Monthly Archives: 7月 2015

美意識向上?痰や尿はゴミ箱への行動。

 最近、上海にいる中国人たちも以前に比べれば街に対する美意識が若干向上したような気はするのだがどうも変な方向の常識というか処理に向かっているような気がする。
というのが、その美観の保ち方が日本人にとってはどうなんだろうかという方法で処理されているからである。
 
その一つが、道端の痰吐きが以前に比べれば非常にへっているのだが、その代わりになんとゴミ箱に痰を吐く人が増えたのである。
 確かに、道端に痰を吐くよりは遥かに公共の場所に対する遠慮意識を持っているのだと言えるが、ティッシュにもくるまずそのまま痰をペッとやる姿はやはりなんだかなぁという気がしてしまう。
 ゴミを処理する人のことを明らかに考えていない行動なのである。
 これにも増して疑問を感じるのが、子供トイレ代わりにゴミ箱が使われているのである。
 特に目立つのが地下鉄構内のゴミ箱を前にして子供を抱えて小便をさせている大人の姿である。
 確かに車両内やホームに直接されるよりは遥かにマシなのだが、これとて日本人から見ると非常識だという評価からは免れない。
 確かに道端の痰吐きや路上での小便に比べれば遥かに街の美化という点では役立っていると思うのだが、どうも根本の解決が行われているような気がしないわけであり、今一歩の彼らのマナー向上を期待したいところである。
 

日本政府が伝える間違った浴衣の常識

上海の浴衣フェスタ

 今月上海の領事館などが主催で上海市内で浴衣フェスタなるものが行われているが、ここで喧伝される内容が、どうも間違っていることが気になっている。

 日本の浴衣はその文字が示す通り、元々入浴の際に着た服装が原型となっている。

 それがその後の時代になってお祭りの縁日や花火大会など、入浴後に気軽に近所へ出かけるための略式着として発展し、近年では花火見学デートなどをターゲットとして大変おしゃれな柄の浴衣も増えてきたが、浴衣はあくまで浴衣であり室内着の延長の扱いの存在である。

 分かりやすく浴衣の和装の中の格を洋服で例えて言うならば、Tシャツと短パン或いはジャージのようなものであり、つまり日中の外出から戻った際に着る室内着の位置づけなのである。

 故にちょっと家の外に出て近所のコンビニに買い物に行く程度、或は近所の夜間のお祭りや花火大会に行く程度なら良いが、電車に乗ったりするなど街中の公共空間で着るには、どんなにおしゃれなデザインであってもやはりそぐわない服装となる。

 近年服装への発想が自由になりつつあるとはいえ、日本の服装は人間関係や場などTPOを考慮してきた日本の伝統的価値観に基づいて構成されており、その文化の極め付けといえる和装文化の中にあって浴衣の位置付けは今でも略式着の域を出ないのが常識であろう。

 しかしながら上海で行われている浴衣に関するイベントは、浴衣を夏の日常着や外出着などと間違った説明をし、あたかも日本の和装文化の象徴のごとく喧伝しており、どうも違和感を覚えてしまうのである。

 またイベントの内容を見ると、某百貨店の中で実施されることになっているようだが、まず百貨店という空間において浴衣姿が不釣り合いであるのと、夜間着用が基本の浴衣について真昼間から着用体験が実施されるというのはちょっとおかしいと言える。

 さらに企画の中で浴衣姿で寿司屋を訪れた方にはプレゼントがあるといった案内があるが、店頭で寿司折を買って持ち帰るだけならまだ許される範囲かもしれないが、浴衣姿のままで寿司店への入店ははばかられる行動というのがやはり日本の常識だろう。

 本来どうしても寿司屋に和装で行きたいなら夏ならせめて単を着るべきなのが礼儀であり、そこの区別が大事なははずである。

 どうも浴衣とその他の和装の区別が全くついていない人、或は浴衣を売りたいだけの人が企画し、浴衣、浴衣と騒いで嘘を吹き込んでいるだけの印象を受ける。

 和装文化はこういった区別の意味があって、初めて意味のある文化として存在しているはずなのに、その意味を伝えずして中国人へ浴衣の上辺の艶やかさだけを伝えるのでは、結局形だけの中身のない文化輸出であり間違った常識だけが伝わってしまうことになる。

 まあ、これが単なる個人商店が実施した小さなイベントであれば目くじらを立てて文句を言うこともないのだが、日本政府の出先機関である領事館が実施し、日本政府の予算を使って日本文化を発信する目的で実施されているイベントなると、疑問を呈さずにはいられない。

 恐らく領事館自身もどこからか持ち込まれた企画をそのまま吟味せずイメージだけで実施しているのだと思うが、日本文化の発信を謳うなら自国の文化が間違ったまま伝わらぬように、正しい知識で実施し、やむを得ない部分は説明で補足して誤解を招かないようにするなど、もう少し慎重な企画が求められるという気がするのである。

上海人女性との結婚を選ぶなら日本留学経験のある人

だいぶ以前に、「上海女性との結婚、ある人は薦めるし、ある人は止めろと言い」というブログを書き、上海人女性は性格が攻撃的なので、結婚対象としてはあまり向かないようなことを書いたことがある。

上海人女性と結婚するなら

上海人女性と結婚するなら?

