Tag Archives: ブランド

豊洲移転問題、実は土も入れ替えていないらしい。

 小池百合子新都知事就任直後に勃発した豊洲新市場予定地の地下の空洞問題だが、先日聴いた日本のラジオでさらに驚くべき情報を耳にした。

 件の安全対策として行われた土の入れ替え工事にかかわったというリスナーからの投稿だったのだが、報道されていないような証言が出てきたのである。

 どういう内容かというと、今回対外的には豊洲の予定地では土壌汚染対策のために2m掘り下げて新しい土に入れ替えたとされるが、実はその新たに入れたと思われる土は掘り起こしたものを薬品処理しただけのものを戻しただけだというのである。

 まあこの証言投稿をした人も、自分の身が可愛いので絶対匿名ということであったので、事実の真偽のほどは分からないが、もし事実だとしたらひどい話である。
 盛り土どころか、汚染土の排除すらも事実上行われていなかったということになる。

 この築地市場の豊洲移転問題は、私も当初からどうなのかなぁと訝しく見ていたが、何だか利権だらけの構造がたくさん露見してきており、ちょっと収拾がつかない状態になっている。
 まぁ850億円もの税金を費やしているが故に、ただ放棄するわけにもいかないのだろうが、このまま安全宣言を出されても移転は無理だろうに思う。

 今回の件で実際の安全性はともかく豊洲のブランドはかなり傷いており、築地のブランドを引き継ぐのはとても難しいと思えるからである。
 東京の人が考える以上に、築地の名前は世界に知れ渡っており、ここ上海でも築地を模した海鮮市場を構築しようと計画が持ち上がるほど、築地のブランドは日本国内外ともに信用が高い。

pic_f030

 そんな築地市場を、移転前からケチがつくような場所に移転させるのはブランドを失墜させるだけで何のメリットもないのである。

 かつて私も豊洲のオフィスビルに短期間だけ通勤してた時代もあったため、豊洲の地名が悪く言われるのはとても心が痛いのだが、それを含めても厳しいと思うのである。

 故に、基本として築地市場は残し、立て替えで凌ぐほか仕方ないのではないかという気がする。

 まあ豊洲の建設費はもったいないが、利用するにしても築地立て替えの際の一時的な仮利用とし、その後は別の利用方法を考えるというのがせめてもの利用策かなという気がする。

 ところで、この問題について元大阪市長の橋本徹氏がやたらと小池都知事に噛みついている情報を目にするが、どうも部外者である橋本氏が絡んでくる姿が不思議でならない。
 この豊洲の地下空間の利権に一枚噛んでいるのか、あるいは大阪で同様の問題を隠しているのではないかと思えるほどの異常な噛みつきようである。
しつこいその姿に、東京の問題なのだから大阪の人にはもう少し静かにしていただきたいと思うのだが、どうして噛みついてくるのかちょっと不思議である。
いずれにしてもオリンピックが4年後に迫る中、いろんなことのタイムリミットが近づいてきており、早い解決をぜひ望みたいものである。

ブランドを買う側の意識

 日本のニュースによると家電大手のSHARPがほぼほぼ台湾の鴻海に買収されることになったようである。
 まあ技術の海外流出など懸念されることは沢山あるが、まずはそこにいる従業員の未来が当面担保された訳で、そのことについてはプラスに捉えている。

 ところで、台湾の鴻海にとってこの買収の一番の理由は「SHARP」というブランド名を欲しかったからだと言われる。

 今までは大手メーカーのOEMとしては影で支える存在で表には出てこなかった鴻海にとって、世界に名前が浸透しているSHARPというブランドを是非手に入れたかったのだという。

上海の電器店のSHARPコーナー

上海の電器店のSHARPコーナー

 確かに、知名度の高いブランド名は、そのブランド名をつけて物を売れば、何も説明しなくても物が売れるようなイメージがあり、宣伝費に換算すれば今回出資した金額も割が合うと考えたのだろう。
 もちろんブランドにはそういった効果があり、ブランドを得ることによって物が売りやすくなるのは確かで、それを求める気持ちは理解できる。

 しかし、それはあくまでもブランドを売り買いする場面でだけ見た価値であり、ブランドの一面的な見方に過ぎないものであって、実は「作り手にとってのブランド」という側面が抜けている。

 実はブランドというのは、それを売る側にとっては広告宣伝ツールの一つであるとともに、作り手にとっては消費者に対して守るべき品質の約束だったりメーカーのプライドの象徴という側面も存在する。
 もののつくり手はブランドの名を汚さぬよう、品質や信用を守り築き上げるという努力を行う訳で、そこで働く個々の社員もそのブランドの名にかけて商品開発したり、高い品質を維持しようと切磋琢磨しブランドの名を守るのである。

 時には損をしてまでブランドを守ることがあり、例えば不良品が出回った時のリコール対応などもそれにあたる。
 全ての製品に不具合が出ていなくても、一部の商品に不具合があれば信用にかかわるので回収して、新品との交換などを行うのである。

