Tag Archives: 雑誌

上海の街はペーパーレス?雑誌が消えた?!

 私が上海に来た頃に、街のいたるところにあった新聞スタンドだが、5~6年前くらいからだろうか、最近全く見かけなくなってしまった。
 よく考えてみると、上海では紙そのものがそれほど扱われなくなっており、オフィスの現場や、広告チラシなどではいまだ健在だが、街で新聞を読んでいるおじさんもほとんど見かけなくなった気がする。
 それに従って街中に散乱する紙ごみもめっきり減っており、街全体のペーパーレス化がかなり進んでいるような印象である。

 まあコンビニで買い物をした時のレシートなどはまだ紙だが、ネットショッピングをした際に発行される発票(領収書)は基本としてQRコード付きの電子発票が基本になっている。
 また鉄道のチケットも、地下鉄は公共交通カード‘(チャージ式のプリペイドカード)か、スマホ決済になっているため、一回券などというものは滅多に見なくなった。

 長距離鉄道の利用も同様で、外国人にはまだ紙のチケットが発行されるが、現地の中国人はICチップ内蔵の身分証明証を使えば乗車できるので、わざわざ紙のチケットを手に入れる必要がなくなった。
 このようにほとんどの取引について、主にスマホが紙処理を飲み込んでしまい、ペーパーレス化となっている印象である。

上海地下鉄の自動改札

上海地下鉄の自動改札

 その最たるものがやはり、書籍・雑誌類であり、本屋・書店に行けばまだ手に入らないことはないが、わざわざ注文しない限り見かけることは滅多になくなったのである。
 その書店に至っても、街中の実体店は次々に閉鎖され、一時カフェを併設したスタイルで巻き返しが図られた状況があったが、状況を跳ね返す勢いにはならず、何店舗かは閉鎖されたようである。

 日本だと、コンビニが取り寄せ代行を含めて書店の機能を担いつつある面もあるが、上海では街のコンビニに行ってもほぼ雑誌の取り扱いは無い。
 そもそも中国ではコンビニでは日本に比べ雑誌の取り扱いは少なく、冒頭に書いた新聞スタンドがその役割を担っていたが、今やコンビニでの扱いも新聞スタンドも全くなった。

 結局書籍はネットショッピングで取り寄せるのが主流になっており、能動的に取り寄せなければ目にすることすら稀な状況になっている。

 では中国人たちが活字を読まなくなったかというとそんなことはなく、主に電子書籍をブックリーダーで読んでいる姿を地下鉄の中で目にする。
 また資格取得なのか、スターバックスのようなカフェで紙の本を置いて勉強している姿はちらほらみかける。

 外国人のビザ手続きなどを見ても、役所関係の提出書類はまだペーパーレス化は進んでいない気がするが、手続きの一部は電子データ化されて、資料の不整合のような現象は徐々に減りつつあり、いずれこれらの書類数もかなり減らされるかもしれない。

 時流として、中国全体でかなりのペーパーレス化が進みつつあるのは確かなようで、紙が発明された国ではあるが、ペーパーレスが「いの一番」に完成するのもまた中国なのかもしれないという気がしている。

上海のホットペッパーがファッション誌化している

 日本でおなじみのホットペッパーが上海でも「胡椒蓓蓓」の名で数年前から市内で配布されるようになったのだが、最近異変が起きている。
 ホットペッパーといえば、本来はレストラン・飲食店探しが主の雑誌であり、上海でも発行当初はやはりそういった紙面構成が行われてきた。

 ところがである。

上海のホットペッパーの表紙

上海のホットペッパーの表紙

 最近では、飲食店よりも女性向けのファッションや、ヘアサロン・ネイルサロンなどの広告が非常に増え、どちらかというと飲食店の広告は隅に追いやられている傾向にある。
 今月号の特集もまさに日本の女性誌そのもので女性向け内容が満載である。

上海のホットペッパーの中身

上海のホットペッパーの中身

 もともと日本の会社が進出してこの冊子をつくったため、日系企業や日本料理店の掲載が多く、恐らく配布も日系企業を中心に会社に送っていたのだろうと推測できる。

 故に読者層も日系企業に勤めるOLなどが中心になったのだろう。

 すると、それらの上海OL達の興味は金太郎飴の如くどこも似たり寄ったりの日本料理より、ファッションの方に興味の比重が高いと見え、広告効果として飲食店より女性向け店舗の方がより成果を上げていたのだと思われる。

上海のホットペッパーの広告

上海のホットペッパーの広告

 
 その結果の今のファッション誌化である。

 もちろん、飲食店の広告もまだ残っているためまだ僅かに原型をとどめているが、ほとんどが日本資本の日本料理という感じで、地元系の飲食店はほとんど載っていない。
 日本のPRは料理よりファッションということなのであろう。

 まあこだわりなく、フレキシブルなビジネスが中国の特徴とはいえ、実に驚くこの変貌ぶりである。

雑誌「ぴあ」が休刊とは世の中変わるものだ。

 先ほど目にしたニュースで、雑誌「ぴあ」が休刊になることを知った。
90年代、演劇とコンサートに夢中だった自分は毎週のようにこの雑誌を買い込み、機会と余裕を見つけては各公演に通った。

 しかし、その情報発信手段がいつしかインターネットにとって代わられ、販売部数も伸び悩み、結局休刊となったらしい。

東京文化会館前のコンサート

東京文化会館前のコンサート

 まあ確かにインターネットの時代になってしまったので、情報というのはもう紙で発信する時代ではなくなったかもしれない。

 小説のように長期保存を目的とするものなら紙の利点はまだ残るが、最新情報を発信するツールとしては紙媒体よりインターネットのほうが圧倒的に有利なのは誰の眼にも確かである。

 しかし、である。
 紙ならその雑誌代だけよいが、インターネットというのはパソコンという個人資本を用意しなければならない。

 普及率の面でかなり100%近くになっているであろうパソコンや携帯のネットユーザー人口であるが、その資本を用意しなければ芝居やコンサートの情報すら容易に得られない社会に変貌するのも、これまたいかがなものかと少々の疑問を感じざるを得ない。
 昔に比べかなり安くなったとはいえ、パソコンや携帯はやはり数万円単位の買い物であることには変わらず、壊れたら子供の小遣い程度では買えず、それなりの出費を覚悟しなくてはならないことには変わりない。毎月発生するプロバイダー接続料も決して雑誌価格の比ではない。

 紙資源の節約という意味では、何の疑問を持たないが情報の平等性という意味で本当によいのかどうかちょっと答えはまだ出ない。