Tag Archives: 牛肉

悲しき乳牛の一生

我々人間は多くの人が牛乳や乳製品をほぼ毎日口にする生活を送っているが、その向こうでミルクを供給する乳牛は、人間にミルクを提供する工場となり、悲しき「人生」ならぬ「牛生」を送っていることを先日知った。

当たり前の話だが乳牛がミルクを出すのは本来仔牛に与えるためであり、そのためミルクを体内で生産する状態になるためには当然妊娠しなければならない。
故に乳牛となる牛は生まれてから24ケ月目の頃に人工受精させられ強制的に妊娠させられることになる。
そして10ケ月の妊娠期間を経て仔牛を生むことになり、そこから仔牛に与えるためのミルクの生産が母親牛の体内で始まることになる。

ところが乳牛として仔牛を生んだ母牛は、実の子供にミルクを与える機会はほとんどなく、仔牛は代用乳や人工乳で育てられるのだという。
で、乳牛の生産するミルクはそのほとんどが仔牛ではなく人間によって搾り取られ人間用の商品として出荷されるのだそうだ。

このように乳牛は子供のために生産しているはずのミルクを人間に取られ続け、ものの資料によると乳牛は出産後8か月もの間1日30~50リットルを毎日搾乳される日々を送るようである。
そして出産後8か月過ぎるとお乳の出が悪くなるので、ようやく2~3ケ月の乳を搾らない休憩期間を取ることになるとされる。

ところがこの休憩期間は、実は単に休ませるというよりも次の妊娠期間のための準備期間の意味合いが強いようであり、妊娠ために体調を整えるのに必要だから休ませる期間であり、牛への気遣いと言うより人間の都合で敢えて休ませる期間となっている。
それ故、この休憩期間を終えると再び間髪おかず人工授精によって乳牛は妊娠させられることになり、やはり10ケ月後に仔牛を生み、またもや搾乳の8か月間が始まることになる。

このように乳牛は人間によって妊娠・出産・搾乳のサイクルを一生のうちに3~4回繰り返させられるのだが、3~4回の出産を終えた牛は残念ながらミルクの生産力が落ちてしまうことになり、乳牛としては役立ずの烙印が押されてしまう事になる。
そして乳牛として役に立たなくなった牛はその後どうなるかと言えば、なんと肉牛として出荷されてしまうのだそうだ。

これが産業としての畜産の現実であり、感情論で語っても仕方ないのだが、人工授精で何回も強制的に妊娠させられ、さんざん乳を搾り取られたうえに最後は肉として食べられてしまうとは何とも悲しい乳牛の一生である。

まあ私も日々何の意識もなく牛肉や豚肉を食べており、こういった牛の一生を知ったところで急に肉を食べる生活を止めるようなことは出来ないのだが、やはり心に感じるものが無いわけではなくなった。
元々人間はこういった周囲の動物から沢山の命を頂いて生きているのだが、そうは言っても一生の全てが工場的に処理される動物たちのちょっと悲しすぎる現状にはやはり考えさせられるものがあるのである。

ちょっと豪華な吉野家の鉄板牛肉定食~今日のランチ

今日のお昼は久々に吉野家に入った。

 そこで見つけたのがこの鉄板牛肉定食。

 上海の吉野家というと牛丼以外はそれほどパッとしたメニューがないので、1年以上入店してこなかったのだが、たまたま店頭でこのメニューを見かけて写真の牛肉が美味しそうだったので、入店して食べて見ることにした。

 値段は32元で、ランチとしてはナンチャッテ日本料理屋のお昼とあまり変わらないレベルかもしれないが、吉野家のメニューとしてはやや贅沢な部類に入る。

 さて、出てきたのが写真の料理である。

上海吉野家の鉄板牛肉定食

上海吉野家の鉄板牛肉定食

 このセット、牛肉ばかりに目が行っていたが、タケノコの煮物に小松菜、卵焼きなどが付いていて意外と贅沢である。 

 こういう付け合せの細かさがさすが日本発の外食チェーンだという気がする。

 そして真ん中に鎮座するサラダはパックに入ってきて出てきて、細かくはチェックしなかったが、恐らく上海のファミリーマートで販売されているものと同じ内容で、写真のようにキューピーのドレッシングパックが附属している。

 でメインの牛肉は、味としてはまあまあであったが、やや量が少ないかなと感じる面もあり、何よりあまり温かくなかったのが残念だった。

 この値段なので出来立てを出せとは言わないが、もう少し温かくても良いだろうに感じた。

 その代り、伝統の吉野家味噌汁は熱々で、相も変わらず永谷園のあさげ?と思しき粉インスタントみそ汁である。

 そして、ご飯はまあそこらへんのローカル食堂よりは全然美味であり、さすが日系かなという気がする。

 トータルとして、伝統の味噌汁はともかくとして、3品の付け合せが気に入ったこの定食で、あとは肉さえ温かくしてくれればと思った今日のランチだった。 

日系の高級食材専門のスーパー「全洲広場」がプレオープン

 中国では外国人や富裕層からみてまだまだローカルの食材や製品に信頼性が無いために、そういった顧客をターゲットにした輸入食材を積極的に取り扱うスーパーが増えている。

 そんな中で、またまた日本人や外国人に向けて輸入食材、高級食材を取り扱うスーパーが試営業を開始するとの噂を聞いたので早速見学しに行ってきた。今度のスーパーはなんと日系の管理ということである。

