Tag Archives: 液晶

スマホ撮影に夢中な人たちは損をしている。

 上海に来て10年以上たつが、最近ようやく上海のコンサートに定期的に足を運ぶようになった。

 まあ、昔のような激しい頻度ではないものの、1~2か月に一回という割りと普通の人よりは多めの回数になったのでは無いかと思う。
 それというものの、演奏会によっては結構安くチケットが手に入ることがわかったからである。

上海東方芸術中心外観

 特に東方芸術中心の上海フィルハーモニーの若手の指揮者の回だと100元とか50元(=約850円)とかで売り出されている場合があり、そういうのをうまくチョイスして通うようになった。

 まあ若手の指揮者の場合、深みや味わいという点では巨匠たちに比べ劣るものの、素質は十分で優秀なためスマートな演奏という意味では十分聴き応えがあり、コストパフォーマンス的には十分すぎるくらい堪能できるのである。

 で、このように貴重な機会を得て、コンサートホールに足を運ぶ習慣が復活したのだが、やはり気になるのは観客たちのマナー水準である。
 以前は演奏中おしゃべりや雑音、座席移動、拍手などかなりひどかったが、最近ではこの点では以前よりかなり向上している。

 ただ、そういった部分のマナー向上に反比例して目立つようになったのが、スマートフォン関連のマナーの悪さである。

 一応会場では、演奏中の撮影・録音を禁止する旨のアナウンスや掲示があるのだが、中国人聴衆たちは気にせず係員の目を盗んで、写真や動画の撮影などをちょくちょくやるのである。
 先日など、演奏中にフラッシュを焚いたおばさんがいて、こちらはドン引きして振り返ったのだが、本人は意に介さないようだった。

 また演奏の動画を撮影して、その場で再生をして音を出したというとんでもないおばさんもおり、スマホの機能向上によってもたらされた酷いマナーは後を絶たない。

 この点、今の日本のコンサート会場の現状がどうなっているかわからないが、少なくとも都心の主要コンサートホールで行われるプロオーケストラの演奏会ではそんなことはないのではないかと察する、
 まあ、演奏中の写真撮影などは他人に大きな迷惑をかける行為ではないものの、肖像権の問題もあるし、背後の聴衆にとっては暗闇の中で光る液晶画面が気になり、集中力がそがれるのである。

 
 しかし個人的にはそういう迷惑の有無や著作権の問題を抜きにしても、聴衆は演奏中の録音や撮影はやめたほうがいいと強く思っている。

 まず第一に、演奏中に録音や撮影に気を取られることによって生演奏の空間を体験するという貴重な時間が失われるからである。

 自宅でCDなどもメディア再生による音楽を聴くのと違い、瞬間瞬間の命を持った音楽を会場空間の響きとともに味わえる時間というのは、人生や生活の中で貴重な体験であるはずで、その時間を撮影や録音作業に気を取られることによって失うというのは非常に勿体ないのである。

 CDの音楽のように何度も聴ける響きならば、気の済むまでやり直しが利くが、生の音楽はその一瞬だけなのである。

 そしてその空間にお金を出してわざわざ足を運んで訪れたのに、演奏中に録音や撮影に気をそらすとは私にとっては何とも勿体ない行為に映り、彼らはとても損をしているように映るのである。

 さらに第二の理由としてどんなに高性能のスマホのカメラや録音機能であっても、そこで撮影・録音されたものは、ほとんどゴミのような写真・音にしかならず、プロが撮るような綺麗な状態にならないからである。

 マイクを立ててバランスよく録音できるわけでもなく、きちんと露光を測った撮影が出来ない状態では、ロクな録音や写真が期待できるわけがなく、そういったものは結局ゴミデータにしかならず、見返したり聞き直したりすることはほとんどないのである。

 故に、どうしてもコンサート会場に来た記念が欲しければ、演奏会の前に自撮り写真などを1~2枚残せば、おおよそ事足りる。

 もちろん演奏会終了後でもいいが、演奏会後は音楽の余韻を味わう時間であり、私はその余韻を抱いたまま自宅に帰り寝たいので、写真云々に気を使いたくなく写真を撮ることはほとんどない。

 そのため、記念撮影的な写真は演奏前に済ませておくのである。
 
 現在は録音媒体技術が発達し、自宅や地下鉄などの移動中にも気軽に音楽を聴ける環境があるので、我々はついそれをコンサート会場に持ち込んで、演奏者を前にしても気軽な態度で演奏を聴いてしまいがちになり、ついついスマホに手が伸び撮影などを行う人もいる。

