Tag Archives: ルール

ごみ分別が始まって、さらに環境悪化

 先月7月1日から上海でもごみの分別が始まって、これまで一緒くたに捨てていたごみを生ごみと可燃物、資源ごみなどに分けて捨てることになった。
 これにより、ごみ資源の活用などが進むことが期待されていたようだ。

 しかしながら、私の住んでいる住宅エリア(小区)では、どう考えても失敗というか環境悪化に向かってしまっている。
 分別自体に問題があるわけではないが、収集方法に問題があるのである。

 施行前までは一回の入り口脇に置いてあったごみ収集ボックスの中に、全てのごみをごちゃまぜで捨てていたが、条例施行を受けて分別しなくてはならなくなったため、小区の中の何カ所に種類別の収集ボックスを集中設置した集中回収方式に移行した。
 朝晩の2時間ずつ、毎日回収されることになった。

 従って、住民はごみ捨ての度にごみを回収ステーションに捨てに行かなければならなくなった。
 私は現在自炊をしてないためそもそも生ごみは出さないが、ごみ分別は以前から行っており、今回のルールも把握できたため、面倒くさくはなったが、指定された分別ステーションにゴミ出しに行くことになった。

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

上海で見かけた日本の甲府市のごみ袋

 しかしどうもこの方式が失敗したという印象である。
 徹底的に告知が不足している
 集中分別回収方式について、改正当日あたりに一瞬告知のようなものをエリアの掲示板で見かけたが、どう考えてもそれだけでルールの周知が徹底されたとは考え難い状況だった。

私はそれを写真に収めたためルールを把握することが出来たが、知らない人が大勢いるはずである。

 しかもその後改めて探してみても、その小区ルールを記した掲示などがどこにもないのである。
 結果、ルールが徹底されていないため、入り口わきの元の回収ボックスがあったスペースに、ごみが野置きされるようになった。
 もちろん生ごみもである。

 すると、ごみが山積みになった上にハエが集る状態になり、非常に不衛生になった。
 1ヶ月半が経過した今もその状況は改善されてない。

 その野積みされたごみは結局、従来通りの回収担当者がリアカーでごみを回収して回るのであり、以前に比べ何も進歩がないどころか寧ろ退化した状況になっている。

 まあ聞くところによると、今回のごみ分別回収は生ごみの分別が主目的らしく衛生管理やバイオリサイクル的なもののが主眼にあるようだが、現状衛生状態は逆に悪化しているのである。

 まあ社会においてルールの周知徹底というのは永遠の課題であるのだが、それにしても私の小区では対策について下手を打った印象である。
 良いルールも告知して情報を共有しないと機能しないという良い例である。
 
 私が見る限り、中国人は相手の心理がわからないのかどうも情報共有が下手であると感じている。

一人っ子時代の暴行問題の解決方法

ここしばらく日本で騒がれている日本の大相撲の横綱日馬富士の暴行問題だが、それに関連するネット上のコメントなどを見ていて気になったのは、「暴力は法に基づいで裁かれるべき」だという論調。

その理屈自体は正論であり、否定するものでもないのだが、そういう批判をする人たちが「古い考え方」として否定する和解的な解決法というものが何故最近否定されるようになってきたのか気になったのである。

もちろん、一方的な暴力は許されるべきではないが、例えば個人対個人の喧嘩のような状況だったりする場合、お互いのケガの程度によっては、双方が和解すれば済んでしまうものも有るはずであるが、今の状況だと究極的には双方に暴行罪や傷害罪が適用されてしまう状況にある。

どうも今回の貴乃花親方の態度の如く、法やルールに照らし合わせ白黒はっきりつけないと気が済まない風潮が支配的に感じられるのである。
例えて言うなら自動車の事故の如く6:4とか過失割合を厳密に決めないと気が済まない様な雰囲気なのである。

しかし、必ずしも法やルールに依拠しなくても解決する方法も社会としてあっても良いはずというのが私の考えでもある。
まあ、その風潮の是非はともかく、現在どうしてこのような風潮になっているのかを考えてみた。

