Tag Archives: 印象

上海は東京の2.7倍も危険か?

 先日、上海で日本人女性が殺されるという事件が起きた。

 実はかの殺されたMさんは私も何回かお会いしたことがある人で顔に見覚えがあり、ニュースによれば私と同じ年に上海に渡ってきた方だったので、この事件にそれなりに衝撃を受けている。

DSC04528

 人生生きているとこういうことも社会にはあるなと自分に言いきかせながらも、同じ上海に暮らしていた者として、やはり悲しく、ぜひご冥福をお祈りしたい。

 ただ、今回この事件を取り上げた日本の報道を見て私はかなり違和感を持った。
 実はFテレビ系のニュースの映像で、同社の記者が某上海のセキュリティ会社の方(実は彼も知り合いだが)へのインタビューを取り上げていたのだが、その中で彼が話していた「建物侵入件数は東京の2.7倍」という言葉を切り出して、さも上海は危険な街だという演出をしていたことだ。

 「2.7倍

 実はこの数字が示すほど上海の街に暮らす者として危険は感じないのである。

 寧ろ、エスカレーターでちょっとぶつかっただけでナイフを取り出す若者のいる日本の方がよほど物騒であり、トータルとしてそこまでの差を感じないのである。

 ではこの「2.7倍」という数字は何か?

 実はこれは数字のレトリックに他ならないのである。

 データというのはまずその調査母数がどこにあるかが非常に問題になってくる。

 故にまず

①この今回の東京と上海の調査母数が同等なのか 
 という問題が一つある。

 つまり母数が10倍あれば、侵入件数自体が2.7倍になることは容易なので、単純に比較はできないことになる。
 ただこの点については、情報元が日系の調査会社なで、そこまでインチキはないとは思う。

では
②条件をひっくり返した数字はどうなのか?

 やはり母数の問題に関わってくるが、例えば東京の建物侵入件数がもし100軒に1軒の割合で起きているとすると、上海が2.7倍なら100軒に2.7軒の割合で起きていると言える。
 しかし、逆に侵入されていない件数を考えると、東京は100軒中99軒が進入されていないのであれば上海は100軒中97.3軒が進入されていないことになる。

 つまりその差は2%に過ぎず、東京より上海が2.7倍の危険度の評価は実は過剰だということになる。

 これは母数が100軒だった場合だが、母数10軒で考えると東京の安全度90%に対して上海73%となり、その差は20%程度となる。

 つまり東京より上海は20%程度危険という数字になり、まあこちらに暮らす者として、この程度の言い方ならそれほど違和感なく受け入れられる数字である。

 故に母数や数字を正確に把握しないと数字の読み方を見誤ることになる。

 どうもFテレビの報道には日常から過剰演出が多い気がするし、今回殺害されてしまった人が出てしまったとはいえ、東京より遥かな危険な街だという印象を与える演出報道は間違っている気がする。

 こういった社会の過剰演出・一面的報道によって、社会の見方を見誤る人が増えているのは困った傾向に思う。

 もちろんその差がどうであれ、一定数の危険が存在するのはどこの社会も同じで、東京とかわらないと安心しきるとやはりケガをするのが社会であり、是非気をつけたい。

マフラーの暖かさ

ここ数日あまりにも寒くなったので、とうとうマフラーをして外出するようになった。

 首の周りがとても暖かい。

 ところでマフラーというのはとても不思議なものである。
今ここで私は「暖かい」と書いたが、実はその暖かさというのは自分の首の体温に由来するものである。
自分の首を自分の首の体温で温めて、自分自身が暖かいと感じる。

よく考えてみると変な話である。

さらにこの暖かさは、温めている部位が首ということで顔や頭に近いお陰か、単に温度的に暖かいというよりも精神的に誰かに優しくしてもらっているようなそんな暖かさである。

 自分の体温で温めて自分で暖かさを感じ、かつ誰も他人が温めているわけではないのに、他人に暖かさを与えてもらっているような錯覚をする。

 そんな効果がマフラーにはある。

 そんな自分自身に自分自身が満足させられているような、何だかナルシスト的なマフラーの暖かさの構図である。

 まあ、だから冬のプレゼントにマフラーが流行るのだろうか?相手のそばにいなくても相手は本人の体温に暖められて勝手に満足してくれるし、それがプレゼントの贈り元の心の温かさだと勝手に感じて錯覚してくれる。

実に便利な代物であるなぁと、そんな想像をしながら今日もマフラーにくるまれて外出する。

あの会見がなかったら

日本の政治が揺れている。
小沢一郎民主党幹事長の元秘書石川議員が逮捕された。
このままでは小沢一郎氏本人も危ないと言われている。

昨年の春、秘書の大久保被告が逮捕されたときは民主党はまだ野党で、政権交代押せ押せの時期であったから逮捕劇は選挙妨害の国策捜査といわれ、東京地検特捜部が非難を浴びた。私もそのように感じ、「何故この時期に?」と疑問を感じた一人だった。そして特捜部の狙い通りというか小沢氏は代表を辞任することになった。

 私はさぞかし悔しいだろうなぁとあの時は同情的な目で小沢氏をみていた。

 そして今回は元秘書の石川議員が逮捕された。状況的には前回とあまり変わらないはずだが、今回はこのことに対する個人的な印象はちょっと違っていた。
どちらかと言えば「罪があるなら徹底的に調べて欲しい」との意識に変わっている。

 現政権を支持しないわけではないが、「あのときの会見」がどうも印象に残ってしまい、どうにも小沢さん個人に対しては擁護できなくなったのである。

 あのときとは言うまでもなく、中国の習近平さんと天皇を慣例を破って会見させたことを宮内庁長官に批判されてしまったときに反論を発した記者会見である。

 あの印象で、どうにも小沢一郎という人間を政治家として支持できなくなった。
 政治家としての信用性をあの会見で失った気がする。ルールを破って強引に力を振りかざそうとする人に私は反発する。

 あの会見がなければ、今回も前回と同じ小沢さんに対しての同情的印象を得た気がするが、今回はそうはいかなくなった。
 人の評判や印象は一瞬で変わる。
 私もそのことを骨身に感じて生きていきたい。