過ごしたい、まずはそれが第一」

であるかなと、まずそこを心配しようと気持ちを改めた。

 春節のスタートから高熱でつまずいて、何度も体調を崩した一年をすごした私の願いである。