この上海人女性の評価そのものについては、概ね今も変わることが無いのだが、その後7年が経過した現在、同じ上海人女性の中でもある一定の条件を満たした女性はその例外であることにも気が付くようになった。
 
 まあ私がこの7年の間に誰とも結婚していないというのも情けない話であるが、7年前同様に現時点で気になっている上海人女性がいるということでは全くなく、あくまで周囲を観察した結果の一般論ということは予め断っておきたい。

で、いわゆる上海人女性の中で例外的な印象を感じる条件とは、留学などで一年以上日本で暮らした経験があるか否かである。
留学に限らず、勤務経験でもいいのだがとにかく1年以上日本に暮らしたことがある上海人女性はいわゆる上海人の欠点的なものが見事にカバーされているような印象なのである。

日本の桜

例えば他人への気配りなど、日本人女性にはさすがに及ばないかもしれないが、現地の外地の女性たちよりは遥かに気が配れるようになっている。

 また他人との距離の置き方も自分の希望をただ要求するだけでなく相手との事情を考慮した考え方が出来るようになっており、こういった人たちとは仕事をしても非常に話がしやすい。
またルールを誠実に守ることに大切さも知っており、同業者の不正を悪いと意識することが出来るようになっている。
つまりこのような日本生活経験を持つ女性だと、日本人男性が結婚したとしてもそれほどカルチャーギャップがないようなのである。

私の周りにも上海人女性と結婚した日本人男性は大勢いるが、日本生活経験を持つ相手の場合は概ねうまく行っており、逆に日本生活経験のない相手と結婚した男性は苦労しているような印象である。
もちろん各人各様の個性があるわけだから、日本生活経験があるからといって必ずしも良い人だとは言い切れないのだとは思うが、傾向としてはやはり日本生活経験があるか否かで振る舞いがかなり違うという印象なのである。

上海で暮らす独身男性の皆さんに是非参考にしていただきたいこのポイントである。

DSC00060

中国の食卓テーブルが高いのは○食いが原因

 中国で現地のレストランに入ると、日本のレストランよりテーブルの高さが高めに設定してある店が多いということに気が付く。
 まあ一軒一軒高さを測って調べたわけでもないし、具体的な平均値データがあるわけでもないので、完全な個人的感覚に基づく所感でしかないのだが、どうもローカルレストランのテーブルは、日本のそれに比べ高いように感じるのである。
 
 高いと言ってもせいぜい数センチかそこら程度の差でしかないので、店ごとの個体差だと思えば気がつかない人は気が付かないかも知れない。
 しかし、中国のローカルレストランで背筋を伸ばしてテーブルに腕を置くと、肘がやや窮屈な店が多いのである。

 逆に上海でも日本料理店などでは日本的なテーブルの高さの店が多いようで、およそ肘よりやや低位置の高さのテーブルの店が多く、はっきりとこの差を感じることが出来る。
 
 はてはて、何がこのテーブルの高さの差を生み出しているのだろうと考えてみた。

 普通に考えて一番大きな要因は、食文化、特に食べ方の差だろうと考えるのが最も妥当である。
 日本と中国はご存知の通り同じ箸の食文化であるが、実は許される行儀の面では大きな差がある。

 日本の食文化において行儀良い姿勢というは我々が知る通り、背筋を伸ばして茶碗を持ってご飯や汁物を頂く形となっている。
 そのため、おかずを箸で取るために腕の自由度の空間が要求され、自ずと食卓に要求する高さは低くなるのである。

 これに対して中国の料理は(と書いたが国土が広いのできっと一律ではないが)、一般的にお椀に口を近づけて食べる、日本で言う犬食い的な恰好が通常となっている。
 そのため、お椀に口を近づけやすい高さが高いテーブルが好んで用いられているのではないかと推測できる。

 中国では日本より麺類が食べられる機会が多いと思われるが、麺類の器は大きく熱いので、器を手で抱えて麺をすするのは現実的ではなく、顔の方を器に近づけるのが普通で、そういったことから食べやすいようにテーブルが高くなっているとみることが出来る。

