Tag Archives: マニュアル

不適切SNS投稿事件はアルバイト頼みビジネスの必然

 日本でアルバイト店員の不適切な画像などのSNSへの投稿によって、企業幹部が謝罪を迫られるという事態が相次いでいる。
 企業側では民事訴訟など、法的措置を辞さない姿勢を示しているが、それはそれでどうなのだろうかという気がしている。

もちろん再発抑止という意味では、損害賠償の請求は意味があるのかもしれないが、これらの不適切投稿は、企業側の教育不足によるところの責任も大きいのではないかと思われるからである。

 そもそも、例えば旧来の寿司店であれば、職人に育て上げるまで10年程度かかると言われ、その間には寿司の握り方などの技術のほかに、社会人としての振る舞い方や世の中の仕組みなど、人間性の教育も親方から指導を受け、それらを経て一人前の寿司職人としてデビューするのである。

それに対して大手すしチェーンなどでは安価なアルバイトに頼るというビジネススタイルを選択している。

調理など大方の作業を機械化して、接客やネタ乗せなどごく簡単な部分な作業だけを人間が担うだけで料理を提供できるシステムとなっている。
これらのなかで、人間が任される作業はほんのわずかだけで、そこに客の目を感じる瞬間もなければ、自分がお客の満足度の重要な部分を担っているという意識も得難い。
 そんな役割しか担わされず、賃金も安い人間に、企業全体のイメージの一部を担っているという意識を持たせるのはとても無理なのである。

 そんな責任感の希薄なアルバイトたちが、お客に提供しない食材を使って遊んでSNSに投稿したところで、企業全体のイメージダウンまで発想が及ばないのは無理もないという気がする。

 またコンビニとて、販売員はマニュアル上の業務をこなしているだけで、社員教育と言えば、販売や品出しの研修を数日間実施しただけで、業務がスタートしてしまう。
 その短期間の間では、社会人としての自覚など教育されようもない。

 これが普通の大手企業の社員であれば、大よそ1年くらいは指導員がついて、きっちりと業務及び社員としての振る舞い方などを教わる時間が与えられるし、一人前の社会人として成長するまで育ててくれるのが普通である。

 このような状況を考えると、一連の不正投稿事件は、流動性の高くて責任意識の低いアルバイト頼みのビジネス戦略の悪い面が出たとも言え、企業としてはある意味自業自得な面もあると言える。
 在野の教育が行き届いていない人材を性善説でアルバイトとして使い、コストを抑えてきた長年の日本のビジネススタイルが、どうやら綻びてきたのが一連の騒動だという気がするのである。

写真はイメージ

引き継ぎの責任の80%は前任者

 どんな仕事でも、一人で仕事を行なって一人で仕事を完結するのでない限り、引き継ぎというものが発生する。

 しかしながら、同じポジションを引き継いだにも関わらず、同じ業務が実施されないということは世の中にままあることである。

 ただ、引き継ぎがうまく行かない原因のおよそ80%は前任者側にあるような気がする。

 何故ならばたいていの場合は、前任者の伝達不足によるもので、後任者は基本的には前任者が伝えなければ全てを知り得ないから手抜かりが起きるわけで、前任者と後任者の能力差などによるミスというのはケースとして非常に少ないと思える。

写真はイメージ

写真はイメージ

 とはいえ、定期的なローテーションや前任者の昇格などによる交代ならともかく、交代しなければならない事情が前任者にある場合、その事情が無ければ交代する必要がなかったかもしれないと考えれば、能力不足が前任者側に有った故の交代の可能性は否めない。

 つまりそんな能力不足な人からの引き継ぎがまともであるわけがないと考えるのが普通で、100%の業務が引き継がれない可能性があるということになる。

 それゆえに何らかの仕事を引き受けることになった後任者は、前任者から教育を受ける期間が長期に設けられているような特別な場合を除いて、引き継ぎ不足を覚悟して引き受けなければならない。

 この点で今自分がやっている仕事を振り返ってみれば、前任者からきちんとしたマニュアルなどを通して引き継いだ仕事は数えるほどしかなく、今やっている仕事の大半は、前任者が投げ出したり無責任にほったらかしにした仕事をフォローする業務が大半を占め、その仕事をやらなければ体外的信用を失ってしまうため、成行き上その業務をやっているものが非常に多い。

 故に当然まともな引き継ぎなどをやっていない。

 つまり正確に言えば、本来ポジション的に何も引き継いでいるわけではないのだが、無責任な人の穴を埋めるために結果的に引き継いでいるよう格好になっている。

 それゆえ、その部分に関して責任を追及されるのは本来は心外で、追及されるべきは逃げた前任者であるのだが、世の中はどうもそういう評価にはならない。

 まあこれまでの自分の人生を振り返ると、私は生来あまり前任者に恵まれず苦労するのが性分という気もするが、それはそれとしてももう少し無責任な人間を糾弾できる世の中であってほしいという気がする。

