Yearly Archives: 2012

チェリビダッケの第九

 クリスマスも終わり年末に近づいてきたので、チェリビダッケ&ミュンヘンフィルの第九を聴いた。
といっても彼の第九は日本人がいつも聴いている年末向きの第九ではない気がする。

 どこがどう違うのかというのはなかなか説明しずらいが、年の瀬を追いたてるような演奏にはなっていないのである。

 氏の振る演奏というのはいつも響きを大切にしながら音楽を奏でているのが良くわかる。

 故にCDを通して聴いていても雑味な響きが残っていない。

 ホールに綺麗に拡がって響きあう様が良くわかるのである。

 彼の得意とするブルックナーのオルガントーンというべき音の柔らかさが、このベートーベンでも十分に発揮されており、決して透明感のある音ではないのだが柔らかく溶けているのである。

 これが他の指揮者だと、どんなにいい演奏でも意外と音と音がぶつかってうまく溶け合わず、綺麗な響きとして残らないことがしばしばあるのである。

 そして彼はゆったり目のテンポで、力感は見せても力まず自然に淀みなく音を走らせていくのである。

 彼の演奏を聴いていると、ベートーベンがいわゆるベートーベン然としているような、あのいかめしい表情の肖像ようなイメージの型にはめた音楽ではなく、もっと人間らしく素直な表情を見せる自然な音楽として響いてくるから不思議だ。

写真はイメージ

写真はイメージ

 どちらかというとクラシックというよりジャズや映画音楽に近い雰囲気であり、宗教的なデバイスがかった音ではなく、一人の等身大の人間の心が素直に表れている気がする。

 フィナーレとなるあの合唱の部分も、堅苦しい日本語訳があほらしくなるほど生き生きとした人としての素直な喜びにあふれている。

 きっと多くの人は第九という曲を宗教がかった恍惚的な音楽として捉えている気がするし、毎年合唱に参加しているような「第九マニア」たちは恐らく第九を非常に高貴な崇高な音楽として捉えて歌っているに違いない。

 しかしチェリビダッケの第九を聴いていると、どうもそういった「型」は邪魔になってくる。

 彼の演奏するこの曲はもっと人の優しさにあふれた音楽なのだ。

 特に第三楽章などはその優しさに自然と涙がぽろぽろとあふれてくる。

 例えば、この音楽はある職人の出世ストーリーのようなイメージでとらえると分かりやすいかもしれない。

 第一楽章は、恐る恐る勇気を持って踏み出した壁にぶつかりながら開拓する精神
 第二楽章は、試行錯誤の一進一退、一喜一憂の日々と大きな夢へ近づきそうな予感
 第三楽章は、ふと立ち止まり過去を思い出し思慮にふける時間。
 第四楽章は、夢がついに徐々に実現へと花開き、喜びがふつふつとわきあがる。
       そして苦労を共にした仲間と喜びの宴、最後はどんちゃん騒ぎへ

 というような感じである。

 さて共感してくれる人はいるだろうか?

 そんな音楽が私のチェリビダッケの第九である。

買わず外れず運のうち

 そういえば日曜日の有馬記念、先日どうどうとブログに予想を書いたが見事外れてしまった。

 さすが伝統を誇る清水寺で今年の一字は伊達ではなく見事な「金」だった。

 また尖閣の周りを思えば2着オーシャンブルーも世相を反映してなくもなく、これは見逃していた。
 また選挙を振り返れば比較2位となった民主党の党カラーはブルーであった。

 さらに権威を振りかざすH市長率いるあの党は突然の選挙で今回出遅れ、何とか追い詰め2位には届かなかったものの3位に食い込んだところも3位となったルーラーシップのレース運びと重なる。

 こうやって考えると無理やりのようでも何となくストーリーが一致する。
だから有馬記念は不思議なのである。
 
 とはいえ、実は今回は馬券を依頼するのを忘れていて結局買わなかった。

 故に結果的に負けもしなかった。(笑)