で、私なりに考えた現代の「社会の法依存・ルール依存」の要因は、社会の一人っ子時代の進行と核家族社会の進行が原因ではないかということ。

以前「中国から「おじさん」がいなくなる日」というブログでも少し触れたが、一人っ子時代の進行、つまり兄弟関係が無くなることにより、家族一つ一つの存在が社会から孤立した存在になりつつあるというのが今の社会である。

どういうことかと言えば、兄弟姉妹が多ければ多いほど、一組の夫婦やその子供にとって、親戚やおじさん・おばさんの関係が生まれるのだが、一人っ子社会ではそれが存在しないのである。

前回のブログにも書いたが「この「おじさん・おばさん」というのはある意味身内でもあり、一方で完全に家族の人間であるわけでもなく、言わば家族と世間の中間にある存在」である。

つまり、「一つの家族が社会から完全に孤立しないように繋いでくれる、社会と家庭内の風通しを行なう窓の様な存在である」はずなのである。

しかし、現実的には一人っ子が増え、おじさんおばさんが少くなっており、「家族の外はいきなり公衆・公共の場となり、そこは単なる法律的・社会的ルールにのっとった社会平等的な関係しか存在しない」社会となり、身内の情などでの問題処理が行われにくくなる社会となっているのである。

また、田舎の地縁を離れて都会で核家族化した状態で暮らす人々が増えたことも状況に輪をかけている。

隣は何をする人ぞ」の言葉にあるように、都会の暮らしでは転勤や転居の頻度が高く、十分な地縁を結ぶ時間が与えられず、やはり法律的・社会的ルールにのっとった方法でしか結びつかない社会が形成されてしまう。

そういった社会の中の家族環境で育つ人間は、結果的に血縁や地縁の情などで問題を解決したりする経験がなく、ただ社会ルールによってのみトラブルを解決方法する手段しか経験せず成長することになる。

つまり、かつて当たり前で存在していた「内々で」とか「穏便に」というのは、実は兄弟姉妹が多かった時代の一族社会、或いは地縁が豊かな地域社会の解決方法だったものであり、仲間意識によって法律や公共ルールに依拠しない形での内側のルールによる問題解決方法なのである。

しかしそれらは、そういった仲間意識や一族意識を所有しない一人っ子時代社会に育ってきた人にとっては、法律やルールが適用されない「古い社会」に映るのであり、内々に処理されることを隠ぺい体質として批判するのである。

確かに内々に穏便に処理することは「隠ぺい」とも言えるが、決して泣き寝入りさせることではなく、共通の一族意識を持った人々がいるからこそ一族を守るために働く力学でもありそれを「古い社会」として100%否定すべきものかは難しいところがあると考える。

 例えば「古い社会」では、一族や集団の為に個人が時々損をする面もあるが、全体を裏切らない限り多少の問題を起こしても内包され、個人は切り捨てられずに救われる部分がある。

一方でこれに対する「法律や公共ルールに依拠する」ことによって成り立つ「新しい社会」(具体的にこう呼ばれているわけではないが「古い社会」の対立概念として呼ぶとして)では、ルールに違反すると切り捨てられ再起をするチャンスが与えられなかったり、各自が社会との繋がりの意識や共通意識を持てず孤立化し、ルール社会の中に埋没しやすい状況が生まれる状況となる。

こういった二つの社会概念の意識の相違が、現実に進行している今回の「日馬富士暴行問題」における協会体質への批判だったり、貴乃花親方の行動や主張なのではないか、そのように感じるのである。

古い社会と新しい社会、どちらがいいとは一概には言えないが、相撲協会を「古い社会」と批判しルールや法律を振りかざそうとする意識の人々が増えていることは、社会の少子化による個人の孤立化が大きな影を落としているような気がするのである。

寅さんの名言より
「理屈を言うんじゃないよ、大事な時に!」

甲子園女子マネ問題に見る安易な時代錯誤論

 先日、夏の甲子園大会の事前練習において、大分高校の女子マネージャーが禁止されているグランドへの立ち入りを行なって注意されたとの報道があった。

 禁止されている理由としてグランド内は危ないから安全上の理由から女子は立ち入らせないのだという理由が伝えられている。

 これを巡って、ネット上では「今時なんて男女差別なルールなんだ」とか「男子ならケガをしてもいいのか」などと言う意見が飛び交っている。
 一見至極まともに聞こえるこれらの意見だが、私からするとあまりにも安易な時代錯誤論というか、陳腐な男女平等論に映る。

