Tag Archives: 通訳

ピーチ航空の上海発便に搭乗 その2(機内編)

機内に乗り込むと、さすがにLCCなのでシートピッチは狭かったが3-3配列の座席の割りには詰め込まれているという印象はなく、シートの色の影響か雰囲気は悪くはない空間だった。

ピーチ航空の機内

 で、まずは座席前のポケットに差し込まれている資料をチェックする。

 最初に手取ったのは機内販売のしおりだが、これを見て大変驚いた。

 ほぼ全商品において、日本語だけでなく英語はおろか、中国語の簡体字と繁体字、さらにハングル表記で商品説明が書かれていたのである。

ピーチ航空の機内販売の冊子

さすが国際線というか、他の航空会社でも英語と自国語の二か国語記載までは見たことがあるが、4言語5字体記載という徹底した表記は見たことが無かったような気がする。

 実は、搭乗前にピーチ航空の関係者の方に話を伺う機会があり、この日の搭乗者の国籍割合を尋ねたところ、正確なところは分からないが半数以上が中国人であり、日本国内でも以前から同社の利用客は半数以上が外国人であるとのことだった。
 日本人乗客はLCC式のサービスに慣れないのか少数派であり、訪日外国人たちに支えてもらっているのがピーチ航空だとおっしゃっていた。
 そういった外国人旅行達を十分意識したのがこの機内販売のしおりであり、日本への訪日外国人観光客の増大はこういったLCCに支えられているんだなと、久しぶりに帰国する日本の現状に妙に納得してしまった。

 また販売されている商品のラインナップにも驚いた。
 国際線なので免税品はまあ当然なのだが、日本到着後の各空港から市内への交通機関の割引券などが、機内販売されていたのである。

成田から都内への割引切符の案内

 今回の行先である羽田空港での足回りも当然対象となっており、羽田空港から品川までの京急線の割引切符が売られていた。
 正規で買うと往復820円のところが、機内販売だとなんと200円引きの620円で買えるとのことである。

うわ、これおいしいなぁと思い、詳細をCAの方に訊ねようとしたところ、機内アナウンスで、「今回は初就航便ということで京浜急行様さんより、皆様にプレゼントします。詳細は搭乗時にお配りしたエコバッグをご確認ください」とCAから案内があった。

「なに!」

ピーチ航空の初回搭乗記念品

慌てて、そのエコバッグの袋を開けたところ、中からなんと「ご招待」と赤い印の押された招待券が出てきたのである。

羽得2枚切符(無料版)

それを見て思わず「ラッキィ」と心の中で叫びつつ小躍りしてしまった気分になったが、実際はニヤついただけだった。
(パンクブーブーのネタのようだ。)

 200円安上がりになると思ったころ、元の640円も無料になったわけで、ダブルのお得をもらったような気分である。

 やっぱり初物に乗ると、こういうハプニングがあるわけで、恐らく1日違いの翌日便ではこうはならなかっただろうに思う。

 このほか、今回は使わないが成田から都内までのスカイライナーやバスの割引チケットなども売られるようで、航空会社としては商売の一部なのであろうがこちらとしては痒いところに手が届いてくれるサービスである。

そして、次に手に取ったのは安全のしおりだが、こちらは残念ながら多言語表記ではなく、日・英の二か国語表記で、日中便なのに中国語表記は載ってなかった。

 ピーチ航空は既に台湾線を就航させているはずなので、中文表記があっても良さそうだが残念ながらなかった。
機内販売にあれだけ力を入れているのにも、大事な安全のしおりが多言語表記になっていないのは残念で、厳しいことを言えば安全より商売に力が入っている状態ということも言え、ちょっぴり評価を下げたこの安全しおりである。

さて機体は予定通りに出発し、羽田へ向かって離陸した。

 機内では、モニターなどのエンターティメントサービスはもちろんないのだが、離着陸時は全ての電子機器も使えないので、アナログな紙媒体を見て過ごすしかない。
 本来は時間帯的に寝るべきなのが筋なのだが、どうも興奮気味で寝られそうになく、先ほどの機内販売のしおりなど熱心に見て研究することにした。

