Tag Archives: 中国企業

中国の物流業は不動産業

 昨日某勉強会のセミナーに参加してきた。

 まあそのセミナー自体は非公開でも何でもないのだが、これから書くことは講演者がパワーポイントにして資料にするとあまりよろしくないという中で話された範囲なので、名前等々は全て伏せて書くことにする。

 昨日のセミナーの中で、その講演者が話していたのは中国の物流業は不動産業だということ。

上海市内のショッピングセンター

上海市内のショッピングセンター

 中国の物流業の何が不動産業かというと、本来流通業の有るべき姿と言うのは、仕入れ値と売値の差、つまり売買差益で利益を出すのが基本の形なのだが、中国の物流業はそうではなく売り場を作るだけで損をしない仕組みが出来上がっているということだった。

 つまりどういう事かと言うと、ある商品をあるスーパーに納入すると、1アイテムにつき幾らと言う形で、納入料を取られるというのだ。

 例えば上海の様な大都市だと1アイテムあたり2000元などの費用となり、地方へ行けばもう少し安いが、それでも500元1000元と言う費用が発生する。

 故に全国2000店舗で、ある新商品を一斉販売しようとするだけで、1アイテムにつき100万元、10アイテムなら1000万元、つまり今のレートで言うと1.6億円かかるとのこと。

 さらにスーパー内の特設コーナーを借りるには3ケ月で幾ら等々、その都度別の費用が発生し、とにかくスーパー側は「場所貸し」、つまり不動産業だけで費用を回収するので、販売そのものに力をそれほど入れないで済むというのが中国の流通業界の実態らしい。

 しかも、困るのが末端店舗への浸透力で、例えば某大手チェーンスーパーで一括契約をしたとしても、末端の店舗で商品が必ず陳列されているとは限らないとのこと。

 つまり商品は届いても倉庫で眠っている場合があるという。
 それゆえに、納入業者はその陳列チェックまでを自分のところでやる必要があるのだという。

 故に中国のスーパーなどの商品の陳列棚や販売コーナーは、売れている商品ではなく、お金をたくさん出した業者の商品が並ぶわけで、商品の品質や人気に関係なく業者がお金を出したかどうかでその配列が決まっており、中国の資本主義の主役は消費者ではなく、売り手の論理で売り場が決まっているようだ。

 まあ納入料云々に関しては、日本でも似たようなことがないわけじゃないと聞くが、中国のそれはあまりにもあからさまで、日本のメーカー参入の障壁となっているのが実態とのこと。

 つまり例えば今後国家レベルで「貿易を自由にしましょう」などと取り決めたところで、中国の流通業のこういった商習慣が外国からの参入を阻んでいる面があり、中国への日本企業の進出はなかなか容易ならないとのことだった。

 つい先日、日本もTPPの会合への初参加を行なったが、こういった中国の商習慣を見る限りにおいては、関税だけがなくなったところで外国での商売がうまくいくものではないということを関係者は肝に銘じるべきかもしれないという気がしている。

いつまでもしつこいネットによる宣伝

 中国のニュースサイトを開くと、しつこいネット宣伝広告に出くわす時がある。

 まずページを開いた途端にポップ広告が差し込まれる。

 まあこれも日本的尺度で言えば腹立たしいが、WEBサイトも商売であることを考えると多少の広告は致し方ない面があり、1回目のポップ広告は目立たせるための手段として大目に見るほかないという気がしている。

 しかしである。

 「1回目は大目にみる」と書いたのは、2回目、3回目としつこい時があるからである。

 これらのポップ広告には必ず閉じるためのクリックポイントが広告の角に用意されており、これをクリックすると広告を閉じることができるが、問題はその一回目の画面を閉じた後である。

