Tag Archives: ベートーベン

第九の第3楽章の味わい

 日本では年末師走の風物詩として当たり前すぎるほどにその名が知れ渡っている「ベートーベンの第九」だが、ここ上海でも徐々に演奏回数が増えてきているような印象である。

 10年前に第九の習慣のない中国で書いた通り、そもそも中国では第九の演奏は少なかったが、今年は暮れの音楽界のプログラムの中にちらほらと第九の名前が散見されるようになってきた。

私も昨年はその流れに乗って、先日の大みそかに第九を聴いて一年を締めた。(楽章ごとに拍手が起きる聴衆環境だったが・・・)

第九コンサートの看板

 と思っていたら、今度は今週の土曜日に日本人奏者や合唱団が大勢参加する「第九」が開催されるようで、私も慌ててチケットを手に入れた。

まあ彼らはオケも合唱もアマチュアの寄せ集め所帯なのだが、第九が浸透している日本人が大半を占めるようなので、そこそこの演奏にはなるのではないかと期待している。

 ところで、第九と言えば合唱を伴う第4楽章が圧倒的に有名だが、交響曲であるからには第1楽章から第3楽章までもきちんと存在し、音楽の作曲理念から言えば、開始から終わりに向かって一つの流れがあって、繋がっていることに意味があるのであり、第4楽章だけ聴けばいいというものではない。

 この 第九の各楽章のイメージは「チェリビダッケの第九」でも書いたが私は下記のようなイメージで捉えている。(前回より若干修正)

 第1楽章は、恐る恐る勇気を持って踏み出し壁にぶつかりながら開拓する精神

 第2楽章は、試行錯誤の中、大きな夢への希望の道筋を感じつつ進む喜びと苦労の時間

 第3楽章は、ふと立ち止まり、迷いの中、自分の内面と向き合い思慮にふける時間。

 第4楽章は、迷いが消えて夢の実現にまっすぐ進み希望の喜びがふつふつとわきあがる。
そして苦労を共にした仲間と喜びの宴、最後はどんちゃん騒ぎへ 。

 このうち第3楽章のアダージョは、実に優しい曲である。

 人によっては怠惰な冗長な楽章と評価する向きもあるようだが、第3楽章は第1第2楽章で力が入っていた状態から、ふっと肩の力を抜いて、自分の歩んできた道や自分自身の内面を迷いながらゆっくりと顧みる時間を与えてくれる音楽である。

 苦しかった時間や迷っていた時間などを思い出しつつ、あれこれや考えていくうちに、心の迷いが整理されて行き、徐々に心が一つの方向へ集約されていく効果がある。

 そして心の迷いが消えた状態で第3楽章が終わり、第4楽章で心身ともに力強く再度立ち上がり再び前へ動き始める音楽となり、いわゆる「心が決まった状態 」 になる。

このように第3楽章は心の浄化作用ともいうべき優しさがあり、メロディに心と身を預けることによって、心の迷いや苦しさを音楽が優しく慰めじっくりと自分の日常やそれまでの時間を思い出させてくれるのである。

 そしてこういった自分への振り返りがあって、初めて「心が決まって」第4楽章の喜びの爆発に繋がる。

 逆に第1第2楽章での苦悩があってこそ、第3楽章の振り返りが意味を持つ面もあって、いきなり前提(第1第2楽章)もなしに、振り返りの時間を持っても何も出て来ないのである。

この第九の第3楽章は、後にアダージョの大家(たいか)と評されるブルックナーが参考にしたとされるほど、深い隠れた名曲であり、第九に足を運ばれる方は合唱楽章の前の退屈な時間などと思わずにじっくりと心を預けて聴いてほしいと思っている。

ウィーン交響楽団in東方芸術中心 その2 演奏編

さてようやく入った今回演奏が行われる上海東方芸術中心のコンサートホールは、日本のサントリーホール同様にワインヤード形式の1953席の大ホールとなっており、ステージをぐるっと取り囲むように席が配置されている。

上海東方芸術中心コンサートホール

このホール自体は過去に1度入った記憶があるが、前回はサントリーホールほど音が回らず、ややドライな響きがあると感じた空間であり、鑑賞客マナーに辟易したという記憶が残っている。

前回の上海交響楽団ホールでは客席素材のやや貧弱なところが気になったが、こちらのホールはまぁまぁ質感のある木を使っており、サントリーホールには及ばないが、前回よりはマシである。