 で、多くのLCCがそうであるようにこのピーチ航空も、機内食などは無く全て自己購入しなければならないのがルールとなっている。

 今回特段にお腹も空いているわけでもなかったがメニュー写真を見ていると食べてみたくなるのが人間の性で、取り敢えず興味本位で試
しで買ってみることにした。
選んだのは「にゅう麺」(500円)で、カップ麺のような様相にちょっと高いなと思いつつ、物は試しということで注文することにした。

 機内ではクレジットカードのほか、日本円でも人民元でも現金払いができると言われ、今回搭乗時に日本円の持ち合わせが少なかったため人民元で支払うことにした。
500円の商品が人民元で幾らに換算されるのかという興味もあり試してみたくもあったのである。

で、言われた金額がなんと40元であった。
「ゲツ、レート悪いなぁ」
当時のレートが確か1RMB=15.5円くらいだったので、そのまま計算すると32~33元が妥当な換算値であり、多少手数料が乗ったにしてもちょっと悪すぎるレートといった印象であった。

今回は試しなので、仕方なかったが次回からは少なくとも人民元では買うまいと思うほどのひどいレートである。
 さらに出て来たにゅう麺も非常に量が少なく、小腹がすいた夜中用と思えばちょうどよいが、500円の価値があるかと言えばやはり高すぎるなという印象であった。

ピーチ航空のにゅう麺

このほか、のどが渇いたのでジュースも買ったが、こちらは200円とまあ良心的であり、かつ日本円の小銭で払ったので抵抗なく買えた。

 ところで今回乗ったピーチ航空のCAさんたちは英語については普通に訓練されているようだったが、中国語はほとんど駄目で、一人だけ中国語要員はいたみたいだが、乗客とのコミュニケーションにやや苦労する姿が目に付いた。

 初便なので仕方ないところであり、最低限の訓練はしてきたとは思うが、それでもまだ言葉としてはコミュニケーションが難しいレベルだった
 そのため、彼女たちよりは中国語のわかる自分がちょこちょこと通訳をしてあげたのだが、そのおかげでこちらもCAさんたちと少しだけ雑談が出来た。

 まぁ社交辞令の域を出ない程度の会話ではあったが、今回初便の搭乗で出発4時間も前に空港に来てしまったんですよと告げると、ありがとうございますと、深々とお礼をお言われてしまったような状況である。

 そのおかげなのか到着間際になって、本日のフライトデータですと、なんと手書きのメモをプレゼントしてもらった。

手書きのフライトデータ

手書きのフライトデータ

 慌てて電話番号が書いていないかと探したが(笑)、残念ながらそれは無かったが、当日の乗務員スタッフの全員の名前が記してあり、何よりもいい記念品となった。

 そんなちっちゃなドラマがちょこちょこ展開するうちに、航空機は羽田に到着した。

 まだ暗い中での到着だったので、東京の朝方の夜景を期待したが、天気がそれほどよくなく雲が多かったのと、羽田のA滑走路に南(34L)から進入したので、ほとんど夜景を楽しめることなくターミナルに到着した。
まあ無事日本到着である。(つづく)

中国人の転職率が高い原因の一端は日本人にも責任が

 先日中国人が転勤を受け入れない旨の内容を書いたが、実はそのほかにも人材会社の関係者に伺った話で興味深いものがあった。

 それは日系企業の中国人の転職率の高さに関連するものであるが、実は中国人の転職率の高さには、日系企業の日本人にもその責任の一端があるというのだ。
 一般的に中国の転職者の転職率は日本人のそれより回転が速いといわれるが、その原因として中国人の帰属意識のなさと、給与の問題が大きいといわれている。
 もちろん、その原因は小さくはないのだが、実はそれだけではない。

