Tag Archives:

中国人はテクニシャンが好き?

 上海でずっとコンサートを聴き続けていると、中国の聴衆に喜ばれる音楽家のタイプが自然と分かってくる。

 特にソリストに聴衆の好みの差が強く見える。

 どういったタイプが中国の聴衆に好かれるのかというとずばり「テクニシャン」タイプの演奏家ということになる。

 つまり、中国の聴衆には奥深い味わいのある演奏より、どうも超絶技巧的な速弾きを行うような演奏がウケているようである。

 中国人ソリストたちの演奏を見ていても、まさに体育会系的演奏スタイルと言うか、力いっぱい自転車をこぐかのように力を入れて熱演する。
 まあそれはそれで音楽演奏スタイルの一つの要素なのだが、音楽の魅力というのはそんな形式的なところだけはなく、もっと深い内面的なところにあるはずである。

 しかし中国の演奏家たちはどうもテクニックを磨けばいい演奏になるのだと信奉しているようなフシがみえる。

 実際、彼らの音楽には「歌い」があまり感じられず、内面から飛び出してくる音のゆれというか心の動きが感じとれないのである。
 確かにテクニックとしてはうまいのだろうが、あれでは芸術ではなく単なる楽器芸であり、極端な言い方をすれば大道芸の延長でしかなく人の心を震わすようなものにはならない。

 また聴衆にも問題がある。

 演奏家がそういったテクニック偏重の演奏をするものだから、「歌う」演奏というものに慣れず、聴衆も心で音色を聴くという姿勢で音楽に接していない。

 つまり初めから音楽によっての心が震えるような体験を期待しておらず、ステイタス的な満足感や、超絶的な技巧や単に心地よいだけの音、激しいだけの音楽を観に来ている聴衆が大勢いるような印象である。

 それ故なのか、演奏後の拍手もどこか形式的であり、楽章間に拍手が起こったり、指揮者が指揮棒を下ろしていないのに総休止の部分で音が途切れた途端に拍手が起きてしまう。

 まあ楽章間の拍手については、事前知識や慣れの問題でもあり、時に楽章そのものがすごい演奏だったり、交響曲のフィナーレを思わすような終わり方だったりする場合があるので、拍手をしたくなる気持ちもわからないではないので。あまり目くじら立てて非難するものでもない。
 しかし、曲が終わっての興奮鎮まる前の早すぎる拍手や、むやみにやたらに猿の遠吠えごとくホーホーと無意味な歓声を上げ盛り上げようとする聴衆にはやはり辟易する。

 特にこちらがそれほど良い演奏じゃなかったと感じたような時でも、中国人ソリストが超絶技巧を見せたときはホーホーと言葉になってない歓声で盛り上げだけ演出する。

 これを聴くとああ、彼らは音を聴いていても音楽は聴こえていなかったんだなとがっかりするのである。

 どうやら上海は音楽鑑賞文化がまだ成熟しておらず成長過渡期のようで、今のところまだじっくり音楽を聴いて感動したいというより、ステイタスで聴きに行くといった人が多いようで、テクニシャンの芸を観に行く鑑賞スタイルのようである。

1964東京オリンピックから生まれた「花~すべての人の心に花を~」

 先日、2020の東京オリンピックのエンブレムについて、招致ロゴが良いというブログを書き、SMAPの「世界に一つだけの花」が似合うようなことを書いたが、もっと以前に同じような感覚でオリンピックの存在を捉えている人の存在を知った。

 それは沖縄の歌手喜納昌吉さんであり、彼のバンド「喜納昌吉&チャンプルーズ」で発表した大ヒット曲「花~すべての人の心に花を~」は、実は1964年の東京オリンピックの影響を受けていたというのである。

 ウィキペディアによると、喜納さんは1964年の東京オリンピックの閉会式の中継で、選手たちが各国入り乱れ肩を組むなど、国境や人種といった人類の垣根を越えた「平和の祭典」の姿が映しだされた時に、涙がこみ上げる感動を覚え、その時聞いた実況のアナウンサーの、「泣いています・・・笑っています」という言葉が非常に印象に残り、後にかの歌に反映されたということらしい。

 つまり歌に歌われるあの花は、世界各国から集まった選手たちの平和を象徴する意味が投影されており、私がSMAPの歌に感ずる前のはるか以前に、彼はやはりオリンピックは平和の花・人が集まったような状況であると感じていたということになる。

 もちろん沖縄返還前の話であり、本土復帰を望んでいただろう喜納さんたち沖縄の人たちにとっては取り分け印象的なシーンだったに違いない。 

そして今回の2020年の東京オリンピック招致に際して、使われた招致ロゴが花を題材にしたものだったことを考えると、かの招致ロゴが何の関連性も脈絡もない単なる偶然でしかなかったとしても、1964年のオリンピックからの必然の流れが実はそこにあるのではないかと感じてしまう。

