Tag Archives: ウィルス

パソコンに爆弾が潜んでいた!

 先日のイメージデータの復元をした後、Myパソコンの更なる回復を目指して、念入りなチェックを行なう事にした。
 普段はウィルススキャンは時間がかかるため、簡易なチェックしかやって来なかったのだが、今回の深刻な事態を受けてじっくりと状態をチェックしようと思ったのである。
 で、私の使っているウィルスソフトは無料のAVASTなのだが、その機能の中で「ブートタイムスキャン」というものを初めて使ってみることにした。

 ブートタイムスキャンとはOSが起動する前にハードディスクのファイルを検査してくれる機能で、OSが起動してしまうと隠れてしまう部分にまでチェックをしてくれる。
 
 で、早速一昨日にチェックをしたところ、何とまあ不具合箇所が出るわ出るわのオンパレードで、不正ファイルが20以上も見つかった。

 処理中に画面上に不正ファイルの種類が表示されるので、気になってどんなウィルスが入りこんでいるのかを携帯で調べてみたところ、なんとパソコンに爆弾が潜んでいることがわかったのである。

DSC_0200

 ウィキペディアによると、その爆弾は「Decompression Bomb」というタイプの不正ファイルで、日本語では「高圧縮ファイル爆弾」と呼ばれ、要するに何層もの構造をもった圧縮ファイルらしく、それを開くと次々に解凍膨張して、仕舞いにはパソコンで扱えない程の巨大なデータとなり、システムをマヒさせてしまうという物らしい。
 そのある例ではファイルが9層の圧縮ファイル構造になっており、一層開く度に100倍のデータになるため、全部開くと1エクサバイト(1ギガの1億倍)まで膨張し、当然マシンはクラッシュするとのことのようだ。
 まあこのファイル自体は感染性は無いようだが、マシンをクラッシュさせてウィルス対策ソフトをマヒさせ、他のウィルスファイルが侵入しやすくするのが目的とのこと。
 つまり、この爆弾ファイルが何らかのルートで私のパソコンの中に入り込んでいたようであり、その後の状態悪化もこれらの爆弾が発端だったようである。

 で、延々12時間以上かけてブートタイムスキャンが終わって、これらのファイルを取り除いた結果、昨日からだいぶ安定した運用になっている気がする。
 とはいえ、まだたまにクラッシュは残っていて100%の回復とは言えない様であり、WindowsUpdateも完遂できないので、まだ暫くは完全復旧への道が続きそうである。

QQソフトの暴走

中国にいて、中国人達と交流する中ではどうしてもQQへの加入を要求されてくる。

 しかしながら私はこのQQがどうも苦手である。

 苦手というか信用しておらず、QQに限らず中国製ソフト全般を基本的に信用していない。

 悪意のある内容が含まれているかどうかは別にして、非常にお行儀が悪いというのが私の印象である。

 勝手に通信をしたり、ソフトやファイルをダウンロードしているような場合もあるし、選択する自由を与えず勝手にお気に入りに鎮座したり、どうも中国人の古き悪いイメージ同様にPC内での強引な自己主張が目立つ気がする。

 そういった危惧が先ほど一つ現実的に発生し、夕方にPC内のファイルが次々に連続稼働する暴走を起こし、メモリとCPUを占用する結果となり最終的にパソコンがダウンするトラブルが発生した。

 再度立ち上げた際にも同様の暴走が発生したが、原因となるファイルを探し確認したところ、騰訊関連のアップロードフォルダにあったセットアップファイルであることが分かり、それを削除したところようやく暴走は停止した。

 このファイルが、既存のPC内のプログラムによってダウンロードされたものか、あるいはWIFI回線などの別のルートを使ってウィルス的に侵入してきたものかは分からない。

 また暴走の原因も、バグによって暴走したのか暴走するよう仕組まれたプログラムだったのかもよく分からないが、とにかく騰訊関連つまりQQの会社のソフトを名乗るファイルの暴走によりPCが暴走させられダウンしたことになる。

 まあファイル自体が本物かどうかも分からないので騰訊社だけを疑うわけにはいかないが、どうにも印象の悪い中国のソフト達であり、極力自分のPCにはダウンロードしたくないという気がしている。

ZoffのPC用メガネ

 現代生活というのはパソコンと携帯を眺める時間がやたら長くなっていると言われて久しいが、私も随分目を酷使している。

 実際1日どのくらい画面を眺めているか分からないが、起きている時間の8割くらいはPC、携帯、テレビなど何らかの画面を眺めている気がする。

 そんな中、少し前の話になるが9月末にウィルス性結膜炎の影響もあって目の状態がかなり悪くなり、霞み目を連発していたので目の健康状態にかなり不安を持つようになっていた。

 むろん年齢的にもそろそろ衰えが出るのは否めなく、今後の目の健康にかなり悩みはじめ、気を使うようになっていたのである。
 故にその頃友人が日本に行っていたので急遽頼んで日本製の目薬を買ってきてもらったりもした。

 もちろん中国にも目薬は売っているのだが、あまり効き目があるような気がしなく日本の目薬を頼んだのである。

 そしてこれを機にメガネも買い替えることにした。

ちょうどたまたまZoffさんからPC用のメガネというものが出ていることを知っており、買ってみようかと思案していたところだったのである。

 PC用メガネとは目を酷使する自分にとって何ともありがたい話である。

 お店に行って資料を目にすると、利用者の90%以上が目が疲れなくなったと答えているとのこと。

 まあこの数字は広告ということを割り引いたとしても結構高い数字である。

 価格も通常の価格プラス380元でOKとのことで、目を守れることを考えたら安いもので、結局霞み目で苦しんでいた自分は思い切ってこのPC用メガネを買うことにした。

 しかも国慶節期間中は期間限定で2本買うと20%オフになると聞いて、広告に載せられもう一本追加で買うことにした。 

上海のZOFF

上海のZOFF

 ただし、こちらは普段使いにしたかったのでPC用加工なしにした。

 レンズの在庫が無かったので一週間待ちになったが、一週間後にいよいよそのメガネがやってきた。

 新しいメガネをよく見るとレンズに少し茶色のような色がついていて、鏡を見ると色つきのメガネのようにレンズが少々暗くなっている。

 もちろんメガネとしての視界には何の問題もないのだが、色つきレンズを好まない自分としてはこのメガネ顔は残念ながらそんなに好きではなかった。

 故にPC作業用としては良いが、外で人付き合いの時に掛けるとかなり印象が違って見えそうで、それはあまり本意ではなく、やはりPC用ではないメガネも作っておいて正解だったようだ。

 さてさて、実際このメガネを使ってPCで作業をしてみると、確かに疲れなくなった気がする。
 まあ比較実験を厳密にしたわけではないが、目も霞まないし長時間の作業が楽になくなった気がする。
 以前は疲れが真っ先に目に来ていたが最近は、目より先に肩や腕がギブアップする。(これはこれで悲しいが)

 どうやらレンズにも増してメガネ自体が以前の物に比べ非常に軽いのもかなりプラスに働いていると思われる。
 
 色つきになってしまうというのは今後レンズ屋さんに頑張ってもらう研究課題だが、まあ仕事着だと割り切って使えば、このメガネは私にとって大事なツールになってくれそうな気がしている。

 目が見えなくなることを考えたら、このメガネを着替える多少の面倒臭さは我慢せねばなるまい。