 クリックしてポップ画面を閉じた後に、なんと今度は小さいポップ画面が登場し、画面上に何とか居残ろうとするのである。

 恐らく、本来見たかった画面を邪魔するのを止めて、小さく縮こまってユーザーが本ページを読み終わるのを待つと言った姿勢なのかも知れない。

 こちらは広告内容に興味がなく画面をクリックする気が無いので、その小さなポップ画面を閉じるための×マークをクリックしようとするのだが、うっかり×マーク以外の場所にポインタを触れてしまうと、再び大きなポップ画面が登場してきてしまう。

中国のインターネット広告

中国のインターネット広告

 言っておくが、クリックではなくポインタで触れてしまうだけで大きなポップ画面が再登場するのである。

 もちろんクリックすれば、さらに別の画面が開かれ広告の内容が紹介されるが、そうでなくてもこの大きなポップ画面が再登場してくるので非常にうざく、まるでしつこい中国人そのものの如く中々退散してくれない。

 きちんと2回連続で×印をクリック出来ない限り、完全にポップ画面を閉じることが出来ないのでまるでゲームに参加させられている気分になる。

 そこまでして興味が無い広告のクリック率を上げさせたいのかと思うと、中国のネット広告業社の姿勢に非常に腹が立つ。

 ポップ広告を使って広告を目立たせることには多少の意味は有るかもしれないが、それが許されるのは1回目までであって拒否したあとの2回目以降は迷惑以外の何ものでもない。
 
 広告提供側にしてもこんなやり方で無理やりクリック数を上げてクライアントに数字を渡しても商品の売上げに繋がるわけがないから意味はないはずなのに、恐らくその相手のクライアントの広報担当者も上司に報告するのにクリック数によって効果を喧伝したいという思惑があってユーザーが犠牲になるしつこい広告を容認しているのだと思われ、中身の無いPRの負の連鎖が続いているのかと思われる。

 こんな意味の無い広告を続けたら、広告効果どころかマイナスの宣伝にしかならないと思うのだが、中国企業の広告業界にそういった自覚は無いというのが実情のようで、いつまでもしつこい宣伝を続けているようだ。

C919は787のコピー?

今日、上海の工業博覧会を見てきたのだが、日本企業の集まる環境関連のブースとは別に航空機関連の建物があり、そこで中国初の国産商用ジェット機となるC919の模型が飾られているというので覗いてきた。

で、見てきたのが写真の模型。

C919模型

C919模型

ぱっと見た瞬間に思ったのが、あ787にシルエットが似てるなというところである。787とは言うまでもなくボーイング社の787なのだが、上海航空のポスターか何かで見た787のものとシルエットが似ていたような印象だった。

 ここで頭をよぎったのが、「国産」と言われる中国の新幹線である。国産といいつつ、そのほとんどは日本側から技術供与を受けたもので、もともと外国の技術をコピーしてちょっと手を加えただけで国産といっているような代物である。
国産という名目が欲しいのは分かるが人のふんどしで相撲をとって自分の手柄にしているのはいかにもひどい。

 まあこれがこの国の技術革新の現実であるからして、つまり今回のこの航空機の話も、現存機のコピーを国産と言って製造しようとしているのではないかという懸念が浮かんできた。

C919

C919

 さっそく家へ帰って787の資料を調べ始めたが、うーんシルエットはよく似てる。
さらに疑念が深まった。

と思ったら、よくよく調べてみると、実はC919は開発が始まったばかりのこと。

つまりこの計画も発表されたばかりで開発工程くらいは出来たかもしれないが、完成形の姿はまだ見えていないような段階である。
従って机上でもまだ外観をイメージできるような段階であるわけがなく、故に展示されている模型も全く根拠がなく単なる想像上のイメージ模型でしかない。つまり開発側が完成予想図として描いたものではないということになる。

 よってこのC919の模型は冗談ではなく本当に787の模型を塗り替えただけということが推測として浮かんできた。
結局はこの模型は「こんなようなC919という新しい航空機を開発します」というPRシンボルとしての意味でしかなく、実際に製造される航空機とは直接関係もないものということになるであろう。