上海東方芸術中心の座席

上海東方芸術中心の座席

さてさてオケのメンバーがステージに入ってくると、自然と拍手が起きた。

外来オケなので、クラシック演奏会においては当然のマナーのような習慣なのだが、前回のロンドン交響楽団の来海の際には無かったこの鑑賞マナーの向上に非常に驚いた。

ただホールの照明の切り替えはここも相変わらずで、どうもギコチない。
前回の上海交響楽団ホールのときも同様に感じたのだが、客席ライトを落とすタイミン
グが早すぎるし、ステージのライトを100%まで上げるのが遅すぎるように思われた。

個人的には楽員がステージに現れた段階でフルにするべきように思われるし、オケのチューニングを行うタイミングで客席の照明を落とす方が、聴衆もスーッと集中力が高まり指揮者の登場を待つ緊張感が高まるのである。
或いは楽員の入場時はまだステージが整っていないという整理で70%程度の照明でも構わないと思うが、チューニングが始まる段階で本番が始まったと考え100%とするべきだろうに思う。

しかし実際には今回チューニングが終わって指揮者の登場を待つタイミングで100%に上げられていた。

このあたり、まだ前後の照明を含めて音楽会の演出だという考え方が浸透していないのか、音楽は音楽、休憩→本番→休憩といったデジタルな切り替えになってしまっているというような印象を受けた。

さて、オーケストラに話を戻すが、今回のチューニングはコンサートマスターの開放弦で行われた。

弦楽だけの合奏では珍しくないが、管弦楽では通常はオーボエが基準の音を出すのだが、今回はコンマスの音を基準にチューニングが行われたのである。
このオケの習慣なのか、今回はベートーベンの交響曲9曲だからソロも多く負担が大きいからコンマスがリードしたのかわからないが結構珍しい光景であった。

上海東方芸術中心のステージ

そして指揮者の登場である。

今回の指揮者はこのオケの首席指揮者のフィリップ・ジョルダン氏で1974年生まれのスイス人指揮者である。
スラッとした背の高いイケメン系の外観ということになるだろうか?

まず4番の演奏が始まり、音はさすが本場のオケと言う感じで整っていたが、やはりプログラムの一曲目ということで、どうも力が入っていない印象だった。
しかも、フィリップ氏の指揮とはリズムこそズレてはいないが、指揮振りの力感とオケの音のボリューム感がどうも一致しない。

果たして、この音楽はこの指揮者によってドライブされた演奏なのだろうかという気がしたほどだった。
あまりにもの不一致のため、こちらは指揮者を見るのを辞め、ファゴットなど木管パートに注目しつつ演奏を鑑賞した。
まあそんな状況だったが最終楽章には、何とかいい音で鳴ってくれるようになり、それなりに心に響く演奏になってくれたので良い印象で聞き終えることは出来た。

そして休憩を挟んで5番である。
余分な話だが、日本では「運命」とタイトルが付けられているが中国語では「命運」となっており、ほぼ同じ意味で中国で捉えられているようである。
こちらの演奏は4番と打って変わって、一応きちんとリハーサルをやって調整して来たのか如く、しっかりオケと指揮者がマッチングしていた。
ひょっとすると4番は通常はプロオケのレパートリーの一つなので、あまり多く練習せずリハーサルだけの音合わせだけで今回ステージに上った可能性もある。

何せ4日間で9曲もやるので、全曲の細かい練習などは難しいはずで、練習量の多い曲と少ない曲の差が出るのは仕方なく、特に9曲の交響曲の内、偶数番号の曲は犠牲になりやすい。

故に今回の4番は手を抜いて、5番に力を入れた方の演奏という印象であり、5番は4番とは対象的に最初から最後まで聴いている方も結構力が入った演奏となった。
特筆すべき程に凄いという程ではないが、聴いていても盛り上がりのある良い演奏だったのである。

演奏後の聴衆の反応も好意的であり、アンコール曲も、エグモント序曲とブラームスのハンガリー舞曲1番の2曲が演奏され、5番同様にそれなりに整った演奏を聴かせてくれた。
まあ全体として概ね悪くない演奏ではあったが、やはり4番を良い演奏で聴きたければ4番をメインの後半で演奏するプログラムの演奏会を選ばなければ駄目だなと感じた今回のコンサートであった。

