Monthly Archives: 4月 2011

役立たずの防災マニュアル

 少し古い話題になるが、管総理が集めたという今回の震災の防災復興会議について、会議の冒頭でいきなり「復興税」の話から入り、議論が紛糾したとのニュースが伝わっている。

これを聞いて
なんだ、復興のビジョンを探る会議ではなく、お金の集め方、つまり税金をどうやって上げるかの布石のための会議かよ

とがっかりしたものである。

 どうも日本のお役人というか、政府首脳や官僚たちはお金を集めることとお金を使うことにしか頭が回っていないというか、そういう方法しか防災に対して手段を知らないような気がする。

 その象徴が、日本の政府や自治体が作る「防災マニュアル」である。

 住民の安全を守るためのマニュアルといいながら、その実は予算を使う安全設備のための「言い訳のためのマニュアル」が非常に多い。

 故にそれらのマニュアルは「設備が想定する災害」の範囲内でしか機能せず、想定を超えた途端に全く機能しなくなる。

 実際、今回の震災で避難所とされた体育館に逃げ込んだ結果、「想定外」の津波に巻き込まれて避難所ごと犠牲になった事例があったと伝わっている。

 今回の原発事故でさえ、津波で外部電源が機能しなくなるのは想定外だったようだが、想定を超えた場合の物事が何も決められていなかった点は「お役所仕事」の最たる点で、安全が絶対神話のように語られ続けた結果の今回に退避指示対応は住民が非常に気の毒である。

 また防災・救援体制にしても、行政機能が働いていることを前提でしか組まれていないものであるから、今回のように行政機能ごと失われたような場合はほとんど機能しない状況になっていて、救援物資が満足に届けられない状況になっている。

 つまり本来なら一つの良い教訓にできたはずの、たった16年前に起きた阪神淡路大震災の教訓が、実は行政側にはあんまり役に立っていないような気がする。
 神戸などの地元の状況は知らないが、少なくとも国家レベルであの後に行なわれたことは予算を使って「耐震性を強化」することばかりだった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ハード面ばかりに目が向けられ、災害に強い街の名のもとに耐震性のあるハコモノばかり予算がつぎ込まれた印象しかない。
 それらの設備が無駄だとは言わないが、少なくとも今回の災害対応を見る限り「災害発生時の行動の教訓」や「復興のための足取り」など、人の知恵のソフト面が日本政府の中に活かされていないのは確かだろう。
故に現在、現政権の管首相の責任ばかり追及されているが、阪神淡路大震災のあと何も残せなかったその後の与党の責任も決して軽くない。

 今回の津波災害で「津波てんでんこ」という三陸地方にある教えが非常に役に立ったという話が伝わっている。

「地震が起きて津波が来そうな場合は他人に構わずとにかくてんでばらばらに逃げろ」という教えである。

 これにより釜石市で3千人近い小中学生が教師の指示を待たずに逃げ出した結果、ほぼ全員助かったのだという。

 堤防というハード面の防災設備もあったが結果的に破壊され役にたたず、安全を信じず逃げた結果が功を奏した形となっている。

 マニュアルに従って校庭に集まって集団避難をしようとして津波にさらわれてしまった石巻の大川小の悲劇と対照的な結果である。

 実は「とにかく自分の身は自分で安全を確保しろ」そういう教育を釜石市で徹底的に行なってきた群馬大学の片田教授という方がおられるそうなのだが、そういったソフト面での今回のように実績をあげてた方が、今回の復興会議には呼ばれていないそうだ。

 どうもやはり「お金のこと」だけを話し合えば復興に向かうと考えているのが政府・官僚の考え方らしい。

 そんな未だにソフト面に目を向けない政府官僚たちが作る「防災マニュアル」がどれだけ役に立つというのだろうか?非常に疑問を感じざるを得ない。

 こんな政府の姿勢が何も改まっていないうちに、最近あわてて配布されているマニュアルや開催されている安全セミナーなんぞとても信用する気になれない。
 普段から何もやっていなかったことに対する免罪符的な、マニュアル製作者や開催者、受講者たちの自己満足のように私の目には映る。

 従来の見方を改めないまま、いま急に中途半端なマニュアル的安全性や対応を語って「やっぱり想定外だった」では人の命は取り戻せないのである。

雑誌「ぴあ」が休刊とは世の中変わるものだ。

 先ほど目にしたニュースで、雑誌「ぴあ」が休刊になることを知った。
90年代、演劇とコンサートに夢中だった自分は毎週のようにこの雑誌を買い込み、機会と余裕を見つけては各公演に通った。

