Tag Archives: 中国製品

醗酵黒にんにく香醋で倦怠感脱出の効果

 半年前に一時帰国した際に、マツモトキヨシで購入したサプリがこのオリヒロ社さんの「醗酵黒にんにく香醋」。

醗酵黒にんにく香醋

 そもそも最近歳をとってきたのか、日々身体が重い状態が続いていたため、仕事にも影響が出始めて突破口になればと思い飲み始めたのである。

 で、飲み始め当初はあまり体調の回復を意識することなく、復調していったので本当にこのサプリの影響なのかどうかわからなかった。

 そうこうするうちに、最初の1パック(45日分)を飲み切ってしまい、摂取が途絶えた。

 すると、途端に倦怠感が戻ってきてしまい、このサプリが効いていたんだということを思い知らされたのである。
 結局そのままでは倦怠感は一向に良くなる気配がなく、やはりこのサプリに頼ることにして、慌てて日本を行き来している友人に買ってきてもらい、再度飲み始めた。

 するとやはり、また体が軽くなったのである。

 うわぁ、これはサプリの効果で大変ありがたいと思うと同時に、半分麻薬のようなもので、このサプリを飲み続けないと体調は維持できないのかなと思うと寂しいものがある。
 しかしとにかく、このサプリを飲み続けているうちは体が軽いのである。

このサプリは、長野県産のにんにくと、中国の雲南省禄豊地方で獲れたもち米から作られた香醋を粉末化してパッキングしたものとのこと。
 ネット上のレビューを見ると中国産ということで不安を感じている方もいるようだが、上海で暮らすこちらには中国の香酢がうまいことはよくわかっているし、中国産と言われても抵抗感がない。

醗酵黒にんにく香酢 裏

 価格はネット通販の表示価格によると1パック180粒45日分で1500~2000円程度で、月当たり1000~1300円といったところで、まあお手頃だろう。

 とは言え個人的にはなかなか日本に帰る機会が少ないので、転送サービスなどを利用して取り寄せたり友人に頼んだりしているため、私の購入費用はもう少し割高になっている。

 しかしながら体調維持にこの程度の価格で済むならはこの「醗酵黒にんにく香醋」は手放せなくなっている。
 まあ誰の体質に合うものであるかどうかはわからないが、身体が重いと感じている人は試してみる価値は大だと思う。


ドアの鍵が壊れて家に閉じ込められる

 数週間前、住んでいる部屋の鍵が突然壊れた。
 鍵のユニットの内部でバネか何かが折れたらしく、鍵が閉まった状態のままになり扉が開かなくなったのである。
 幸い当日は土曜日であり、当日これといった外出の用事もなかった。
 とはいえ、このまま部屋から出られないのは困る。

 実は私の借りている部屋は少々特殊な造りとなっていて、トイレやシャワーの空間が独占利用空間ではあるが、部屋の外にあり、この鍵の壊れた扉を開けなければ行けない場所にあった。
 つまり扉を開けない限りトイレには行けなかった。
 
 ただ逆に、水分や食料は扉の内側にあるため、飢えるような状態ではなかった。
 もちろん、迂闊に食べると排泄が不便なので最小限に控えるしかなかった。

 早速大家に連絡を入れる。
 大家はすぐそばに住んでいるので、入ればすぐ来てもらえるはずだったのだが、外出しているようだった。
 これは困った。
 とりあえず、微信にメッセージを残した。

 扉の異常に気付いたのが午前10時頃で、大家がようやくやってきたのが午後3時過ぎだった。
 大家と扉越しに会話し、扉が壊れたとことを説明した。
 
 すると大家はああだこうだ色々鍵をいじり始めたが、なかなか開かなかった。

 結局扉をはめ込んである部屋の壁ごと壊しにかかり、扉と扉枠の間にバールのようなものを差し込んで、扉を押し込んで強引に開けた結果、無事扉が開いた。
私は数時間ぶりに救出された。

 なんだか災害救助を受けたような感じで、助け出された瞬間はちょっと感動した。

 そして急いでトイレに駆け込んだ。(笑)

 上海の住宅のユニットはそれぞれ耐久性がないため、長く同じところに住んでいると時々こういうことが発生するが、今回は昨年のぎっくり腰並みの時並みの生命の危機を感じた出来事になった。

 結局壊れた扉は辛うじて鍵が閉まるようになり、近々予定している部屋の改造工事の際に修理してもらうことになった。
 まずは無事で脱出が出来てひと安心であった。

ドアノブを外した状態

スマホより弱いスマホ画面保護カバー

 今年の初め、スマホを落とした際にスマホの画面にヒビが入ったような状態になってしまった。
 「あちゃぁ、やってしまったなぁ。。」という感じだったが、後悔先に立たずで、ヒビわれてしまったものは仕方ない。

 幸いにもスマホの機能に影響は無いようであり、まあいずれ買い替えようという気持ちにはなったが、予算の目途が立たないので使える限りは使い倒そうと決めそのまま使い続けることにした。

 で、使い続けていると、ヒビの箇所がどんどん増えてくる。

それほど見苦しいというほどでもないのだが、ヒビが入っているだけでやはり見た目はよくない。

そんなヒビをみているうちに、
「うーん、どうしようやはり後継機種を早々に探し始めたほうが良いのかな」
と思い始め、現機種のスペックを確かめようと、ネットショップサイトの購入履歴をチェックした。

すると現機種の購入時に、携帯カバーと保護膜を同時に購入したことが記録として残っていた。

そういや保護カバーつけてたんだっけなと思い出すと同時に、以前に友人がスマホの画面カバーを交換するだけで、スマホは結構甦るよと言っていたのを思い出した。

「まさか・・・」

恐る恐る、スマホの液晶画面上のカバーを剥がしていくと、なんとヒビ割れていたのは保護膜のほうだけで、スマホ本体は無傷だったのである。

剥がし終えると、新品のような綺麗な画面状態となり、ヒビ一つ入ってなかった。

「なんてこったい。」

画面が割れていたように見えていたのは、実は割れていたのは後付けの保護膜だけであり、画面を保護する役割のはずが、実は本体画面より弱く先に割れていたのである。

「おお」

 新品同様の画面を取り戻したスマホの姿にちょっと感動した。

 結局、スマホの買い替え計画は中止し、新たにカバーだけを買いなおして貼り直すことにした。

 数日後に新しい保護膜が届き、さっそく貼り替えると、
「あ~ら不思議、新品のようじゃ、あーりませんか」(チャーリー浜風)

となったのである。

 貼り替え費用は40元ほどで、これで新品のスマホを買い替える必要がなくなりお金を使わずに済んだ。
 節約を喜ぶと同時に、カバーの信頼度の低さに結構あきれてしまった。

 保護カバーが本体より弱くちゃしょうがないのである。

 そして、こんなリニューアルに喜んでいるところに、こんどは取引先のお客さんが、もっとボロく蜘蛛の巣状態の画面を使っているのを見つけた。

 本人は非常に画面が見にくく苦労していたようだった。

ボロボロのスマホ保護膜

 ここでも「もしや」と思い、本人に断りを入れて画面のヒビを剥がしていくと、やはり無傷の元の画面が現れてきた。

 「やっぱり、、」

新品同様の美しい画面の復活にその持ち主も結構感動していた。

彼もやはり弱い保護膜を使っていたようである。
 
もし、皆さんの中で画面にヒビが入って買い替えようかと迷っている方がいたら、まずは表面の保護膜を剥がしてみることを是非お勧めしたい。

 新品同様の姿になるかもしれませんよ。