 とはいえかつて自分が日本で引き渡した仕事も、一応3ケ月という特別な引き継ぎ期間をもらってきっちり引き継いだとはずだが、後任者からみれば漏れはあったはずで苦労はかけているだろうと思う。

役立たずの防災マニュアル

 少し古い話題になるが、管総理が集めたという今回の震災の防災復興会議について、会議の冒頭でいきなり「復興税」の話から入り、議論が紛糾したとのニュースが伝わっている。

これを聞いて
なんだ、復興のビジョンを探る会議ではなく、お金の集め方、つまり税金をどうやって上げるかの布石のための会議かよ

とがっかりしたものである。

 どうも日本のお役人というか、政府首脳や官僚たちはお金を集めることとお金を使うことにしか頭が回っていないというか、そういう方法しか防災に対して手段を知らないような気がする。

 その象徴が、日本の政府や自治体が作る「防災マニュアル」である。

 住民の安全を守るためのマニュアルといいながら、その実は予算を使う安全設備のための「言い訳のためのマニュアル」が非常に多い。

 故にそれらのマニュアルは「設備が想定する災害」の範囲内でしか機能せず、想定を超えた途端に全く機能しなくなる。

 実際、今回の震災で避難所とされた体育館に逃げ込んだ結果、「想定外」の津波に巻き込まれて避難所ごと犠牲になった事例があったと伝わっている。

 今回の原発事故でさえ、津波で外部電源が機能しなくなるのは想定外だったようだが、想定を超えた場合の物事が何も決められていなかった点は「お役所仕事」の最たる点で、安全が絶対神話のように語られ続けた結果の今回に退避指示対応は住民が非常に気の毒である。

 また防災・救援体制にしても、行政機能が働いていることを前提でしか組まれていないものであるから、今回のように行政機能ごと失われたような場合はほとんど機能しない状況になっていて、救援物資が満足に届けられない状況になっている。

 つまり本来なら一つの良い教訓にできたはずの、たった16年前に起きた阪神淡路大震災の教訓が、実は行政側にはあんまり役に立っていないような気がする。
 神戸などの地元の状況は知らないが、少なくとも国家レベルであの後に行なわれたことは予算を使って「耐震性を強化」することばかりだった。

写真はイメージ

写真はイメージ

 ハード面ばかりに目が向けられ、災害に強い街の名のもとに耐震性のあるハコモノばかり予算がつぎ込まれた印象しかない。
 それらの設備が無駄だとは言わないが、少なくとも今回の災害対応を見る限り「災害発生時の行動の教訓」や「復興のための足取り」など、人の知恵のソフト面が日本政府の中に活かされていないのは確かだろう。
故に現在、現政権の管首相の責任ばかり追及されているが、阪神淡路大震災のあと何も残せなかったその後の与党の責任も決して軽くない。

 今回の津波災害で「津波てんでんこ」という三陸地方にある教えが非常に役に立ったという話が伝わっている。

「地震が起きて津波が来そうな場合は他人に構わずとにかくてんでばらばらに逃げろ」という教えである。

 これにより釜石市で3千人近い小中学生が教師の指示を待たずに逃げ出した結果、ほぼ全員助かったのだという。

 堤防というハード面の防災設備もあったが結果的に破壊され役にたたず、安全を信じず逃げた結果が功を奏した形となっている。

 マニュアルに従って校庭に集まって集団避難をしようとして津波にさらわれてしまった石巻の大川小の悲劇と対照的な結果である。

 実は「とにかく自分の身は自分で安全を確保しろ」そういう教育を釜石市で徹底的に行なってきた群馬大学の片田教授という方がおられるそうなのだが、そういったソフト面での今回のように実績をあげてた方が、今回の復興会議には呼ばれていないそうだ。

 どうもやはり「お金のこと」だけを話し合えば復興に向かうと考えているのが政府・官僚の考え方らしい。

 そんな未だにソフト面に目を向けない政府官僚たちが作る「防災マニュアル」がどれだけ役に立つというのだろうか?非常に疑問を感じざるを得ない。

 こんな政府の姿勢が何も改まっていないうちに、最近あわてて配布されているマニュアルや開催されている安全セミナーなんぞとても信用する気になれない。
 普段から何もやっていなかったことに対する免罪符的な、マニュアル製作者や開催者、受講者たちの自己満足のように私の目には映る。

 従来の見方を改めないまま、いま急に中途半端なマニュアル的安全性や対応を語って「やっぱり想定外だった」では人の命は取り戻せないのである。