 まあそれをあたかも完成予想図のような形で大型模型を展示する中国の大胆さにはやはりちょっとあきれてしまう。

模型品がどうあれ実際に開発製造される航空機の安全性や技術が確かならば、何の心配をする必要もないのだが、こんな模型も含めていろんなことが「見栄え」優先で進んでいるだけに、作られる航空機も見栄え優先のやはりコピー製品であったなんてことにならないよう技術者の真剣な開発を願いたい。

中国でISO9001を取得している企業はすごいと思う。

 ISO9001というのは、国際的な品質保証認定規格のことである。

 といってもピンとこないかもしれないが、企業や組織の中の仕事の動きをきちんと定め、それを文書化して、その通り継続して実施することができるシステムがあると認証された企業や団体に与えられるものである。

 一見当たり前のことの要求であるようだが、これが価値を持って認められるということは、それだけそのことをきちんと実施できる企業や団体が少ないということである。

 人間の組織である企業や団体は、ともすれば組織の個人の裁量権が大きいため、恣意的な判断が行われやすく、企業としての一貫性や信頼性が損なわれることになりやすい。

 また業務の流れが文書化されていなかったり、その場の行き会ったりばったりの対応で、仕事の質に斑が生じ同じ業務を同じように依頼しても時期によって納期や内容に差が出来たりしやすく、会社の品質として信頼性に欠けた状態になりやすい。

 ここでいう会社の品質とは一般的にいう商品の品質、たとえば最高時速300kmで安定して走れる車ですとか、そういうものとは直接関係なく、どちらかといえば商品に対するクレームがあった場合、それをきちんと社内で処理し、顧客への回答・対応とともに、商品の改善にいたるまでのワークフロー体系がきちんと決まっていて、それが実施されているかどうかという部分のことである。

 もちろん、ルールは決めただけでは駄目で、実施されないと品質が悪いとされ、ISO9001の場合は認証されない。

 また例え一度合格してもその後も継続的に審査が行われるので、企業内でそのシステムが機能し続けていないと、当然認証は取り消され、なんとその場合企業名が公表されてしまう。つまりこの企業は品質が悪くなりましたよということがばれてしまうのである。

 こういったISO9001であるが、日本では海外と取引を目論む大手企業が一生懸命取得に精力を傾け、取得をする企業がかなり増えてきた。
 国際取引をする上での信頼性の証であるからである。組織的なルールで動き方が得意とされている日本企業であるが、やはり全ての企業が取得できるわけではなく、取得できているのはほんの一部の企業に過ぎない。
 それだけ会社の品質というものを維持をすることがいかに難しいことかがわかる。
 
 さて、中国に向けると、ISO9001を取得している企業はゼロではないが、まだまだ非常に少ないというのが実感である。
 百度で検索してみても、審査の手続きをしますよという業者の広告サイトは目立つが「取得しました」と謳っている企業はあまり見当たらない。

 そもそも中国は国家自体が法治国家ではなく人治国家といわれるほど、法律やルールではなく人の裁量に依存された社会文化であり、ある意味ISO9001が目指すところの対極にいるのが中国文化である。

 会社でルールを定めても、老板の鶴の一声で朝令暮改に変えられてしまうのが中国企業の現実で、社長といえども株主や企業の一パーツである日本の会社組織とはかなり違う。

 またどんなに立派なルールがあったところで、まだまだ末端の社員までそのルールを厳格に運用させることが難しいのが中国の文化で、先日の餃子事件やメラミン牛乳事件で中国でも食の安全に対する意識が高まって法律も改正されたはずだが、現場では相変わらず商品の品質管理に対して無頓着な対応が続いていると知り合いの日系企業の方から聞いたことがある。

 そんな社会風土の中、仕事のルールを文書化して、純粋な業務上の部分以外は個人の裁量をを排除したようなISO9001のマネージメントシステムというものに認証された中国企業というものはすごいと思ってしまう。

 中国には個人能力に優れた人間はいくらでもいるが、組織として行動するのが苦手な国民性である。そんな中で企業の末端まで、システムを機能させることができる組織を作れた経営者というものは尊敬に値する。

