Tag Archives: 日本製品

あの日本向け製品が中国のトイレに?

 先日、某地下鉄駅のトイレを利用した際にとても違和感のある掲示物を発見した。
 それが下記の写真なのであるが、これは化粧室内のベビーチェア利用者向けのいわゆる多言語表記の説明書き掲示である。

ベビーチェア注意書き

 日本語のほかに英語、ハングル、中国語で説明書きが書かれている。

 まあ日本国内から私のブログを読んでくださっている方々にとっては、この表記のどこに違和感があるのだとおっしゃられる方もおられるかもしれない。
 近年の訪日観光客の増加で、日本の公共施設にはこういった多言語表記の掲示が増えているからである。

 しかし、この表示をもう一度よく見て欲しい。

 中国・上海の駅のトイレの掲示であるはずなのに、何故か日本語が最初に書かれているのである。
 そして次に英語、3番目にやっと中国語が書かれ、最後にハングルとなっている。

 もしこの駅が特に外国人利用客の多い駅だったとしても、常識的に考えて中国国内の公共施設で日本語を筆頭表記することは考えられない。

 つまりこの掲示物は、明らかに日本国内などで使用されることを目的として製作されたものに違いないとの推測が成り立つ。
 そして、その日本向けの掲示であったものが何故か上海でも利用されているのである。
 
 どうして、この「日本向け製品」が上海のトイレに貼られることになったのかという経緯は分からないが、日系の便器メーカーからの提供か、多言語掲示の準備に迫られた担当者がネットか何かで見つけて日本から買い付けたのかのような理由であろう。
 いずれにしても中国国内では既製品を見つけられず、やむを得ず日本向け製品の導入になったにちがいない。

 しかし、これは考えようによっては便利な使い方である。

 言語の順番にさえこだわらなければ、この多言語併記の掲示物は日中韓の3か国や英語圏の国々でも使いまわしが出来るからである。

 まあ欧米ではアジア言語より他の欧米系言語の併記の方が便利かもしれないが、アジア圏ではかなり使えそうである。
 思わぬところで発見した「日本からの輸入品」ではあるが、これもひとつのビジネスヒントになりうる商品だという気がする。

古着屋の増えた日本

  昨年久しぶりに訪れた日本で感じたのは古着屋(リサイクルショップ)が異様に増えたということ。

 実は実家に帰った途端に両親に連れていかれたのが古着屋で、とにかく安いから一度覗いてごらんなさいということだった。
 まあ、これまで人生の中で古着屋なんぞ一度たりとも足を運んでみたことのなかった私なので、古着屋という言葉のイメージは決して良くなかったが、とにかく行ってみた。

 行ってみると、以前は靴屋かおもちゃ屋チェーンか何かが入っていた建物をそのまま利用したものらしく、私の中の古臭い古着屋のイメージとはちょっと違った。

近所の古着屋の店内

 店内広しとラックに非常に多くの服が吊るされ、普通の衣料品店舗とあまり変わりのない印象を受けた。

 それぞれの商品の値段を見てみると、確かに両親の言う通り200円・300円・500円と普通のお店で買うよりはるかに安い。

 もちろん中古品なので、新品に比べれば見劣りはするが、それなりに状態の良いものが並んでいる。

 故に、気に入ったものがあれば非常にお得であり、外出用のお洒落着を求めるのでなく、日常の普段着を取り揃えるには十分なのだとも言える。
 ただ普通の衣料品店と違うのは、古着は全てが一点ものであり、サイズや色のバリエーションなどの取り揃えはありえず、デザイン的に気にったとしてもサイズ違いで断念するケースは少なくないようである。

 この点はフリマ(フリーマーケット)と一緒である。

 またこういった古着屋は女性物の服が多いのが特徴のようで、品物の8割から9割は女性物が占めている。
 これは恐らく男性より女性の方が服の扱いが丁寧であるので傷みにくく、古着用に生き残る確率が高いからではないかという気がする。
 そうでなくても男性は、スーツやツナギなど制服姿で仕事をするケースが多く、普段着を着る機会が女性より圧倒的に少ないのが日本社会で、扱いも比較的雑なので古着市場に回る確率が低いのだと思われる。

 そんな古着屋の中で、その日は1点だけ購入した。

 それはマフラーで、店内価格150円のところこの日は日替わりセールで半額75円!だった。

 何とも馬鹿馬鹿しいくらいの価格である。

 こんな値段で、このお店は成り立つのかなぁと心配であったが、仕入れ値がほぼタダ同然であることを考えると、それなりに成り立つのかもしれない。

 ちなみに仕入れは、どんな服でも受け付けてくれ、状態の良いものをキロ何円という形でポイント還元するようで、それ以外はポイントにもならなでいゴミ或いはリサイクル資源になってしまうようだが一応無料で引き取ってくれる。

