Tag Archives: 納豆

今日のランチ「石焼納豆ビビンパ」 焼肉炎さん

 今日の午前中は虹梅路の付近で仕事があったので、付近でお昼を食べることになり何か適当なお店は無いものかと物色していたところ、路上においてある看板に「石焼納豆ビビンバ」なるものを見つけ、興味を惹かれお店に入ってみた。

 こちらのお店「炎」さんは本来焼肉のお店であるが、その延長で韓国的な料理も扱っており、その中の石焼ビビンバのバリエーションのひとつが「石焼納豆ビビンバ(35元)」である。

 さて注文後10分位して運ばれてきたのが写真の品である。文字通り熱々に焼いた石鍋の中にご飯とビビンバの具が盛られており、そうした上に堂々と納豆が鎮座していた。結構感動ものである。
(実は写真はご遠慮くださいといわれたが、この感動に耐え切れずとってしまいました。お店の人ゴメンナサイ) 

 昔どこかで聞いたところによると、元々納豆の成分と韓国のキムチの成分は似通うところがあり、韓国料理と納豆は実は相性がよいのだという。

納豆石焼ビビンバ

納豆石焼ビビンバ

 運ばれてきたときにお店の人が混ぜましょうかといってくれたが、こんな楽しい作業を他人に任せたくはなかったので、当然自分で混ぜることした。
時々熱い石鍋に触れて火傷しそうになったが、そんなことはおかまいなしにビビンパの醍醐味ともいえる混ぜる作業を楽しんでしまった。
 考えてみれば納豆も混ぜる食品であり、このメニューは食べる作業として何の違和感もなく自然に食べられる組み合わせであることに気が付いた。
 
 さて熱々のご飯を火傷に気をつけながら口に入れると、納豆の風味がなんとも香ばしい。納豆のお好み焼きやチャーハンがあるように、納豆は焼くという調理法にとても相性がよいように思える。

 さらに大豆そのものの旨味も引き出されとてもおいしい。おこげになっている部分のご飯も美味しかった。
 「石焼納豆ビビンバ」なるメニューはとてもレアな存在であるにも拘らず、その味わいは非常に自然であることが驚きである。こんなに美味しいものがなぜ流行っていないのだろうか?

いや、きっとこれから流行るに違いないと確信しつつ米の一粒まで残さず食べた。
ほかで流行らなければまたこのお店に来るしかないなぁと、感じる発見の一品であった。

焼肉「炎」

住所 虹梅路3219号九州生活広場3階 
電話 021-64018511

今朝の朝食 「納豆定食」 松屋さん

上海に日本料理店数多しと言えども、朝食を食べさせてくれるお店は数多くない。
そんな中の貴重な存在が昨年オープンした松屋さんである。

日本にいたときも、この松屋の「朝定」は貴重で、時々利用させていただいていた。
 さて、焼き魚定食など、日本でもお馴染みのメニューが並んでいたがその中でも定番の納豆定食(11元)をチョイスした。

 

松屋の納豆定食

松屋の納豆定食

 ご飯と納豆と漬物と冷奴と海苔と味噌汁だけのシンプルなセットだが朝食としてはこれで十分である。
今回は頼まなかっただが、3元で生卵をつけて納豆と混ぜることも出来る。
 上海のローカルの朝食は饅頭が1元とか2元とかで食べられるので、この11元という値段でさえ上海人からみたら決して安い金額ではないと思うが日本円に換算すれば200円にも満たず、日本人にとっては有り難い存在である。

 特に単身赴任できている人は昼食や夕食には悩むことはなくとも、朝食で悩んでいる場合も少なくないと思われる。
この松屋の存在はそんな時の心強い味方である。
故に機会が有れば利用して今後も応援していきたい。

日系の高級食材専門のスーパー「全洲広場」がプレオープン

 中国では外国人や富裕層からみてまだまだローカルの食材や製品に信頼性が無いために、そういった顧客をターゲットにした輸入食材を積極的に取り扱うスーパーが増えている。

 そんな中で、またまた日本人や外国人に向けて輸入食材、高級食材を取り扱うスーパーが試営業を開始するとの噂を聞いたので早速見学しに行ってきた。今度のスーパーはなんと日系の管理ということである。

 なぜプレオープンなのかというと、昨年の金融危機以降、テナントの契約が進まず当初計画していた数のスペースが埋まっていないため、お客さんをがっかりさせないためにとりあえずプレオープンとしたと関係者の方から聞いた。