 しかし、それはライブ会場での体験の貴重さを考えると非常に勿体ない行為であり、お金を出して会場に足を運んだのに損をしていることに気付いてほしいのである。


ノートパソコンの液晶画面が破損!上海で交換

 先週末、仕事で疲れていたのか非常に痛いミスを犯してしまった。

 ノートパソコンのキーボード上に、無線マウスのUSBレシーバーを置いたまま勢いよく画面を閉じてしまったのである。
 で、家に着くまでそのことに気がつかず、家に着いて画面を開いた時に気づき「やっちまった」の心理状態になったのである。
 この時点で完全に手遅れで、画面の左1/3が映らない状態だった。

液晶画面破損

 映らないだけでなく直接破損した場所から水平に、一応まだ見える場所にも線が入ってしまっている状態だった。

 まあ2/3がまだ見える状態だったのが幸いと言えば幸いで、タスクバーを右端に移動させ、デスクトップ上のアイコンも手探りで見えるエリアに移動させたところ、不便ではあるがパソコンとして機能は果たせる状態にはなった。
 
 さて、ここからどうしようと考えた。

 画面は醜くてもデータなどが壊れたわけではないので、液晶だけを交換すればよいのだが、問題はどこで修理するかである。

 メーカー保証期間内なので、日本に持ち帰って修理を依頼することも可能だが、当たり前だが上海にいる私にとっては飛行機代がかかるし、恐らく自己責任ミスなので修理代も全てはカバーされないだろう。

 さらに修理に数週間も預けられるほどにはパソコンを手放せないのが自分の生活である。

 しかも、そうやって費用を積み重ねていくと新品買えてしまうほどの費用になりそうなのだが、データが壊れていないのに買い換えるのもまた勿体ない話である。

 で、いろいろ調べて行くと、日本国内で比較的安価でPC修理を行ってくれるところがあった。

 液晶交換で1万5千円程度とのこと。

 しかしこれとて飛行機代を考えると、春秋航空の安い便を使ったとしてもそれなりの出費となる。
 まあ年末には一時帰国したいと考えていたので、それを前倒しすればよいとも言えるのだが、仕事のスケジュールもお金もちょっと予定外の運用が必要になってしまう。

 逆に液晶が割れてみっともないことだけを我慢すれば、機能自体は暫定的に使用できないわけではないので年末まで我慢できるかなとも思ったが、やはり使いにくいのは否めないので早く直したかった。

 で、もし上海で修理した場合はどのくらいかかるのかを知りたく、こちらの友人に相談したところ、知合いの修理屋さんに電話をしてくれることになった。
 尋ねてもらったところ正規品で500元程度で交換できることのこと。

 かなり安い!
 
 まあ、品質に多少の不安はあるが帰国して飛行機代をかけることを考えたら、この価格でできるなら御の字であり、早速芙蓉江路にあるそのお店に行ってきた。

 芙蓉江路と天山路の角にあるいわゆる電脳城の3階(中二階があるので2階のような場所)の修理専門店である。
 行ってみると、修理専門店らしく中古のノートPCがずらっと棚に積まれて並んでおり、逆に新品らしきものはPCカバーなどのアクセサリーだけだった。

 で、早速中にいたお兄ちゃんに声をかけて、PCを起動し症状を見てもらうと、状況を理解したようで女性社長?を呼んだ。
 やって来たのは30歳前後のおばちゃんので、棚から新品の液晶画面を取り出した。
 5mm幅程度のアクリル板のようなものが、液晶画面らしくサイズもちょうどぴったり合うようだった。
 値段を訊くと420元とのこと。

 聞いていたより安く非常にほっとした。
 まあ安いというのは品質が悪いリスクもあり必ずしも安心できることではないが、予算の無い私にはあり難い。
早速やってもらい、30分ほどで無事交換終了。

 PCを起動してみると無事フル画面表示されている。

液晶画面復活

 やや、明るすぎるのと画質が落ちている面もあるかなという印象だが、とりあえずは全く問題なく、そのまま清算をし持ち帰った。

 液晶の質というのは、恐らく発熱や消費電力(バッテリーの持ち)の面で今後影響を及ぼす可能性はあり、パソコンの寿命を縮めるような可能性があるかも知れない面はあり、安いから、映るからだけでは評価できないのだが、多少品質は悪くても映らないよりは100倍マシとも言えるのである。

 また、メーカー以外で交換したためメーカー保証も今後受けられないの状況とはなったが、まあパソコンなしでは仕事も生活も出来ない私にとっては目先の表示が大事であり、将来のことは将来考えるしかないのであり、今回は何とかこの程度の出費で済んで助かったのである。