 一般的に中国人たちの退職理由や転職理由などをアンケートなどで尋ねると、給料やキャリアアップの点を掲げる人は多い。
 しかし、この理由については実はあくまでも新たな就職先や人材会社に向けた表向きの理由であることが多く、本音は別のところにある。

 この点、日本でも同様の状況となっていて、表向きは待遇へ不満などとなっているが、その本音としては、人間関係に起因するものが一番大きいということが調査結果に出ている。

 そして中国人の離職理由の本音も日本同様に人間関係にあるようなのだが実は中国の場合は若干事情が異なっている。
 
 まあこれはあくまで日系企業など外資企業に限った話かも知れないが、中国の場合は同じ人間関係でも、自分のボスの異動に伴う転職が非常に多いようだ。
 どういうことかといえば、例えば3年なら3年の単位で日本から駐在員がやってくると、そのアシスタントとして1名の中国人が雇われることになるが、その駐在員本人の任期が切れて帰国すると自動的にアシスタントも交代することになる。

 駐在員が交代してもアシスタントをそのまま雇用し、次のボスのアシスタントとして雇用を継続すればいいじゃないかという気もするが、どうも話はそう単純ではないらしい。
 駐在員からすると、前任者のやり方が染みついたようなアシスタントは使いにくく、自社の業務に対してはサラの状態の新入社員を雇い入れて、自分流のやり方で染めて動いてもらいたいという要望があるようだ。
 また中国人アシスタントからすると、仕事の内容は変わらないのにボスが変わってやり方が変わるというのも面倒臭いらしい。
 で、多くの場合はアシスタントは通訳も兼ねているわけで、つまり原則は現地の言葉が出来ない駐在員のアシスタントが長年そのポジションに居座ると、言葉の壁の陰で取引先と癒着してしまうアシスタントもいないわけでもなく、会社としても駐在員の交代とともにできればアシスタントも交代させたい意図があるらしい。
 で、まあ建前上は解雇の措置ということにはならないが、少なくとも違う業務に異動させることにはなるわけで、必然的中国人側も居づらくなったり慣れない業務につくことになるわけで、そういった不満もあって必然的に退職・転職という道を歩むことになる。
 つまり、日本人の駐在員が3年程度で交代するたびにそのアシスタントポジションの人間も転職となる確率が高くなるわけで、日本人の駐在任期がアシスタント中国人の転職理由となっている面があるのである。

 まあ、日本ほど転職に抵抗感の無い中国人たちではあるが、それでもその転職の理由に日本人の駐在員の任期の問題が絡んでくるとなると、何とも複雑な気分となるこの現状である。

NHKのウソが見える?意図的のような誤訳。

 ちょっと前の話になるが、アメリカに日本の首相が訪問した際にNHKの同時通訳に誤訳があったことが問題になっていた。
 アメリカのオバマ大統領が日本の例の普天間基地問題に関して触れた際に、原文の意味と異なった意味に受け取られかねない明らかな誤訳をしたのである。

 NHKからは翌朝には訂正の謝罪があったとされているのだが、どうもその誤訳は意図的な誤訳ではないかと思われるくらい巧妙に仕掛けられ言葉がすり替えられている印象なのである。

NHKによれば、同時通訳では
「沖縄の普天間基地の移転について、より柔軟に対応したいと思います」
としたが、正しくは
「沖縄に駐留する海兵隊のグアムへの移転を前進させることを再確認した」
と訳するのが正しかったと訂正したとのこと。

 この点、White House のサイトを確認すれば、原文は

Our new guidelines complement our effort to realign U.S. forces across the region, including on Okinawa, in order to lessen the impact of our bases on local communities. And I reaffirmed our commitment to move forward with the relocation of Marines from Okinawa to Guam.

