Tag Archives: 味噌汁

中華料理店症候群

すき焼き鍋

すき焼き鍋

前回の牛丼チェーンのすき焼きで気分が悪くなった件を、ネットで調べていくと、

中華料理店症候群

という言葉にぶつかった。

ウィキペディアの説明では、別名「グルタミン酸ナトリウム症候群」とも言われていて、一般的にはグルタミン酸ナトリウム(MSG)が原因とされているが、因果関係は科学的には証明されていないとのこと。

ただ、個人的には例で挙げられている症状はかなり思い当たるフシがあり、吐き気顔面紅潮、動悸などは、毎回現れていたことである。

「すき焼き」や「しゃぶしゃぶ」などに限らず、某大手の会社で販売されている粒状の和風出汁の人口調味料を大量に使って作った味噌汁などでも同様の症状にぶつかった記憶があり、症状をもたらすロジックは不明であるがMSGが誘発原因であるのは状況的に見て間違いないという気がするのである。

とはいえ世の中の誰もが同じ症状に陥っていないことにことから考えると、個人の体質的問題なのか、直前に食べたものとの食べ合わせの悪さなのかわからないが、一定の条件がそろったときに発生するようであり、MSGが万人に悪影響を与えるものとしてレッテルを貼るのもまた早計なようである。

 中華料理店症候群という名称も、中華料理にMSGが多く使われていることから言われているだけで、何も中華料理が酷い食べ物ということにはならない。
寧ろ私個人に限って言えば「和食症候群」と言ってもいいくらい体験対象は和食のときに起きているわけで、中華料理店症候群という名称もまたいかがなものかという気がするが、共通名称として浸透しているのがこの名前になっている。

まあ兎にも角にも、おおよそMSGが原因物質或いはトリガー物質であることは間違いないのに、明確な因果関係が科学的に証明されていないことは残念であり、鍋料理に呼ばれる度にビクビクしなければならない状況から脱出できる日がやってくることを切に願うばかりである。。


ちょっと豪華な吉野家の鉄板牛肉定食~今日のランチ

今日のお昼は久々に吉野家に入った。

 そこで見つけたのがこの鉄板牛肉定食。

 上海の吉野家というと牛丼以外はそれほどパッとしたメニューがないので、1年以上入店してこなかったのだが、たまたま店頭でこのメニューを見かけて写真の牛肉が美味しそうだったので、入店して食べて見ることにした。

 値段は32元で、ランチとしてはナンチャッテ日本料理屋のお昼とあまり変わらないレベルかもしれないが、吉野家のメニューとしてはやや贅沢な部類に入る。

 さて、出てきたのが写真の料理である。

上海吉野家の鉄板牛肉定食

上海吉野家の鉄板牛肉定食

 このセット、牛肉ばかりに目が行っていたが、タケノコの煮物に小松菜、卵焼きなどが付いていて意外と贅沢である。 

 こういう付け合せの細かさがさすが日本発の外食チェーンだという気がする。

 そして真ん中に鎮座するサラダはパックに入ってきて出てきて、細かくはチェックしなかったが、恐らく上海のファミリーマートで販売されているものと同じ内容で、写真のようにキューピーのドレッシングパックが附属している。

 でメインの牛肉は、味としてはまあまあであったが、やや量が少ないかなと感じる面もあり、何よりあまり温かくなかったのが残念だった。

 この値段なので出来立てを出せとは言わないが、もう少し温かくても良いだろうに感じた。

 その代り、伝統の吉野家味噌汁は熱々で、相も変わらず永谷園のあさげ?と思しき粉インスタントみそ汁である。

 そして、ご飯はまあそこらへんのローカル食堂よりは全然美味であり、さすが日系かなという気がする。

 トータルとして、伝統の味噌汁はともかくとして、3品の付け合せが気に入ったこの定食で、あとは肉さえ温かくしてくれればと思った今日のランチだった。 

健康のために納豆は加熱しちゃいけない

 中国で売っている納豆は、最近は現地生産のものもあるがやはり風味の点でイマイチで、今の時点では日本で生産されているものにはとてもかなわないという気がしている。

 そういう需要もあってか、日本から冷凍の納豆が沢山輸入されてきており、日本人が多く住むエリアの百貨店などでは輸入の冷凍納豆が売られている。

 まあ冷凍をしてしまうと日本のスーパーで買うよりはやや風味は落ちるが、現地生産品の物よりはやはり数段ウマいのである。

納豆ぶっかけ蕎麦

納豆ぶっかけ蕎麦

 そして冷凍納豆の場合は冷凍庫に入れておけばかなり長期間鮮度を保つことが出来るので、一か月くらい保存していても何の問題もなく食べられる。

 ただ、冷凍であるからには買ってから食べるまでには「解凍」と言う手順を経なくてはならず、これが冷凍納豆であるが故の宿命で納豆好きにはやや面倒くさい事項となっている。
 
 私の場合は常に解凍済み納豆を切らせたくないので、解凍済み納豆が残り1パックになったら冷凍庫から3個組の1セットを取り出して冷蔵室に入れておき、約1日をかけて自然解凍させるという方法で食べている。

 まあどんな方法が本当はベストなのか分からないが、今のところこのやり方が一番風味を壊さず解凍できるという気がしており、そのまま1週間くらい忘れても冷蔵庫の中で保管されるので一番楽なのである。

 ただ、ここで間違ってもやってはいけないのは加熱解凍である。

 何故なら納豆についている納豆菌は熱に弱いため、70度以上になると死滅してしまうからである。

 つまりもし加熱解凍した納豆を食べたとしても、風味はあるが健康への効能効果はゼロになってしまうことになる。

 故に冷凍納豆は自然解凍がベストで、特に健康のために納豆を食べるなら加熱解凍をしてはいけないのである。

 このことは実は解凍だけではなく調理にも同様のことが言え、世の中には納豆を使った料理として納豆チャーハンや納豆汁など様々なものが存在するが、これらの加熱された料理は納豆の風味を楽しむものとしては非常に美味しく頂けるのだが、納豆による健康効果に関しては、実は納豆菌が熱で死滅しまっているため期待できないものとなっている。
 
 よって風味を楽しむだけのものと分かって調理するなら加熱してもいいが、納豆の健康効果を期待して食べるのであれば決して加熱してはいけないのである。

 こうやって考えるとやはり納豆は御飯にかけて食べるのが体にもベストだという結論に達するのである。(笑)