Tag Archives: 男性

甲子園女子マネ問題に見る安易な時代錯誤論

 先日、夏の甲子園大会の事前練習において、大分高校の女子マネージャーが禁止されているグランドへの立ち入りを行なって注意されたとの報道があった。

 禁止されている理由としてグランド内は危ないから安全上の理由から女子は立ち入らせないのだという理由が伝えられている。

 これを巡って、ネット上では「今時なんて男女差別なルールなんだ」とか「男子ならケガをしてもいいのか」などと言う意見が飛び交っている。
 一見至極まともに聞こえるこれらの意見だが、私からするとあまりにも安易な時代錯誤論というか、陳腐な男女平等論に映る。

 どうも、これらの意見はこのルールが定まった本質的な理由を見誤っているという気がするのである。

 女子がグランド内に立ち入ってはいけないのは、確かに女性本人を守るという意味があるのかもしれないが、理由はそれだけではないと思われるからである。 

 つまり、全員が男子生徒で構成されている甲子園の高校野球の選手たちの中に、女子マネージャーが紛れ込むことによって高まる危険要素が別に存在すると言えるからである。

 その危険要素とは、私が推測するに男子選手たちの気が散って集中力を欠くということではないかと思われる。

 グランド内は非常に硬い硬球が飛び交ったり、バットが振り回される空間であり、集中力を欠いてちょっと気を許せばあっという間に大けがに繋がる場所である。

 数年前札幌ドームでボールに集中していなかった観客の女性が失明してしまった事故があったが、野球が行われるグランドという空間はそれほど危険と隣り合わせなの場所となっている。
 つまりそういった空間だからこそ、常に緊張感を持って動かなければならないのであり、集中力が求められる場所なのである。

 もちろん野球部の女子マネージャーをやっているような女の子ならば、本人がグランドが危険な空間であることくらいは心得ているだろうが、問題はそこではないのである。

 男子だけで練習や試合をやっている分にはグランド内でそうそう緊張感や集中力を崩すことはないかもしれないが、異性である女子マネージャーがうろうろすれば、男子たちの集中力が削がれる原因となる可能性が高いのである。

 女子マネージャー本人が危険を自覚して行動できたとしても、実はうろつかれたほうの男子は女子がいるだけ(可愛いならなおさら)で気もそぞろになるわけで、その結果集中力を欠いてケガに繋がる危険度が高まるということなのである。

 つまりかのルールは女子マネージャーの身の危険だけを心配して作られたルールではないのだろうと思われるのである。

大分高校の女子マネージャーの首藤さん

大分高校の女子マネージャーの首藤さん(引用元

 まあ自チームのマネージャーであれば日常から顔を合わせているので、甲子園だからといって突然ドギマギすることもないかもしれないが、対戦チームに可愛い女子マネージャーが現れれば、ドギマギするのが若い男子高校生の宿命といえ、理屈で整理してもどうにもならない人間の本能なのである。

 つまりそんな状態で選手がもし野球に集中せず敵の美人マネージャーに気を取られれば、怪我をする危険度が増すという話なのであって、それ故に女子の出入りは禁止するというルールなのであろうと察する。
 
 もし女子マネージャーのグランド入りを許すルールとなれば、可愛らしさを逆手に取った攪乱要員として女子マネージャーをグランドに送りこむ卑劣な学校も絶対ないとは言えず、やはり好ましくないと言える。

 こういったことから考えて行けば、男子だけで行われる高校野球のグランドに、女子が踏み入れることを禁止するルールは一定の合理性があると考えられるのであり、安易な男女平等論では片付けられないものといえるのである。

 それなのに分かったような論理ですぐに時代錯誤論や男女平等論を振りかざす世の中の反応は、どうもあまりにも安易で浅はかな反応だという気がするのである。

上海人男性はぽっちゃり女性が好き

 先日、友人から聞いた話であるが上海人の男性はぽっちゃりした女性を好む傾向にあり、ぽっちゃりタイプは人気が高いそうだ。

 外国人の我々からすると映画などの影響か、上海人女性のイメージというの背が高くすらっとしたチャイナドレスの似合う気高い女性とイメージが何となく浸みついているのだが、どうもそういったタイプの女性は結婚相手としてはあまり人気が無いらしい。