 となっている。

 White Houseの文を私なりに翻訳すれば

 「我々の新ガイドラインでは、沖縄を含む基地の地元社会への影響を減らすという要望に基づいて、全域で米軍の再編成に向かっての努力を完遂させる。そして私は海兵隊の再配置により沖縄からグアムへ移動するという約束を再確認した。」

となる。(やや意訳な私の個人訳だが大きな誤訳はないと思っている)

 つまり、NHKの同時通訳では原文には書かれていない普天間という言葉が訳文が付け加えられ、「グアム」という言葉が何故か抜け落ちているのである。

 日本国内で沖縄の普天間基地から辺野古基地の新設移転に対して、反対・賛成が騒がれている現在において、この米大統領の発言は非常にターニングポイントになるような発言にも拘わらず、NHKの同時通訳は、まるで日本政府側の意図を汲み取ったかのような誤訳となっているのである。

 つまりNHKの訳だけを聞けば、あたかもオバマ大統領が普天間から辺野古への移転を容認したかのように受け取られかねない内容となっている。

 これは、どうも世論に対する印象操作が行われたと見られたとしても仕方のないほどの誤訳である。

 繰り返すが、原文では普天間とは言っておらず、移転先として挙げているのは辺野古ではなくグアムなのである。

 そして何故か、日本の大手新聞たちもこぞってこの発言に関してNHKの誤訳をそのまま引用して「オバマが大統領が沖縄の普天間基地の移転について、より柔軟に対応したいと語った」と報道したようなのである。

 日本の大手新聞の担当だって私程度が理解できる英語の誤訳が分からないわけはないのに、NHKの誤訳に同調したのかその誤訳をそのまま使っており、意図的に誤訳報道を行っているように見えるのである。

 各大手新聞とも、後になってまるで用意していたかのような訂正記事をちょっこと出したが、重大な部分の誤訳であるはずにも拘わらず、最初の誤訳の記事に比べあまりにも扱いが小さい単なる辻褄あわせ程度の訂正記事でしかなく、世論への影響を覆い隠すがごとく、どうにも姑息な報道コントロールが行われたように映る。

 日本のマスコミは、いつからこんなに姑息な報道機関になってしまったのだろうか?

 悲しいかな日本の報道機関がこんな状態ではどこかの国を笑えない状態なのである。

am100_sc004

浅草のマツキヨは中国人客だらけ

浅草のアサヒビール本社

浅草のアサヒビール本社

建設中のスカイツリー

建設中のスカイツリー

今日は隅田川の桜見物がてら浅草まで買い物に出かけた。
買い物というのは上海の友人に頼まれた化粧品なのだが、預かったのが人民元なので決済も銀聯カードの方が楽だろうと思い、わざわざ銀聯カードの使えるマツキヨを探し、出かけて行ったのが浅草の新仲見世にあるマツキヨである。

浅草のマツキヨ

浅草のマツキヨ

浅草の仲見世

浅草の仲見世

顔だけでは判断できないが 中国人客は多い。
 さてさてここで店内に入ってみてちょっと驚いた。

 店舗自体は普通のマツキヨで、並んでいる商品も普通の商品が並んでいるのだが、買っている客層が全く違っていた。なんと中国人だらけなのである。
 店内には商品について会話する中国語が飛び交い、通訳と思しき人が店員との会話を翻訳している姿が店内のあちらこちらに見られた。その中国人の合間を縫うように数人の少々年食った日本人が数人ちょろちょろと商品を見ていたが、店はほぼ中国人に占拠されている状態だった。

 幾ら外国人観光客の多い場所柄とは言え、ここまで中国人だらけとは思わなかった。どうやら今や浅草のマツキヨは日本土産の化粧品を買い求める中国人観光客の定番ルートと化しているようだった。

 もちろん、今や中国にも日本の化粧品はそれなりに輸出されているが、当然の如く関税や輸送費の問題で割高になっている。今回私が買い物を頼まれたのもやはりその価格差の問題であり、品質、品揃え、価格の問題でまだまだ上海のデパートより日本のスーパーということらしく、私が日本に帰ることを聞きつけた友人が今回私に頼んだのである。

