Monthly Archives: 11月 2015

1964東京オリンピックから生まれた「花~すべての人の心に花を~」

 先日、2020の東京オリンピックのエンブレムについて、招致ロゴが良いというブログを書き、SMAPの「世界に一つだけの花」が似合うようなことを書いたが、もっと以前に同じような感覚でオリンピックの存在を捉えている人の存在を知った。

 それは沖縄の歌手喜納昌吉さんであり、彼のバンド「喜納昌吉&チャンプルーズ」で発表した大ヒット曲「花~すべての人の心に花を~」は、実は1964年の東京オリンピックの影響を受けていたというのである。

 ウィキペディアによると、喜納さんは1964年の東京オリンピックの閉会式の中継で、選手たちが各国入り乱れ肩を組むなど、国境や人種といった人類の垣根を越えた「平和の祭典」の姿が映しだされた時に、涙がこみ上げる感動を覚え、その時聞いた実況のアナウンサーの、「泣いています・・・笑っています」という言葉が非常に印象に残り、後にかの歌に反映されたということらしい。

 つまり歌に歌われるあの花は、世界各国から集まった選手たちの平和を象徴する意味が投影されており、私がSMAPの歌に感ずる前のはるか以前に、彼はやはりオリンピックは平和の花・人が集まったような状況であると感じていたということになる。

 もちろん沖縄返還前の話であり、本土復帰を望んでいただろう喜納さんたち沖縄の人たちにとっては取り分け印象的なシーンだったに違いない。 

そして今回の2020年の東京オリンピック招致に際して、使われた招致ロゴが花を題材にしたものだったことを考えると、かの招致ロゴが何の関連性も脈絡もない単なる偶然でしかなかったとしても、1964年のオリンピックからの必然の流れが実はそこにあるのではないかと感じてしまう。

 実際この「花~すべての人の心に花を~」は世界60か国以上で非常に多くのアーティストにカバーされていることを見れば世界の心を捉えた歌になっていることがわかる。

 つまり喜納昌吉さんが1964年の東京オリンピックの時に感じた国境を超えたという感銘がそのまま歌の歌詞に載せられ世界に伝わっているのではないかという印象である。

 そしてSMAPの「世界に一つだけの花」もまた花をテーマにした曲でもまた花がテーマとなっている。
 まあ今の時点ではこの曲はオリンピックと直接結びついているわけではないが、先日某音楽番組が先日発表した「世界に誇るニッポンの歌」では、「世界に一つだけの花」が1位に選ばれており、多くの国民が国際的に普遍性の高い歌と印象を持っており、オリンピックのテーマと親しい面があるのは確かなようである。

DSC09958

 こうやって考えていくと、2020年に東京で行われるオリンピックは、件の花ロゴのエンブレムへの使用の可否は別としても、平和の祭典であることを含めて『花』というのは大事なテーマなのではないかという気がしてくる
 そういえば、滝廉太郎作曲の隅田川の美しい風景を描いた曲も題名は『花』であり、江戸・東京にとって『花』は枕詞のように切っても切り離せないテーマなのかもしれない。

 喜納昌吉さんの「花~すべての人の心に花を~」は現在では沖縄の民謡のようにしか扱われていないが、実は東京にとっても大事な曲であったわけであり、2020年の2回めの東京オリンピックを控えた現在、改めてその歌の意味を皆で考えてみても良いのではないかと言う気がするのである。

スマホで株価を見る人がすっかりいなくなった。

 いつの頃からだろうか?
 先日上海の株が暴落してから、スマホで株価をチェックする人の姿がめっきり減った気がする。
 それ以前は猫も杓子も株価をスマホでチェックする姿がそこかしこに見られたのだが、そんな姿はもう見られなくなった。
 株価の上昇に期待できるものがなくなったということかも知れない。

 それに比例して、街中の空気もどうも明るくない。

 暗いとまでは言わないがどうも元気がないのである。

 最も街に元気がないのは何も株価ばかりではなく、空を見上げれば連日のようにどんよりとした空気が漂いすきっとしない天候が続いている。
 寒さこそ厳しくないが、空気が悪い状態では確かであり、屋外に出る気力を失い、活力を奪われるような空模様である。
 こんな空の下では、心が前向きになれず、株価が暴落するのも何だか納得してしまうような印象である。
 まあ、私は株はやらないが、空を見上げるのは好きなので早く晴れてくれないかと祈っている。

もやがかかる上海市内

もやがかかる上海市内

アーカイブ時代の噺家の大名跡襲名は出世か?

