Tag Archives: BGM

結婚式と葬式では同じ曲が使える

 先日、人に頼まれて最近亡くなったある方を偲ぶ会のBGMの準備を頼まれた。
 はて、昔日本にいた時に結婚式のBGMはさんざん利用してきたが、葬祭系のBGMは初めてであった。

 まあ葬祭といっても正式な葬式ではなく有志が集まる「お別れ会」であったため、どちらかというと会食中心で宗教色のない会である。

 故に一面おごそかにしながら、湿っぽくなり過ぎず和やかな雰囲気の音楽BGMが必要とされると判断し曲を集めることにした。

 でいろいろライブラリーをひっくり返して選曲していったのだが、実はウェディング用のBGM集CDが結構使えることが判明した。

am900_bi037

 もちろん、結婚行進曲など結婚そのものを表す曲は当然使えないのだが、それ以外の恋愛が歌詞に絡むバラード系の曲というのは、意外にも葬祭系の儀式にも使えることがわかったのである。

 例えば今回利用した曲の中にはMisiaさんの「Eveything」の歌詞無しピアノ演奏版ヴァージョンを含めたのだが、この曲は基本は愛を歌う歌ではあるが、決して甘い歌ではなくどちらかというと遠く離れてしまった相手を想う悲しい曲調であり、その曲調が実は同様にもう会えない故人を偲ぶシーンでも合うように思えたのである。

このほかにも「Let it be」とかいずれもウェディングBGMから何曲かピックアップしたが、いずれもしっくりくるという印象だった。

そのほか冬ソナ(古い!)の「My Memory」のヴァイオリンバージョンや「涙そうそう」の二胡バージョンなどを色々織り交ぜて1時間くらいのBGMを組んだのだが、いずれもウェディングで使ったことのある曲であった。
 (10年前でライブラリー更新が止まっているので新しい曲は入れられなかったが・・・)

 で、実際に本番で曲を流した場面にも立ち会ったのだが、参列者はどう思ったか分からないが私的には非常にマッチングしていい選曲が出来たのではないかという印象だったのである。

1093429116

 さて今回どうして結婚式と葬式の曲が共通で使えるのかをいろいろ考えてみたが、私の結論としてはいずれも人生の区切りを示す儀式だからではないかと考えた。
 葬式も結婚式も、本人や周りの人にとっては人生の一区切りのタイミングであり、これまで歩んできた時間を振り返り噛みしめる時間になる。

 そういったシーンにおいて、実は過去を振り返り人を想うと言う意味では、感情の状態は結婚式も葬式も似たような状態なのではないかという気がするのである。

 また感情の高ぶり方も似たようなものがあり、一方は幸せ、一方は悲しみの儀式ではあるが、人を想い感極まる部分があるという意味では同じであり、いずれも人間は涙を流す。

 音楽とは感情を表現するものというのが私の基本的な考え方であり、そういった意味では結婚式も葬式も感情状態としては実は非常に近く、BGMとして共通の曲が使えるということなのだろうかと思う。

 もちろん葬式の場合は事故死など亡くなり方によっては和やかとはいかず、ただただ突然の悲しみに暮れるだけの心理状態の場合もあり、同じようなBGM選曲が通用するのかは分からないのだが、少なくとも共通で使える音楽があるという意外なことを発見し、一つ良い経験になった今回の依頼であった。

虹橋ターミナルのBGMに「北の国から」のテーマ曲が流れていた

 今日、というかもう昨日になってしまったが、ちょいとした野暮用で上海の虹橋空港に接続する地下鉄2号線の第2ターミナル駅に行く用があった。

 そして地下鉄を降りてエスカレータを上がってコンコースに出たところ耳慣れたメロディのBGMがかかっていることに気が付いた。

 「あれここにBGMなんて流れていたっけ?」

 この場所に何度も来ているが、今まで音楽流れていたという記憶が無く、恐らく最近流れ始めたものだという気がする。

 シンセサイザーかエレクトーンのような高い音で優しく響いている音楽だった。

 それにしても非常に耳慣れたようなメロディだ。

「この曲なんだっけ?」

 うーん、クラッシックだっけ?民謡だっけ?映画音楽かなぁ?頭の中で一生懸命に曲名を探す。
 まあ比較的静かな空間ではあっても公共の空間であり、それなりの人の雑踏の音もあり、音楽の聞こえ方も途切れ途切れだったため、なかなかメロディラインが綺麗に聞き取れず、メロディと曲名を結びつけるに至らなかった。