 つまり今回の私の買い物だって、買いに行ったのは日本人の私だが、実際にお金を出しているのは友人なので実質的には中国人の買い物ということになる。そのくらい日本に対する中国人の買い物熱はすごいようだ。
 まあ以前から話には聞いていたとはいえ、ここまで中国人の買い物パワーを実際目の当たりにすると本当にビックリする。

 このマツキヨの光景は年老いた日本人と元気一杯の中国人という、今の経済の勢いを象徴するような対照的な光景である。

 まあ元気の無い日本経済にとって、今や中国人買い物客は本当に有り難い客であることは間違いないが、そうはいってもやっぱり何とか日本人自身にも元気を取り戻して消費を増やしてもらいたいなと思った今日の光景である。

日本語が下手な中国の日本人

先日、知り合いの翻訳会社から日本語の添削を頼まれた。中国人が書いた日本語ならよくある話であり以前からも良く頼まれていたのだが、今回は明らかに日本人が書いた文章である。何故それ分かったかというと「てにをは」はほぼ問題なく、間違えた場所があるとしても日本人にありがちな間違え方だったからである。
 しかし送られてきた文章は非常に直訳的で、中国語の構文をきちんと捉えていないようで、翻訳文章は日本語文法は正しくとも、全体として文章の意味の通らないような箇所が何箇所もあった。特に主述関係がぐちゃぐちゃで、主語と述語が結びついていなく、長い一文の中で、主語に対してかかるべき動詞がないまま、文章が終わっているような文章も多々あった。恐らく留学生か誰かを使って日本語に翻訳させたものであろう。
 本当は彼らのほうが私なんかより中国語の勉強時間や、語彙力に関してははるかに上のはずであり、もっと正確に中国語を理解できるはずで、綺麗な翻訳文が出来上がってきても良いはずである。

 しかし現実ではそうではない。

 この翻訳者は中国語は上手になったのかもしれないが、日本語がまだまだなようである。少なくとも翻訳された文章が日本語として意味の通るものか、翻訳した本人が理解できる内容になっているかを本人が理解できなければならないのに、わけのわからなくなっている文章が翻訳文として提出されている。
 これは中国語能力というより日本語能力の問題である。
 幾ら中国語が上手になったとしても母国語側の日本語能力がこの状態では、例えば中国語を生かして働こうと思った場合、日本人人材としての評価は厳しい気がする。

 私なんかの中国語能力は、長く留学した方に比べれば会話も読解も圧倒的に低いのだが、日本語として最低限の常識的な文章と、言葉や仕事に関する「勘」で何とか中国でも仕事が成り立っていると思っている。
日本語文章もこのブログの文章を見ていただければわかるように、決して綺麗ではないが、とりあえず意味の通る文書を書くことができている。(はずだと思いますが最近誤字が多い気が、、、)

 最近上海で仕事をしていて特に感じるのは日本人の人材には日本人としての日本語の能力を要求されているということである。
 上海には日本語のできる中国人がたくさんいるので今の私の仕事の範囲では中国語の能力が高くなくても、コミュニケーションやビジネスの商談に関しては何とかなっている。
 しかし、今回のように小さな翻訳作業や日本語文章の作成時に「日本語のできる中国人」では難しいレベルの文章を要求され場面が多々あり、中国にいるのに中国語で神経を使う場面より日本語で神経を使う場面がとても多い。
 中国語のレベルの低い私がそうなのだから、留学を経て高度な中国語能力を持つ日本人として評価されたい日本人は、同時に高度な日本語能力を求められるといってほぼ間違いないと思う。母国語であるからといって安心してていてはいけないのである。
 外国において、日本語の文章が下手糞だと見られてしまうことは、中国語が下手だと思われるよりとても恥ずかしい。もちろんこれは中国語に限らず英語圏でも同じだ。
これから外国語を勉強し、外国語を武器に働こうと思っている方は是非まず、ご自身の日本語能力を点検することをお勧めしたい。