 本人一人ならともかく、社員の協力が無ければ成り立たないのがISO9001である。社員に重要性を説き、実施させることがどれだけ難しいか、日本にいたときは、自分もこのISO取得に関わっていたことがあるのでその苦労は身にしみてよくわかる。
 しかもこの中国での取得となるとその国民性のベースが、日本より難しいところにある分だけ、その相対的難易度はさらに高いと思われる。

 もっとも、ここは中国であるからして、そのISO9001の審査が厳格に行われたかどうかは、疑いが残る部分ではある。果たして日本と全く同じ水準、同じ厳しさで審査が行われているのかという疑いである。

「人治国家」の社会風土であるからして、ISOの審査機関といえども中国人だけで運営されていたならば、袖の下が存在しないのかどうかなど、100%の信頼感を持ってみることが出来ないのが実際のところである。

 まあ、そんな疑いの面を割り引いて見てもISO9001、あるいはそれに続く環境マネジメントシステムのISO14001などを取得している中国の企業はそれなりに信頼に値する。それを意識しているというだけでも全く違う。

 実際に取得出来ている企業は少ないかもしれないが、今後中国で取引企業を探す際に、ISO9001あるいは14001は取得しているかと質問するだけで、相手の企業の姿勢や考え方を見抜けたり、中国全体の企業の質の向上につながるやも知れないので、中国でのビジネス行う方は是非頭に入れて欲しいのがこのISOである。

原文

損をしても納期を守る日系企業

どんな仕事に納期はあるが、とりわけ日系企業同士との取引には納期に気を使う。

場合によっては、外注作業を頼んだりしてコスト的に合わないと思っても納期を守る。何故そうするのかというと日系企業にとって、納期厳守というのが信用を保つための一番の武器であるからである。

納期を守ることによって、目先で損が出たとしても先々に得られる信用で回収できるという考え方が、日系企業の基本的な考え方であるような気がするし、日系企業の会社としての品質という気がする。

 もちろん商品そのものの品質の問題も小さくないが、それは程度の差こそあれどどこにでも問題の発生する部分であり、納期が確実であれば、商品に問題があったとしてもリカバリ出来る可能性があるので品質よりやはり納期を守れることの信用度のほうが高いように思う。
 納期が安定しないとその他の作業や業務にも影響するので、どんなに優秀な製品を作れる会社であったとしても納期の守れない企業は信用に足りなくなってしまう。

 ところが、このあたりの考え方は中国企業となるとかなり考え方が違う。損をしてまで納期に間に合わせようという感覚はあまりないように思う。

 中国は商売の仕方が基本的にその場限りであり、長くつきあって信用を得ようという感覚はない。最近でこそ家電製品などアフターサービスはようやく充実してきたが、壊れていたものに対する保証ではあっても、長期の信頼を得ようという動きにはまだまだ足りないような気がする。

 少なくとも目先の損をとって信用を得るといった感覚ではない。あくまでも商品などの金額分の仕事を保証するだけである。
 従って納期に遅れたとしても、商品代金の保証をすればそれで全て処理できるというのが中国企業である。納期遅れから派生する二次的損害に関しては一切気にしないのが中国企業の基本のような気がする。
 もちろんそれすら保証しない中国企業も多いがそれは論外である。少なくとも損をしてまで納期を間に合わせようといった感覚はほとんどない気がするし、そこが日系企業と中国の企業の大きな違いのような気がする。

 もちろん日系企業の場合は、目先の損失が発生してしまうので、先々本当にそれが「信用」で回収できるのか未知数であり、結果的にどちらが利益をとれるのか、全く同じケースでそろばんをはじいてみないと分からない。
ただ、少なくとも日系企業はお互いにこのような損をしても納期を守ろうとする企業文化を保ち続けてきている。そういう日本人の文化を相手にするときはやはり中国の企業であっても納期は必死になって守ることが必要なように思える。
 中国にいると、中国企業文化に感化されがちになるが、そこは日本人として守りたい部分である。