Tag Archives: 上海東方芸術中心

チケットの勘違いで危うくコンサートを聴き逃しかける

人は一つのパターンに従って行動することに慣れると、別のパターンがあることを忘れてしまうようである。
そもそも前日のうちからきちんと確認する行動をとっておけば良かったのだが、自分で安全のための保険をかけているという安心感があるので、不測の事態が起きるとは予想していなかった。

その不測の事態とは先日のコンサートのチケットのことである。

先日から、何度か書いているように最近のコンサート通いは費用節約のために、ダフ屋チケットを通して買うことが多くなった。
しかも公演直近の購入だと、チケット渡しが当日の会場前とかになってしまい、先日のような出来事が起きてしまうのは怖いので、なるべく事前に実券を手に入れることにしている。

そして受け取ったチケットも、いつも持ち歩いているカバンの中の、クリアケースフォルダーの中にしまって保管しており、カバンごと盗まれでもしない限りチケットは失くさないような状態で保管している。
そうやって準備している安心感というか自信があったので、改めてチケットを前日に確認しなくてもまず大丈夫であろうという意識で当日を迎えた。

当日の朝、さすがにチケットを忘れていたらまずいだろうと思い、会社に着いたときにそのクリアフォルダーの中のチケットを確認しようとした。
しかし、チケットをまとめて保管しているクリアファイルの部分にチケットが見当たらなかった。

「あれ、おかしいなぁ」

違う場所に保管したり、カバンの中に落ちているのかなと思い、カバンの中身を全てひっくり返して見たが、やはりチケットは無かった。

「ありゃ、家に忘れて来てしまったのかな。」

家の中は結構散らかっているので、チケットのような重要なものはあまり家に放置しないようにしているのだが、万が一ということもある。

この日のコンサートはどうしても聴きたかったので、もし見つからなかったら泣くに泣けないなと思いつつ心ここにあらずで昼の仕事をこなす。

しかしいたたまれなくなって、何とか職場から直帰できるように外に用事をつくって早めに帰宅して家の中を探すことにした。
で、家の中を片付けながら探すがやはりチケットは出て来ない。

「うわ、仕事で移動している時にどこかでチケットを落としてしまったのかな」と嫌な可能性が頭をよぎる。

そうしているうちに演奏会開始の時間がどんどん迫ってくる。

もう半ばあきらめかけた時、もしかしたら業者のミスか何かで実はまだチケットを受け取ってないのではないかという可能性が浮かんできて、スマホのショートメール履歴を確認した。

実は上述のダフ屋サイトでは公演日が迫ってくると、それを知らせるショートメールが送られて知らせてくれる仕組みになっているのだが、何故か今回は受け取った記憶がないということに気が付いたのである。

「うーん購入した日はいつだったんだっけ」と、ショートメール履歴を確認していると、あるメールを発見した。

それは、なんと今回の会場サイトからの予約完了と発券パスワードを知らせるメールだった。
「うぉー、そうだったぁ!このコンサートは会場サイトで直接予約したから、チケットは会場現場での発券だった!」
つまりチケットはまだ受け取ってないのである。

どうりでチケットが見つからないはずであり、いつものパターンでチケットは持っているものだのと思い込んでいたのである。

とにかくコンサートを聴ける可能性が出てきた。
この時に時計を見ると、すでに18時20分だった。

コンサートの開演は19時30分であり、なんとかギリギリ間に合う時間だった。

チケット探しで汗だらだらの状態であったが、急いで洗面所で顔を洗うとすぐに部屋を飛び出した。

駅への移動中に自分が物凄く空腹で喉も乾いている状態に気が付き、このままコンサートを聴いてもよかったが、それでは身体が辛すぎるし、その程度の時間は何とかありそうだったので、急いでコンビニでサンドウィッチとウーロン茶を買い腹へ押し込んだ。

駅へ行ってみるとちょうど夕方のラッシュ時にぶつかり、改札前の荷物検査のところで人がわんさかと渋滞していた。
うわぁと思いながら、焦る気持ちを抑え何とか地下鉄に乗り会場へ向かう。

確信はなかったが最寄り駅には開演20分前には着くであろうと予測を立て、会場まで5分、チケットを機械で発券して10分前には何とか席につけるであろうという計算である、

地下鉄の列車の中は非常に混んでいて、その日の気候の影響で車内はムシムシしていて汗がだらだら流れてしまったが、こちらはもうそれを気にするどころではなく、列車トラブルなどなく無事に着いてくれと祈るだけだった。

そうして最寄り駅に無事に着いた。

改札を出ると速足で会場に向かい、会場に入れたのが開演12分前くらいのころ。

そして急いで発券機に自分の携帯番号とパスワードを打ち込むと、無事にチケットが印刷されて出てきた。

「このチケットを探してたんだよ―!」とこの時ようやく安心することが出来た。

チケット発券機

通常ならこの後、開演前にトイレに行くのを習慣というか、ルーチンにしていたのだが、今回は汗で水分を出してしまって身体自体がカラカラだったのでトイレで出そうにないので、そのまま会場に入った。

この日は幸いにも、通路際の席を取っておいたので誰に気兼ねすることもなく着席する。

時計を見ると開演4分前であり、一安心である。

上海東方芸術中心

コンサートの時は身体を最大限にリラックスさせてから臨むのがいつものパターンだが、この日ばかりは気持ちがハイな状態でコンサートに臨むことになった。
それもあってか非常に集中力の高い状態で曲を終演まで聞きとおすことが出来、満足の高い演奏となった。

