Tag Archives: 輸入

あの日本向け製品が中国のトイレに?

 先日、某地下鉄駅のトイレを利用した際にとても違和感のある掲示物を発見した。
 それが下記の写真なのであるが、これは化粧室内のベビーチェア利用者向けのいわゆる多言語表記の説明書き掲示である。

ベビーチェア注意書き

 日本語のほかに英語、ハングル、中国語で説明書きが書かれている。

 まあ日本国内から私のブログを読んでくださっている方々にとっては、この表記のどこに違和感があるのだとおっしゃられる方もおられるかもしれない。
 近年の訪日観光客の増加で、日本の公共施設にはこういった多言語表記の掲示が増えているからである。

 しかし、この表示をもう一度よく見て欲しい。

 中国・上海の駅のトイレの掲示であるはずなのに、何故か日本語が最初に書かれているのである。
 そして次に英語、3番目にやっと中国語が書かれ、最後にハングルとなっている。

 もしこの駅が特に外国人利用客の多い駅だったとしても、常識的に考えて中国国内の公共施設で日本語を筆頭表記することは考えられない。

 つまりこの掲示物は、明らかに日本国内などで使用されることを目的として製作されたものに違いないとの推測が成り立つ。
 そして、その日本向けの掲示であったものが何故か上海でも利用されているのである。
 
 どうして、この「日本向け製品」が上海のトイレに貼られることになったのかという経緯は分からないが、日系の便器メーカーからの提供か、多言語掲示の準備に迫られた担当者がネットか何かで見つけて日本から買い付けたのかのような理由であろう。
 いずれにしても中国国内では既製品を見つけられず、やむを得ず日本向け製品の導入になったにちがいない。

 しかし、これは考えようによっては便利な使い方である。

 言語の順番にさえこだわらなければ、この多言語併記の掲示物は日中韓の3か国や英語圏の国々でも使いまわしが出来るからである。

 まあ欧米ではアジア言語より他の欧米系言語の併記の方が便利かもしれないが、アジア圏ではかなり使えそうである。
 思わぬところで発見した「日本からの輸入品」ではあるが、これもひとつのビジネスヒントになりうる商品だという気がする。

健康のために納豆は加熱しちゃいけない

 中国で売っている納豆は、最近は現地生産のものもあるがやはり風味の点でイマイチで、今の時点では日本で生産されているものにはとてもかなわないという気がしている。

 そういう需要もあってか、日本から冷凍の納豆が沢山輸入されてきており、日本人が多く住むエリアの百貨店などでは輸入の冷凍納豆が売られている。

 まあ冷凍をしてしまうと日本のスーパーで買うよりはやや風味は落ちるが、現地生産品の物よりはやはり数段ウマいのである。

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

 そして冷凍納豆の場合は冷凍庫に入れておけばかなり長期間鮮度を保つことが出来るので、一か月くらい保存していても何の問題もなく食べられる。

 ただ、冷凍であるからには買ってから食べるまでには「解凍」と言う手順を経なくてはならず、これが冷凍納豆であるが故の宿命で納豆好きにはやや面倒くさい事項となっている。
 
 私の場合は常に解凍済み納豆を切らせたくないので、解凍済み納豆が残り1パックになったら冷凍庫から3個組の1セットを取り出して冷蔵室に入れておき、約1日をかけて自然解凍させるという方法で食べている。

 まあどんな方法が本当はベストなのか分からないが、今のところこのやり方が一番風味を壊さず解凍できるという気がしており、そのまま1週間くらい忘れても冷蔵庫の中で保管されるので一番楽なのである。

 ただ、ここで間違ってもやってはいけないのは加熱解凍である。

 何故なら納豆についている納豆菌は熱に弱いため、70度以上になると死滅してしまうからである。

 つまりもし加熱解凍した納豆を食べたとしても、風味はあるが健康への効能効果はゼロになってしまうことになる。

 故に冷凍納豆は自然解凍がベストで、特に健康のために納豆を食べるなら加熱解凍をしてはいけないのである。

 このことは実は解凍だけではなく調理にも同様のことが言え、世の中には納豆を使った料理として納豆チャーハンや納豆汁など様々なものが存在するが、これらの加熱された料理は納豆の風味を楽しむものとしては非常に美味しく頂けるのだが、納豆による健康効果に関しては、実は納豆菌が熱で死滅しまっているため期待できないものとなっている。
 