 そのためまだ広告等はどこにも出していないらしい。

 まあそんな状態でもこの時期に船出した理由を推測すると、一つはスペース経費の回収の問題、もう一つは昨日が8月8日であったので縁起担ぎの意味でこの日にオープンさせたかったという経営側の思惑が見て取れる。

 さて、お店の場所は新天地の映画館などがある建物の、馬当路を挟んだ西側のビルの地下である。
 一階は欧州系の自動車のショールームになっているビルで、外側から一見するとここにスーパーがあるような感じはせず、実際のスーパーの看板もレストランの看板のような趣である。店の名前は「GL Japan Plaza SHANGAI」で中国名「全洲広場」となっている。

 で入り口を入るとコンシェルジェのようにドアマンが立っていて、やはりレストランの入り口のようである。

 で、エスカレータが止まっていたので左側を下りようとしたら、エスカレーターが自動スタートして、私が下りようとしたのは上りで、危うく転びそうになった。これは印が無くちょっとわかりづらい。

 仕切り直しで地下に下りてみると、内装は完全に終わっているものの、テナントがまだ埋まってないとの話は本当のようで、スペースが中途半端に空いていた。これでは広告を打ちたくないという管理者側の気持ちもわからないではない。 

 ただ既に入居しているテナントの一つ一つを覗いてみると、ここの管理会社が日系ということもあってか、日系のテナントが多くその商品の多くも日本からの輸入品が多い。

 最近香りの良い日本茶に飢えていた私は(自分の鼻の状態にも原因の大半であるが、、)お茶屋さんに立ち寄った。ところがどれも値段が結構高かった。
 その理由について店主に伺うと、お茶は香りが大事なので、他の物の匂いの移る可能性のある混載コンテナは使えないとのこと。

 また専用搭載でも直前の搬送物の匂いが残っている場合があるので、結局は航空便などを使うためコストが高くなってしまうそうだ。
 それだけ日本人はお茶の香りに敏感であり、それがわかる人に美味しいお茶を飲んでもらうためには、今の値段は致し方ない現状ということらしい。

 まあ値段が高いのは品質の裏返しと捉えれば逆に安心材料かも知れない。

 さてその他いくつかのパン屋、ワイン屋、寿司屋、肉屋など入居済みのテナントを覗いてみると日本でもおなじみの食材や商品パッケージが並んでいる。

 納豆の種類も多く納豆好きの私としてはちょっと心強い限りだが、やはり値段が少々高い。

 特に驚いたのは最高級和牛?がキロ2400元=3万4千円で売っていた!200gのステーキ換算で1枚480元=6800円である。

 ひえーっ!

 数枚食べたら月の食費の予算オーバーになってしまう。試食コーナーにもキロ1800元=2万5千円の肉の端切れ?が置いてあり試食してみたが、確かに美味いのだが、どんなに美味くてもこれはちょっと手が出せない。

 結局店内を全部見て回った後、ほんのちょっとお茶を買っただけであとは何も買わなかった。

 買ってみたい食材が無かったわけではないが、私にとってここで買い物するには少々予算立てが必要である。

 しかし新天地に出入りする欧米外国人や富裕層にとっては気にならない値段なのかもしれない。

 こんな高級スーパーだが、テナントのほとんどが日系であるため少々心配な点がある。それは立地とマーケットのマッチングである。新天地の周辺というのは実は日本人の多いマンションなどはあまり多くない。

 地下の2階駐車場には上海モーターショーと見紛うかというほど高級車が並んでいて周囲から車で訪れていたようだが、どちらかというと欧米系の方々や、中国富裕層が多く集まるエリアであり日本人は多くない。

 もちろんそれを理解して、日本の商品を富裕層などに売ろうという目論みならば問題ないが、それにしても日本人好みの商品が多すぎる気がする。日本人にとっては有難いことだが、それにしては日本人の多く住むエリアからは少々遠い。
 実はテナント不調の理由もここにあるのではないかと考える。中国人対象のアンテナショップ的な進出ならば問題ないがこれだけ大規模な進出では、扱う量が全く違うのでマーケティングが必要になる。

 そういう意味では幸いにも?まだ現時点ではプレオープン段階でテナントスペース的に余裕があり、これから別の色付け可能である。
日系の品質の良さを保ちつつ、このお店が今後どのような姿を見せてくれるか楽しみである。

GL Japan Plaza SHANGAI(全洲広場)
馬当路222弄1-6号地下1層
021-5382-8802

今日のランチ 手打ち蕎麦紋兵衛さんが古北に2号店!

