Tag Archives: 和食

中国の食卓テーブルが高いのは○食いが原因

 中国で現地のレストランに入ると、日本のレストランよりテーブルの高さが高めに設定してある店が多いということに気が付く。
 まあ一軒一軒高さを測って調べたわけでもないし、具体的な平均値データがあるわけでもないので、完全な個人的感覚に基づく所感でしかないのだが、どうもローカルレストランのテーブルは、日本のそれに比べ高いように感じるのである。
 
 高いと言ってもせいぜい数センチかそこら程度の差でしかないので、店ごとの個体差だと思えば気がつかない人は気が付かないかも知れない。
 しかし、中国のローカルレストランで背筋を伸ばしてテーブルに腕を置くと、肘がやや窮屈な店が多いのである。

 逆に上海でも日本料理店などでは日本的なテーブルの高さの店が多いようで、およそ肘よりやや低位置の高さのテーブルの店が多く、はっきりとこの差を感じることが出来る。
 
 はてはて、何がこのテーブルの高さの差を生み出しているのだろうと考えてみた。

 普通に考えて一番大きな要因は、食文化、特に食べ方の差だろうと考えるのが最も妥当である。
 日本と中国はご存知の通り同じ箸の食文化であるが、実は許される行儀の面では大きな差がある。

 日本の食文化において行儀良い姿勢というは我々が知る通り、背筋を伸ばして茶碗を持ってご飯や汁物を頂く形となっている。
 そのため、おかずを箸で取るために腕の自由度の空間が要求され、自ずと食卓に要求する高さは低くなるのである。

 これに対して中国の料理は(と書いたが国土が広いのできっと一律ではないが)、一般的にお椀に口を近づけて食べる、日本で言う犬食い的な恰好が通常となっている。
 そのため、お椀に口を近づけやすい高さが高いテーブルが好んで用いられているのではないかと推測できる。

 中国では日本より麺類が食べられる機会が多いと思われるが、麺類の器は大きく熱いので、器を手で抱えて麺をすするのは現実的ではなく、顔の方を器に近づけるのが普通で、そういったことから食べやすいようにテーブルが高くなっているとみることが出来る。

 この点日本のラーメン屋など麺専門店でも、比較的テーブルの高さが高めに設定してある店が多いのは、やはりラーメンはどんぶりを手で持って食べることが少ないから、顔を近づけ易くするため、テーブルを高くしているのだろうと思われる。

 同様に日本蕎麦屋も比較的テーブルが高い印象であるが、蕎麦屋にあるご飯ものメニューに伝統的にカツ丼や親子丼などどんぶりが多いのは、食べやすさという点を考慮すると、実は蕎麦屋のテーブルの高さと無縁ではないような気がするのである。

 こうやって考えると、麺食が主流の店ではテーブルが高く、それ以外のおかずをつついて食べるスタイルではテーブルが低く設定されているのではないかと整理することが出来る。

 もしかするとこんなことは、レストラン専門の内装屋さんにとっては常識なのかもしれないが、私にとっては中国に来て初めて気が付いた発見である。 
 
 この推論の検証のために、またしばらくローカルレストランの食べ歩きが続きそうである。

円安で上海の納豆は1個80円換算の水準に

 従来より納豆好きなので、結構欠かさず買っているのだが、最近の円安により円換算すると納豆が馬鹿馬鹿しいくらいに高級品になっている。

 まあ、こちらの販売価格が上がっている訳じゃないので、円安にそれほど振り回されている訳じゃないのだが、それにしても日配品であるはずの納豆が主菜並みの値段になっている。

 例えばいま上海で一番安いの納豆は「お城納豆」と「西尾納豆」が双璧だと思うが、いずれも中国国内産で、日本食材専門を扱うしんせん館という店だと1パック12元弱程で売られており、3個パックだから1個4元という計算になる。

 1個4元というのは、現在のレートで言えば80円相当となる。

 やはり食材としてはエライ高い高級品となっている。

 昔日本で自炊していた際に、日本のスーパーで買った納豆は1パックで78円とか88円とかであり、安売りなら60円台もあった気がする。
 もちろん1パック3個だったり4個だったりするわけだから、1個あたりは30円を切る金額となる。

 それが現在の上海では1パックではなく、1個で80円なのだから日本の3倍以上の価格となっているのである。
 ちなみに、もともと高い日本からの輸入納豆は冷凍で1パック20元程度だから円換算すると1パック400円程度、1個当たり130円以上となるが、最近の円安で安くなったかどうかは確認していない。
 まあこちら現地の値段が変わってないから、円換算で高くなったからと言って納豆を食べる量を減らすことはないとは思うが、何とも複雑な心境で毎日ごはんに納豆をかけて食べている。