 まあ予想は大外れだが、買わず外れず運のうちで損もしなかったのでヨシとしたい。

馬名から有馬記念の予想

 元々ギャンブルはそれ程やらないが、競馬のGI程度は日本にいるときやっていた。

 ただ中国に来てからほぼ競馬に縁がなくっており、両親が現在中山競馬場の近くに住んでいるが故に一時帰国の際には遊びがてらちょっと馬券を買うが、それも現在は暇つぶし程度になっている。

 故に有馬記念もなかなかクリスマスの時期に帰れることはないため、ここ数年は開催日すら気にすることもなくなっていた。

 しかし今年は優勝した日ハム同様になぜか有馬記念が気になっている。

 
 よって実際買うかどうか分からないが、一応今年は予想だけはしてみることにした。

 私が有馬記念で予想するにあたって毎年気にしているのは、ずばり「馬名」である。

 実は毎年のこのレースはちょっと特殊な傾向があるような気がしており、戦績素質うんぬんよりその年の世相を象徴するような馬名を持った馬が勝つ印象がある。
 
 過去に何度もこのレースの結果を見て、「ああそうだったか」と馬名の因縁に敬服するときが数多くあった。 
 故にそんな因縁を持った馬がいないか捜したほうが勝利に近道のような気がするのである。

 もちろん実力を示す過去の戦績を全く無視することも出来ないが、このレースだけは戦績より世相との因縁重視である。
 考えてみれば有馬記念に出走するような馬はどんなに人気薄でもそんなにヘナチョコ馬は参加しておらず、どの馬にもそれなりの勝つ可能性があるとも言えるのである。

 さて、そんな基準で今年の世相から関連がありそうな馬を探すと、景気の悪かったり外交関係が悪かった今年はまず暗い色の名前が強いのではないかという予想をする。

 その基準で選んでいくと、気になるのは下記の2頭である。
 ダークシャドウ
 ビートブラック
 この2頭なら名前だけではなく、戦績や血統を見ても十分勝てる可能性があるような内容のため、まずは候補としてキープしたい。

 次に世相というなら、先日京都清水寺が行なった今年を表す漢字は「金」だったとのこと。それにあてはめて行くと
 ゴールドシップ
という金を名に冠した馬が浮上してくる。
 この馬は前走のG1菊花賞も勝っており、過去の戦績表の見事さから見ても恐らく今回の一番人気になると思うが、どうも私にはピンと来ない。
 菊花賞制覇とはいえ所詮3歳馬レースでの成績であり、平均的に強い5歳馬の成績とは単純に同列には比較できないからである。

 それに「金」という漢字の世相判断についても、今年のロンドン五輪などではどちらかというと「金メダルにあと一歩届かなかった選手が数多くいた」という印象の方が強く、今年にとっては「金」という字はそぐわないという気がしている。
 故に総合的に判断してこの馬は消しという判断にしたい。

 さて、あと、どんな馬名の馬がいるのかと探して見たところ、
ルーラーシップ
という名の馬を発見した。
 この馬名の意味はなんと「支配者、統治者の支配権」だそうだ。
これを知って私は「キターッ!」と思った。

 実は今年の日本を騒がしたものとして私が真っ先に感じているのは、尖閣、竹島に代表される領土問題、統治権の問題だからである。

 さらに国民が右傾化しているとか、政党が分裂を起したり政権交代が再び行われたとか、統治の話はまさに日本の旬のテーマである。

 そういった意味から考えて、どうやらこの馬が今年の一押しという気がしている。
 またこれら以外の登録馬は戦績的に良くてもどうも世相的な意味としてピンと来なかった。

 故に今回の有馬記念の馬名からの予想は
1 ルーラーシップ 
2 ビートブラック 
3 ダークシャドウ

となった。

まあ買い方としてはこの3連単と3頭の馬連ボックス買ということになろうか。
はてさて今年はどうなることやら。