Tag Archives: ラーメン屋

中国の食卓テーブルが高いのは○食いが原因

 中国で現地のレストランに入ると、日本のレストランよりテーブルの高さが高めに設定してある店が多いということに気が付く。
 まあ一軒一軒高さを測って調べたわけでもないし、具体的な平均値データがあるわけでもないので、完全な個人的感覚に基づく所感でしかないのだが、どうもローカルレストランのテーブルは、日本のそれに比べ高いように感じるのである。
 
 高いと言ってもせいぜい数センチかそこら程度の差でしかないので、店ごとの個体差だと思えば気がつかない人は気が付かないかも知れない。
 しかし、中国のローカルレストランで背筋を伸ばしてテーブルに腕を置くと、肘がやや窮屈な店が多いのである。

 逆に上海でも日本料理店などでは日本的なテーブルの高さの店が多いようで、およそ肘よりやや低位置の高さのテーブルの店が多く、はっきりとこの差を感じることが出来る。
 
 はてはて、何がこのテーブルの高さの差を生み出しているのだろうと考えてみた。

 普通に考えて一番大きな要因は、食文化、特に食べ方の差だろうと考えるのが最も妥当である。
 日本と中国はご存知の通り同じ箸の食文化であるが、実は許される行儀の面では大きな差がある。

 日本の食文化において行儀良い姿勢というは我々が知る通り、背筋を伸ばして茶碗を持ってご飯や汁物を頂く形となっている。
 そのため、おかずを箸で取るために腕の自由度の空間が要求され、自ずと食卓に要求する高さは低くなるのである。

 これに対して中国の料理は(と書いたが国土が広いのできっと一律ではないが)、一般的にお椀に口を近づけて食べる、日本で言う犬食い的な恰好が通常となっている。
 そのため、お椀に口を近づけやすい高さが高いテーブルが好んで用いられているのではないかと推測できる。

 中国では日本より麺類が食べられる機会が多いと思われるが、麺類の器は大きく熱いので、器を手で抱えて麺をすするのは現実的ではなく、顔の方を器に近づけるのが普通で、そういったことから食べやすいようにテーブルが高くなっているとみることが出来る。

 この点日本のラーメン屋など麺専門店でも、比較的テーブルの高さが高めに設定してある店が多いのは、やはりラーメンはどんぶりを手で持って食べることが少ないから、顔を近づけ易くするため、テーブルを高くしているのだろうと思われる。

 同様に日本蕎麦屋も比較的テーブルが高い印象であるが、蕎麦屋にあるご飯ものメニューに伝統的にカツ丼や親子丼などどんぶりが多いのは、食べやすさという点を考慮すると、実は蕎麦屋のテーブルの高さと無縁ではないような気がするのである。

 こうやって考えると、麺食が主流の店ではテーブルが高く、それ以外のおかずをつついて食べるスタイルではテーブルが低く設定されているのではないかと整理することが出来る。

 もしかするとこんなことは、レストラン専門の内装屋さんにとっては常識なのかもしれないが、私にとっては中国に来て初めて気が付いた発見である。 
 
 この推論の検証のために、またしばらくローカルレストランの食べ歩きが続きそうである。

蘇州のいきつけラーメン屋「どすこいラーメン」

以前、仕事の都合で3ヶ月ほど蘇州に住んでいたとき、よく通っていたのがこの「どずこいラーメン」である。
私が住み始めた時期と店が開業した時期が一緒で、なんとなく親近感がありそれ以来蘇州を離れて上海に住む今でも時々蘇州に行くたびにこの店に寄る。
何故「どすこい」なのか以前尋ねたことがあるが、老板娘の钮妞さんがラーメン大好きでこの店を開くときに、日本に関係する言葉でインパクトのある言葉を捜していたところ、
日本人の知り合いがこの言葉を教えてくれ気に入ったので店の名前にしたそうだ。

どすこいラーメン店内

どすこいラーメン店内

 以来、本人は日本の相撲などほとんど見たこともないのに、常連のお客さんが日本に一時帰国の度に持ってきてくれる相撲関連のお土産で店が飾られるようになった。
実はこの老板娘の钮妞さんがとても美しい揚州美人で人気があり、私もファンの一人である。笑顔が気さくな彼女に会うと中国でも仕事の悩みも吹き飛んでしまう。
 もちろん、老板娘の魅力だけで店が持つほど商売は甘くなく、ここの味は中国のラーメン屋の中ではかなりまともな方なのではないだろうか?
特に私はここの餃子と味噌ラーメンがお気に入り。味噌ラーメンの味に関しては開店当初から紆余曲折しており、私も一常連客として味に関してはいろいろ感想やアイデアを提供してきたがようやく落ちつつきあるようだ。

どすこい餃子

どすこい餃子

昨夜は数ヶ月ぶりに店を訪ねたら、新たなメニューが加わっていた。店の看板メニューとして店名そのものの「どすこいラーメン」という名前メニューである。
値段は45元とラーメンとしてはかなり高めだが、かなり大きめの器に海鮮や野菜などがかなり具沢山に入った内容で野菜に会うようちょうど良い塩加減のとんこつベースのラーメンである。

どすこいラーメン

どすこいラーメン

食べてみると、やはりボリュームたっぷりで完食するんはかなり気合がいる。それでも食べ終えるとかなり充実感がある。
 钮妞さんは中国に来て野菜不足の若い人に是非食べていただきたいと言っていた。そう、このボリューム感は完全に若者向けであるが、その心配りがうれしい。
こういった彼女の素直な心に惹かれてずっとこの店を応援してきた。店には日々書き換えて彼女が胸に刻むという日本語の格言が書かれている。
今回書いてあったのは「人の通るところに道ができる」だそうだ
一常連として、また彼女の友人として今後ますますこの店が発展なすることを祈りたい。

どすこいラーメン
蘇州工業園区星海街58号楽嘉生活広場1F
6108-3825