実はこのお店、友人が経営に共同参画しているので以前から贔屓にしていたのだが、このたび2号店をオープンしたというので早速伺ってきた。

24375b

古北新区の住宅地の一角にあり、1号店は間口が狭く、入り口の前に柱が立っていたりして、立地状況の悪さが気になるところであったが、今回のお店は堂々とした店の構えとなっており、成長した感じである。

蕎麦紋兵衛外観

蕎麦紋兵衛外観

 さて、中に入ると住宅街の中のお店らしく落ち着いた店の雰囲気であり、照明を落とした店内は落ち着きを感じさせる。昼時ではあったが場所柄か主婦と思わしき女性同士の利用客が多い。そのためか虹橋開発区のど真ん中にある1号店は昼時は戦争状態だというが、こちらはきわめて落ち着いている。

紋兵衛店内

紋兵衛店内

 さて、私が注文したのは納豆ぶっかけ蕎麦と、かきあげ丼のセットである。(70元)

納豆ぶっかけ蕎麦と、かきあげ丼のセット

納豆ぶっかけ蕎麦と、かきあげ丼のセット

 このお店ではランチタイムは蕎麦とミニ丼のセットを楽しめるのでお得な感じがする。
まあそれでもランチ時に70元の価格はちょっと贅沢であるが、このお店の蕎麦は妥協を許さない本格的な手打ち蕎麦であり、それだけの価値がある。 

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

こののどごしと歯ごたえはそこらへんの日本料理屋で申し訳け程度に出される蕎麦とは訳が違う。その差を微妙に感じ取ってしまう虹橋開発区の日本人ビジネスマンは昼時に足しげくお店に通いいつも満員にする。そのくらい日本人の舌は蕎麦の良し悪しに敏感なのである。

 

かきあげ丼

かきあげ丼

 さてさて、細かい味の評価については食べに行って評価していただくとするが、ランチセットには、茶碗蒸し、フルーツ、アイスクリームまでついて盛りだくさんで、古北に住む奥様方も満足するのではなかろうかと思われる。
 1号店とともに贔屓していただきたいお店である。

そば処紋兵衛 古北店
長寧区栄華東道59弄2号
TEL:021-6209-8916
11:00-14:00
18:00-02:00(日曜は22:00まで)

納豆巻き記事に刺激され日本料理「海石榴(つばき)」へ

暑い中であるが誰かのこのお店の納豆巻きがうまかったというブログの書込みを見て、行かずにはいられなくなり
復興中路にある日本料理「海石榴(つばき)さんまで行ってきました。
このお店の名前、素直によめば「うみざくろ」なのだが椿の古語らしく「つばき」と読むそうだ。つばきとざくろは似ても似つかない気がするが花が似ているのであろうか?

さてさて、個室を予約してから行ったのだが、日本食屋なので座敷の個室を想像していたら椅子席に案内されてしまった。まあ勝手に想像していたこっちが悪いので今回はそのまま椅子席で食事とあいなりました。
 店の名刺によると最大40名収容の個室が15部屋ほどあるそうでちょっとした会合にも使えるようである。

 
13384

さてさて肝心な料理のほうですが、刺身の盛り合わせと寿司を頼みましたがご他聞に漏れず新鮮でおいしく頂くことができました。特にサーモンはおいしく口の中でとろけそうな感じでした。
またトロのお寿司も若干脂がのりすぎかなと思われるきらいもありましたが、これもとろける様なネタとシャリはなかなかのものでした。
 それとブログにあった納豆巻きも食べました。評判どおりおいしかったです。納豆もシャリもしっかりしてました。

13384_2

 ついでに言うとこのお店の厨房には軟水設備が入っているらしく、ご飯の仕上がりは特に良かったです。実は翌日にもまたランチを食べも行ってしまい、やはりご飯がおいしかったのです。
私も自宅でご飯を炊くが上海の硬水は苦労しており竹炭を入れるなどして工夫しているが、やはり日本のようにおいしくご飯炊くには是非とり合わせたいのが軟水である。そのあたり、ここの経営者はよく理解しているようで、その気遣いをもって日本料理屋の看板を掲げているのでどの料理にもそれなりの説得力がある。
 週末以外は食べ飲み放題ではないので、金額的にはちょっと値が張るが料理には信頼が置ける店のような気がしました。
 今後は財布を気にしつつまた週末に訪れてみようと思ったお店でした。

日本料理「海石榴(つばき)」
復興中路593号民防大厦3F(端金路口)
021-2402-8111