ウィーン交響楽団in東方芸術中心 その1 チケット入手編

年度末の3月31日、上海にウィーン交響楽団がベートーベンチクルスを持ってくるというので聴きに行ってきた。

 ウィーン交響楽団(VSO)はあの有名なウィーンフィル(VPN)とは全く別の団体で、同じウィーン市内のコンツェルトハウスに本拠地を置く、コンサート専門のオーケストラである。
 かくいう私も、まあ上海のコンサート情報をチェックしている際に、ウィーン(中国語は「維也納」)という文字が目に入ったため一瞬VPOの方だと思い、「まじか?」と勘違いしかかったのだが、チケット代が思いのほか安く設定されていたため「ウィーン交響楽団」の方だと気が付いた。

ウィーン交響楽団の演奏会の看板

 まあVPOではないことは分かったものの、生の音楽に飢えていた私は結局そのままチケットを買った。

 4夜連続のベートーベンチクルスではあるが、流石に全公演の購入は金銭的に気が引けたので、4番と5番の組み合わせの2日目の夜の公演を買った。
 ちなみに、初日が1・2・3番、2日目が4・5番、3日目が6・7番、4日目が8・9番という組み合わせである。
 何故、2日目を買ったのかというと、まず金曜日であるのと、ベートーベンの交響曲の中では4・7・1番が最も好きで、特に4番は演奏に接する機会が極端に少ないからである。
 9曲のうちどの曲が嫌いとかそういうことは無いのだが、好きな順番は一応あり4・7・1・8・5・9・6・2・3と地元の電話番号にありそうな順番となり、(絶対にかけないでください)、7番はともかく4番と1番は演奏機会が少ないので、演奏されるコンサートを見つければ最優先でチョイスすることにしている。

 さてウィーン交響楽団だが、記憶に間違いがなければ恐らく生でこの楽団の演奏に接するのは初めてであり、VPOとやはり同じウィーンのオーストラリア放送交響楽団(ORF:現在のウィーン放送交響楽団)は聴いた記憶があるが、このオケは初めである。
 まあ初めてだからなんだということはないのだが、生涯の鑑賞記録にまた一団体加わったということになる。
(近いうちに過去の鑑賞記録を全部データ化したいとは思っている)

上海東方芸術中心外観

 さて、今回の会場は上海当方芸術中心という、上海の浦東新区にある複合文化施設となっていて、チケットはホールの公式サイトから直接買ったのだが、これが思いの外、当日焦りを生む結果となった。

 スマートフォンで登録し、直接微信支付という支払い方式でお金を払ったのだが、チケット実券は当日の現地受取りだったのである。
 当日現地に開演40分前に着いたのだが、チケットの受取場所がわからず非常に焦ったのである。

 チケット購入を知らせるショートメールにも細かい案内はなく、ただ予約番号が有るだけでチケットを買ったホームページにも細かい説明がなかった。

 建物には荷物検査だけで誰でも入れるのだが、会場にはそういった細かい張り紙や案内はなく、係員らしき人も見当たらないし、結局どこでチケットの実券を手に入れれば良いかわからなかったのである。

 どうしたものかと一時は途方に暮れてしまったのだが、長い行列が並んでいた当日券売り場の隣に、もう一つ窓口があるのを見つけ、そこへは数人しか並んでいなかったので、そこに並んでようやくそこでチケット発券機の場所を教えてもらうことが出来た。

 チケット発券機は2階レベルのホワイエに2台設置されていた。

 各機械1台につき10人ずつ程並んでおり、発券のペースは自動販売機でジュースを買う程度のスピードである。

まあ開演時間には何とか間に合いそうな印象では有ったが、余裕を持って席へたどり着きたいというこちらの気持ちを邪魔するかのようなこのシステムには、ただただ諦めるしか無かった。
事前にチケットを取りに行かなくても良いこのシステムだが、どうも余裕が無い方法で有る気がし、もう少しどうにかならないのかという気がする。
 10分近く並んでようやく自分の番になり、予約番号と携帯電話の末尾番号を入れるとチケットが発券され、何とか開演10分前に席へ向かうことが出来た。(続く)