 しかし、その情報発信手段がいつしかインターネットにとって代わられ、販売部数も伸び悩み、結局休刊となったらしい。

東京文化会館前のコンサート

東京文化会館前のコンサート

 まあ確かにインターネットの時代になってしまったので、情報というのはもう紙で発信する時代ではなくなったかもしれない。

 小説のように長期保存を目的とするものなら紙の利点はまだ残るが、最新情報を発信するツールとしては紙媒体よりインターネットのほうが圧倒的に有利なのは誰の眼にも確かである。

 しかし、である。
 紙ならその雑誌代だけよいが、インターネットというのはパソコンという個人資本を用意しなければならない。

 普及率の面でかなり100%近くになっているであろうパソコンや携帯のネットユーザー人口であるが、その資本を用意しなければ芝居やコンサートの情報すら容易に得られない社会に変貌するのも、これまたいかがなものかと少々の疑問を感じざるを得ない。
 昔に比べかなり安くなったとはいえ、パソコンや携帯はやはり数万円単位の買い物であることには変わらず、壊れたら子供の小遣い程度では買えず、それなりの出費を覚悟しなくてはならないことには変わりない。毎月発生するプロバイダー接続料も決して雑誌価格の比ではない。

 紙資源の節約という意味では、何の疑問を持たないが情報の平等性という意味で本当によいのかどうかちょっと答えはまだ出ない。

最近値上がりが激しい上海の賃貸住宅

 今月末で今の部屋の契約期限が切れるのだが、大家が自分で使いたいので契約を延長しないと言ってきたので部屋探しを行なうことになった。
 会社のオフィスも引越しすることになったので、またもや会社の移転に併せての自分の引越しである。

 さて実際に部屋探しをしてみて気がついたのは、相場が非常に値上がりしているということ。
 従来の家賃+10%以内の範囲で部屋を探し始めたのだが不動産屋と相談し始めて、とてもそれでは部屋が見つからないという現実を知らされた。

DSC04411

 今の部屋は会社まで歩いて10分くらいという好立地だったため、同様に新オフィスまで歩いて通えるという条件で探し始めたのだが、想像以上に家賃相場の値上がりが激しく、最初の予算ではとても満足する部屋が見つからない。
 もちろんそんな贅沢な部屋を探そうというつもりもないのだが、ある程度清潔で心地よく住めそうだと思える部屋がなかなか見つからなかったのである。

 で、まず見つけたのが某地下鉄駅から歩いて5分程度の部屋。
 周囲の環境は100点とはいえないが、高い建物がなく日当たりや風通しがよく、室内も清潔で、何より現在よりゆったりとした2部屋の広いスペースが魅力的だった。

 ただし、家賃はもとの25%以上増し。

 しかも会社まで歩いていける距離ではなく、地下鉄2駅分の通勤条件と家賃の高さに二の足を踏んだ。
 
 結局は即決するに至らずこの部屋を一時保留にして、さらにいい条件の部屋を探すべく、オフィスまで歩けそうな位置の不動産屋の門を叩きまくった。

 そして幾つもの部屋を見たが、エレベーターなしの5階とか、部屋は綺麗だが廊下が汚すぎるとかどれも帯に長したすきに短しで、なかなか物件全体として気にいるに至らない。清潔な部屋という条件だけでかなり値段が上がる。
でもそこは毎日過ごす場所だけに譲れない。

 探しているうちに一箇所だけ綺麗な部屋を見つけ、周囲の条件もそこそこ悪くない部屋が見つかった。

 但し家賃は最初に保留した部屋と同じ。

 結局満足できる部屋は、最初の部屋とこの部屋の2つだけで、家賃を下げようと思ったら部屋の清潔さを諦めるか、さらに遠距離通勤を覚悟しなければならなかった。

うーん、いずれにしても予算的に想定外だなあと思いつつも生活全般のことを含めて考えるとその選択肢の中から選ばざるを得ない。

そして決めたのは最初の部屋で広さと日当たり、会社からの方角などが決め手になった。歩いて通勤という条件は結局諦めざるを得なかった。
 まあ部屋の条件には納得しているが、家賃の値上がりには困ったものである。

 とにかく来月から新居に移転である。

JALが定時到着率1位になった理由

JALが定時到着率で2年連続で世界第一位になったようだ。

 まあこの勲章は素晴らしいことだと思うし、かの会社の努力も認めるが、ただ個人的にはこの結果は一航空会社に与えられたものというよりは、日本の乗客に与えられた勲章であるように思えてならない。

 JALの乗客の大体数を占める日本人の搭乗マナーがJALの定時性を支えているという気がするのである。
 何故なら一度でも中国系の航空会社に搭乗した事のある人ならわかると思うが、日本以外の航空会社の乗客と日本の乗客にはそのマナーにおいて明らかに差が有る。