 そして結局メロディを捉えきれず、曲名探しを諦めようと思った瞬間に、

「あ、これ『北の国から』だ、、、」と、思い出した。

 なんと、この中国・上海の地の空港と地下鉄駅を結ぶコンコースでかかっていた曲は日本のあの名作ドラマ『北の国から』のテーマ曲であった。
 そう、“さだまさし”さん作曲の「あーあー・・・」というハミングで有名なあの曲である。

 この取り合わせには流石の私もびっくりした。

 確かに『北の国から』は北海道の地を舞台にしたドラマであるだけに、旅情を掻き立てるという意味で空港に繋がるターミナルコンコースのBGMとしては“ハマリ”なのかも知れないが、それにしても中国の空港でこの曲がかかるとは思わなかったというのが正直な感想である。

虹橋ターミナルコンコース

虹橋ターミナルコンコース

 うーん、それにしても虹橋空港で『北の国から』なのだろう?

 もしや、BGM用CDの一部でたまたまかかったのかなと思い、しばらく留まって聞いていたが、結局は『北の国から』の繰り返しであった。

 今回この場所にそんなに長い時間居たわけではなかったが、少なくともここにいた30分程度の時間はずっと『北の国から』のメロディが流れていたのである。

 果たしてこれはいつも毎日の事なのか、たまたまこの日とかこの時間のことだけだったのかわからないが、少なくとも私がいたしばらくの間BGMはずっと『北の国から』だったのである。

 うーん、何故にここで『北の国から』か?どう考えても謎である。

 はてさて、この件についてまずは、いつも恒常的に流れているのかどうかを確かめるべく、近いうちにもう一度確かめに行こうと考えている。

 それにしてもこのBGM利用は、許可とか著作権使用料とかは大丈夫なのだろうか?
ここは中国だけにそこがちょっと気になるところではある。
 

クリスマスBGMアルバムを作ってみた

人からクリスマスイベント用のBGMが欲しいと言われ、パソコンの中にあるそれっぽい曲をかき集めてクリスマスアルバムを作ってみた。

 最初は伝統的なスタンダード曲のオケ演奏版を集めてみたが、ある意味ちょっと単調になりすぎてしまった。

 そこで洋楽の有名な曲、例えばジョンレノンとかワムとかを混ぜた。

 さらにクリスマスとは関係ないが、セリーヌディオンホイットニーとか歌声が綺麗な歌手の曲をいれてみると、かなり雰囲気は出る。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあこれだけでもずいぶんクリスマスっぽくなったのだが、BGMとしてリピートするには少し尺が足りず、渋さも欲しいなと、シナトラのホワイトクリスマス、さらにプレスリーダニエルクラールと、「ホワイトクリスマス」を連発してみた。

 不思議なことに同じ、「ホワイトクリスマス」の曲なのに歌手が違うと全く違う曲に聞こえ、連続で聴いても苦にならない。さすが力量のある歌手は違う。

 そして透明感のあるケルト系の音楽としてエンヤケルティックウーマン、挙句の果てに「冬のソナタ」や「北の国から」なんかも混ぜ込んでみた。
 結局トータル2時間分にもなった。

 まあ節操のないクリスマスソング集になってしまった感はあるものの、BGMというのはじっくり音楽を聴くために流すわけではないので、雰囲気を作れて単調にならないという面ではある意味成功した感がある。

 実は今回このBGMを使ったイベントは自分も参加したので、自分も一緒になって昨日このBGMの中で食事をした。まあ案の定、みんな大して聴いていないがトイレとか静かなところではよく聞こえる。

 まあBGMとはこんなもんだろうと思っていった。

 ところが、なんと途中でお店のシェフがこのCDを欲しいと言ってきた。
 選曲がいいといってくれたのである。

 おおっ!

