Tag Archives: 競争

ネットショッピングの最大の欠点

 上海に来てから結構ネットショッピングを利用するようになったが、いつも不便に感じているのは配達待ちの時間である。

 注文したはいいが、配達される時間がなかなかわからず、それに合わせて待機しなければいけないケースがしょっちゅうだからである。

am500_an014

 私の場合は概ね勤務先を配達先に指定しているのだが、業務上の都合でなかなかひとところに安定して滞在していないケースも多く、同僚も含めかなりの割合で外出してしまうので、事務所を空にしてしまうケースも少なくない。

 とはいえ自宅を配達先に指定するともっと滞在時間が短いのでさらに受け取りは困難であり、代理受け取り業な店が同じ住宅エリアにないわけじゃないが、預かり料を取られてしまうのと取りに行くのがやはり面倒なので、結局勤務先の方がまだ確率がいいことになる。

 アマゾンあたりだと概ね配達時間を指定できるのでまだマシなのだが、最近は品揃えの面で若干不満もあり、京東など他のECサイトを利用するケースが増えた。
 しかしこれらのサイトは配達時間に確約が無いので、ネットで運送状況を確認しながらの待機調整となるのである。

 しかもネットで表示される配送状況には嘘が多いというか、ごまかしも多いのが現状であまりにアテにならない場合も多い
 一例をあげると、商品を受け取ってもいないのにデータ上では配達済みのデータ入力が勝手に行われていて、既に受け取ったことになっていたりするので発送元に抗議してもきちんと聞き受けられないようなケースが時々あるのである。

 そうかと思えば、昼12時まで申し込めば当日夜19時までに配達しますといったような商品情報を信じて注文してしまうと、輸送追跡データ上は18時ころに配達開始となっているが、19時に配達員の携帯電話に連絡すると、今日は遅いから明日にしてくれなどと言われたケースもあった。

 宣伝文句で無理なことをPRするくらいなら、確実に配達してくれる日時を表示してくれればいいと思うだが、業者間のスピード競争や社内の時間管理が厳しくどうしても、実態に合わない無理な広告や虚偽報告が横行してしまうのだろう。

 こうやって考えていくと、配達待ちのイライラをなくすには本来は実在店に買いに行くのが一番いい方法なのだが、便利になった上海とはいえ、品揃えという点ではECサイトに全く敵わず、目的にあう商品を手に入れるにはインターネットで探す方がやはり圧倒的に有利なのである。

 この中国の状況を見ていると、日本の宅配システムがいかに優秀かがよくわかるのだが、そうは言っても私は今上海にいるのでこの環境に変わってもらうしかないのである。
 こちらネットショッピングがもう一段上の物流体制に代わることを是非期待したいものである。

競争から逃げる最近の日本人

 最近、韓国などのメーカーに日本が色んな分野で追い抜かれている様子がニュースなどで報道されているが、中国へ来て私が特に感じるようになったのは、日本人や日本企業というのはどうも勝負や競争を避けて動いているという印象がある。

 競争に巻き込まれると「疲弊するだけで何も得られない」という発想がどこかにあるようで、負けるかもしれない競争を避けて別の分野で勝負をすると「言い訳け」をして結局勝負に勝てていない実態があるように思う。

 その象徴的な姿が、かつての漫画「常務 島耕作」に出ていた。
 それはインド進出を巡って巨大な韓国企業とどう勝負するかという相談を幹部内で話し合ってた時の会話である。

 既に全階層を対象にして巨大なシェアを獲得している韓国企業に対して、どう勝負を挑むかについて、「後からインフラなどを整備していたのでは時間がかかり、価格競争のドツボに陥る」ことを恐れた島耕作らは、富裕層向け商品など「違う分野」で勝負しようと話していた。

 つまり勝負にでることを避けた、というか逃げたのである。

 まあ漫画の話なのでその後どうなったのかは書いていないし、フィクションと言えばフィクションなので、これを以て日本人の現状を指摘するのは申し訳ないと思うが、その後日本企業が実際にインドで収益を上げているなどという話は聞かないし、やはりこれが現在の日本企業の実態なのではないかと感じてしまう。

写真はイメージ

写真はイメージ

 日本人は戦後成長期を経て、安定期を迎えた後ある意味「賢く」なり無駄な競争を避ける術を覚え、負けるかもしれない勝負に挑まなくなった気がする。

 でもその勝負に挑まないこと自身が自信を失わせ、自信のない人間を大量に生み出す社会を生み出しているような気がしてならない。

 負けるかもしれない勝負を避けて、危険から逃げて安全な道をばかりを選んで歩いている奴に実はロクな奴がいないし、肝心な時に役に立たないヤクタタズが非常に多いことに上海にいると気が付く。 

 勝負に負けることは怖いがその気持ちを乗り越えないで乗り切れるほど世界は甘くはないであろう。

最大手の営業努力

上海近郊の空港やバスターミナルの待合室で時間を待っていると、必ずといっていいほど携程網の勧誘員がパンフレットをもって営業に回ってくる、
携程網というのは中国最大のネット系旅行会社で、日本人や欧米人の間ではC-tripの愛称で知られる旅行会社だ。

 インターネットで航空券からホテルまで予約でき、電話を通じて全国のネットワークで旅のサポートも行なってくれるので非常に便利な会社である。日本人の間でも結構知れ渡っているので、無論のことながら中国人の中にもかなり浸透しているはずである。

 しかし、このようにその名がもう十分知れわたっているであろうと思われる最大手の携程網が今でもこういった地道な営業を日々続けている。そういえば、同様のネット系旅行会社の勧誘員の姿をあまりみたことがない。

たまに見かけるが携程網ほどの勧誘活動は行なっていないように思う。

 もちろんそれだけ人間を充てられるということ自体が既に大きくなった携程網の規模の強みなのだが、それでも会社の規模に慢心せず未だにういった地道な努力を続けているということにほとほと感心してしまう。
 まあただ最大手といってもそれはネット系旅行会社に限った話で、これらとは別に既存の窓口旅行会社などがライバルとして存在するわけで、努力しなければすぐにおいていかれてしまうのが自由競争社会である。
故に、常に危機感を持って仕事をすることは当たり前といえば当たり前なのではあるが、それをきちんと実践するあの会社は他の会社と比較しても凄いなぁと思ってしまう。

 こういった努力ががあの会社を作っているのだなぁと妙に納得する最大手の営業努力の姿である。