 恐らくSHARPの社員たちもこれまでSHARPブランドの名に懸けて、品質の悪い商品は市場に一個たりとも出せないという覚悟で頑張ってきたはずである。
 つまりブランドは、単なる売買の知名度だけでなく、品質の向上や維持、さらには企業としての団結力にも繋がってきたわけで、それが作り手にとってのブランドであったはずなのである。
 この点を考えると今回鴻海側がこのSHARPというブランドを買うに当たって、ブランドの意味をどう捉えて手に入れようと考えたのかが非常に気になるところである。

 売る側は、そういった作り手にとってのブランドの誇りを捨てたくないからこそ、海外資本であってもSHARPを売り渡すのであり、作り手のプライドの存続を望んでいるはずであるが、鴻海側がそれを理解しているのかは分からないのである。
 これまでブランドを持たずに他人の看板の商品を作り続けてきた企業が、知名度としてのブランドだけでなく、品質や信頼のためにブランドを守るというプライドを持てるかどうかは、ちょっと心配な点なのである。

コンビニ弁当の見切り値下げ販売

日本のニュースで、セブンイレブンの加盟店のオーナーが、弁当見切り販売を邪魔されたとして訴えていた問題で、オーナー側が勝訴したというニュースを目にした。

 賞味期限時間になったら自動的に廃棄しなければいけないというルールによって、大量のロスが出ているため非常にもったいないのと同時に、僅かでも売り上げに繋げたいために期限切れ間近の見切り値下げ販売を実施したいというのがオーナー側の意向だったようで、それが今回の裁判で認められたような形になった。

 ただ、私はニュースを見て、この裁判の結果はともかく、オーナー側の考え方に少々疑問を持ったのである。

 確かにスーパーの閉店間際セール同様に見切り販売を行なえば廃棄ロスは減少する可能性あるかもしれないが、その実施によって値下げ待ちの客が増えれば、見切り前の売上げが減少する可能性もあり、地域人口によって顧客マーケットが固定されているコンビニにとっては、値下げそのものが弁当の販売総数の増加に繋がるとは考えにくく、必ずしも売上げ増に繋がるとは考えられないのである。

 もちろん、見切り販売を実施するかどうかは経営判断によるところだが、それはセブンイレブン本部において見切り販売をしないという経営判断が出されているわけでそれをブランドイメージの一つとして、統一して押し出した経営がおこなわれている。

 確かに我々消費者の側からすれば値引き販売は嬉しいことではあるが、また一方でいつでも同じ価格で同じ品質のものが食べられるということ自体が売り手側の平等感と安心感を与えてくれるものであり、それがセブンイレブンというブランドへの信頼に繋がっている面もある。

 つまり見切り販売によってそれが崩されるというのは、必ずしもお得感のイメージだけでは済まされないという気がするのである。

 それ故にそのブランドイメージの下で他人の褌を借りて商売しているオーナーは、やはり全体の方針に従う必要がある気がするし、その方針が嫌ならブランドの力など借りず自分で独力で商売をやってくれとなるのが筋だという気がするのである。

 更にロスによる無駄が出るという考え方についても、コンビニ本部側は恐らく個人で店舗を運営するより遥かに細かい販売情報を提供しているはずであり、曜日別や日付別、男女別、年齢別、時間帯別、気温別など売り上げに影響する事細かな情報を提供し、かつ弁当などについては1日2~3回の配送を実施し、きめ細かな販売に応じられるような供給体制を取っているはずである。

 つまり、これらの情報をきちんと読みこなしシステムを駆使すれば、弁当のロスなどは限りなくミニマムに近づけることが可能なわけで、オーナー側が「見切り値下げによる無駄の削減」などと言っている時点で、如何にデータを読みの取り能力が無く、オペレーションする能力が無いのかを自ら露呈している気がする。

 繰り返しになるが、日本のコンビニは各店舗に対する高度な販売供給システムを用意しているわけで、まあその分だけ出資金やロイヤリティはそれなりに高いと聞くが、個人が独力で始めるより遥かに完全に近い形で商売を始めることが出来て、立地などのマーケット選びと運営さえ間違えなければそれなりの結果が出せるシステムとなっていると私は感じる。

 逆に言えば、そこで結果が出ないのは、見切り販売禁止などのシステムの問題ではなく、立地選定やオペレーション能力などに問題があったと考えられる訳であり、そこを理解していないオーナーが幾ら見切り販売が解禁されたところで売り上げが伸ばせるわけではないという気がする。

 今回の裁判の結果は恐らく独禁法における卸売側から小売店への価格裁量権の強制の禁止の部分(正確な法令は知らないが)に触れたのだと思うし、確かに厳密に言えばそこは違反する面があるのかもしれないが、オーナー側がブランドシステムの何が儲けに繋がっているのかを理解すれば、大人の約束で裁判などせず、流せるはずの部分であったような気がしている。

