飲んだらコーヒーを飲む

 昨夜、久しぶりに日本人同士の会合に出席した。

 宴席は嫌いではなく、いろいろ話題が盛り上がったこともあり、ビールをジョッキで2杯飲んだ後、ハイボールを3杯くらい飲んだのは記憶している。

 まあその程度では泥酔するほどにはならず、ほろ酔いで自宅へ帰ったのだが、冷たい飲み物はパンチが後から利いてきて異常に眠くなった。

 ここ数日は睡眠時間が短かったため身体にストレスがかかっていたのかもしれない。

 パソコンに僅かに向かってSKYPEで知り合いに話しかけるも、すぐに反応が無かったので横になったらそのまま寝てしまったようだ。

 そして目が覚めたのは午前3時頃、冷房がかかりっぱなしで寒さで目が覚めた。
 それ故、頭が痛いし吐き気と言うほどではないが気分も悪い。

 完全な二日酔い状態である。
 
 この状態から早く脱出せねばと思い、水を飲む。
 血中のアルコール濃度を下げるためだが、これだけだとアルコール自体が減らないので、アルコールの分解にかかる時間はあまり変わらないというのが私の考え方である。

 そこでブラックコーヒーを淹れて飲む。(インスタントだが)

pic_f086

 コーヒーは利尿作用があるのでアルコールを早く分解して早く体外に出してくれるので、私は酒をお飲んだ後は必ず飲むようにしているのだが、昨夜はそれをするより先に寝込んでしまったので飲み忘れてしまった。
 それ故のこの身体の辛さであり、酒の後にコーヒーを淹れて飲んで寝るかどうかで、起きた後の辛さが数倍違うのである。

 そしてまた仕方なく寝る。

 結局お昼近くまで寝てしまったが、アルコールは分解されて大量の尿になって排出されたようで、気持ち悪さはなくなって目覚めはすっきりしている。

 飲んだらコーヒーを飲む、これは私にとって大事な鉄則である。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com