もしチケットの件に気が付かなったなら聴けなかったと思うと、非常にぞっとしたが、何とか無事に乗り切れたので、自分の運もまだ地に落ちていなかったようである。
やはり前日にチケットを確認しておけば、早めに当日発券の事実に気づいたかもしれないし、一つのパターンの思考で行動してはいけないと反省したこの日の出来事だったのである。

スケボー広場

軌道交通2号線上海科技館駅上には、公園的広場があり野球場レベルの広さの石畳の広場が広がっている。
この広場では休日になると、スケボー少年や少女、或いはローラースケートを履いた若者が沢山集まってくる。

上海科技館駅上広場

彼らの中には非常に上手に滑る者も時々いるが、大半は練習にやってくる初級者レベルの若者たちである。

スケボーに興じる若者

故に時々派手に転ぶ姿が見られ、小さい子供などはけがに備えてヘルメットや肘・膝の防具をつけて完全防備で練習している姿も見かける。

この広場は地面のフラットな部分が広い上に、中央部の四角い広場を囲む用に配置されている池に対して、縁に緩やかなスロープがあるのでスロープの練習もできるし練習場所としてはもってこいなのだろう。

スケボーに興じる若者

そういえば、発展の続いている中国とは言え、これだけスケボーなどの練習に適した場所は貴重なのかもしれない。

一般道は車が多い上に、いまだに凸凹が多くスケボーやローラースケートには向かないとい状況である。
また、子供たちの遊び方として、ちょっと前の若者たちにはスケボーですら贅沢というか、珍しい遊び道具であったわけだが、この10~15年でようやくスケボーやキックボードなどが浸透して一般的になり、その象徴がこの広場だという気がする。

ところで、練習している若者のほとんどが地元の中国系の人々だが、時々欧米系の風貌の方も混じっている。
駐在の方のご子息なのか、留学生の類なのか詳細は不明だが、明らかにアジア系の顔ではない方たちが混じっている。

欧米系のローラースケーター

そういえば、この広場の地下には雑貨屋というか、ブランド品などお土産物を集めたお店が密集しており、もともと外国人の集まりやすい場所でもある。
さらに近くに外国人がビザを取得するための出入境管理局もあり、国際都市上海の中でも特に外国人の存在に違和感のない場所でもあり、地元の人間にとって外国人に多くの接点がある空間がこの広場周辺である。

また、駅名にもなっている上海科技館も隣接し、科学による未来への夢を子供たちが感じるための場所ともなっている。
私もこの近くの上海東方芸術中心に月に数度音楽を聴きに来るたびにここを通る。

こういった昼間に人が集まる広場というのは大きくなってしまった上海だとしても街にとって大事な資源である。
世の中には広場自体は広くても、警官が常に警備する緊張感の高い場所もあり、それに比べればこの広場はとても平和な空間だという気がする。

上海でエンタメチケット情報は意外と探しにくい

最近、上海でコンサートに行くようになって、上海は意外と情報が探しにくいというか、見えないところに埋もれていることが多いなということに気が付いた。

どういうことかというと、いわゆるチケットエージェントが乱立しているため、一か所ではチケット情報が網羅できないのである。
故に希望のコンサートを探すためには、多くのチケットサイトを開いて探す必要がある。

もし初めから見たいイベントが分かっていれば探すだけなので、それほど苦労はしないのだが、「何かいいのないかな」的にチェックするには、ちょっと不便な状況が存在する。

例えば、上海交響楽団音楽庁というホールがあるがここは主に同ホール主催の演奏会が開催され、チケット販売も同ホールのサイトで購入できる。
ただし、このホールのサイトで購入できるのは、このホールの主催公演のみである。

しかし、このホールは、時折貸しホールとして機能することがあり、この貸しホール状況の場合は、ホールのサイトにこの情報が一切表示されない。
実はこの8月14日に、日中友好40周年記念コンサートとして東京交響楽団の演奏会があったが、ホールのサイトには一切記載がなく、貸しホール稼働であることも一切表示がなかった。
結局、ほかのチケットエージェントを覗いていた際に偶然見つけたのだが、ホールサイトだけ覗いていたのでは見つけられなかった情報である。

このようなことは他のホールでも存在し、東方芸術中心などで日本人のアマチュアの合唱コンサートが行われるのに、ホールにサイトのイベントカレンダーには一切記載がなかった。

このあたり、日本のサントリーホールなどであれば貸し切り公演であっても、公演カレンダーにはその旨は記載されており、丁寧に主催者の連絡先まで記載されているが、中国の場合はそういった配慮は一切ないようである。

故にホール側のイベントカレンダーを除いただけでは、そのホールの全公演情報を把握できないのが現状である。

ではどうするか?

残念ながら今のところこれを完全に解決する決定的な手段は存在しない。
そもそもチケットエージェント自体が薄利多売な稼業なので、利益にならない他のエージェント扱いでのチケット情報などを扱う余裕がないのである。

さらに次から次へと新しい情報が出てきて、情報としての賞味期間が短いのでこの手の情報はマメに情報をチェックする利用者側のエンタメ欲求があって初めて成り立つ。

つまり情報を積極的に探したいという欲求を持たなければ、なかなか価値のある情報にはたどり着けないのが本質で、イベントを探すには一生懸命探すしかないのが現実のようである。

ちなみに私がいつもチェックするのはこのあたりのサイト
◇ホールサイト
上海交響楽団音楽庁
上海東方芸術中心
上海大劇院
◇プレイガイド
・票牛
http://www.piaoniu.com/
・摩天輪
https://www.moretickets.com/

◇日本語情報
・WheneverOnline(フリーペーパーが発信する情報)
http://new.whenever-online.com/category/sh_ticket

・City Calendar(カレンダー形式のイベント情報)
http://city-calendar.net/

参考にしていただければ幸いです。