 この原告のオーナーが自分の店の目先の弁当ロスにこだわったばかりにグループ全体の売り上げに影響が出ることの無いよう是非祈りたいものである。

原掲載

老人から水を取り上げるCM

 以前から意味が分からず気になっている中国のテレビCMに、老人から水を取り上げるCMがある。

 この問題のCMは「百歳山」というブランドの水のCMで採水地は広東省の恵州の水のようである。

 CMの内容としては、欧米の街角でこの「百歳水」のペットボトルを目の前に座り込んでいる老人の男性から、ウェディングドレスのようなものを来た若い美しい女性がペットボトルの水を取り上げてしまうような流れになっている。

 まあ水のブランド名が「百歳水」ということで、長生き出来る健康な水という売りのようで、そのためCMとしては、かの老人はこの水のお蔭で長生きしてきており、若い女性がそれを求めるというのが基本設定にあると推測できる。

 まあ良いように解釈すればこのCMは若い女性が「長生きの秘訣」を長生きの老人から盗み学んだという風にも理解できなくもないが、私にはどうも我儘な女性が老人から水を取り上げて「あなたは十分生きたでしょ?」と老人いじめをしているような印象にも見えてしまうのだ。

 或いは、舞台が屋外であることから物乞いの老人から金持ちの女性が水を取り上げてしまう残酷な差別を行なってるような印象すら受ける。

 とにかく、美しい女性に正義があるがごとくの水を老人から取り上げる映像は、どうにも気持ち良くなく、こんなCMを流す神経がちょっと理解しがたいのである。

 美しい女性に男性がデレッとして我儘を許してしまうような設定ならまだマシだが、今回のように強引に取り上げるようなCM映像は、女性の美は社会規範を曲げてもいいんだという印象にも映ってしまい企業のCMとしては良くないとい気がする。

 日本なら恐らく抗議が来そうなこのCMであるが、中国では個人の利益を侵さない限り文句が出ないのかどうか知らないが、結構長い期間このCMは流されているのである。

崇明島米より東北米が安心

 今年の春先だったろうか?

 米を買いに行ったときにいつも買っていた一目ぼれの銘柄が無かったので、適当な価格帯の崇明島産のお米を買ったら後悔してしまったことがある。

 何を後悔したかというと、袋を開けた時の香りがとても臭かったのである。

 もちろん、腐ってるとかそういった類の香りではなく、米が持っている特有の香りが非常に臭く、ちょっと食欲がそがれるほどであった。

 まあ、あまり臭い臭いと言ってしまうと、これを好んで食べている人もいるかもしれず、その人に失礼になってしまうかもしれないが、少なくとも私が好む香りではなかった。

 これまでの人生の中で臭いと思った米は初めてであり、5キロも買ってきてしまって処置に大変困ってしまったのである。

 まあ折角買ったものであり、研げば何とかなるかもしれないと思ってまずは研いで炊いてみたが、結果は同じで臭ささは消えなかった。

 じゃあ、臭い物には臭い物をということで納豆をかけて食ったがやはり匂いは消えず、しかも米自体があんまりうまくなかったのである。

 いやあ、とんでもないものを買ってしまったなと品種選びの失敗に非常に後悔したのである。

 残りの米を捨てて、新しい米を新たに買おうとも考えたが、それではあまりにも米を作ったお百姓さんに失礼であり、さすがにそういう勇気は出てこなかった。

 じゃあ、中国人の知り合いに上げてしまおうかとも思ったが、口に合わないからくれてやると言うのもおごり高ぶった日本人のようにも思われそうであり、その行為自体が中国人を馬鹿にする行為にも思え、そう思われてしまうのは自分のポリシーに反してしまうので、結局臭い米を前にして考えあぐねてしまった。

 で、いろいろ考えてみたが、最終的にはご飯の使い方を工夫して使い切る方針で決定した。

 例えばご飯に野菜炒めなどを載せるどんぶり形式の食事を増やし、炒めた時の汁などを大目にかけて味をごまかし食べてることにしたのである。

 このようにしても臭さは抜けなかったが、なんとか食べることができたので、米を捨てずに乗り切ることが出来たのである。

 でもこうやって乗り切った私だが、今後は崇明島米は買うまいと心に決めた。

 故にその次に米を買いに行ったときも、やはり一目ぼれは無かったが、一目ぼれは東北米であり、産地が近ければ風味も近いだろうということで、その時は東北米を買ったらやはり正解だった。

 まあ一目ぼれよりは安かったので、やや質は落ちる面もあるのかなと思ったが、風味に関してはまあ申し分なく、十分口にあうものだったのである。

 うーん、あの品種がたまたま臭かったのかも知れないが、米は産地によって風味が左右されるので、今後は崇明島米は絶対買わず、東北米を食べて行こうと心に決めた自分である。

 原文