DSC04436

 確かにすらっとした背の高い女性と言うのは、見た目には美しく映るのだが、それだけにプライドが高く男性からすると扱いにくいということらしい。

 そうでなくても、中国の中で群を抜いてわがままだという評価の高い上海人女性であり、当地の上海人男性ならともかく、地方からやってきた男性にとっては田舎人間として相手にもしてもらえないばかりか、付き合えたとしても扱いきれないという意味で敬遠する場合が多いらしい。

 以前にも「2008年04月24日 上海女性との結婚、ある人は薦めるし、ある人は止めろと言い」という文章を書いたが、とにかく上海人女性との結婚は大変なようである。

 そんな上海女性の中でもぽっちゃりした上海女性が好まれるというのは、これは私の推測であるが、恐らくわがまま上海女性のイメージに対する反動で、ぽっちゃりとした体形がイメージする「やわらかさ」「優しさ」に魅かれているということではないかという気がする。

 つまり家庭的な安定を求める男性が求める相手としてはぴったりということなのではないかということであり、それ故に結婚に早く結びつくのだと推測される。
 逆に、上海では・・・これもあくまで私の主観であるが・・・スタイルも良く見た目も悪くないのに30代、40代になっても独身でいる女性を良く見かける。
 日本人同士の会合に顔を出し、日本語もペラペラで頭も良さそうで性格も悪くなさそうなのだが、独身のままになっている人が結構多い。

 こういうスマートな女性と言うのは、あるところで読んだ情報によれば比較的自己管理がしっかりしており、他人に対する依存心が少ないので、それ故に結婚するきっかけがつかみにくく婚期を遅くしており、男性から見ても結婚や家庭というイメージが湧きにくいということのようだ。
 
 まあこういった体型による性格の傾向がどこまであるかは分からないが、上海で20代の時点でさっさと結婚している女性にぽっちゃり形が多いのは確かなようで、上海人男性から見てぽっちゃり女性の人気が高いというのは事実の様である。

上海高島屋に足りない百貨店が儲かる立地条件

 上海に昨年進出した高島屋が苦労をしているとの話を聞く。

 まあ色々理由はあろうと思うが、素人目から見てもあの場所では客の入りは悪かろうという気がしている。

 恐らく当初の目論みでは虹橋開発区のビジネス街や古北新区の高級住宅街に近く、さらに地下鉄駅に直結するという立地条件のため、裕福なホワイトカラー達が利用しやすい場所として選んだのではないかと思われるが、これを見る限りどうも高島屋は老舗の割には自分たちのターゲットとする客層を正確に掴んでいないのではないかと心配になる。

 確かにミドルのホワイトカラーは重要な客層の一つであろうが、我々の生活を考えてみても分かるように、一般のホワイトカラーレベルのファミリー層がデパートで高級品を買うような頻度はそれ程高くない。

 故にビジネス街や住宅街が近いというだけではそれほど客を呼び込めないという気がするのである。

 では、百貨店が儲かる立地条件として何が重要なのかと言えば、私が考えるに「男女が出会う場所に近い」という条件が重要であるという気がしている。

 何故ならデパートの取り扱い商品の大多数は女性物でありながら、実はそれを買い求める際の財布の出どころは圧倒的に男性であり、特に中国はその傾向が顕著となっているため、男女関係の力学の存在なしに消費は大きく動かないのが世の中の道理だからである。

 つまり男性が女性の気を引くために、普段なら買わないような高級品を無理をして買いプレゼントするような行動があるからこそ、百貨店のような高級品ばかりのお店にお金が落ちるのである。
 それ故に百貨店の立地場所として相応しいと言えるのは、既に安定した男女が生活を送る住宅街のそばなどではなく、男女が新たに出会う場所の近くということになる。

 そういった条件にあてはまる場所として考えられるのが、まず映画館やカラオケなどといった娯楽施設のそばであり、更にはKTVやクラブと言った夜のお店のそばだという気がしている。

 夜のお店のそばが相応しい立地条件と言われたら、百貨店関係者からすると馬鹿にするなという意見もあるかもしれないが、銀座に老舗の百貨店が多いのは銀座のクラブの存在なしには語れず、大阪の梅田だってキタの存在なしには成立していないのだという気がするのである。

 振り返って上海の状況を見てみれば、2号線の婁山関路駅上にあるパークソンは出来てからそれほど間もないのに賑わっている背景には、向かい側のビルに日本人向けKTVや量販式の一般カラオケがあり、男女が集う条件が整っているからだと思われる。