 特に中国系の航空会社の搭乗客とJALの搭乗客のマナーは雲泥の差である。

 実際、中国系の航空会社に乗ってみると、大多数を占める中国人乗客たちはなかなかルールを守らない。

 まず、荷物を預け入れる時点で重量オーバーについて指摘されるとしつこく負けろとゴネる姿を多く見かける。
 さらに、搭乗前の買い物に夢中になり、搭乗時間になっても現われず放送や係の人に呼び出される姿は日常茶飯事である。

 また、機内では電子機器の使用を禁じるアナウンスが何度も流れているにも関わらず、携帯電話の使用やiPadでのゲームなどを離陸ギリギリまで続ける。
 そして飛行後に機体が着陸した途端に携帯電話のスイッチが入る音が客室内のあちこちから鳴り響き、ターミナルに着く前にほとんどのシートベルトのロックが外される。
 これらは、航空会社の乗務員がアナウンスしているにも関わらず乗客のほうがルールを守っていない姿であり、これらをみると中国系の航空会社の運行が色んな面で阻害され、定時到着率が低いのは非常に納得がいく。

上海に到着する日本航空機

上海に到着する日本航空機

 これに対して今回日本へ帰国するのに利用したJALの乗客は驚くほどルールに従順だった。
 まず、預け入れる荷物をは重量オーバーにならないよう予め重量を測って調節してから乗り込むので、チェックインカウンターでもめる姿はまずみかけない。

 さらに、搭乗前には余裕を持って搭乗ゲートに集まり、係の人に呼び出されような姿は非常に稀である。
 また、機内に乗り込む前に携帯電話や電子機器のスイッチオフをきちんと確認してから乗り込む姿は多く見かける。

 そして到着後もスイッチを入れていいですよというアナウンスが鳴るまで、携帯電話の起動音はまったく鳴り響かない。
 まあこっそりやる人はいるかもしれないが、少なくともマナーモードで起動されているので音は響かず、つまり携帯起動がルール違反であるという認識はあるようだ。
そしてターミナル到着後も、アナウンスがあるまで立ち上がるどころか、安全ベルトのロックさえ外さず指示を待ってから動き出す。

 日本を飛び出して生活している私から見ると日本人のこういった態度は生真面目すぎるのではないかと思える面もあるのだが、とにかくルールに従って行動する。

 故にこんなルールに従順な日本人が乗客の大多数を占めるJALが定時到着率の世界一になるのは何ら不思議では無いように感じる。
 逆に残念ながらJALがどんなに頑張っても乗客が中国人だらけだったら、絶対に世界一にはならないだろうということも自信を持って言える。(笑)
 もちろん、当たり前のことを当たり前にやるJALの努力も素晴らしいが、これもまた日本人社会全体の生真面目さの表れだと思う。

 こういった意味ではANAも同様に環境があると思うが、先発のナショナルフラッグを支えるJALの乗客のほうがよりトラディッショナルなものに従順で、生真面目さを持った人が多い傾向があると考えられ、僅かにJALに軍配が上がったのだろう。

 ここ数年は経営危機に陥ってしまったJALだが、それもある意味ルールを守りすぎて柔軟性に欠けた律儀さのマイナス面のが出てしまったような気がしており、つまりその律儀さにおいてはなんらブレるところなく現在まで来ているのでその面では非常に信頼に値する。

是非今後も日本の翼を支えていって欲しいものである。

災害を商売広告のネタにしない姿勢

先日、あるマンションの管理側の方とお話する機会があった。

その方によれば、上海は災害とかの被害は直接何も関係ないが、やはり日本の自粛ムードをを感じ取り、マンション内の主だったイベント系のようなものは全て中止したのだという。

そして当面は淡々と通常の業務を行うだけだとおっしゃっていた。

 私は、ならばチャリティを主にしたイベントを行なったらどうかと会話の中で提案してみたが、それはそれで売名行為のようで、やはり日本人の中にはこころよく思わない人もいるかもしれないということで、募金などほんの一部の一般的な対応を除いては特にイベントを実施する予定はないとおっしゃっていた。

 私はこの姿勢にエラク感服した。

 世の中には、支援活動の名の下に、広告宣伝活動を活発に行って、売名行為とも思えるような企業や個人も少ない中、こういった慎ましい姿勢には凄く感心する。

写真はイメージ

写真はイメージ

 企業はもともと営利で成り立っているのだから、企業が社会奉仕活動を通じて、企業のイメージや存在意義を高めていくことは決して責めるべきことではないはずだが、そこには意図的、無意識に関わらずどうしても「偽善」「売名」という印象が付きまってしまう。

 そこをきちんと理解して割り切って、災害を商売広告のネタにしない姿勢を貫くこのポリシーは凄いなと思ってしまう。

 災害を商売広告のネタにしない姿勢を見せることで、顧客の信頼を損なわないようにするとはいかにも日本的対応である。
 日本人として、日本人と仕事をするにはこういう姿勢は是非見習わなくちゃいけない。