Tag Archives: おばさん

一人っ子時代の暴行問題の解決方法

ここしばらく日本で騒がれている日本の大相撲の横綱日馬富士の暴行問題だが、それに関連するネット上のコメントなどを見ていて気になったのは、「暴力は法に基づいで裁かれるべき」だという論調。

その理屈自体は正論であり、否定するものでもないのだが、そういう批判をする人たちが「古い考え方」として否定する和解的な解決法というものが何故最近否定されるようになってきたのか気になったのである。

もちろん、一方的な暴力は許されるべきではないが、例えば個人対個人の喧嘩のような状況だったりする場合、お互いのケガの程度によっては、双方が和解すれば済んでしまうものも有るはずであるが、今の状況だと究極的には双方に暴行罪や傷害罪が適用されてしまう状況にある。

どうも今回の貴乃花親方の態度の如く、法やルールに照らし合わせ白黒はっきりつけないと気が済まない風潮が支配的に感じられるのである。
例えて言うなら自動車の事故の如く6:4とか過失割合を厳密に決めないと気が済まない様な雰囲気なのである。

しかし、必ずしも法やルールに依拠しなくても解決する方法も社会としてあっても良いはずというのが私の考えでもある。
まあ、その風潮の是非はともかく、現在どうしてこのような風潮になっているのかを考えてみた。

で、私なりに考えた現代の「社会の法依存・ルール依存」の要因は、社会の一人っ子時代の進行と核家族社会の進行が原因ではないかということ。

以前「中国から「おじさん」がいなくなる日」というブログでも少し触れたが、一人っ子時代の進行、つまり兄弟関係が無くなることにより、家族一つ一つの存在が社会から孤立した存在になりつつあるというのが今の社会である。

どういうことかと言えば、兄弟姉妹が多ければ多いほど、一組の夫婦やその子供にとって、親戚やおじさん・おばさんの関係が生まれるのだが、一人っ子社会ではそれが存在しないのである。

前回のブログにも書いたが「この「おじさん・おばさん」というのはある意味身内でもあり、一方で完全に家族の人間であるわけでもなく、言わば家族と世間の中間にある存在」である。

つまり、「一つの家族が社会から完全に孤立しないように繋いでくれる、社会と家庭内の風通しを行なう窓の様な存在である」はずなのである。

しかし、現実的には一人っ子が増え、おじさんおばさんが少くなっており、「家族の外はいきなり公衆・公共の場となり、そこは単なる法律的・社会的ルールにのっとった社会平等的な関係しか存在しない」社会となり、身内の情などでの問題処理が行われにくくなる社会となっているのである。

また、田舎の地縁を離れて都会で核家族化した状態で暮らす人々が増えたことも状況に輪をかけている。

隣は何をする人ぞ」の言葉にあるように、都会の暮らしでは転勤や転居の頻度が高く、十分な地縁を結ぶ時間が与えられず、やはり法律的・社会的ルールにのっとった方法でしか結びつかない社会が形成されてしまう。

そういった社会の中の家族環境で育つ人間は、結果的に血縁や地縁の情などで問題を解決したりする経験がなく、ただ社会ルールによってのみトラブルを解決方法する手段しか経験せず成長することになる。

つまり、かつて当たり前で存在していた「内々で」とか「穏便に」というのは、実は兄弟姉妹が多かった時代の一族社会、或いは地縁が豊かな地域社会の解決方法だったものであり、仲間意識によって法律や公共ルールに依拠しない形での内側のルールによる問題解決方法なのである。

しかしそれらは、そういった仲間意識や一族意識を所有しない一人っ子時代社会に育ってきた人にとっては、法律やルールが適用されない「古い社会」に映るのであり、内々に処理されることを隠ぺい体質として批判するのである。

確かに内々に穏便に処理することは「隠ぺい」とも言えるが、決して泣き寝入りさせることではなく、共通の一族意識を持った人々がいるからこそ一族を守るために働く力学でもありそれを「古い社会」として100%否定すべきものかは難しいところがあると考える。

 例えば「古い社会」では、一族や集団の為に個人が時々損をする面もあるが、全体を裏切らない限り多少の問題を起こしても内包され、個人は切り捨てられずに救われる部分がある。

一方でこれに対する「法律や公共ルールに依拠する」ことによって成り立つ「新しい社会」(具体的にこう呼ばれているわけではないが「古い社会」の対立概念として呼ぶとして)では、ルールに違反すると切り捨てられ再起をするチャンスが与えられなかったり、各自が社会との繋がりの意識や共通意識を持てず孤立化し、ルール社会の中に埋没しやすい状況が生まれる状況となる。