 実際この「花~すべての人の心に花を~」は世界60か国以上で非常に多くのアーティストにカバーされていることを見れば世界の心を捉えた歌になっていることがわかる。

 つまり喜納昌吉さんが1964年の東京オリンピックの時に感じた国境を超えたという感銘がそのまま歌の歌詞に載せられ世界に伝わっているのではないかという印象である。

 そしてSMAPの「世界に一つだけの花」もまた花をテーマにした曲でもまた花がテーマとなっている。
 まあ今の時点ではこの曲はオリンピックと直接結びついているわけではないが、先日某音楽番組が先日発表した「世界に誇るニッポンの歌」では、「世界に一つだけの花」が1位に選ばれており、多くの国民が国際的に普遍性の高い歌と印象を持っており、オリンピックのテーマと親しい面があるのは確かなようである。

DSC09958

 こうやって考えていくと、2020年に東京で行われるオリンピックは、件の花ロゴのエンブレムへの使用の可否は別としても、平和の祭典であることを含めて『花』というのは大事なテーマなのではないかという気がしてくる
 そういえば、滝廉太郎作曲の隅田川の美しい風景を描いた曲も題名は『花』であり、江戸・東京にとって『花』は枕詞のように切っても切り離せないテーマなのかもしれない。

 喜納昌吉さんの「花~すべての人の心に花を~」は現在では沖縄の民謡のようにしか扱われていないが、実は東京にとっても大事な曲であったわけであり、2020年の2回めの東京オリンピックを控えた現在、改めてその歌の意味を皆で考えてみても良いのではないかと言う気がするのである。

ピンクレディ―だけの特殊性

 最近、WECHAT上で私の知り合いが、どこかの飲み屋か何かの女性2人がピンクレディの振り付けでUFOを踊っている姿をアップロードしているのをみかけた。

 それを見て私も何だか懐かしくなり、YOUTUBEで当時のピンクレディー本人たちの振り付けを探して見てみることにした。

 当時の動画を見ると、今思えば多少恥ずかしいほどの派手な振付の連発で、意外と2人の動きはずれており完璧なシンクロだったという記憶はどうも思い込みだったらしいことに気づく。
 ただこうやって「UFO」「サウスポー」などのいくつかの曲を見ていくうちに、彼女たちのヒット曲には有る特徴があることに気がついた。

 それは彼女たちが歌った曲は、あまり恋愛恋愛しておらず、愛だの恋だのというテーマが前面に出てきていないということである。 

 他の数多の歌手たちの殆どが恋愛をテーマにした曲を歌っている中にあって、彼女たちは確かに「ピンクレディー」の名前の通りセクシーさを売りにしている面はあるが、作詞家の阿久悠さんの書いた詩はどちらかというと当時の時事ネタ的な曲を歌っており恋愛世代以外にも受け入れられやすい万人受けする歌になっているのである。

 それ故に当時子供だった私も容易にピンクレディに飛びつけたのである、

 逆に1979年のジパング以降は大人の恋愛を歌った歌が多くなり、急激に売上が落ちていくことになる。
 もちろん、本人たちが飽きたとか大人の女性へ成長する過程において、恋愛の歌を歌いたくなったのかもしれないが、結局裏目に出て、以後ヒット曲が出なくなる。

 私の考えるところ、このジパング以降はピンクレディらしい特殊性が無くなったが故に売上が落ちたのではないかと思うのである。

 つまりピンクレディーたちだけが持っていた特殊性とは、男女間の恋愛を素材に使いながら、時事ネタをうまく取り込んで恋愛に偏らない歌を歌ったということではないかという気がする。

 男女間の恋愛というのは(現在では恋愛は男女間に限らないが)、確かに歌を生み出す最も重要な要素ではあるものの、普遍的にありすぎるテーマであり、恋の歌を幾ら歌っても今現在恋愛がテーマになって生活している人々以外には受け入れられにくい。

 もちろん恋愛歌であってもいい歌であれば恋愛中の人には共感を得られるが、やはり万人受けというのは難しいものである。
 「ピンクレディー」というのはその後のアイドル同様のセクシーさを持ちながらも、恋愛に依らない歌を歌ったと言う点でかなり特殊な存在である。
 それにしても彼女たちの歌った私の知っている曲はほとんど77年と78年の2年くらいの間に発表されたもので、もっと長く活躍していたように感じていた私にとっては驚くほど短期間である、
 それほどインパクトの強い存在だったということであり、今なお日本や中国で物真似される程の存在なのである。

