Tag Archives: テーブル

中国の食卓テーブルが高いのは○食いが原因

 中国で現地のレストランに入ると、日本のレストランよりテーブルの高さが高めに設定してある店が多いということに気が付く。
 まあ一軒一軒高さを測って調べたわけでもないし、具体的な平均値データがあるわけでもないので、完全な個人的感覚に基づく所感でしかないのだが、どうもローカルレストランのテーブルは、日本のそれに比べ高いように感じるのである。
 
 高いと言ってもせいぜい数センチかそこら程度の差でしかないので、店ごとの個体差だと思えば気がつかない人は気が付かないかも知れない。
 しかし、中国のローカルレストランで背筋を伸ばしてテーブルに腕を置くと、肘がやや窮屈な店が多いのである。

 逆に上海でも日本料理店などでは日本的なテーブルの高さの店が多いようで、およそ肘よりやや低位置の高さのテーブルの店が多く、はっきりとこの差を感じることが出来る。
 
 はてはて、何がこのテーブルの高さの差を生み出しているのだろうと考えてみた。

 普通に考えて一番大きな要因は、食文化、特に食べ方の差だろうと考えるのが最も妥当である。
 日本と中国はご存知の通り同じ箸の食文化であるが、実は許される行儀の面では大きな差がある。

 日本の食文化において行儀良い姿勢というは我々が知る通り、背筋を伸ばして茶碗を持ってご飯や汁物を頂く形となっている。
 そのため、おかずを箸で取るために腕の自由度の空間が要求され、自ずと食卓に要求する高さは低くなるのである。

 これに対して中国の料理は(と書いたが国土が広いのできっと一律ではないが)、一般的にお椀に口を近づけて食べる、日本で言う犬食い的な恰好が通常となっている。
 そのため、お椀に口を近づけやすい高さが高いテーブルが好んで用いられているのではないかと推測できる。

 中国では日本より麺類が食べられる機会が多いと思われるが、麺類の器は大きく熱いので、器を手で抱えて麺をすするのは現実的ではなく、顔の方を器に近づけるのが普通で、そういったことから食べやすいようにテーブルが高くなっているとみることが出来る。

 この点日本のラーメン屋など麺専門店でも、比較的テーブルの高さが高めに設定してある店が多いのは、やはりラーメンはどんぶりを手で持って食べることが少ないから、顔を近づけ易くするため、テーブルを高くしているのだろうと思われる。

 同様に日本蕎麦屋も比較的テーブルが高い印象であるが、蕎麦屋にあるご飯ものメニューに伝統的にカツ丼や親子丼などどんぶりが多いのは、食べやすさという点を考慮すると、実は蕎麦屋のテーブルの高さと無縁ではないような気がするのである。

 こうやって考えると、麺食が主流の店ではテーブルが高く、それ以外のおかずをつついて食べるスタイルではテーブルが低く設定されているのではないかと整理することが出来る。

 もしかするとこんなことは、レストラン専門の内装屋さんにとっては常識なのかもしれないが、私にとっては中国に来て初めて気が付いた発見である。 
 
 この推論の検証のために、またしばらくローカルレストランの食べ歩きが続きそうである。

喫煙者との食事は気が進まない

 昔から気管支などがそれほど強くない自分は、若いころからタバコの類は一切吸わないでここまでやってきた。

 過去には遊びで友人たちに1~2本咥えさせられたこともあるかも知れないが「吸った」と呼べるほどの体験はなかったという気がする。
 そういった自分だからタバコのある環境はどちらかと言えば嫌悪感のある環境となる。

 まあ小さいころは父親が良く吸っていたし、周りにも吸っている人が大勢いたので、煙草から逃げ出す程の嫌悪感にはなっていないが、好まない環境であることには変わりはなかった。

 そして大人になって、現在中国に来てもそのスタンスは変わらない。

 喫煙する人に対して、個人の自由を尊重するB型人間としては、他人が煙草を吸う事に干渉することは一切ないし、社会人としての付き合いの中で、同じ空間で煙草を吸う事を咎めたりしない。

 しかし、煙のある空間は好まない空間であることには変わりが無く、煙草の煙が蔓延する空間に好んで行こうとは思わず、避けられる選択肢があれば避けてなるべく煙の無い空間で過ごすようにしたいのが本音である。

 また喫煙者との食事なども同様のスタンスであり、付き合いや成り行き上で断るのが不自然な場面では、相手が喫煙者であることを理由に食事の同席を断ることはしないが、相手が喫煙者であることが分かっている場合は、敢えてこちらから誘い出したりして食事の席を同席することはまずすることはないのである。

 やはり食事中に煙草を吸われることを考えると、そういった相手との食事は気が進まず、受動的にはOkすることがあっても、こちらから誘うという選択肢は自ずと順位を下げてしまう。
 まだ喫煙文化の根強い中国なので、この社会を渡るためにはやや柔軟なスタンスとなってしまう面もあるが、やはり気が進まないものは進まないのである。

元同僚の結婚式に呼ばれる

 日曜日に中国人の元同僚の結婚式に参加してきた。

 まあ最初から予想はしていたが、日本人はおよそ私一人だけで、あとは新婦側の親戚にカナダ人の黒人と結婚した女性がその黒人の旦那と子供を連れて来ていたが、そのほかは恐らく全て中国人で、まさに中国人たちの結婚式だった。

上海での婚礼会場の様子

上海での婚礼会場の様子

 とはいえ、今回の式は日本人の結婚式とそれほど大きな違いのない都市型の結婚式
で、やろうとしている内容も日本人のそれと大差なく、日本で沢山の結婚式の仕事をしてきた自分としては改めて緊張するような式ではなく安心して参加することができた。

 もちろん、日本人から見るとどうなのかなといういわゆる中国的な特殊な点も見なかったわけではなかったが、今回は元同僚の祝いの席のことなので割愛させていただく。

 その同僚とは、中国に来て間もない頃からの付き合いだから、もうかれこれ6年の付き合いになる。

 今回は全体で8卓あまりの規模の婚礼だったが、隣に同席した人に尋ねてみたところ、呼ばれた人のほとんどは親戚ばかりで、その尋ねた人も従妹であり、友人知り合いの類は1卓分にも満たないような出席者構成だとのこと。

 つまり今回自分はそういった中の1人として招かれた訳で、外国人であるにも関わらず、元同僚が式に呼んでくれたことを非常に光栄に感じた。

 むろん、その元同僚にプライベートの友人があまり多くないのかなという点も若干危惧しなかったわけじゃないが、それにしても中国人の親戚だらけの中に日本人一人をその席に呼んでもらえるのは身に余る光栄な扱いである。

 今回は中国に来て初めて参加した中国人同士の結婚式となったが、中国滞在6年を超え、そんな中国人たちの大事な節目の輪の中にも混ぜてもらえる自分がいることに、時間の流れの蓄積を感じた今回の結婚式であった。