18世紀のオーケストラの響き

 リコーダー奏者であり指揮者でもあるフランス=ブリュヘン氏が今年の夏に亡くなっていたのを先ほど知った。
 もうだいぶ高齢なのは知っていたので、どうしていたのかなと思っていたところにこの訃報の発見である。
 フランス=ブリュッヘン氏と言えば、やはり手兵の18世紀オーケストラで、私は彼の演奏会を来日公演で数回聞いたが、どれも良かったのを記憶している。
 18世紀の楽器で演奏する18世紀オーケストラは、かつて響いていた音を現代に再現してくれたオケであり、バッハなどのバロック調の音楽と現代オーケストラの機能的な響きの中間にあるような独特の響きを持っている。

 生の演奏会も悪くなかったが、彼の演奏で最も魅力的で凄いなと思ったのがCDで聴いたベートーベンの交響曲第1番である。
 第1番はその番号の通りベートーベン初期の最初の交響曲で、1800年という18世紀最後の年に完成した曲となっていて、若い時の曲らしく瑞々しさにあふれ、とても気持ちの良い曲である。
 18世紀オーケストラは、その18世紀最後の曲を当時の楽器で演奏するわけで、聞いているこちらはあたかもタイムスリップして18世紀に紛れ込んでしまったのではないかと思わせるくらい、不思議な感覚に引き込んでくれる。
 しかも録音に使用されたと思われるオランダユトレヒトのホールはビンビンと響いてその反響音がとても心地よく、まさに18世紀から19世紀という近代が始まったばかりの未来への希望を感じさせるイメージを伝えてくれている。
 
 9曲もあるベートーベンの交響曲の中ではこの曲は比較的規模が小さいという事で、相対的な人気度は「運命」や「第九」「田園」「英雄」などに比べあまり高くないが、私はほかの曲にはない愛着を持ってこの曲を聴いていて、実は一番のお気に入りである。
 それもこれも、恐らくこのブリュッヘン指揮18世紀オーケストラの演奏CDのお蔭であり、あの時代の躍動感を窺い知るに足る演奏だという気がするのであり、心に元気が欲しくなった時はいつもこの曲を聴くようにしている。

☆下記で買えます。

中国人は音楽を聴かないで教養として理解?

 昨晩、自宅に帰った際にあまりにもやはりインターネットの接続が悪いので、何となくテレビをつけたところ、ベルリンフィルのコンサートを放映していた。
 グスターボ・ドゥダメルというベネズエラ出身の指揮者の指揮で、ベートーベン作曲の交響曲第5番、つまり「運命」の演奏が流れていた。

 まあこれらの演奏に全く興味が無かったわけではないが、しょせんテレビ放送を通しての音では音が悪すぎて感動もへったくれもないので、あまり集中できず流すように見ていた。
 以前から中国のこの手の放送には指揮者のプロフィールや曲目の概説などが、字幕スーパーで紹介されており、私はこれらがウザったく音楽に集中できないので、中国の音楽放送は好きではなかったのである。

 ところがである。

 昨日の放送はこれまでのものに更に輪をかけてウザったいものとなっていた。
 昨日の放送では、曲目の簡単な概要どころか、曲の楽譜が進むにつれて、やれここが提示部だ、ここが展開部だ、ここが反復部だといちいち曲が進む度に画面表示を加えて曲目の解説をしてきたのである。
 これには私もさすがにあんぐりとなってしまった。

 まるで、学校で音楽の授業を受けているかのような解説なのである。

 まあ音楽学校などの学校の教材としてこれらの解説が加わるなら理解できるが、少なくともこれでは音楽を音楽として楽しめない。
 この放送を見る限り、中国ではクラシック音楽を単なる教養としてしか捉えておらず、音楽を音楽として聴いていないのではないかという気がしたのである。

 しかも演奏が終われば、余韻など楽しむ間もなくあっという間に放送が終了する。

 音楽を音楽として受け止めるなら、こういった扱いは有り得ないはずで、単なる「西洋の教養」としてしかクラシック音楽を受け止めていない現実があるようである。
 音楽の知識は決して無駄だとは言わないが、音楽はまず音を聴いて心に受け止めるべきであり、その後から「教養」を探しに行っても遅くないのである。

 最近では、中国各地にお金をかけた音楽専用ホールも沢山出来てきたが、単なる教養サロンのような場所としてしかとらえてない人々に立派な音楽を聞かせるのは非常に勿体ないわけで、その場にいても音楽をロクに聴いていないような人達に幾らいいホールを作ってあげても無駄だという気がする。

 どうも昨日の放送に、中国の今の経済発展が未だイメージ先行の上っ面の物でしかない現実を見た気がするのである。