 まあゴミ処理代がかかるこのご時世に、責任をもって引き取ってくれるだけでもありがたい。

 で、こんな古着屋はうちの近所だけかもしれないと思っていたところ、帰国中出歩くうちに県内各地に何軒もの古着屋(リサイクルショップ)を見つけたのである。

 以前はドラッグストアだったりレンタルビデオ屋だったりしたようなプレハブ店舗の建物が、今は古着屋さんになっているのである。

 恐らくこの傾向は、日本の少子高齢化などの社会状況と密接に繋がっていると思われる。
 つまり少ない年金で暮らしていかなければいけない私の両親のような高齢者世代が生活防衛のために普段着は新品を買わずリサイクルショップでなるべく済ますようになったため、かのような業態の成長を後押ししているのだと推測される。

 まあフリマを含めて、こういった中古品のやり取りが活発になるということは地球資源の保全という意味では非常にいいことではあるが、一方で新品販売のシェアが落ちることも意味している。

 つまりこういった古着屋などの中古品取引が増えてしまうと、資源消費を基本とする経済に対してはあまりプラスにはならないのであり、日本の経済力が落ちたと言われる原因の一つを、この古着屋増加に見た気がする。

 ただ、逆に経済力だけが幸福ではないという価値観で考えれば、この古着屋の増加は地球に優しい先進国として理想形なのかもしれず、誇れるべき社会変化だととらえることも出来るのである。
 「しあわせは自分の心がきめる」とは相田みつを氏の言葉である。

PM2.5マスクを日本で買ってきた。

 先月日本へ一時帰国した際に、日本でPM2.5用のマスクを買ってきた。

 もちろん、10月頃から大気汚染が騒がれるようになってきていたためであり、昨年の例から考えると、気温が下がれば下がるほど大気汚染は深刻になっていくのは明確であり準備をした方がいいかなと考えたからである。

 まあ大気汚染のせいかどうかはっきりしないが、秋以降鼻水が出るようになり、痰も溜まり、連動して若干の咳も出る。

 もちろん気温が下がったということもあり、やや体調に不調をきたしているのではないかという懸念もあるが、熱などはないので風邪的な体調不良というのは考えにくい。

 そうなるとやはり、懸念されるのは大気汚染の影響であり、高くない物なら日本でマスクを買って帰ろうと思ったのである。

 で買ってきたのが写真のマスクで5枚入りで199円。

日本で買ったPM2.5対応マスク

 一応PM2.5対応と書いてあるがかなり安いので本当に性能を発揮してくれるのかはやや疑問だが、中国製品よりはまだ信頼できそうであり、ブロック率は高そうだと思っている。

 まあ念のためと思って買ってきたこのマスクだが、外を見ると非常に濃いスモッグが漂っており、ニュースでも極めて深刻な事態だと報道されいる。

モヤが充満している上海市内

 今となってはマスクを買っておいてよかったと思えるこの酷い大気汚染の空気だが、一体いつになったら解決できるのだろうか?

 マスクの心配など必要のない空を早く取り戻してほしい物である。

幅が狭い中国のトイレットペーパー

 先日、ある人に言われて気が付いたのだが、中国のトイレットペーパーというのは日本の標準的なものに比べて幅が狭いようだ。

 「ええ?そうなのかな」

 そう思ってある場所で未使用のトイレットペーパーを拝借して規格を確認したところ105㎜X115mm/節と書いてあった。

ローカルのトイレットペーパー

ローカルのトイレットペーパー

 「言われてみればこの実物も何となく幅が狭いような、、、、」

 「節」と書いてあるほうは恐らくミシン目のピッチの方だから、幅は105ミリの方となる。

 それに対して日本のトイレットペーパーをネットで調べてみると、JIS企画で114ミリが標準なんだそうで、つまり中国のトイレットペーパーは日本ものより幅が9mm小さいということになる。

 まあだからどうっていう事もないような差だが、確かに日本のトイレットペーパーの方が幅がゆったりして余裕があるような気がするし、それに対して中国のものは確かにやや幅が狭くてコンパクトな印象を与える。

 「うーん今まで気が付かなかったな、観察力が足りなかったな、、、」

と思ったが、突然あることに気が付いた。

 「あ!、ま、まさか!」

 そのことに気が付いて、慌てて自分の家にあるトイレットペーパーのパッケージを確認した。

 「あ、やっぱり、、、」

王子製紙のトイレットペーパー

王子製紙のトイレットペーパー

 実は私の家で使っていたトイレットペーパーは、以前このブログでも書いていたように「詰まり」を恐れて日系メーカーの商品を使っていたのだが、この商品は幅が114ミリ、つまりJIS企画の日本サイズのトイレットペーパーだったのである。