 日本の古典芸能の中には、芸の世界での出世を表す一つの象徴として名跡を襲名する芸能がいくつかあるが、映像や音楽の記録技術が進歩する現代社会の中においては、この名跡襲名制度が不便になりつつあるような気がする。

 名跡襲名を行う有名な芸能と言えば主に歌舞伎と落語があるのではないかと思うが、このうち歌舞伎については、役者個人だけで舞台が完結するわけではなく、生の舞台のライブ公演が主で、まずは公演の演目が大事なものとなるため、役者の名前はその次となる。
そしてそれをアーカイブ(記録保存)化して残すDVDなど記録媒体は、現時点では補助的な役割でしかなく、やはり生の舞台が鑑賞の主力なので、例えば「市川團十郎」などと役者の名跡を名指しするときは大体当代だけを考えればよいという気がする。

 ところが、これが落語になるとどうも事情が違う。

 まず落語は個人芸であるため、演目よりも演者に価値が置かれ、演目は二の次となる面があり、噺家の名前そのものが看板となる。
 しかも、噺自体が歌舞伎に比べ短く、映像を必ずしも必要としないため、音声媒体だけでもよく、相対的にアーカイブ化されやすいという特徴がある。
 この結果、歌舞伎に比べ過去の名人・巨匠の名演が、噺家の名前を看板として沢山残され、現代でも誰でもが気軽に触れられる環境が生まれてしまっている。
 例えば、30年以上前に亡くなった古今亭志ん生さんや三遊亭円生さんの噺などは今でもYOUTUBE上に音源や映像を見つけることが出来る。
 しかしよく考えてみると、この「志ん生」という名跡は五代目、「円生」は六代目であり、本来は先代との区別に苦労することもありそうだが、インターネットも記録技術もほとんど無かった時代には、先代が死んだあとは人々の記憶とともに忘れ去られてしまうので、先代没後に間もなく名跡を襲名しても問題はなかったという気がする。

 ところがである。

 近年記録技術が発達し、映像や音声媒体にたくさんの記録が残ってしまった噺家が亡くなったあとの襲名はちょっと厄介である。
 その記録がいつまでも再生可能な状態で残るからである。

 しかもそういった噺家たちはテレビなど媒体電波に乗って、名前と顔がやたらと宣伝されてしまっているため、人々の心に強く印象が残ってしまっている。

 その一つの代表格が、例えば「三遊亭圓楽」という名跡であり、「林家三平」という名跡なのではないかと思う。
 例えば三遊亭圓楽という名跡は、2009年に先代の五代目が亡くなった直後に1年程度で六代目が襲名したものだが、六代目があまりにも長くテレビに出演して印象が強いため、現在でも圓楽=五代目の印象がぬぐえない。
 またそれを継いだ六代目も長く「三遊亭楽太郎」を名乗ってテレビやマスコミに出てしまっていたために、現時点では「圓楽」としては認識されにくく、六代目とわざわざ断らなければ区別できないのが現実だと思う。
 同様に林家三平という名跡も先代が初代だがテレビで強烈な印象をばらまいたため、2009年に襲名した現二代目が三平と名乗っても、息子でもあるためか、先代の印象を拭ってはみられないという状況が起きている。

 このように名跡の先代の功績が大きすぎる場合は、アーカイブ化された記録やメディアでの露出が多すぎるために、名跡を継いだ人間がなかなか自分のイメージに染められないという状況が発生してしまう。
 逆に、若い時からテレビやマスコミに多く出てしまった噺家も自分の名前が売れすぎてしまったために、大名跡をついでも昔の名前で呼ばれ続けることもあり、上記の楽太郎さんや先日亡くなった橘家圓蔵(月の家圓鏡)さん、上方の桂文枝(桂三枝)さんなどが良い例かと思う。
 文枝さんの顔を見ても三枝の名しか思い出せず、文枝の名は思い出せないのである。

 それに故に現代のテレビやアーカイブの時代では、昔なら当たり前と思われた大名跡の襲名が、必ずしも喜ばしい出世とは言えず、実利的にはマイナス面もある可能性があるのである。

 例えば数年前からもめている「円生」の名跡継承問題もそれぞれ名乗りを上げている者のはいるものの、いずれも60を超えているベテランで、現在の名跡の印象が染みついていて、今から襲名したところで新しい「円生」のイメージは作れないと思われる。
また何より先代のイメージを強く持っている人がまだ大勢いる上に映像や録音が残っていてそれを塗り替えるのは容易ではないという気がする。
 逆に「志ん生」の息子「志ん朝」が親の名を継がなかったのもある英断といわれており、今もなおファンがアーカイブ映像・録音を楽しんでいる現実があるため、迂闊な継承襲名は望まれていないと思われ、現在ではどちらも止め名(誰も継がない名跡、野球の永久欠番的なもの)的な状態となってしまっている。
 
 このように現代のような保存メディアが発達した時代では、古くから伝わる伝統芸能の世界にさえ影響を与えている面があり、大名跡の襲名が必ずしも栄誉ある出世とは言えず、襲名の価値をよく考えなければならない時代になってしまっている。