 歌手というだけでなく、振付を含め強烈に時代を捉えたエンターティナ―であったのがピンクレディーであり、今後いくら新しい歌手がデビューし上手な歌を歌ったたとしても恋愛歌の枠にとどまっている限り、やはり「ピンクレディー」を超えることはできないのではないか、そう感じてしまう彼女たちの存在である。

オリンピック招致ロゴと「世界に一つだけの花」

 2020年の東京オリンピックのエンブレム問題が一昨日ようやく終結を見た。

 デザイナーの佐野研二郎氏については、現在世間で十分叩かれていると思うので私から改めて言うことはないが、私は元々あの選ばれたデザインそのものが躍動感や人間味にかけ、オリンピックとパラリンピックのエンブレムに相応しくないと感じていた。
 過去の歴代オリンピックマークに比べても非常に貧相であり、かつ権威主義的な威圧の意識がそこに見えたからである

 まあ実際の疑惑の白黒はともかく、今回白紙撤回されることになって今は世間同様にほっと胸をなでおろしているのが正直なところである。

 で、改めて新しいエンブレムを探すことになったのだが、実は世間の多くの人が発言しているように私も招致ロゴが活用できないかと感じている人の一人である。
 もちろん改めて公募することに異論はないのだが、あの招致ロゴはなかなか秀逸な作品だと感じており、招致だけで終わらせ今後活用できないのは非常に勿体ないと感じる。

 かの招致ロゴはサクラの花がちりばめられ、着物の柄のように色遣いも艶やかで非常に華があるうえに、江戸的な雰囲気を十分携えており、何よりあの流行語ともなった日本的な「おもてなし」の心を感じる人の心を惹きつけるデザインだと思う。
 見るものの心を和ませ、非常に清々しさを与えてくれるのである。

 こんなデザインはオリンピックに限らず、過去にあそこまで惹きつけられるものにはなかなか出会ったことがなく、このまま過去の遺産にしてしまうのは勿体ないのである。

招致ロゴと作者の島峰藍さん引用元

招致ロゴと作者の島峰藍さん
引用元

 そして、このロゴを見て思い出したのは日本のアーティストSMAPが歌って大ヒットした「世界に一つだけの花」の歌である。
 かの曲は一アーティストのヒット曲に留まらず、2003年の発表から10年以上経っても老若男女問わず幅広い世代で愛されており、個人の趣味の多様化によって国民の大衆曲がなくなったいわれる現代においても稀有な存在である。

 まあ歌詞が重要な意味を持つので、言葉の壁もあって国際的展開はそれほど強くないが、外国人がこの歌を楽しそうに歌っている姿もYOUTUBE等にアップされており、文化の壁を越えて外国人の心をもとらえている印象がある。

 で、この歌で歌われる「ナンバー1にならくてもいい、もともと特別なオンリー1」という歌詞は、一人一人が自分を輝かせるために一生賢明に努力するイメージを彷彿させ、これがオリンピックに挑戦したり参加したりする人の姿と重なる印象がある。

 もちろんオリンピックは世界ナンバー1を目指す大会ではあるが、金メダルを取れなかった参加選手が皆がっかりしているわけではないのであり、自己ベストを尽くして十分満足して国に帰る選手も大勢いる。

 そういった姿がこの「世界に一つだけの花」の歌詞に表現されているような気がしており、そんな「オンリー1」が集まるオリンピック・パラリンピックゲームを象徴するロゴとして、やはりあの招致ロゴは秀逸であるような気がするのである。
 そう、つまりあの花は東京のおもてなしの心を体現するとともに世界の人々が集う時間空間を表す意味も含まれているのであり、その意味で非常に秀逸なデザインなのである。

 今回かの招致ロゴを眺めながら「世界に一つだけの花」を改めて聴いて5年後の東京オリンピックに思いを馳せてみたが、非常に心を熱くさせるものがあり不覚にも涙をこぼしてしまった。

 今日某国では過去の戦争の歴史を記念して、軍事パレードのようなキナ臭いイベントが行われているようだが、日本としてはその向うを張って力で対抗するのでははなく、かの招致ロゴのようなもっと懐の深い大人の度量の構え方をして欲しく、それが日本として誇りある態度だという気がする。

 是非とも世界中から「世界に一つだけの花」を集め大きな花束を作る、そんなオリンピック・パラリンピックにして欲しく、それが東京の世界に誇れるオリンピックホスト都市としての構え方のような気がしており、それ故に是非あの招致ロゴをエンブレムとして使って欲しいという気がするのである。

 報道によれば、IOCの規定で「エンブレムは招致ロゴに取って代わるもの」などと定めているらしく、続けて使えないというのがオリンピック組織委の見解らしいが、おそらく本番の商業圏を守るための規定であり、デザインが使えるかどうかは問題の本質じゃない気がする。