 寄せ集めに過ぎないCDだが、評価されてしまうとこちらも気分がいい。

 そんな好評価に気をよくした私はほろ酔い気分も手伝って、なんとそのCDを気前よくプレゼントしてしまった。

 まあ音楽のデータはあるので複製は幾らでもできるし、出費はディスク代くらいなものなので大したプレゼントじゃないのだが、喜んでもらえたことが嬉しいのである。

 昔取った杵柄もどこかで役に立つものである。

 でもそのCD、次のクリスマスまで使えませんからね(笑)

『もろびとこぞりて』っていまどき凄いネーミングだ

『もろびとこぞりて』はお馴染みのクリスマスソングでほぼ誰の耳にも馴染んでいると思うが、振り返ってこのタイトルを考えると凄く古めかしいネーミングであることに気が付く。

img_b077

 いまどき「諸人(もろびと)」なんて誰も口語調では使わないし、漢字で書かなければ意味だって理解しない場合がある。

 また「こぞりて(挙ぞりて)」だってほぼ同レベルで、まあ古文を少し勉強している人なら理解できるかもしれないが、やはりこんな言葉は日常には使わない。

 二つ合わせて「みんな揃って」って意味になるのだがこのタイトルの意味を理解してこのメロディや歌詞を口ずさんでいる人はどれほどいるのだろうか。

 そんな今や化石と化してしまったような日本語で構成されているタイトルだが、今でも堂々と「もろびとこぞりて」のタイトルが市民権を得て、クリスマスの定番ソングとして通用しているのは非常に不思議である。

 ウィキペディアによればこのタイトルは1923年に讃美歌を翻訳したときにつけられたタイトルのようだが、当時ならともかく現在は言葉としてはまず意味が通じず、もはや言葉の意味を離れた固有名詞として化してしまっている。

 歌詞もちょっと古めかしく、意味を理解するのに辞書が必要なほど古びている気がする。

 まあ今のところ全く通じないわけではないので、このタイトルを替えようとか歌詞を替えようという話は出てきていないようだが、同じ日本語の歌詞なのにこれほど時代の隔たりを感じる歌も珍しい。

 ただそれは逆にこの曲がそれだけ長く愛され続けている証拠でもあり、そんな何世代にも渡るような長い年月の季節の定番となっている曲が他にあるだろうかと考えてしまう。

 ちょっと考えてみたが今のところそんな曲が思い浮かばないのである。

 そんな『もろびとこぞりて』であるが中国ではこんな季節を演出するBGMを耳にする機会が日本に比べ少ないのがちょっと寂しい。

フィギュアスケートと音楽

 オリンピック競技の中で使用する音楽が競技に影響する種目は数多くない。
 思いつく限りでは新体操、シンクロナイズドスイミング、そしてこのフィギュアスケートくらいであろう。

 その中でもフィギュアスケートにおいて音楽の要素の占める割合は侮れないものがある。

 実際の得点上でも構成点として音楽の解釈に対して10点満点の配点が与えられ、さらに加重がかけられるのでSP、FS合計で男子で最大30点、女子でも最大24点の配点となる。

これまでの最高点が200点程度の現在のフィギュアスケートの採点方式の中では、この音楽の解釈に対する配点がいかに低くないかわかる。

 つまり音楽の使用方法いかんでは、10点差などすぐに上下するということである。例えば音楽に合わせずジャンプやスピンをばらばらに行えば、それらがどんなに技術点が高い技であろうとも、映像と音がシンクロしないという構成の面で点が低くなる。

 つまり音楽に合わせて演技しないと高い点がもらえないわけで、音楽のどこでジャンプを入れ、スピンを入れるかを考えて構成を組み立てる必要がある。もちろんスタートからフィニッシュまでどう盛り上げていくかも大事な要素となる。
 逆に言うと演技全体の流れを考えながら、場面場面でジャンプやスピンを入れやすい音楽を選ぶことが、フィギュアスケートの得点稼ぎの第一歩ともいえる。