 この点日本のラーメン屋など麺専門店でも、比較的テーブルの高さが高めに設定してある店が多いのは、やはりラーメンはどんぶりを手で持って食べることが少ないから、顔を近づけ易くするため、テーブルを高くしているのだろうと思われる。

 同様に日本蕎麦屋も比較的テーブルが高い印象であるが、蕎麦屋にあるご飯ものメニューに伝統的にカツ丼や親子丼などどんぶりが多いのは、食べやすさという点を考慮すると、実は蕎麦屋のテーブルの高さと無縁ではないような気がするのである。

 こうやって考えると、麺食が主流の店ではテーブルが高く、それ以外のおかずをつついて食べるスタイルではテーブルが低く設定されているのではないかと整理することが出来る。

 もしかするとこんなことは、レストラン専門の内装屋さんにとっては常識なのかもしれないが、私にとっては中国に来て初めて気が付いた発見である。 
 
 この推論の検証のために、またしばらくローカルレストランの食べ歩きが続きそうである。

半月無視の日本の新暦七夕は間違っている。

昨日は7月7日の七夕ということだったが、七夕の由来を紐解いていくと日本の七夕は間違っているもので、意味のない行事に成り果てていることに気が付く。

 昨年に書いた「2014年07月21日 中国の七夕の絵は大間違い」というブログで書いた内容とほぼ同様の論理となるが、日本の七夕が明治の改暦以後、新暦つまり太陽暦の7月7日に実施することになった時点で意味が分からない行事となっているのである。

 
 何故ならば「七夕」というのはその文字が示す通り、7日の夕べ(夜)という意味を持つ行事であり、7月7日に実施することに意味がある行事なのであるが、太陰太陽暦上で初めて意味が成立するのであって、新暦上では意味が成立しないのである。

 では何故に太陰太陽暦の7月7日なのか?

 新暦で言えば7月7日は、1年をほぼ12等分した月で数えた7番目の月の7日目になり、つまりその年の190日目の日ということになるが、この基準だと毎年太陽の位置こそほぼ同じになるが、結局それだけの意味しかない日なのである。

 これに対して旧暦の太陰太陽暦で暦を数えると7月7日という日は特別な意味を持っていることがわかる。
 太陰太陽歴では1ケ月を月の満ち欠けを基準として定めているので、新月を起点として数えれば毎月15日は必ず満月であり、毎月7日や22日は必ず半月となるのであり、つまり7月7日は必ず半月なのである。
(有名な三日月がその名称で呼ばれるのは、旧暦の月の数え方に由来するものである。)

 故に、七夕の伝統行事というのは、必ず半円の半月の状態が空に浮かぶ夜だったということになり、日本でも明治の改暦以前は太陰太陽暦の7月7日の夜に行われていたものとなる。

 そしてこの時期、天体ではちょうど天の川の銀河が南中するころであり、天の川を挟んで、彦星のわし座アルタイルと、織姫星の名のこと座ベガが向き合う姿が見えるころであり、これに白鳥座のデネブを加えて夏の大三角形などとも言われる風景が見える時期なのである。
 この彦星と織姫が向き合うところに船に見立てられる半月が天の川を渡ることから七夕の伝説が成立しているのである。

 つまり、太陰太陽暦の7月7日の夜であるからこそ、彦星と織姫という役者が天体に揃うのであり、半月という脇役が揃っている時期なのである。
 これが新暦で数える7月7日では、半月になるとは限らず満月や新月など月の形は毎年一定ではないし、彦星と織姫も夜中に観察に適さない位置となる。

 ましてや関東などは梅雨真っ盛りであり、空の星を観察するのに全く適さないのである。

 つまり明治の改暦で新暦の7月7日に移動させられた七夕は、日付こそ7・7だが本来の伝説の元になった天体ショーとは全く切り離された明治政府による官制行事であり、伝統行事として意味を持たない間違ったニセ伝統行事になったのである。

 それ故に、私はこの新暦の七夕はいい加減に止めたほうが良いと思っており、太陰太陽暦に基づいた日付に移すべきだと考えている。

 まあ今の日本政府は太陰太陽暦による暦の数え方を公式には認めていないようだが、明治の改暦以後意味の分からなくなった節句の数々のことを考えると、季節に基づいたほかの節句もやはり元の太陰太陽暦に基づいた位置に戻すのが正しいであろうと考える。

 先日明治時代の産業発展の遺跡群がユネスコの世界遺産に認められた際に、強制労働という負の遺産に対して韓国から横やりが入ったが、私からすればかの明治の改暦もやはり影の部分を現代に残していると負の遺産だと感じ、明治が残した負の遺産は想像より遥かに多いのではないかというのが私の認識となっている。