 どうも、これらの意見はこのルールが定まった本質的な理由を見誤っているという気がするのである。

 女子がグランド内に立ち入ってはいけないのは、確かに女性本人を守るという意味があるのかもしれないが、理由はそれだけではないと思われるからである。 

 つまり、全員が男子生徒で構成されている甲子園の高校野球の選手たちの中に、女子マネージャーが紛れ込むことによって高まる危険要素が別に存在すると言えるからである。

 その危険要素とは、私が推測するに男子選手たちの気が散って集中力を欠くということではないかと思われる。

 グランド内は非常に硬い硬球が飛び交ったり、バットが振り回される空間であり、集中力を欠いてちょっと気を許せばあっという間に大けがに繋がる場所である。

 数年前札幌ドームでボールに集中していなかった観客の女性が失明してしまった事故があったが、野球が行われるグランドという空間はそれほど危険と隣り合わせなの場所となっている。
 つまりそういった空間だからこそ、常に緊張感を持って動かなければならないのであり、集中力が求められる場所なのである。

 もちろん野球部の女子マネージャーをやっているような女の子ならば、本人がグランドが危険な空間であることくらいは心得ているだろうが、問題はそこではないのである。

 男子だけで練習や試合をやっている分にはグランド内でそうそう緊張感や集中力を崩すことはないかもしれないが、異性である女子マネージャーがうろうろすれば、男子たちの集中力が削がれる原因となる可能性が高いのである。

 女子マネージャー本人が危険を自覚して行動できたとしても、実はうろつかれたほうの男子は女子がいるだけ(可愛いならなおさら)で気もそぞろになるわけで、その結果集中力を欠いてケガに繋がる危険度が高まるということなのである。

 つまりかのルールは女子マネージャーの身の危険だけを心配して作られたルールではないのだろうと思われるのである。

大分高校の女子マネージャーの首藤さん

大分高校の女子マネージャーの首藤さん(引用元

 まあ自チームのマネージャーであれば日常から顔を合わせているので、甲子園だからといって突然ドギマギすることもないかもしれないが、対戦チームに可愛い女子マネージャーが現れれば、ドギマギするのが若い男子高校生の宿命といえ、理屈で整理してもどうにもならない人間の本能なのである。

 つまりそんな状態で選手がもし野球に集中せず敵の美人マネージャーに気を取られれば、怪我をする危険度が増すという話なのであって、それ故に女子の出入りは禁止するというルールなのであろうと察する。
 
 もし女子マネージャーのグランド入りを許すルールとなれば、可愛らしさを逆手に取った攪乱要員として女子マネージャーをグランドに送りこむ卑劣な学校も絶対ないとは言えず、やはり好ましくないと言える。

 こういったことから考えて行けば、男子だけで行われる高校野球のグランドに、女子が踏み入れることを禁止するルールは一定の合理性があると考えられるのであり、安易な男女平等論では片付けられないものといえるのである。

 それなのに分かったような論理ですぐに時代錯誤論や男女平等論を振りかざす世の中の反応は、どうもあまりにも安易で浅はかな反応だという気がするのである。

我田引水

 外国からよく言われることだが、日本は政治家は駄目だか官僚制度で持っているとされる。

 まあ確かに、これだけ国の組織がきっちり固まって、なかなか崩れない国というのはなかなかない。

 非常に優秀な彼らの存在なしでは日本という国が回らないのことは私も確かに認めるが、しかし権力を持つ者の常で、彼らは最終的には天下り先で我田引水を行なうという癖というか行動目的があり、それがおよそ唯一でありながら最大の致命的欠点ともいえる。

 どこまで本当かどうか知らないが、最終的に自分の田んぼに水を引っ張るために、対外的な正義のもとに国の制度を組み立て、最後の蛇口が自分の田んぼに繋がるように国の仕組みを作ろうとする人も少なくないとさえ言われる。

