Tag Archives: 表示

中国のカロリー表示は把握しにくく電卓が欠かせない

引き続きコンビニの話で恐縮だが、長年住んでいても中国の弁当のカロリー表示は非常にわかりずらい。
その第一の要因が、表示単位が日本のようにキロカロリー(kcal)ではなく、キロジュール(kj)(中国語でジュールは「焦」でkjは「千焦」)という単位を使用している点にある。

この二つの単位は互換性があり、

1Kcal=4.184kj

となるので、弁当などのカロリー表示を日本人が理解するためには表示の数字を4.184で割る必要がある。
逆に言うと、通常は日本人の感覚の4.184倍の数字で表示されているわけであり、見た瞬間はとても高カロリーな食品に見えてしまうのである。

さらに、このカロリー表示が感覚的に把握し難くなっているもう一つ要因として、総カロリー表示ではなく、単位あたりのカロリー表示となっていることが挙げられる。

どういうことかと言えば、弁当なら弁当1個分の総カロリーではなく、100gあたりXカロリー(Kj)などというように、単位当たりの表示となっており、総カロリーを知りたかったら表示されているカロリー表示に総重量をかける必要がある。
これが飲料の場合は100mlあたり何kjなどと表示されている。

この点、日本のお弁当などは一食あたりのカロリー、つまりその弁当を食べ切った場合どの程度のカロリーを摂取することになるかで表示されている。
つまりどちらかというと食べる側の立場に立って、ダイエットなど健康管理に役立つ情報として表示されているのである。

それに対して、中国側の表示はどちらかというと、その食品や飲料の質がどうであるかと言った安全情報の一部として表示されているような印象である。
これは法律規定なのか分らないが、中国特有的な表示方法という気がしており、その製品の質を同じモノサシで平等に比べるという精神が働いている。

以前も「日本人的安心感と中国人的誠意感」というタイトルで書いたが、日本はトータルでどのくらいの量や金額かという総量を重要視しているが、中国人はその質がどうかということに重点を置いているようであり、食べる側がカロリーを気にするなら自分で計算しろということのようである、

ちなみに下記の写真はコンビニで買ったサンドウィッチの製品表示であるが熱量は、1011kj、質量が115gのため、キロカロリーに直すと277Kcalという結果となる。

1011kj÷4.184×115÷100≒277.9kal

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

上海コンビニのサンドウィッチの成分表示

同様に下記は日系のキリンのファイアーというミルクコーヒーの表示だが、これをやはり日本風に総量計算すると187kj、440mlなので
187kj÷4.184×440÷100≒196.6kal
となる。

上海キリン・ファイヤーの成分表示

上海キリン・ファイヤーの成分表示

さらに下記はおにぎりだが、鶏肉の大型おにぎりで、同様に総量計算すると917kj、185gなので、
917kj÷4.184×185÷100≒405.5kal
となる。

上海コンビニのおにぎりの成分表示

上海コンビニのおにぎりの成分表示

このように日本的な総カロリーを知りたかったら、電卓を用意してせっせと計算しないといけないわけで、中国でダイエットをしようとする日本人には結構面倒くさい環境となっている。

こうやって考えると中国人たちはまだ割とダイエットに対する要求がそれほど高くないということもでき、それ故に総量表示の要求が高くないのかもしれない。

中国の高速道路表示は下から読む!

先日、浙江省の方へバスで移動した際に、ちょっと面白い発見をした。

私は、この日ある団体の幹事的な役割りということもあって、バスのほぼ最前列に陣取り、運転手と同じ方向を向いて高速道路風景を眺めていたのだが、その時に奇妙なものを見かけたのである。

それは、道路上に書かれている行先案内の表示である。

そこで何を発見したのかというと、中国の高速道路では、路面の行先表示がなんとドライバーからの視点を考慮して、手前から奥へ読むように、つまり下から上への並びで地名が表示されているのである。

逆さの道路標示

逆さの道路標示

例えば「杭州」であれば「杭」が手前で「州」が奥となっている。

私はバスの最前列から眺めていて、初めは地面に知らない地名が沢山出てくるなとばかり思っていたのだが、よくよく見ると順番が逆さまだっただけで、よく知った地名が書かれていたのであった。

これは中国に来て初めて気がついた光景で、今更ながら軽いカルチャーショックを受けた。

慌てて、日本の表示をネットで画像検索して調べてみたところ、日本の場合は例え高速道路であっても、通常の日本語表記同様に上から下へとの表示になっていた。

日本の阪神高速の表示(引用元)

日本の阪神高速の表示(引用元

或いは横書きで、左から右への順番で書かれており、日常の表記と同じルールで書かれていたのである。

横書きの高速道路の路面標示

横書きの高速道路の路面標示(引用元

最近ではドライバーからの視点角度に合わせて手前の文字のフォントを縦長に崩し、読みやすいように工夫したものもあるようだが、いずれにしても上から下へ読ませる原則には変わりなく、中国のように逆転表示されている例は無いようである。

日本の道路標示(引用元)

日本の道路標示(引用元

まあ、私は中国で車を運転するような機会はないものの、この中国式表示にはとても慣れそうになく、ますます運転したくなくなったというのが本音である。

当地の中国の文章文化も、通常の縦書き表示はやはり上から下であり、この高速道路の下から上へ読ませる表示は中国人たちにとっても読みにくいのではないかと思うがはたしてどうなんだろうか?

今度一度訊いてみたいと思っている。

使いすぎていた洗剤

 中国の洗濯用洗剤は日本の箱型パックに入っている洗剤と違って、結構大きな袋入りで売られている場合が多い。

 日本の場合は大きめの弁当箱のようなサイズの箱に、総重量1キロくらいの洗剤が入って売っているのだが、それに比べ中国では随分ジャンボサイズで売られている。

 まあ私の子供の頃は日本も菓子箱より大きなサイズの箱に5キロ入りの洗剤が入って売られていて、コップ一杯くらいの洗剤を毎回使っていたことを覚えているが、いつの頃からか技術革新で小さくなった。

 そういった記憶がある故に中国に来て長年、大きな袋で洗剤が売られているのを見て、中国はやや遅れているという先入観から中国の洗剤は日本のように濃縮されていないんだなと勝手に思い続けていたが、先日ふと洗剤の袋の裏を見ると、日本とほぼ同じようにほぼキャップ一杯で事足りるような説明が書かれていた。

中国の洗剤の使用量表示

中国の洗剤の使用量表示

 「なんだ、そうだったのか」

 そうとは知らず、中国に来て以来ずっと袋から直接洗濯機に洗剤をドボドボと入れ続け、結構な量を一回の洗濯に使っていたのである。

 考えてみれば私が使っている洗剤はP&G社のアリエールであり、日本にもほぼ同じ技術で作られた洗剤が入っている訳で、輸送コストもろもろを考えた場合、中国だけ古く重い技術の洗剤というのは考えられず、少ない量で済むようになっていたはずである。

 まあ言い訳をすれば、コンパクト化されず大きな袋で売られている状態を見て、ちまちまと計量スプーンで計って使う洗剤のようには見えず、しかも計量スプーンが附属していないためその認識に至らなかったのである。

 まあそんな経緯なのでこれを知った現在も計量スプーンを手に入れておらず、現在も実際の適量というものを把握しかねる状態なのだが、地球環境の為にも自分の財布のためにも説明書というのはよく読むべきだなと反省した今回の発見である。