災害を商売広告のネタにしない姿勢

先日、あるマンションの管理側の方とお話する機会があった。

その方によれば、上海は災害とかの被害は直接何も関係ないが、やはり日本の自粛ムードをを感じ取り、マンション内の主だったイベント系のようなものは全て中止したのだという。

そして当面は淡々と通常の業務を行うだけだとおっしゃっていた。

 私は、ならばチャリティを主にしたイベントを行なったらどうかと会話の中で提案してみたが、それはそれで売名行為のようで、やはり日本人の中にはこころよく思わない人もいるかもしれないということで、募金などほんの一部の一般的な対応を除いては特にイベントを実施する予定はないとおっしゃっていた。

 私はこの姿勢にエラク感服した。

 世の中には、支援活動の名の下に、広告宣伝活動を活発に行って、売名行為とも思えるような企業や個人も少ない中、こういった慎ましい姿勢には凄く感心する。

写真はイメージ

写真はイメージ

 企業はもともと営利で成り立っているのだから、企業が社会奉仕活動を通じて、企業のイメージや存在意義を高めていくことは決して責めるべきことではないはずだが、そこには意図的、無意識に関わらずどうしても「偽善」「売名」という印象が付きまってしまう。

 そこをきちんと理解して割り切って、災害を商売広告のネタにしない姿勢を貫くこのポリシーは凄いなと思ってしまう。

 災害を商売広告のネタにしない姿勢を見せることで、顧客の信頼を損なわないようにするとはいかにも日本的対応である。
 日本人として、日本人と仕事をするにはこういう姿勢は是非見習わなくちゃいけない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




Booking.com