写真はイメージ

写真はイメージ

 まあこういった我田引水的な行動は官僚だけの行動ではなく、人は誰しも権力を持つと同じように我田引水を行なうらしい。

 自分の都合のいいように制度やルールをつくり、自分だけが知っている仕組みを利用してジャンジャン水を引く。

 そんなやつはブログの世界にもおり、そんなのを見つけると、世の中どこも同じだなぁと呆れてしまう。

 まあ、官僚のほうが形だけでもずっと対外的な正義の仕事をやっているだけまだましなのだが。。

ルールとモラルはまた別物

日本の野球の巨人の契約金問題が騒ぎになっている。
個人の契約が公表されて、本来各球団の申し合わせで決めていた1億5000万円を大幅に超えた金額で契約がされており、モラルが問われている。

 「開幕を控えたこの時期に何故?」という声もあるが、ほんの2か月ばかりのシーズンオフしかなく、一年中動いているプロ野球にとっては「大事じゃない」時などあるはずもなく、物事の本質ではない。

 むしろシーズン中に明らかになるよりよほどマシである。

 今回の報道に対して、巨人球団は最高標準額は目安であって、規則ではないので問題はないとしているが、では何故契約金の分割払いなど姑息な手段で隠蔽し発覚を恐れたのであろうと素朴な疑問が湧く。

 私は個人的にはいい選手であるなら、素直に評価してあげればいいしそれ故に巨額な年俸をもらっていたとしても何らおかしな話ではないと思うが、今回明らかになった契約金の支払い手法には明らかに隠ぺいの意図が見え、疑問符が残る。

 そして巨人以外の球団は、今回の件について巨人軍を非難すると思いきや懸命に擁護する姿ばかりが目立つ。

 果てこれはどういうことだろうかと少し考えた。

 どこの球団もやっていることだからと言うだけなら簡単だが、では何故そんな「最高標準額」などというよく分からない数字が生まれてきたのかという疑問が残る。

 これは私の推論だが、恐らくこの「最高標準額」という金額は、各球団がそれぞれの選手に幾ら払っているかを分からなくするためのブラインドの役割を果たしていたのではないかと思う。

 つまり巨人軍が資金力にモノ言わせて沢山の契約金を支払っているというのは誰でも知っている話であるが、他の球団はその資金力の差がどのくらいあるのかを入団交渉する新人選手達にあまり知られたくないわけで、そういった意味でどこの球団も上限1億5000万円を目安に払っていると言っておけば不要な札束攻勢をかけずに済むことになり、年棒高騰に歯止めがかかるということになる。

 また、実力がそれほど認められない新人に無意味な年棒交渉をされずに済むという利点もある。

 今回は少なくとも巨人軍ではその最高標準額という言葉が有名無実であったということが判明したわけであるが、その情報が一気に広まってしまったことによって困っているのは実は巨人軍ではなく、他の11球団ではないかという気がする。

 つまり10億も払われていた選手の同期に対して各球団は、「巨人軍は金持ちだから当球団より少し多いかもしれないが、標準額があるのでそれほど大きな差はない」と説明できていたわけで、実際その選手に対しても標準額より少し多い金額で契約をすればその選手の自尊心は満たされ、選手にとっても差をつけられたというプライドも傷つけられずに済むわけであったが、実際実態が明らかになってしまえば実はその差が大きかったことに気づかされる。

 つまり選手としてはあの時のあの話はなんだという球団不信になるが故に、巨人以外の各球団は困るのである。

 結局あの1億5000万円という数字はNPBの12球団が共存共栄を図るために作ったカルテル的協定に他ならなかったような気がする。

 今回巨人ばかりが槍玉に上がっているが、問題視すべき巨人だけではなく新人に金をはらって異様な囲い込みを行なうプロ野球全体の体質のような気がする。

 できれば選手の青田買いのための無用な札束攻勢はやめて、活躍した選手に素直に高額年棒を払って評価すればいいのではないかと思うが果たしてどうであろうか?
 もし選手の育成が必要ならば、育英資金制度のようなものを堂々と設ければいいのいではないだろうか。

 プロとはいえ、スポーツなのだからルール違反はないと見苦しい言い訳でコソコソとせず堂々とやってほいものである。

 ルールとモラルは別物であるから。