 実際、KTVのそばの百貨店で鞄や洋服を買わされたという日本人の男性駐在員の声を聞くことは少なくない。
 
 これらのことから考えて、上海の高島屋が成功するには百貨店単独の努力だけでなく、もう少し周囲に男女が集う条件を整える努力をするべきであろうという気がしている。

 まあKTVやナイトクラブを誘致せよとは言えないが、せめてカラオケや映画館、ボウリング場などと言った男女が集うための娯楽施設を周囲に呼ぶような努力をしない限り、あの場所で成功するのに何年かかるか分からないというのが私の印象である。

「さだまさし」さんの魅力は母の声?

 最近、中国のテレビを見ているうちに、ちょっと思うところがあって「北の国から」のあのテーマ曲が聞きたくなってCDアルバムを聞き返してみた。

 「あーあー・・・」というあの曲である。もちろん歌っているのは男性シンガーソングライターの「さだまさし」さんである。

 ここで当たり前なのにわざわざ「男性」と断ったには訳がある。

 実は今回この曲を聞いているうちに、歌声が女性のもののように思えてきたのである。

 それも若い女性ではなく、年老いかけた女性で声に苦労を重ねた年月が感じられるようなちょっと濁った深みのある声質の、子を持つ母親のイメージの女性である。

 「結(ゆい)のテーマ」の曲でも同様のハミングが聞かれ、これもとても男性とは思えず、まさに母の声である、というか最近まで彼だと気がつかなかった。

 元々「さだまさし」さんは男性としては音域が高い声質のシンガーであるが、その音域は実は女性の平均的な声域の低いところと重なる。

 この声を以って歌詞を言葉にせず「あーあー」とただ声を発して歌うことにより、声の性別の判別がつきにくくなり、あたかも女性歌手が母の愛を歌い上げているように聞こえるという錯覚に陥る。

 歌詞を歌えば、どうしても元々男女で持っている声域が違うため、男か女かは区別がついてしまうので、スキャットで音域をだけを聞かせていることがポイントであろう。

 実はかの曲を名曲足らしめているのはここにミソがあるのではないかと私は感じた。

 曲のタイトルは「遥かなる大地より」となっているが、「大地」はつまり「母なる大地」であり母親の包み込むような愛がそこに存在する曲である。このドラマもそういったドラマである。故にあまり男性的な声質ではマッチングしないのである。

 ならば男性の「さだまさし」ではなく、女性の歌手が歌っても良さそうなものだが、まあそこもドラマとマッチングした妙味である。

 主人公の「純」の母親役は、不倫離婚の末に途中で他界する設定で、このドラマの中心は父親と3人暮らしで成長する姿である。
 つまり父親が母親の気持ちを背負って子供を育てているというドラマになっているため、男性である「さだまさし」が母心を歌うというのは一つ道理がかなっている。

 もっとも、本人によるとあの「あーあー」は狙って作ったものではなく、作家の倉本聰さんに呼び出された時に、突然に作詞作曲をやらされたので、即興の曲を仕方なくスキャットで歌ったところそれがそのまま採用になったという偶然から生まれたものである。
 それがあの大ヒットになるのだから世の中何が幸いするか分からない。

 さらに知識として補足すると、作家の倉本聰さんに作曲作詞を頼まれたとき、本人は九州出身(長崎)の自分には北海道のドラマは合わないでしょうと一度は断りかけたらしい。
 しかし「さだまさし」さん本人は確かに長崎の生まれではあるが、父親や祖父は戦時中に中国大陸を舞台に活躍しており、本人自身もそれを追いかけたドキュメント映画「長江」を作成するなど、家庭環境的にも本人の体験的にも、北海道ではないが大陸の大地の懐の深さを知る人間である。

 北海道と中国の内陸部というのは環境的にも人柄的にも似通う部分はあり、中国のテレビドラマを見てて感じる部分が多々ある。
 そんな生い立ちや環境を知ってか知らずか、倉本さんが強引に彼を指名してあの曲となった。

 こうやって考えると、名ドラマに彼が添えたあの曲は、成り立ちは偶然なのかも知れないが、一ドラマの主題歌という枠を超えて彼自身の声質と祖父の代からの人生のドラマが生んだ必然のヒットのような気がしてならない。

 あの曲を聴くとやっぱり時々胸がじんとする。