 なぜプレオープンなのかというと、昨年の金融危機以降、テナントの契約が進まず当初計画していた数のスペースが埋まっていないため、お客さんをがっかりさせないためにとりあえずプレオープンとしたと関係者の方から聞いた。

 そのためまだ広告等はどこにも出していないらしい。

 まあそんな状態でもこの時期に船出した理由を推測すると、一つはスペース経費の回収の問題、もう一つは昨日が8月8日であったので縁起担ぎの意味でこの日にオープンさせたかったという経営側の思惑が見て取れる。

 さて、お店の場所は新天地の映画館などがある建物の、馬当路を挟んだ西側のビルの地下である。
 一階は欧州系の自動車のショールームになっているビルで、外側から一見するとここにスーパーがあるような感じはせず、実際のスーパーの看板もレストランの看板のような趣である。店の名前は「GL Japan Plaza SHANGAI」で中国名「全洲広場」となっている。

 で入り口を入るとコンシェルジェのようにドアマンが立っていて、やはりレストランの入り口のようである。

 で、エスカレータが止まっていたので左側を下りようとしたら、エスカレーターが自動スタートして、私が下りようとしたのは上りで、危うく転びそうになった。これは印が無くちょっとわかりづらい。

 仕切り直しで地下に下りてみると、内装は完全に終わっているものの、テナントがまだ埋まってないとの話は本当のようで、スペースが中途半端に空いていた。これでは広告を打ちたくないという管理者側の気持ちもわからないではない。 

 ただ既に入居しているテナントの一つ一つを覗いてみると、ここの管理会社が日系ということもあってか、日系のテナントが多くその商品の多くも日本からの輸入品が多い。

 最近香りの良い日本茶に飢えていた私は(自分の鼻の状態にも原因の大半であるが、、)お茶屋さんに立ち寄った。ところがどれも値段が結構高かった。
 その理由について店主に伺うと、お茶は香りが大事なので、他の物の匂いの移る可能性のある混載コンテナは使えないとのこと。

 また専用搭載でも直前の搬送物の匂いが残っている場合があるので、結局は航空便などを使うためコストが高くなってしまうそうだ。
 それだけ日本人はお茶の香りに敏感であり、それがわかる人に美味しいお茶を飲んでもらうためには、今の値段は致し方ない現状ということらしい。

 まあ値段が高いのは品質の裏返しと捉えれば逆に安心材料かも知れない。

 さてその他いくつかのパン屋、ワイン屋、寿司屋、肉屋など入居済みのテナントを覗いてみると日本でもおなじみの食材や商品パッケージが並んでいる。

 納豆の種類も多く納豆好きの私としてはちょっと心強い限りだが、やはり値段が少々高い。

 特に驚いたのは最高級和牛?がキロ2400元=3万4千円で売っていた!200gのステーキ換算で1枚480元=6800円である。

 ひえーっ!

 数枚食べたら月の食費の予算オーバーになってしまう。試食コーナーにもキロ1800元=2万5千円の肉の端切れ?が置いてあり試食してみたが、確かに美味いのだが、どんなに美味くてもこれはちょっと手が出せない。

 結局店内を全部見て回った後、ほんのちょっとお茶を買っただけであとは何も買わなかった。

 買ってみたい食材が無かったわけではないが、私にとってここで買い物するには少々予算立てが必要である。

 しかし新天地に出入りする欧米外国人や富裕層にとっては気にならない値段なのかもしれない。

 こんな高級スーパーだが、テナントのほとんどが日系であるため少々心配な点がある。それは立地とマーケットのマッチングである。新天地の周辺というのは実は日本人の多いマンションなどはあまり多くない。

 地下の2階駐車場には上海モーターショーと見紛うかというほど高級車が並んでいて周囲から車で訪れていたようだが、どちらかというと欧米系の方々や、中国富裕層が多く集まるエリアであり日本人は多くない。

 もちろんそれを理解して、日本の商品を富裕層などに売ろうという目論みならば問題ないが、それにしても日本人好みの商品が多すぎる気がする。日本人にとっては有難いことだが、それにしては日本人の多く住むエリアからは少々遠い。
 実はテナント不調の理由もここにあるのではないかと考える。中国人対象のアンテナショップ的な進出ならば問題ないがこれだけ大規模な進出では、扱う量が全く違うのでマーケティングが必要になる。

 そういう意味では幸いにも?まだ現時点ではプレオープン段階でテナントスペース的に余裕があり、これから別の色付け可能である。
日系の品質の良さを保ちつつ、このお店が今後どのような姿を見せてくれるか楽しみである。

GL Japan Plaza SHANGAI(全洲広場)
馬当路222弄1-6号地下1層
021-5382-8802