Tag Archives:

文章疲れに砂糖

 国慶節の連休中、人に頼まれて翻訳だの何だの文章系の頼まれ仕事を引き受けていたら、結構頭がヘロヘロになってしまった。

 文章を書くというのは、翻訳であれ創作であれ結構集中力を要するので、何時間も文章をを書きづづけると頭が相当疲弊する。

 故に自分のための文章などをゆっくり思考する時間も気力も無くなってしまっていたのである。

 そんなわけでブログが10日も止まってしまったが、ヤマを越えたので再開しようとは思う。
 ところで、文章を書く上で脳みそをフル回転させるのに必要なものに糖が必要で、今回この糖に随分助けられた気がする。

 眠いから単に眠気覚ましにコーヒーを飲むときにはブラックでもいいのだが、脳を使って作業をしたい時には糖のエネルギーが必要になる。

 単純作業の場合は、砂糖が入っていなくてもいいのだが、どうしても頭を使って考えなければならない時にブラックコーヒーだけでは目は冴えても頭は働かない時があるのである。

 そんな時は、カロリー云々は脇に置いて甘ーい砂糖入りのミルクコーヒーの様なものを飲むと頭の思考が動きだし、物事を深く考えることが出来る。

 これは科学的にも実証されているようで、脳のエネルギー源は糖であるとされており、故に文章作業のように頭の回転を必要とする場合は糖の補給は必須といって良いようようなのである。

 もちろん、砂糖の取り過ぎはカロリーオーバーや糖尿病などに繋がるし、夜中に飲むと胃に悪影響を与えるので度をわきまえることは大切であるが、血糖値の上昇を恐れすぎると、実は頭が働きにくくなり思考が悪くなるというのが糖と言う存在のようだ。

 それ故に、大人も子供も変に糖分摂取を怖がらず、勉強や仕事の合間に若干の糖分を取ることは実は、能率向上の一つのコツなので無いかという気がしている。

脳の休ませ方

 仕事上で頭が煮詰まっている時には頭の思考を一旦止める時間を持つ方がいいのだが、日常の生活の中ではなかなか寝る以外に脳を休める方法がないと思っていた。

 が、先日あるストレスドッグのセミナーでいい方法を聞いてきた。

 まあ完全に受け売りになってしまうが、結構効果が有ったので紹介したい。

 方法としては実に簡単で、目をつぶって手のひらを内向きに合せて、約1ミリの間隔を30秒なり1分なり保つ。

 この1ミリの間隔というのがミソで、つまりくっつけてもいけないし、離してもいけないので、掌や指先に神経を集中させざるを得ない。 

 そうすることにより指先に神経が集中され、頭の思考が一旦停止し脳が休めるのである。

 何分も長い時間やることはないが、1分くらいやるだけで脳は相当休めるし、リフレッシュした後の再スタートは頭がかなりすっきりしている。

 これを教わって見て、いつぞや体験した気功なども恐らくこの原理を利用したものだと気が付いた。
 気功やヨガがリラックスできるのは身体に神経を集中させることにより脳を休ませることができるから、体にいい影響があるのだと思われる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 つまりあのポーズや呼吸法は脳への働きかけに意味があり、ポーズや呼吸法だけを真似てみてもあまり効果がないのではないかという気がする。

 また私が推奨する好きな音楽をガンガンにヘッドフォンで聞くという方法も、やはり脳の活動領域の中心を移動させることによって、熱くなって混乱していた脳の一部分を休ませる働きがあるのではないかと思っている。

 いずれにしても、思考に疲れた時は時々脳を休ませてあげたほうが、作業などを進める上で効率的であり、詰め込み過ぎは良くないなと感じる今日この頃となっている。


原文

右脳と左脳と音楽

 よく人間の脳は左右で働きが違うといわれ、右脳は感性や情緒的な部分をつかさどり、左脳は論理的な思考をつかさどるといわれている。
この理論に立てば、人はする作業の内容によって使っている脳が違うことになり、私も最近その理屈を日常で実感するようになった。

 実際に自分の仕事に当てはめてみると通常のデスクワークに関して言えば、圧倒的に左脳的労働が支配的で、理屈にしたがって目の前の仕事を処理している。
まあアイデアをひねるような時は右脳を働かせているのかも知れないが、仕事の95%の部分は左脳的処理をしている。

 それが証拠にほぼ左脳的労働だけで処理できてしまうような作業をするときは、右脳を刺激する音楽を聴いていても全く邪魔にならず、苦にもならない。
 むしろ両方が適度に活性化して作業がはかどる。

 ところが、ブログなど個人的な文章を書いたり、創作的な作業をする場合はちょっと事情が特殊である。
 
 文章を書くという作業自体は左脳の領域といわれていて、一般的な会社の業務処理などはその左脳領域でおさまってしまうのだが、ブログとなると、ブログを書く元になるインプレッションは右脳の領域になる。

 まあ、見たまま感じたままそのままストレートに文書をぶつけられれば、左脳領域はあまり使わず文章を書けるのかもしれないが、私はそのあたり頭の構造が不器用に出来ているのか、左脳できちんと論理的に組み替えなおさないと文章として表現できない。

 つまりブログを書くときも左右両方の頭脳を使っていることになる。

故に、日常で仕事で左脳を酷使したあとでも、右脳は疲れていないのでブログに書きたい題材を拾ったり閃いたりすることがあるのだが、やはり文章にしてくれる左脳が働いてくれずとても筆が動かないので、文章が書けなくなる。言い訳になるが最近ブログがちょっと滞っていたのは題材や時間がなかったわけはなく、左脳が仕事で疲れていて文章にするエネルギーが落ちていたからである。

 まあ左脳のパワーが落ちているときは、脳を活性化しようと音楽を聴きながら作業してもあまり意味がない。
音楽が刺激するのは右脳であり、疲れているのは左脳だからである。つまりこんなときは右脳を活性化させるのではなく左脳を休ませることが必要なのだ。

 しかももしこのとき聴く音楽が右脳のインプレッションとマッチングしていなければ右脳が混乱を起こし、余計に悪影響を与えてしまう。
 これは例え音楽ネタのブログでも同じことである。

 では、こんなとき音楽の存在は脳に対して全く無意味かというと実はそんなことはない。

 音楽を右脳だけで聴き左脳を一定時間休ませてみるという行動をすれば左脳の疲労が回復する。

 ヘッドフォンなどで外界を遮断し、どっぷりと音楽の世界に浸るのである。このように音楽を聴いている間は働いているのは右脳だけなので左脳を休ませることが出来る。

 日常の生活ではなかなか左脳を休ませる時間をとることが出来ないから、実際に音楽を感じ取るのは右脳かも知れないが、休ませてくれる機会を与えてくれるという点で、左脳にとっても音楽の与えてくれる功績は大で、貴重な存在である。

 こうやって見ると忙しい時こそ、音楽を聴く時間は必要なんじゃないかなと最近思うようになった。 
 いまさらながら音楽の凄さを見直した。