 故に中国のトイレットペーパーが日本の物より細いなど夢にも思わず日本規格のペーパーを中国で使い続けていたことになる。。

 もちろん自宅以外で用を足すことも多々あるが、トイレットペーパーの設置の少ない中国の公共トイレでは、中国規格のトイレットペーパーに遭遇する機会も少なく気が付くに至らなかったのだという気がする。

 それにしても日中トイレットペーパーの幅などという迂闊な盲点があったことに今更ながらの発見に驚く毎日である。

 ところで、日本では経済的サイズと称して114ミリより幅の狭いトイレットペーパーが登場するようになったようだが、調べてみるとそのエコサイズの商品は何れも海外製であり、恐らくこれらのサイズ違いは生産国の標準規格の違いに由来するのではないかという気がする。

 つまりエコサイズだのという言葉は方便で、単に外国の規格で作られたものなんじゃないかという気がするのである。

 国ごとのトイレットペーパーの幅、調べてみると面白そうなことが発見できそうな文化の差のネタでもある。

詰まらないトイレットペーパー

 中国ではトイレで紙を便器に流さない習慣が一般的なのは、中国へ来たことがある人には良く知られているところで、一般的な公衆トイレなどに行くとお尻を拭いた紙を捨てるカゴが便器の隣に置いてある。

 こういったことが習慣の中国のトイレでは、もし日本のように紙をそのまま便器に入れて流してしまうと詰まりの原因になることが多く、一度詰まらせてしまうと復旧させるのはやはり面倒な事になる。

 では、どうして中国のトイレが詰まりやすいかといえば、まずその理由の一つに便器の構造やパイプの細さが一般的に言われている。

 それ故に日本製のトイレは詰まりにくいということでTOTOの便器などは上海でも非常に人気で一般的によく見られ、部屋探しの際にもトイレはTOTOだから安心だと説明されたりする。

 またパイプについても実際に日本の基準よりどのくらい細いのかを調べたことはないが、排水管の基準の差はそれなりに有るようである。

 さらに油料理を多用する中国の生活文化も排水管を詰まり易くする要因の一つだと思うが、こちらはトイレが詰まる部分とはちょっと離れている。

 トイレだけに話を絞って言えば、私が思うにトイレが詰まるかどうかの決定的な要因の一つにトイレットペーパーの質の差があるように思うのである。

 ご存知のように日本のトイレットペーパーはトイレに流すのが基本なので、非常に水に溶けやすくなっているが、中国のトイレットペーパーは流さないのが基本なので、実は水に溶けやすいようにはなっていないようなのである。

 まあ私もそんなに数多くのトイレットペーパーを試したわけではないが、少なくともお店で売っている商品の表示を比べると、中国メーカーの商品はクズカゴに捨てて下さいと書いてあり、トイレに流して良いとは書いていない。

 「スーパーソフト」などといった柔らかさや肌触りを強調する商品は沢山あるが、水に溶けやすいということをアピール商品はまず見つからない。

 寧ろ2枚重ね3枚重ねなど丈夫さのような部分をPRする商品の方が目立つが、これらは恐らく水に溶けにくいので、トイレを詰まらせてしまう可能性があるのではないかと感じていて手を出していない。

 そこで私がいつも買うのは日系の王子製紙さんが作っているネピアブランドのトイレットペーパーとなっている。

王子製紙ネピアのトイレットペッパー

王子製紙ネピアのトイレットペッパー

 別に王子製紙さんからお金をもらって書いている訳じゃないが、私が過去にカルフールなどのスーパーで見た限りでは、水に溶けやすいことを謳っている商品を出しているのはネピアだけのようであり、トイレを詰まらせたくない私としてはこれ以外の選択がないのである。

 商品の説明を読んでもこのブランドだけが「水に溶けやすいので、詰まりを起しにくい」と書いてある。

王子製紙ネピアのトイレットペッパー説明

王子製紙ネピアのトイレットペッパー説明

 故に中国に来て以来ずっとこのネピアブランドを使っており、途中で多少のモデルチェンジはあったが、これを使っている限り深刻なトイレ詰まりを起したことはほとんどない。

 まあ中国にも数多くの製紙ブランドがあり、トイレットペーパー以外の紙についてはローカルでも日系でも分け隔てなく使っているが、トイレットペーパーだけはやはりこの「溶けやすい」品質が大事であり、今のところ日系製品からは離れられないような気がする。
 
 生活視点の差から来るこの機能差は今後もどうしようもなさそうである。