こういった二つの社会概念の意識の相違が、現実に進行している今回の「日馬富士暴行問題」における協会体質への批判だったり、貴乃花親方の行動や主張なのではないか、そのように感じるのである。

古い社会と新しい社会、どちらがいいとは一概には言えないが、相撲協会を「古い社会」と批判しルールや法律を振りかざそうとする意識の人々が増えていることは、社会の少子化による個人の孤立化が大きな影を落としているような気がするのである。

寅さんの名言より
「理屈を言うんじゃないよ、大事な時に!」

運転の合間にスマホでゲームをするおばさん

 以前からバスで移動するケースは多いのだが、バスの中では目が疲れるので自分のスマホはあまり見ないようにしている。
 そのため、たいていは車窓の外の風景を観察していたりするのだが、バスから外を眺めていると、車を運転しながらスマホをいじっている人の姿をよく見かける。
 まあスマホの出たての頃よりはかなり減っているという気がしており、そんなに多いという訳じゃないが、それでも感覚的には20台に1台くらいの割合ではまだ運転中にスマホをいじっている。
 しかも一般乗用車だけでなく、タクシーや公共バスの運転士も例外では無かったりするのであり、職務規定的にどうなのかなぁという疑問も涌いたりする。
 上海でもこの「ながら運転」の危険性は認識されていて、通話中に悲劇を招いた人の家族を模したCMもながされている。
 ただ、中国のその他の一般的なマナー水準からすると、運転中の通話くらいは許容範囲として含まれるのかなという印象で、我々外国人が目くじらを立てるようなものではないような気もしており、私も許容するようになってしまっている。

 しかし、ながら、昨日見かけた中年のおばさんの運転態度は、こんな中国でもちょっと見過ごせないレベルに感じたものだった。
 なんと、車が信号待ちで停車している運転の合間にスマホでゲームに興じていたのである。
 いわゆるテトリス系のパズルゲームで、やや渋滞気味の道路でバスの横を走っていた車だったのでよくその様子が見え、車が停止するたびにゲームに興じていたのである。
 さすがにこれは危ないと感じた。
 しかも、他人との会話などではなくゲームであり、運転中に対応しなければならない必然性など全くなく、例えば信号待ちの停車中だけだとしても、目に疲労感を与えるなど良い影響は全くない。
 まあ、もしこの女性が万が一自爆事故を起こして死んでしまっても本人の自己責任として仕方ないかもしれないが、他の車や歩行者を巻き込むような事故を起こさないとは限らず、巻き込まれた方はたまったものではないので是非改めて欲しいと感じた。
 そんな風景を見ていた時、偶然にもバスの車内広告モニターには、例の「ながら運転」に警告を鳴らすCMが流れていたが、バスの外にはどうにも届いていないようである。
 どうもあのCMはバスの車体の内側に流すより外側にも張り出すべきだという気がする。
 この件について日本だって程度の差こそあれ同じような状況はあるはずなので、「中国だから」ということは言えないが、どこのドライバーも安全のために運転中は運転に集中してほしいという気がするのである。

花配達のおばさん

地下鉄で両手に花のおばさん

花配達のおばさん

花配達のおばさん


今朝地下鉄に乗車している際に、両手にビニル袋を抱えたおばさんを発見した。
良く見ると、両手のビニル袋の中には花があるようで、どうやら花の配達に出張しているようだった。

日本では日中に個人の職場に対して花が届けられるケースはあまり多くないが、中国では恋人や奥さんに対して、職場に直接花が届けられるという事は珍しくない。
 なので、花の配達人は昼間から活躍することになるのだが、バイクやトラックではなく地下鉄で配達出張するところが中国らしいと言えば中国らしい。

 しかし、このおばさん両手に花と言ってしまえば聞こえはいいが、両方の腕の花を常に上向きに抱えて運ぶのは結構つらい作業のような気がする。
 流石に肘は下がった状態だったが、両手が埋まっているので持ち換えるのも容易ではなさそうだ。
 どこまでどのくらいの時間をかけて配達するのか知らないが、重さはなくともこの花の配達は見た目以上の重労働のような気がする。

花配達のおばさん

人の間を慎重にすり抜けていく

花配達のおばさん

背中にはしっかりと広告が