 よって風味を楽しむだけのものと分かって調理するなら加熱してもいいが、納豆の健康効果を期待して食べるのであれば決して加熱してはいけないのである。

 こうやって考えるとやはり納豆は御飯にかけて食べるのが体にもベストだという結論に達するのである。(笑)

恐ろしいローソンでの買い物

 恐ろしいといっても、脅されたり悪い物を売ってたりするわけじゃないのが、日本人のいるエリアでのローソンでの買い物はちょっと恐ろしい。

 何故恐ろしいかというと、ローソンは主に日本からなどの輸入品を扱っており、それらの商品が普通の商品に混じって陳列されているからだ。

 これのどこが恐ろしいかというと輸入品は現地の商品の値段と恐ろしく差があるからである。

 先日も昼時に会社近くのローソンで、現地ローカル商品の春雨スープを手に取ろうとした時、ふと脇にあった「金ちゃんヌードル」なるものを見つけた。

 「へぇ、こんな商品あったんだ」と手に取ってみたところ意外と美味しそうだったので買ってみたくなった。

 しかし買ってみようかと思った瞬間に、輸入品であることを示すシールが貼ってあるのを見つけた。

 「あ、これ輸入品か、、、」

 まあ日本語のパッケージなので、輸入品なのは当然といえば当然だが最近は現地生産品でも日本メーカー商品に日本語表記が増えてきて、気をつけない輸入品なのか現地生産品なのか分からない時がある。

 今回はシールがあったのでどうやら正真正銘の輸入品のようだ。

 輸入品ということは値段?と恐る恐る値札を見ると、

 「何と30元(380円)!た、高い、、、」

 脇にあった春雨スープ(約5元)との値段格差なんと6倍である。

 まあ間違ってレジに持って行って買ってしまったところで、決して払えないとかそういう値段ではないが、5元程度のものを買おうして30元と言われると、予想外の請求金額にやはりちょっとドキッとしてしまう。

 最初からシティスーパーのような輸入品専門のお店ならそれなり価格のつもりで行くので驚くことはないのだが、コンビニに行くときは基本的にローカル価格製品のものしか買いにいかないので、突然輸入品の値段が現われるとドキッとするのである。

 実はローソンにはそんなちょっとドキッとさせる価格の輸入商品が沢山置かれている。

 しかも、店舗の戦略なのかもしれないが、商品をわざと混在して陳列しているような節があり、輸入品と現地品をあまりわけて陳列していない。

 だから時々間違って輸入品を手にしてしまうことが有りうるのだ。
 すると上述のようなドキッとするような出来事が起きてしまう。

 そんなローソンの買い物はちょっと恐ろしい。

大分っ茶

 近くのローソンでこんなものを売っていたので思わず買ってみた。

おおいたっ茶

おおいたっ茶

日本からの輸入品で20元以上の価格。

まあ普段なら3~4元くらいでお茶は買えるので、こんな値段のお茶を買うことはないのだが、なんとなく好奇心で買ってみた。

 飲んでみると流石にうまい!
 中国では出ないほど深い味わいである。

 で、で、でも。。。。

 毎回買うかと言われれば、たぶん買わないだろう。

 せめて半額なら買ってもいいかなぁ。。。

 やはり輸入品は高すぎる。

 だったらもうコンビニは諦めて超高級品として売った方がいいような気がする。。

日系アイスクリーム屋がピンチ??

 今日、時々顔を出すアイスクリーム屋に行ったら、なんとほとんどの商品が品切れ状態であった。

 まさか今日は特別売れ行きがいいということでもあるまいし、春節直後なので品薄なのかなと思った。

 不思議に思って、どうしてこんなに売り切れなのかと尋ねてみた。

アイスクリームのメニュー

アイスクリームのメニュー

 すると意外なことに、昨年の日本の口蹄疫問題で、アイスクリームだか牛乳だかが輸入できないのだという答えが返ってきた。
 
 これはちょっと驚きであった。 

 店員が忙しそうだったので、どこでアイスクリームへ製品化しているのか聞き忘れたのだが、とにかく輸入できず品薄であることには変わりないらしい。

 このままでは、このお店は商品が入らず営業が難しくなるだろう。

 こんなところに、日本の口蹄疫問題が波及しているとは思わなかった。
 アイス好きの私のためにも一日も早い輸入再開を望みたい。