春秋航空の親会社がとうとう日本のホテル業に進出

 中国人の日本旅行や日本国内での爆買いのニュースは中国の長期休暇の度に話題となっており、中国から日本への航空便も相変わらず増え続けている。

 しかし、ここ一二年程度であまりに急激に増えて知ったため、日本側の受け入れ側のキャパ、つまりホテルが足りない状態になっており、今後はこの伸びは頭打ちになるのではないかと思っていた。

 ところがである。

 先日、見たニュースによると春秋航空の親会社である春秋国際旅行社が日本の不動産会社と共同で、日本のホテル事業に進出するということが発表された。

 未来3~5年の間に200億円を投じて日本の主要都市に15~20ものをホテルチェーンを設置することになるとのこと。

 つまり、日本へ中国人観光客を送りこむためにネックになっている宿泊キャパを自前の投資して拡大し、市場許容規模を拡大してしまおうという判断である。
 これは多少予想されていた動きとはいえ、ちょっと驚きのニュースである。
 何故なら日本側の観光産業の受け止め方は、現在外国人観光客の急激な需要拡大があるとはいえ、日中関係の観光業は水物であることを知っており、いつまた急激に需要が落ち込むかわからないために新たなホテル開業など投資は慎重になっているからである。
 実際、上海の日系旅行会社の関係者などに尋ねても、需要見込みはせいぜい2020年の東京オリンピックまでで、それ以降の需要が見込めないために長期回収が不可欠なホテル投資は行えないのが現実だと言っていた。

 しかし、その慎重論をあさっり覆されたのが今回の春秋国際旅行の判断であり、今後5年程度は需要が十分続くと踏んだ上の投資発表なのだと思う。

 確かに中国の人口規模や経済発展レベルを見ればホテル投資に見合うだけの旅行需要がありそうな印象ではあるが、政治に影響を受けやすいのが日中の経済関係でもあり、日本側はそのチャイナリスク無視では投資できないのである。
 さらに2020年以降は人口減少から内需の縮小も予想されており、なおさら投資に慎重にならざるを得ない経済環境となっているのである。

 そんな中での今回の春秋国際旅行社の決断は、日本側にとっては投資リスクを自ら被ってくれるあり難い存在とも言えるが、逆に言うと商機を自ら生かせない日本的な安全優先主義が象徴されるような状況とも言える。

 まあ今後政治関係に大きな変動がなければ、この投資は成功しそうだがはてさてどうなるかは5年後になってみないと分からないのである。

DSC00954

中国人と日本人の拍手習慣の違い

以前「中国人は拍手が上手じゃない?」というブログを書いたが、最近中国人の拍手の習慣について新しい発見をした。

 それはあるイベントで司会のような役割を頼まれたときのことである。

 中国語が主体のイベントだったので中国人の担当者がまず中国語の台本原稿を書いて、それに対して私が日本語訳をするという形で、準備を行なったのである。
 で、相手の原稿が上がってきて、いざ翻訳をしようして台本を読んでいったときに、拍手の促し方がちょっと違うように感じたのである。
 このイベントはある講演者に語ってもらう内容で、中国語の台本では本人を招き入れる時にまず拍手を促し、さらに講演者を紹介した後に話し始める直前にもう一度拍手を促す内容になっていた。

 実はこの二度目の拍手を促す設定に違和感を感じたのである。

 まあ欧米の慣習は知らないが、実は日本では講演者が話をする直前に拍手を促す習慣はあまりないのである。
 もちろん、遠くから招いたゲストを会場に招き入れる場合は歓迎の意味で拍手を促すことは普通なのだが、スピーチや歌など何かを演じるような場合はその直前は「お願いします」「どうぞ」といった具合でタイミングを与えるだけで、敢えて拍手を会場に要求しないのである。

 もちろんそのまま拍手が起きず静かに始まってしまう場合もあるが、大体は司会者と参加者の決まり事というか、あうんの呼吸で自然発生的に拍手が起きる。
 つまりこのタイミングで、司会者が会場に拍手を促すのは「野暮」なのであり、極端に解釈するとあなたは自然に拍手が起きない人だと言うのと同じで講演者を馬鹿にする失礼な行為と映る面もあり、余計なお節介なのである。

 ところが、中国では社会主義的集団行動の名残りなのか、この自然発生的拍手が上手ではなく、他人から促されたりタイミングを示されないと拍手が出来ないようなのである。

 恐らくはかつて勝手に感動したり表現したりしてはいけない時代があったということであり、拍手は儀礼として決まったタイミングでやらなければならず、中身に感動するとかしないとかに関係なく形式的な儀礼表現として拍手が存在していたのだと思われる。

 つまり階級やゲストという形式的に対して拍手を送る「儀礼」なのだと思われる。
 こういった名残り故か、今回のような中国人の作る進行台本的なものを見ると、やたら拍手を促すタイミングが記され、彼らにとっていかに拍手が形式な儀礼習慣になっているかがよくわかる。

 それ故に前回書いたように、拍手がコミュニケーションの手段として成立ししておらず、中国で行われるイベントが野暮ったく感じる原因となっているようである。