 故にスポンサーに対する商業権の保護さえ明確に守れるような対処さえすれば、私はあの招致ロゴをエンブレムとして使用することは可能であると感じており、あのロゴの活用なら国民の大半が納得できる結論になるという気がする。
 つまり心意気と意味を伝えてIOCを説得すれば覆せる可能性がある気がしており、そういった行動力と熱さを組織委には求めたい。

 オリンピックの開会式で、あの花のエンブレムや花にちなんだ演出・装飾をバックに「世界に一つだけの花」の大合唱が世界中に届き世界の人が一緒に歌ってくれる姿を想像すればするほど、胸が熱くなるものがあり、オリピックのホストとして誇りが持てそうだなという気持ちになれるのである。

演歌を失わせた新幹線と男女雇用機会均等法

 最近ひょんなことから演歌の歴史を調べていて、近年これと言った大ヒットが生まれていないことに気がついた。
 私が子供の頃は演歌全盛期であったが、それに匹敵するような歌が最近は全くないのである。
 もちろん、歌手が全くいなくなったわけではないし、小さなヒットはそれなりに生まれているだろうが、まあ比較的歌謡オンチの私に耳に届いてくるような有名な曲はほとんどない。

 世代ごとの音楽趣向の変化は当然あるとはいえ、ここまで急激に減ったのは何故だろうかと考えてみた。
 そこでヒントになるのが、演歌のヒット曲の題名や歌詞の内容である。

 ウィキペディアで各年代の演歌のヒット曲のタイトルを比べて見ると、、、

 1950年代は圧倒的に地方からの集団就職列車などの境遇を意識した内容なのか、地方の恋や都会に出たばかりの若者が故郷を思う歌が多い。
 これが1960年代に入ると、都会から地方を思う望郷ソングが増え、加えて都会の夜の悲しみや不条理を歌う歌が混じってくるし、特に故郷への気持ちを歌った地名が含まれる曲名が非常に多いのがこの時代の特徴である。

 そして1970年に入ると、都会と地方の遠距離恋愛や、都会を諦めて地方に戻った人の気持ちを歌ったような曲が混じるようになる。
 港とか旅にでるとか、津々浦々と言う言葉が表す地方の小さな町を表すよう歌詞が含まれる歌が増えてきていて、何とか都会とは隔絶された世界を描こうとしている傾向が読み取れ、そのため曲の舞台は圧倒的に東北など北国に移ることになる。

 実はこの間に1964年に東海道新幹線が東京―新大阪間が開業、1972年に山陽新幹線が岡山へ、1975年に博多まで開業し、西日本に関しては都会と地方の距離が圧倒的に縮まっている時代であったが、まだ東北は時間距離の遠い場所として残されていたため、厳しい冬の寒さや農村の情景が演歌の舞台としては絵になる場所であり、人々の心の感覚にマッチしたのだと思われる。

 しかしこの状況も1980年代に入ると一変し、1982年の東北新幹線の大宮―盛岡間開業以降は東北を歌う曲が姿を消し、新幹線のない北海道を舞台にしたり、男女愛や家族愛、さては不倫を歌う曲ばかりが残り、地方の哀愁を感じさせる曲は姿を見せなくなる。

 東北が新幹線によって近くなってしまい都会との隔絶感が消え、演歌のもつ望郷感が新幹線によって失われたのがこの時代と言ってよく、この時代で出てくる曲名は新幹線の通らない北陸や、遠い外国の地名などが混じるが、それほど強いヒットにはならなくなる。

 そして1986年に男女雇用機会均等法が成立し、女性=弱いという演歌を支えてきたような図式が社会から失われる方向に向かったため、その弱い女性の心を主に歌う演歌も社会の雰囲気に合わなくなってきた。

DSC04490

 結果1990年代以降、演歌はほぼ絶滅に近い厳冬期を迎えるが、本来はこの時期は失われた20年と言われるほど経済的には決して明るくない時代であり、演歌の流行る土壌があっても良さそうだが、こうやってみると演歌を流行らせてきた背景と言うのは、地方への望郷とそれに関わる恋物語だということが出来、経済とはあまり関係ないようだということがわかる。

 現代のように新幹線が地方にまでの伸び、来年には北海道まで踏み入れようという時間距離の短くなった日本において、演歌の舞台は存在しなくなったのかもしれない。

 新幹線によって都会と地方が近くなることは決して悪くないことだと思うが、便利性と引き換えに郷愁を失うのはちょっと寂しいことである。
 そういえば中国も新幹線が次々に開通し、時間距離は確実に短くなっており、こういった時間距離の変化に中国人たちは何を思うのか、ぜひ尋ねてみたい気がする。