DSC09054

 また、採点に直接表れない部分で、音楽は競技者に影響を与える。
本来、音楽が表現する主たるものは感情であり、それらが演技者の心理状態や感情にも大きな影響を与えるからである。
 競技者はスポーツとしてスケートを滑っていても、人間が行うことであるからには、その心理状態が動きに大きな影響を与えるのは言わずもがなで、その心理状態を左右してしまうのがこの音楽という要素である。

 小気味よい音楽であれば心が軽やかになり、雄大な音楽であればたっぷり余裕のある心理状態で演技に向かうことができる。
 そしてその心理状態はそのまま技のキレになって現れる。音楽に気持ちが乗ることができれば、競技者は気持ちよく演技ができいい演技につながるのである。

 ただ音楽というのは競技者の性格との相性があり、さらには演技の特徴との相性の問題もある。故に同じ技術レベルの競技者が同じ音楽を使えば同じ心理状態になり同じ演技ができるというものでもない。

 ノリノリの音楽が好きな人が、情感たっぷりの音楽で演技しようとしても堅くなってしまうであろうし、逆に小気味の良い動きの苦手な人がビートの利いた音楽では、音楽に乗り切れずどこかぎこちなくなってしまうかもしれない。
 かのトリノの金メダリスト荒川静香さんも小気味良い細かい動きが苦手だったので、たっぷりとした曲を選曲していたとのことのようだ(ちなみにオリンピックのFSはトゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」)

 さらにこれらの音楽から感情的な影響を受けるのは競技者だけではない。
 審査員や観客も同じである。
 特に観客に音楽が与える影響は小さくなく、観客を巻き込んで盛り上げる演技が出来れば声援にもつながり、それらの声援が今度は競技者に勇気を与えさらには審査員の審査にも少なからず影響を与える。
 逆に個人の趣味に走りすぎたマニアックすぎる音楽は観客には受け入れがたく、競技者が会場から浮き上がってしまい、なかなか上位にはいきにくい。
 実際、上位に来る選手はほぼ例外なく観客に対して説得力のある音楽を使っている
 つまり音楽選びにセンスがなければフィギュアスケートでは上位にいけないことになる。

 ここがスポーツであるにも関わらず、音楽が多大な影響を与える「フィギュアスケート」の妙である。

 このあたり、フィギュアスケートの競技会を下位からずっと見ているとその差がよく分かる。私はスケートの専門家ではないが、演技が始まって10秒くらい動きを見れば大体どのくらい順位に属する選手かぐらいはすぐ見抜ける。

 下位に低迷する選手はまず音楽とスピードが動きがあっていないし、選ぶ音楽もスケートに向かないような音楽だったりする。そういう選手に限ってやはりジャンプなども転倒して尻餅をついたりする。体の動きが音楽に乗り切れていないためうまく飛べないのである。

 その点上位に来る選手はさすがであり、音楽にうまくシンクロして演技をする。さらにその中の数名の本当にきっちり音楽にシンクロできた選手がやはり表彰台に上る。このあたりテレビを見ていてほとんど予測を裏切られたことはない。そのくらい音楽で演技の良し悪しが見抜けてしまう。

 さてさて、今回のバンクーバーオリンピック、いよいよ女子シングルのFSを明日迎えるが、SPを見る限り上位二人のキムヨナと浅田真央の演技はさすがであった。
 小気味よくキレが良かった分だけヨナが少し上まわったという感じであろう。

 で肝心のFSの曲はヨナがガーシュウィンのヘ調のピアノ協奏曲に対して、真央がラフマニノフの前奏曲「鐘」という対決で、アメリカとロシアという全く対照的な選曲となっている。

 この二人、もう史上稀に見る高いレベルなので個人的にはもう言うことがないのだが、選曲の面だけで言うとガーシュウィンの曲はほとんどジャズといってよいくらいのリズム感を要求されるので音楽に乗り切れるかがポイントで、その点ラフマニノフはたっぷりした曲なので慌てず音楽に入れるのが安心要素である。

 まあヨナがリズムに乗れたらヨナに軍配が上がりそうだが真央がたっぷり大きな演技をすることができれば逆転の目は十分ある。
 どちらにしろこの二人の演技は見るべき価値があり、FSが楽しみである。